FC2ブログ

さんたくんのことと今日のこと

※園だよりには
明日、お誕生日会と記述があったかと思いますが
変更になりましたのでよろしくお願い致します。
(日程未定)
また、4月20日のお誕生日会は
4月22日に変更になりましたので
よろしくお願い致します。

==================

私には
愚息が二人います。
いつも写真を撮ってくれている
ごろーくんはおなじみですが
さんたくんと言うのは
我が家の長男(20歳)です。

そうですよ。
音楽祭の前に私が家で衣装もヅラもつけて
妖怪ウォッチをガチ練習しながら
お面の製作を頼んだら

「朝7時ぐらいの
すっぴんのかーさんが
その衣装着てるだけで
十分妖怪感出てるから
一人だけお面いらんやろ」

と、いい放った方の愚息です。

この4月から
もう学生ではありませんから
自分の仕事の傍ら
空いている時間に
保育園の雑用をお手伝いに来てくれています。

保育の道には全く興味がありません。
それでいいです。

どちらかと言うと子どもは苦手で
積極的に小さい子に関わっている姿を
これまでの彼の人生で見たことありません。

・・・

にじのとり保育園は
本園のドアを開けたら
最初に目につく絵がありますが
とりたてて上手ではありませんが
この絵を描いたのは
今から10年ほど前の
小学5年生のさんたくんです。

fc2blog_201504081525365d9.jpg

10年ほど前と言えば
個人的に色んなことがあって
そこそこ楽しく毎日を過ごしていたものの
将来のことを考えては憂いたり
子ども達に対しても
寂しかったり不自由だったりという
マイナスな体験ばっかり
強いているのではないかな、、、
こんなの親としてどうなんだろう、、
と、なかなかに抜け出せない
負の迷路をうろうろと考え込みながら
彷徨うという日々を過ごしていました。

そんな折
学年の終わりに持って帰ってきて
ずっと廊下に置いたままにしてあった
1枚1枚描いた絵がとじてある
長男の図工の作品集に目が留まりました。

何枚目かに入っていたこの絵を見た時
そんなつもりではなかったのに
つつーっと涙が頬をつたいました。

勝手に辛いと思い込んでいた
あんなことやこんなこと、
子ども達に抱いていた
勝手な罪悪感や
ずっと責めていた自分自身のことを
この絵は全て許してくれました。

自分のことを許すきっかけをくれたこの絵は
その時から額に入れて
いつも見える場所に掛けてあります。

別に拝んだりはしませんが
それ以来私は
負のラビリンスで迷うことはなくなりました。

なので
保育園を開園する時にも
一回り大きく加工して持ってきました。

ご利益のほどはわかりませんが
この絵が放つパワーも
保育園の屋台骨の一本には
なってくれているかな、、と思います。

分園にはないのですか?
とはどなたからも質問されてはいませんが
幼少の頃から
自由に頭の中に描いたパラダイスを
色んな色を使って表現することが得意だった
二十歳のさんたくんに
「にじのとり保育園のイメージはどんな感じ?」
と、聞いたところ
「こんな感じ!」と答えてくれて
表現してくれたコレが
ガラス面を飾ってくれています。

fc2blog_20150408154236f00.jpg


幼稚園に通っていた頃に
お友達と一緒に家で粘土遊びをしていた時
台所にいた私をわざわざ呼んで
「かーさん、楽しい♪」と
それだけを伝えた長男の言葉の持つ大きさを
私は今本当に感じています。

だから言いますよ、何度でも。
好きなことのある子は幸せです。
お友達との関わりなら
保育園で十分しています。

特に小さいうちは
誰になんて言われても←ココ重要
一人の時間を充実させて
自分の好きな遊びを
よだれが出るほど
食べるのを忘れるほど
堪能させてあげてください。

そうやって熟成された
好きなことは
やがて必ず
誰かの笑顔に繋がります。


・・・


なんだか紹介が長くなってしまいましたが
そんなさんたくんです。

毎日本園で中島センセイが作ってくれたお給食を
分園まで運んでくれています。

保育士ではなく
取り立てて
子ども好きなお兄さんでもなく
子ども達に免疫のないさんたくんが
客観的な目で見た
にじのとり保育園の子ども達のことを
彼の言葉で<さんた語録>として
ブログでもお伝えしていこうと思います。


では
これまでの
<さんた語録>

「いつもこっそり分園に入るのに
見られてないはずやのに
「来たー!」って言って
一番に走ってくるのは
泣きながら桃太郎やってた翼ちゃん。
いつ見られてるんやろ・・・」

「笑ちゃんて、ほんま名前通りの子やな〜。
どんな顔も笑ってるようにしか見えんな。」

「今日は王女に待ち伏せされて
ネックレス持ってきてくれた?って
聞かれたわ・・・・・」

「エイトレンジャーのブルーの子、
普段は全然ぼんやりなんかしてないで・・
やるわ・・なかなかやるねん、ブルー!」

「利家くん、アピり方が半端ないねん。
トイレに入るから見てて!
走って滑り込むから見てて!って
ひとしきり色んな
日常的な行動を見さされるねん。(笑)
今日は休みみたいでそれなかったから
早く部屋に入れてん」

「毎日会うてんのにビリーくん
今日もいちからプラレールの説明してくれたわ。
何の電車持ってるとか、
今度何持ってくるの?とか。
頭の中、電車のことしかないで。
延々電車の話してたら
ひーこセンセイに呼ばれて
お味噌汁なくなるで!言われたら
走って席に帰るねん。」

「こだまくん、冷静に電車の話振ってくるねん。
絶対僕より頭ええな。」

「しかしエイトレンジャーのオレンジの子、
ずっと歌ってるで。」

などなど・・・。

子ども好きを豪語していないのに
毎日お給食を運ぶ時間が
一番楽しそうです。
子ども達に会えて
話かけてもらったら
やっぱり嬉しいんですね。
どうやら彼も魔法にかかったようです。

いつもいるセンセイ以外の
保育を生業としていない人との関わり
これも保育園に1日いる子ども達には
必要なことではないでしょうか。
今後ともよろしくお願いします。

・・・


さて、余裕のめじろ組さんは
今日は
運動会に向けて
プチトレーニングをしましたよ。

にじのとり保育園恒例の
<そり競争>です。

運動会が楽しみですね。
大人も鍛えておいてくださいね。

fc2blog_20150408164427515.jpg

誰も泣かずに
センセイのテンションについていきます。

fc2blog_2015040816450464f.jpg


何周も何周も・・・

fc2blog_20150408164606410.jpg



ひばり組さんの
おせっかい かしまし娘による
新人さんのおやつ介助シーンです。
姉さん達がおこぼれにあずかりたいだけ
とも言います。

フラワー姉さん
エルサ姉さん
デイジー姉さんです。
クリリン、されるがままです。

fc2blog_20150408164748934.jpg


最後は入院していたので
今日からやってきたボスの笑顔で締めます。
現在の時点では一番小さいのにボス。
風格しかありませんよ。ボス。


fc2blog_2015040816464753c.jpg


園長(今年は私も誕生日会の司会やりますのよ♪るん♪)
園長(どの子の時か、もう決まってますのよ♪るんるん♪)
スポンサーサイト
プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
9位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR