FC2ブログ

鬼さんと新しいお友達

節分という言葉で調べると

各季節の始まりの日を意味する
立春・立夏・立秋・立冬の前日のこと と
記されています。

季節の変わり目には
邪気(鬼)が生じると考えられており、
それを追い払うための
悪霊ばらい行事が執り行われる。(Wikipedia)

鬼、という概念は
持ちようだと思いますが
怖いもの、恐れるものという存在が
私達には必要なのかもしれませんね。

よくママ達から
<いけないと思うんですけど>と
前置きをされて
<鬼来るよ!>って言って
ビビらせてます・・というご報告を頂きます。

個人的には、私は
いけないとは思いません。
鬼とかサンタクロースとか
自分のイマジネーションで
いくらでも自由に膨らませて
楽しみにしたり、怖がったり
というのは何も問題ないと思います。

「あそこのおばちゃんに怒られるよ」
「怖いおっちゃんが怒ってるよ」
よりもよっぽどいいです。
「鬼来るよ!」
「鬼呼ぼか!」(笑)

ただ、集団の場である
保育園でそれを使うのは
卑怯だと思っています。
保育士としてとか
技術云々とかそういうことではなくて

本来なら
パパやママのそばで
日がな1日を過ごしている子ども達に
鬼が来る!と言って
言うことを聞かせようとするのは
子どもをにらみつけたり
つねって言うことを聞かせるのと同じ

そんなことしてたら
ママがお迎えに来てくれないよ
に、匹敵するいじめです。

保育園での鬼の登場は
せいぜい節分の時と、
昔話と
鬼ごっこの時ぐらいです。

なので、
にじのとりっ子のご家庭で
困った時の鬼頼みは
時にはいいのではないでしょうか。

嫌われ役を買って出てくれるパパがいたら
それはそれで尚いいですね。

そんな鬼話弾む中
今日はにじのとり保育園でも豆まきを行いました。

鬼の役は3年連続
知り合いの鬼さんに来てもらいました。
この鬼さん、
ほんとは子どもが大好きな
優しい優しい鬼さんなので
ジェントルハートを
痛めに痛めて
毎年子ども達を
追い詰めてくださっています。

今日も終わって一言
「心折れそうです。。。」と。
そう言いながら毎年ご自身で
来年に向けての傾向と対策を考えてくださいます。

ひとときではありますが
こうして心から保育園の行事を
楽しみにして
嫌われ役を買って出てくれるほど
子ども達を愛おしく思ってくださる人が
行事に携わってくださるのは
本当に嬉しいことです。

fc2blog_20150203154422ab6.jpg

子ども達は
しっかり泣いて
心の中に住む鬼を
涙と一緒に追い出しましたよ。

邪気は〜外!
邪気は〜外!

fc2blog_20150203154456cd4.jpg

怖い時は大きな声で泣いていいし
いやなら逃げていい。
しかも思い切り逃げていい。

fc2blog_2015020315452235f.jpg

男だからとか
女だからとか、カンケーない。
怖いと思ったら
安全だと思うところに避難したらいいのです。

fc2blog_2015020315500851d.jpg

ちなみににじのとり保育園で使う
豆まきの豆(写真下)は
新聞紙を丸めて
ガムテープを貼り付けた
<なんちゃって豆>です。

fc2blog_201502031726438dd.jpg

写真上は
タイガーマスクさまから届いた
お土産の豆です。
パッケージがすごく素敵です。
お豆はどうしようかな、、と
思っていましたから
思いがけないお届けものは
とても嬉しかったです。
ありがとうございます。

子ども達が持ち帰るものに関しましては
いつもお気持ちいっぱいです。
年齢によっては
まだ食べられないものもありますが
そこはご家庭の判断で、
ママやパパの見ているところで
お子さまには与えてくださいね。

お給食は海苔巻きとスープ。
ひーこセンセイ、
ひとみセンセイ、
ちかセンセイの力作です。

コーン、かにかま、納豆
それぞれ味の違う海苔巻きです。
一人このサイズで
5〜6本食べていましたね。
お魚はいわしではなくししゃもを。
おやつ①に、いわしせんべいを。

fc2blog_2015020317270469e.jpg



現場の状況そのものよりは
かなり引き算されていますが
ちょっとだけですが
身内だけが楽しい動画があります。




さて、そんな節分の今日、
新しいお友達がやってきました。

ハンサムガール
八重ちゃんです。
何をしていても
実にハンサムです。

fc2blog_20150203174928044.jpg


なぜ八重ちゃん?
一昨年の大河ドラマ<八重の桜>の
新島八重さんからいただきました。

八重さんはお転婆なだけでなく
米一俵を楽々持ち上げるほどの、
銃を持って男性に混じって戦うほどの。

心配するママをよそに
お給食を口に押し込んで
たくましく食べ、
眠くなったら勝手に眠り、
初カートの
初集団散歩でも
まったく泣かずに顔で風切る姿は
まさに凛とした
明治初期の女戦士のようでした。

大概私は
第一印象でお名前を決めていますが
そんな八重ちゃんのお名前を
決定付けたのは
初日に持参してくれた
お米ならぬ、お餅です。

いや、
さすがに
初日にお餅持参でやってくる子は
誰もいませんでしたから
一気におもしろ度がアップしましたよ。
仕掛けられた罠には
まんまとハマる私ですよ(笑)

ママが持たせてくれたお餅は
1歳の時に背負って歩く
おめでたい一升餅でした。
早速今日、おやつ②で
あべかわ餅にして
みんなでいただきました。

おかわりいっぱいして
たくさんいただきました。
ありがとうございます。

fc2blog_201502031803130c6.jpg


早速、同じ学年のひまわりちゃんが
お姉さんぶって(笑)
大切なおもちゃ(財布とブロック)を
八重ちゃんに渡しているシーンを見て
なんだかとってもほっこりしました。

こういう行いは
優しさというよりも
仲間として
分け隔てなく認めているという
そういうあたたかい
心の温度を感じる
ワンシーンでした。

本来人と人との関係は
いつから知ってるとか
誰の紹介だとか
先輩だからとか
役職とか立場とか
そういうのを超えた
そういうのが何も関係ないところで
育まれているものですね。
子ども達は
本当に純粋に、毎日ただただ
そのままを全うしています。


その後二人で
⚪︎&%◀︎▫︎・・・と
二人にしかわからない会話を楽しみ、
新しいお友達、八重ちゃんは
にじのとりっ子として
まるでずっと前からここにいたように
仲間入りを果たしたのでした。


fc2blog_20150203182717f38.jpg


ワタシと同じ ニオイがするの
ゆっくりいこね 大丈夫♪
  〜ひまわり、心のどどいつ〜

more...

スポンサーサイト
プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
3位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR