FC2ブログ

さんた語録

保育園を手伝ってくれるようになったさんたくん。
最初はどうなることかと思いつつ
雑用のお手伝いに徹していた4月1週目。
2週目からは分園で
かもめ・つばめ組さんと一緒に
活動することになってから
毎晩の夕食時、
我が家の食卓は
バカリズムさながら
スマホで撮った写真を繰りながら
その日の出来事を
嬉しそうに報告してくれる
さんた劇場になりました。

写真は一部です。

普通は<見て見て〜>って言うて
変顔するんやけど
翼ちゃんぐらい上級クラスになってくると
誰が見てるとかカンケーないんやな。
勉強なるわ〜

fc2blog_20150426121637ad8.jpg


ベルちゃんはいつも
<3歳>をアピールしてくれるねん。
毎日のように会ってても
<ベルちゃんコレ>って言うて3歳アピール(笑)

fc2blog_201504261219159e3.jpg


嵐くん、歯の磨き方がテキトーやねん。
いつもそこをピコちゃんに指摘されてるねん。
「上の歯もちゃんと磨くんやで」と
ピコちゃんに言われたら
ちゃんと上の歯にトライしてるねん。
素直すぎて笑える。大人が注意するよりええな。

fc2blog_2015042612195463c.jpg


きなこちゃんはカメラ向けたら
右手を高々と上げてポーズとるねん。
ピースせんとこが渋いな。

fc2blog_2015042612353011c.jpg


笑ちゃんはカメラ向けたら
こんなポーズとって笑かしてくるから
写真がブレがちやねん。

fc2blog_20150426123633fef.jpg


(笑ちゃんの名誉のために言うと
これは笑かそうと思ってなくて
可愛い〜♪って言ってあげる場面なんだよ・・・園長心の声)


・・・・とまぁ
こんな風に夕食時に劇場が始まるのです。
その日来ていた全員分、語りに語るさんたくんです。

元々食卓を囲む時間が長い我が家でしたが
今では更に長くなっています。

分園の様子や一人一人の様子を語る
二十歳の素人目は
日に日に輝きを増して
子ども達と親しくなるにつれて
更に深く興味深い話をしてくれるようになりました。

====================

そんな分園での毎日ですが
分園は公園まで少し遠いのですが
距離があるということが
子ども達の脚力をつけ
公園に着くまでの道中
子ども達同士で話をしたり
いろんなものを発見したりして
一ドラマも二ドラマも繰り広げられるのです。

私はいつも
その道中を楽しむ子どもで
いつも頭の中では独特のワールドが
展開されていましたから
そういう子ども達の気持ちはよくわかります。
時折前を歩くセンセイから
「間、開いてるよ〜」
「前見て歩こ!」と言われて
時折現実に引き戻してもらえれば
好きに独自のワールド大展開で大万歳なのです。

<さんたくんのお散歩証言>
他の園の外歩きと違うのは
にじのとり保育園の子達は
みんな挨拶しながら歩いてる。

きなこちゃんはオモロイだけじゃなくて
自分から積極的にご挨拶ができるねん。
その代わり
歩いてて虫見つけたりしたら
普通に列からはみ出すけどな(笑)

ぼくも後ろの子らと一緒に
ずっとそれに付き合ってるから
そのうちひーこセンセイに
「さんたくん!」って言われるな。

にじのとり保育園の外歩きは
どの学年も賑やかで華やかやな。
何が違うんやろ・・・って考えてたけど
わかったわ。

小さい子のセンセイ達は
まだ喋らん世代の子ども達に
なんやかんやといつも話しかけて
道行く人に挨拶してる。
それ見て毎日散歩してたら
そりゃ子ども達、話すことが楽しくなるわな。

大きい子のセンセイは
時々子どもを現実に戻しながら
子どもが言うたことに
どこまで笑うねん!っていうぐらい
笑いすぎるぐらい笑ってるねん。
そりゃ子どもも
楽しなるわ。

公園に着いても
場所の使い方がダイナミックやな。
監視する感じで公園に行ってないのがいいな。

fc2blog_20150426122632749.jpg


どちらかと言うと、待ってる系のピーチ姫も
ぐいぐい来てくれるようになったよ。
失敗しても自発的な方がいい。
出て出て打たれるのは小さい時の方がいい。
黙ってるよりずっといいと思うよ♪

fc2blog_201504261257089d3.jpg

なでしこちゃん
人見知りなしに近づいてきてくれるねん♪
おしゃべりもめっちゃ上手やで。

fc2blog_20150426125726d89.jpg

新入園児さんのキャンディーちゃん。
アンパンマンのこととか
お話しもよくしてくれてびっくりした♪

fc2blog_20150426125616d8a.jpg


・・・とのことです。

================

確かに目的は公園での遊びかもしれませんが
あくまでもそれは
指導計画上の大人の話であって
子ども達にとっては
一瞬一瞬が目的達成の瞬間です。

分園が遠くなったこと
そして
子ども達の数が
一人前の幼稚園のひとクラス分いるということで
子ども達とセンセイとの間に
ほどよい<すきま>ができて
いい意味で
<センセイの目を盗む>場面ができたことも
発達に即した
望ましい配分だと思っています。

子ども達が肌で察する
<センセイではない別の大人>
さんたくんの存在によって
子ども達なりに緩急つけているのだと思います。

新たな角度からの子ども達へのアプローチは
きっと子ども達の違った面を
するすると引き出してくれるはずです。

そんな
いつも分園にいるお兄さん、さんたくんですが
実はさんたくんは
小学校の6年間、同級生のママが先生だったご縁から
ずっと書道教室に通い
書道2段の腕前です。
中学時代は、ノート提出点だけで
きっと内申点を稼いでいたと思われます。
あってよかったひとつの取り柄。

高校時代も書道部で
上下関係の一切ない
ゆる〜い書道部を
ゆる〜く泳ぎ切り
きっと同じ学年に男子がいないという理由で
なんとなく部長役をやりこなし
ヘラヘラと取り仕切っていたに違いありません。

そんなさんたくんの得意技を生かして
今年度は
<さんたくんといっしょ>の時間を
カリキュラムの中に入れたいと考えています。

さしあたって、かもめ・つばめ組で
<書写の時間>と
<お絵描きの時間>を設ける予定です。

指導案を提出してもらって
センセイ達と相談しながら
今年1年、なんらかの足跡を残せたらと
考えていますので
よろしくお願いします。

先日、
かもめ・つばめ組で行ったクッキー作りですが
これもさんたくん、ノリノリで参加しています。
小さいクラスのセンセイ達の分や
おやすみしていたお友達の分も
みんなちゃんと作ってくれました♪

fc2blog_20150426125103269.jpg

fc2blog_20150426124925cc8.jpg


みんな一生懸命作ります。

fc2blog_2015042612495692a.jpg

fc2blog_20150426124942113.jpg


さんたくんが幼稚園に通っていた頃
バレンタインデーのチョコのお返しに
ホワイトデーに一緒にクッキーを焼いて
女の子達にお返しをしてからずっと
高校時代ぐらいまで、ホワイトデーには
彼は夜な夜なクッキーを焼いていました。

始めは型抜きクッキーでしたが
そのうちオリジナルの形で作り出したりして
なかなかに面白かったです。
なので保育園でのクッキー作りも
本人相当楽しかったと思われます。

これからも素人目線からの
さんた語録、続きます。



園長(好きなことは人を笑顔にするのは本当です〜♪)

スポンサーサイト



プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
4位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR