月間島民と年末のご挨拶(ようやく)

さて、まだまだやり残した感が満載ですが
年末作業も言うならば
<宴もたけなわではございますが・・>という感じに
いよいよなって参りました。
皆さまはいかがお過ごしでしょうか。
お風邪など、こじらせておられませんでしょうか。

年末の末まで
面談等、足をお運び下さった皆さま
ありがとうございました。

入園に際する書類をまだ受け取られていないご家庭は
どうぞ年明けにお越しくださいませ。

さて、
12月最後のお知らせは
にじのとりっ子達が、(小さくですが)
掲載された雑誌
月間島民というフリーマガジンのご紹介です。

fc2blog_20141230161950565.jpg

京阪電車の
主に中之島線の駅に設置されているそうですが
ある日、編集者の方が
天満宮さんへ取材依頼をされた際に
天満宮さんより
「いつもお参りと遊びに来てくれる
保育園が近所にあるよ」と
お言葉添えをして頂き、
お遊びをしているシーンのお写真を
撮って帰られました。

記事自体は
特集ページを組んでいるわけではありませんから
誰かがインタビューを受けていたりはしませんし
写真も遊んでいる様子のわかる
ほんの1枚程度のものですが
天満宮さんのお声掛けを頂いて
その場所にいられることが
本当にありがたいなぁと感謝の思いで一杯です。

雑誌は
1月1日発行ですから
1月1日に中之島線に乗られたら
目にするかもしれませんが
保護者の方の分は、
年明けに郵送して頂くことになっておりますので
慌てなくても大丈夫です。

月間島民、
バックナンバーを読ませて頂いたのですが
読み応えのある面白いフリーマガジンです。
お手に取られたら
何かのヒントがそこにあるかもしれませんね。
到着は今しばらくお待ちくださいね。


=================



こんなことをお伝えしているうちに
もう2014年もおしまいです。

保護者の皆さまには
今年一年も保育園運営におきまして
多大なるご理解とご協力を頂きました。

保育園を信頼してくださり
大切なお子さまの貴重でかけがえのない時間を
にじのとり保育園に託してくださり
本当にありがとうございました。

職員一同、思いをひとつにして
新しい年も、
子ども達、保護者の皆さまと共に
更に楽しく笑顔溢れる時間を過ごせますよう
精進して参ります。

共に両輪となって
これからも変わらぬ愛情で
大切な子ども達の命を輝かせましょうね♪♪♪

まだまだ未熟です。
みんな未熟仲間です。
気付いたことや嬉しいことは
これからも声に出して伝え合っていきましょう。


また、全国にいてくださる
このブログの読者の皆さま。
1年間、身内だけが楽しがっている動画も含め
私の主観しか載せていないブログを
楽しみにして読んでくださり
本当にありがとうございます。

全国にいらっしゃる保育士さんが
読んでくださっていることも知っています。
また、これから保育の道を目指そうとしている人や
保育の道に進んでいながら
迷宮入りした自分の思いと
向き合っている人の存在も知っています。

面談は
保育園を探しているママ達とだけ
しているのではありませんから
どうぞお気軽に扉をノックしてくださいね。



・・・・キリがありません・・・・

長々と続きましたが
どちらさまも
よいお年をお迎えください。

新しい年もどうぞよろしくお願い致します。

今年最後の写真は
つばめ組の新年に向けての
お飾り製作です。

fc2blog_20141229122621936.jpg

昨年の
午の字入り凧を
馬があげているアレが大好きだったのですが
お役御免です。
今年はこのお飾りです。

来年の年末は、田舎部から全面協力を頂き
本物のかどまつを作りたいと思っています。       



園長(お楽しみは始まったばかりです♪)

スポンサーサイト

もうひとつのクリスマス会

あの盛りだくさんな
子ども達とのクリスマス会を終えた後、
肩で息をしながら臨んだのは
子ども達が帰った後に行う
<センセイ達のクリスマス会>でした。

誰から言い出したわけではありませんが
今回は保育園でやろうと決まったので
何日か前にLINEでセンセイ達に
その日食べたいものの
希望を募りました。

ゆい:この前チラッと話してたので、もうピザの口です♪
きえ:この前の給食のようなお惣菜を何品か食べたい♪
ちか:ケンタッキーとかいかがでしょう〜♪
ひと:我が家ではいつもいなり寿司でクリスマスでしたから
  いなり寿司が食べたいです♪
くみ:ロシアンたこ焼きとかしたいです♪
ひー:鍋もいいですね〜♪

即座に送られてきた返信に対して
<希望を出した人はそれを作ってね♪>
という無茶ブリ。
私、食べるだけ。

(ケンタッキーと言ったちかセンセイを
しれ〜っとスルーして
ピザ作りに精を出させるめちゃくちゃブリ。
若い頃の苦労は買ってでもしていただく形。)

その甲斐あってちかセンセイ、
初めてピザをイチから作ることになり、
一生懸命にクックパッドを見ながら
息を殺してピザ生地を伸ばしている姿は
つばめ組さんの粘土遊びよりも
たどたどしくて、大きな感動を呼びました。

何度も試作品を作って
ご実家に電話してレシピの確認をしたら
嬉しそうに材料や味つけの工夫を
教えてくれるお母様と会話することができたと
喜ぶひとみセンセイの顔は
本当にキラキラ輝いて、とっても素敵でした。

ひーこセンセイは
変わり鍋を用意してくれました。
唐揚げもお餅も入っているお鍋です。
あっという間になくなりました。

きえセンセイは
大好きな豆をたくさん使った
サラダやら、和えものやら、
私が普段作らないような
繊細なメニューで
目も舌も楽しませてくれました。

fc2blog_201412291226038ea.jpg


ひーこセンセイからは
くじ引きで、みんなに手作りの小物と
いい匂いのハンドクリームを頂きました。
私にはこんな。
定期入れのチェーンにつけて
あめちゃん一つ二つほど入れて
持ち歩いています。

fc2blog_20141229124341ea1.jpg


料理はどれもとても美味しくて
何よりとっても楽しい食卓になって
嬉しい思いしか残りません。

得意技はその人をキラキラと輝かせ、
周りにいる人を笑顔にします。
無茶ブリに答えようとする
純粋な心は親孝行をも産みますね。
これからも病みつきになりそうです。

あ、ロシアンたこ焼きは
通常の辛子やわさびだけでなく
フリスク入り、チョコレート入りがありましたよ。
40をすぎると
過度な刺激は
あっちこっちに迷惑をかけますから
私、ひーこセンセイ、ちえセンセイは
ごくごくノーマルな
タコの入ったたこ焼きを楽しんだのですが
若いセンセイ達は
果敢に挑戦していました。

ゆいセンセイはハズレを引いても
その全てを食べきろうと頑張り、
完食したその姿に
通常の保育中に
たとえ裏紙でも、粗末に扱っていたら
大きいクラスの子にも容赦なく
「そんなもったいないことしたらアカン!」と
注意している姿にブレがないことを
また再び確認することができて
みんなで惜しみない拍手と賞賛を捧げました。

年明け、
今度はかがみ開きのタイミングで行う
無茶ブリ新年の会では
ゆいセンセイに渡す園長プレゼンツの福袋の中身を
一品増やしましょう。

まなみセンセイが気になりますね。
まなみセンセイは
この日、どうしても外せないご予定があったので
不参加となりましたが、
気持ちはみんなと一緒に参加してくれていました。

保護者の皆さんとのプレゼント交換の品ですが
もう早速簡単なお手紙で
「あなたの用意してくれたもの、私のところに来ましたよ♪」と
サンキューメッセージでお伝えしているママがいましたよ。

自分の用意したものが
どなたのところに行ったのかな、、、という思いがわいたら
まず、自分のところにやってきた贈り物に感謝して
その思いを差出人に伝えるのが先ですね♪♪♪


年をマタギますから
お写真でお伝えします。
センセイ達へ届いた贈り物は
以下の写真の通りでした。
まだセンセイ達が
お伝えしきれていないママには
改めてまた、喜びや使用状況など
年明けにお知らせがいくはずですので
お楽しみに♪♪♪

fc2blog_201412291225330ae.jpg

私ですか?
私は
例の、ホレ、あの、豪華なお菓子の家、
あのおうちを頂きました。
クリスマス当日に、子ども達とみんなで
ひとかじりずついただき
ヘンゼルとグレーテルの気分を味わうことができました。
ありがとうございました♪♪

え?
私が今年用意したものですか?
1点ものの
超にじのとりグッズとなる
シーツ持ち帰りバッグと
通園バッグです。

fc2blog_20141229130559f40.jpg


年明けにでも
しれ〜っと、このおかばんを持っている子がいたら
その子こそ、
にじのとり保育園をやめづらくなってしまう
天使の子ということです。
ママからは翌日早速
喜びのお手紙を頂いて嬉しかったです♪♪

ハッピーな思いは
どんどんどんどん
連鎖させていきましょうね♪



年末のご挨拶は
もう少し後で・・・・・。


園長(まだまだ終わらない年末作業・・・)

タイガーマスクさまからの手紙

さて年末です。
12月28日、もうそろそろ
クリスマス気分も抜けた頃でしょうか。
私は今日も面談の為、保育園へ出向き、
かなりバタバタとしていました。

さて、そんな年末ですが、
このタイミングで
お引越しをされたご家庭があります。

fc2blog_20141229113939c55.jpg


※このご家庭の分の空席は
既に年明け、次の入園予定のご家庭が
いらっしゃいますので
お申し込みのお問い合わせを
いただきましても
お席は空いておりません。
悪しからずご了承くださいませ。

にじのとり保育園にも
パパやママのお仕事や、
住居のご都合で
キリのいい3月末だけでなく
年度途中にも、お引越しを
やむなくされるご家庭があります。

今回のお引越し劇では、なんと、
いつも自宅から小一時間かけて
お迎えに来られていたおじいちゃまが、
ママとお子さんが最後の一日を終えて帰った後に
直々にお手紙を持って
保育園へご挨拶に来てくださいました。

お手紙には、1歳1ヶ月で
保育園へやってきたお孫さんが、
段々人間らしく育っていく時期に
ここに通えたことを嬉しく思うと
書いてくださっていて
身に余る嬉しさに
浸らせて頂いたのですが、

大切なお孫さんが成長し、育つ中で
ママやパパがお仕事の都合で
お迎えが遅くならないようにと
小一時間離れたご自宅から
いつも同じ時間にお迎えに来てくださった
おじいちゃまのお気持ちこそが、
お孫さんの情緒を安定させ
1歳時代という
お孫さんが最も成長を遂げる時期の
見えない栄養になっています。

私達は、
そんなご家庭のお手伝いを
させて頂いているに過ぎないにも関わらず
お子さんのご両親だけでなく
おじいちゃまが、保育園に
<お迎え>という形で関わって下さり
保育園を喜んでくださっていたということを
おじいちゃまの言葉で
お手紙という手段を使って
私達に伝えてくださったことが本当に嬉しいです。

私も人間ですから
こういうお手紙を頂いたり
ノートにママの思いを書いてくださったりすると
純粋に嬉しくなって
こういうことで喜んでくださるなら
もっと、もっと、、、と思えるのです。

そしてもっと単純に
保育園を開園してよかった〜!と
思うことができて、
ひとしずくの愛が私にも注がれるのを知るのです。
胸に抱いてくださった思いと
それを伝えてくださるという行いは
何にも代えがたく、本当にありがたく嬉しいです。

立場を超えて
<当たり前>という感覚を超えて
感謝から生まれる感謝を知る私達は
きっとどこよりも強い
家庭と園との関係が築けているのではないかな、、と
自画自賛です。

世の中のきっとほとんどは
自画自賛という自己満足でできているっぽいですね。
そこを批判し合うなんていうことをせず
認め合おうとするだけで
少し自分の周りの平和度も上がりますね。

おじいちゃま
もとい、
タイガーマスクさまからのお手紙を栄養に、
私達はますます
日々の保育、すなわち自分の成長に
これからも一生懸命向き合っていこうと
改めて年末の今、思っています。

タイガーマスクさまからのお手紙には
こんな素敵な千代紙が添えられていました。
(あくまでもメインはお手紙)
大切に使わせていただきます。
ありがとうございました。

離れた場所で生活をされることになり、
引っ越しという理由で
物理的に保育園には通えなくなりますが
お子さまはもちろん、
ママやパパ、おじいちゃまやおばあちゃまとの
関係は変わりませんから
これからも何かあった時に掴まる
葦の一本として
お心に留めていただけたら嬉しいです。

fc2blog_20141229114642429.jpg

ただ、ひとつ注文を付けさせていただくとすると
<鉄ちゃん仲間>という
嬉しい共通点は、もっと早めに知っておきたかったです(笑)

同窓会で会って
「ずっとあなたが好きだった・・」と言われるぐらいの
切ない気持ちになりました(笑)

そんな経験は一度もありませんが。


===============


年末のご挨拶は
私の仕事がまだまだ終わっていませんので
もう少しあとから
させてください。。。。。。


ではひとまず
ここで指を休めます。


園長(日程未定ですが、電車部男子、ただただプラレールをする会を予定しています)
園長(プラレール電車の持参OKの会です)
園長(完全別室で行います)



今年最後の保育の日

クリスマス会の余韻もまだまだ残る中、
元気に今年最後の登園をしてきた子ども達です。

口々に
サンタさんがおうちにもやってきた話や
朝起きたら
欲しかったものがおうちにあった話を
興奮気味にしてくれました。

サンタクロースやクリスマスに対する考え方は
ご家庭のルールに則って楽しまれたら
それでよいと思います。

我が家では12年ほど前から
クリスマスには家族3人で、お互いそれぞれ
自分以外の家族にプレゼントを用意して
シャンメリーで乾杯をしながら
交換会をするのが
年中行事になっています。

始まった頃は100均ショップに一緒に入って
お互いにコソコソ隠れながら
お互いのプレゼントを選んだものです。

あの頃私に買ってくれた
ダイソー製の
クローバー模様のポーチは
今も愛用しています。

大切に、、とか
息子からの、、とか
そういうおセンチな感じではなく
丈夫なヤツに当たったんですね。きっと。
どんなに無頓着に使っても
汚れない、壊れない、、
大したポーチです。

ちなみに今年は
電動のハンディータイプの美顔器と
充電式のホットアイマスクでした。
(ダイソー製ではありませんでした)

年明け、私の顔面が
リフトアップしているように見えたら
それはこの美顔器とアイマスクのお陰かもしれません。


===========


今年も保育園からのクリスマスプレゼントは
ひばり組さんには
『犬棒かるた』 にしました。
年明け、またかるた大会をしますから
お正月にいっぱい遊んでおいてくださいね。

年内最終日のお給食は
とっても具沢山なうどんになりました。

fc2blog_2014122613233608c.jpg

鍋は飲みものです♪
と、言ってる子にとっては
うどんも似たようなものですね。
例に漏れず今日もたくさん食べてくれました。

昨日このページでお見せした
子ども達の出し物の様子ですが
一糸乱れぬ様子とは真逆で
ぐだぐだかと思われるようなな部分も含めて
全てお見せしているのですが

イヤがって出ない子がいないこと。
他のクラスの出し物を見ている時に
とっても楽しそうなこと。
誰かのことを悪い方に批判しないこと。

そこが完璧だということを
お伝えしたいのです。

とかく
<やる>ことの方を大人は重要視しがちです。
笑顔でないから楽しくないのだと思いがちです。
こちらに寄ってこないから
自分のことが嫌いなんだと決めがちです。
一人でいるのは寂しいと思いがちです。

でもそれは、
おそらく全部
勝手な思い込みなのかもしれませんね。

そんな思い込みから
完全に開放されて過ごす幼少期は
何より大切な時期ですから
これからも
一人一人の心身の成長と
思いに沿った保育を心がけていきたいと
思っています。

開放されてる1歳児女子による
沈黙の女子会~本を読む~の巻

無口です。真顔です。
息を殺してます。
でも、楽しくないのじゃありません。
心から堪能して
大満足の時間を過ごしているのです。

fc2blog_20141226172530037.jpg


==========

年末に風邪気味だったり
下痢気味だったりと
万全でない様子の子ども達も
ちらほらいました。

年末年始のお休みには
どうぞご家族お揃いで
ゆっくりくつろいでお過ごしください。

じんわりと充電されて
また新年に
元気な姿を見せてくれる日を
楽しみにしています。

保育室にはまだ子ども達がたくさん残って
遊んでいますので
年末のご挨拶は
もう少し先の更新にて
改めさせていただきます。


園長(皆さまへのご挨拶が行き届かずすみません)

クリスマス会②

さて、今回のクリスマス会、
第二部のお話の前に
クリスマス会という行事を終えて
私が嬉しいなぁと思っていることは
保育園だけ、センセイ達だけでなく
毎年、子ども達と保育園に便乗して
一緒に楽しもう~♪と
積極的に名乗りを上げて
参加してくださるご家庭が
増えてきていることです。

呼びかけが
届いていることを知る瞬間です。

たとえば
今回、子ども達がクリスマスブーツを
持って帰りましたが
どのクラスもブーツの中身はパンパンです。

保育園から用意したものではありませんよ。
この、ブーツの中身に関しては
ママサンタさんが
子ども達にと
持たせてくださったものです。

fc2blog_201412251909428c7.jpg

一人一人のイニシャル入りの
プラ板のストラップもそうです。

たとえばラムネの1個
ビスケットの1枚
そこに純粋な気持ちを感じます。
本当にありがとうございます。

fc2blog_20141225190754794.jpg


もうおわかりですね。
気ぃ使うわ・・。じゃなく
笑顔でありがとう♪
これが鉄則です。

損得なんか考えずに
してくださった気持ちに対しては
受け取り上手になればいいのです。
そうしたらどんどん溢れてきて
気付けば与えて受け取り
受け取って与えるということが
わかるようになるのだと思います。

誰かに何かをして頂いたら
<すみません>ではなく
<ありがとう>です。
ココは間違わないようにしないと
ややこしいことになりますね。

私は差し出してくださったものを
まず一回お断りする・・ということをしません。
即『ありがとうございます』で
これまで生きてきました。
きっとこれからも変わりません。

クリスマスの保育園には
こんなお菓子の家や

fc2blog_20141225190732f2c.jpg

差し入れのケーキなどが
色を添えてくれていたのです。

fc2blog_20141225193128103.jpg

こんな風に
気持ちがあっちからもこっちからも入ってくるこの場所で
楽しく、嬉しい思いがわかないわけがないのです。


============


さて、楽しいお給食の時間が終わって
子ども達はお昼寝タイムです。

今日は写真をとってくれるお兄ちゃんが
トナカイさんです。
朝一番にやってきためじろ組さんからは
泣かれましたが
つばめ組さんには大人気でした。

写真撮り~の

fc2blog_201412251906110a8.jpg

粘土遊びにマジになり~の

fc2blog_20141225190638f44.jpg

疲れたら 寝~の

fc2blog_201412251906580e7.jpg

そして『こんなトコで寝ない!!』と
女の子達に怒られ~の のお兄さんです。

この時の様子は
リビングで横になったら寝てしまう
パパに対するママみたいな感じ、、と言えば
わかって頂けるかと存じます。

が、そのありのままが
子ども達のハートには
ダイレクトに響いているのでしょうね。

ピコちゃんから
『ごろうくんまた来てね♪』と名残惜しそうに言われて
鼻の下が伸びるお兄さんなのでした。

============

お兄さんと遊んでるうちに
お昼寝の時間は過ぎ、
おやつの時間になりました。

子ども達はいつものように
おやつタイムを待っていました。

ココからがにじのとり保育園の底力の見せどころです。
なんと!
今日のおやつは
各クラス1個ずつのホールケーキです。

そしてなんとそれは
先日大人気のまま閉店した
『きえショップ』にて、きえセンセイが作って
みんなに提供するものなのです。

やったー!
あの日お休みしていた子の
夢が今日かないましたよ♪♪

fc2blog_20141225174843ec3.jpg

各クラス、スポンジ台とクリームとフルーツを与えられて
みんなでひとつのケーキを作ります。

fc2blog_20141225194355bb7.jpg

無言です。

fc2blog_2014122519425559e.jpg

必死です。

fc2blog_2014122519432636a.jpg


そして、できたケーキはコレです。
めじろ組さんがメインで、センセイと作りました。


fc2blog_20141225174717513.jpg

ひばり組さんはこんな感じ。

fc2blog_20141225174658d2b.jpg

つばめ組さんメインだとこんな風に
ごってりよくばりケーキになります。

fc2blog_20141225174640f47.jpg


そして、この後、
まだもうひと仕掛けあるのが
にじのとり保育園ですよ。

ひばり組さんの作ったケーキにだけ
ろうそくが・・・。
そして
♪ハッピーバースデートゥーユー♪
『ちかセンセイ♪お誕生日おめでとう~♪♪♪』
子ども達が声を合わせます。

ちかセンセイ轟沈・・・。

fc2blog_2014122517541617e.jpg

なんでしょう・・・この幸せ感。
この後食べたケーキは
本当に幸せな味がしました。

==========

さて、
一番最後になりましたが、
大人も楽しむプレゼント交換。
ママ達それぞれ
どなたのどんなプレゼントを手にされたのでしょう。

今日お迎えに来られるママは
み~んな
いつにも増して
キラキラの笑顔でした。

心いっぱい込められたプレゼントは
きっとそれぞれを手にしたパパやママにとって
ラッキーアイテムになるはずです。

そして、これからも
主婦、ママ、そしてお仕事、
それぞれを、そこそこ頑張ろう♪と思える
パワーになること間違いなしだと思います。

写真は究極の生ものが当たって
お誕生日のお祝いになった~♪と
大喜びのちかセンセイです。

fc2blog_20141225222358b9a.jpg


同包されていたものと共に
楽しみが増えた~♪と
小躍りするように帰って行きました。

ちかセンセイの
更なる活躍に乞うご期待♪

そして今日は忘れてはなりません。
サンタの国からやってきた
サンタクロースのおじいさん。
遠い国から本当に、本当にありがとうございました。

fc2blog_20141225222935fc0.jpg


園長(何回言っても言い足りないありがとう♪)

クリスマス会①

さては、昼頃から
クリスマス会なう・・・的なブログのUPを
ろくろ首になりながら
お待ち頂いていたママも多かったことかと思いますが
弱小保育園は
こういう時
園長も猫の手になります。
お伝えが遅くなってごめんなさい。

先に書きますが、
可愛いかったですよ~。
ほんとに可愛い~。
寿命伸びましたよ。明らかに。

========

クリスマス会第一部は
朝9時から始まりました。
サンタの格好で司会をしてるのは
まなみセンセイです。

ちびっ子サンタも
いっぱいいますね。



元気良く歌います。



歌をうたっていたら
保育園の外から
中を覗く赤い影。
サンタクロースが
保育園にやってきてくれました。



サンタの国からやってきたんだよ~と、
ニコニコ笑顔で教えてくれた
素敵なサンタさんは
とっても流暢な大阪弁でした。
漫才コンビ
【Wサンタ】ではありません。



お給食はクリスマスプレート。
ハート型のポテトサラダに
爪楊枝のツリー。
みんな持って帰ってるはずです。



スープは、子ども達大好きな
具沢山のクリームシチューです。




では、今日の出し物を順番に。
まずはめじろ組。
立ってるだけでカワイイこの子達も
随分成長しました。

一番新しくにじのとりっ子になったパコちゃんが
手を動かして踊ってくれたんです。
みんなの前でも
恥ずかしがったりしなくなりました。

ところが動画はごめんなさい。
はじまる前で終わってしまっています。
本当にすみません。

想像力たっぷりに
おじぎしている様子をご覧ください。




お次はひばり組です。
利家くん、いつも発表会や誕生会の催しでは
だんまりを決め込んでいたのですが
その様子を見てママとパパが
『あそこの地蔵がウチの子です』
といつも言っていたのですが
今日はとっても元気よく
歌って踊ってくれましたよ。

私の
『コウちゃんがやってる!』とか
『今日は地蔵じゃない!』とか言う
失礼な声が入っていたらすみません。




お次は劇団つばめによる
かさじぞうです。
こちらは本気で地蔵ですよ。
動かなくて正解なのですが
イケメンおじいさんのミントくんはもとより
地蔵役の女の子4人の
地蔵っぷりが可愛くて可愛くて
センセイ達は涙腺崩壊でした。



子ども達の出し物の後は
センセイ達の出し物です。
いつもの通り、とっても弾けてました。

内容は
ひばり組のやった
『赤鼻のトナカイ~ばっちり完成バージョン』の
キレッキレダンスです。

動画ありません。すみません。
でも、子ども達、
本当に楽しそうに見てくれて
『面白かった♪』
『楽しかった♪』と言ってくれました。

これからも
クォリティーを高めていきたいと思います。

===========

出し物の後は
サンタクロースさんと記念写真を撮って
商店街へ繰り出しました。

皆さんから
『カワイイね♪』と声を掛けて頂いて
嬉しかったです。

話は前後しますが
この後お給食の
クリスマスプレートを食べて
午後からの第二部につづきます。


園長(バタバタしちゃってすみません)

本当にしたいことが叶う仕組み

久しぶりに大阪市役所へ行きました。
夜はきっとイルミネーションと人が
すごいのかもしれませんね。
昼間は電球達も眠っているようでした。

色んな職場でお仕事をしてきましたから
市内のオフィス街を歩くと
あちらこちらで色々なことを思い出しますが
大阪市役所前の川のふもとも
私の恰好の『野ざらしランチ場所』でした。
ええええ、もちろん
サラリーマンさん達と
しれ~っと静かに場所取り戦争をしていましたよ。

うつぼ公園ではよく
『一人焼き芋ランチ』を楽しみましたが
市役所前では
朝、家で握ってきた
『一人デカおにぎりランチ』が多かったです。

今、いつでも何でもどこにいても楽しめるのは
環境が培ったスキルだと思っています。
お陰で頭の中の遊園地は
年中無休でフル稼働です。

それが全て今に繋がっていますから
無駄なことは何もなかったと思っています。

我が家の子ども達が小さかった頃に
一緒に食べていたランチと同じ、
いやいや、それ以上の充足感で
今私は、毎日最高のランチタイムを過ごしています。

ちなみに写真は
今日、クリスマスイブのお給食。
The カレー鍋です。

fc2blog_201412241536216ab.jpg

カレー鍋ですが
カワイイうさぎさんのごはんにしてあります。
うさぎさんも嬉しい♪
大好きなカレー味の鍋も
具沢山でおかわりたくさんあって嬉しい♪
子ども達は大喜びで
今日も
『おかわりくださ~い♪』というカワイイ声が
いつまでも響く保育園でした。

おやつは前回大好評だった
ココナッツオイルで焼く
焼きりんごはちみつがけ。

タイガーマスクさまから
先週頂いたりんごを使って、
今日もゆいセンセイが作ってくれました。

・・・・・・・・・・・・・・・

本日より来年度の入園を
専願でお申し込みくださったご家庭に
書類をお渡ししていますが
お待ち頂いている間に
併願へと変更になられたご家庭は
速やかにご連絡のほどお願い致します。
年内は26日(金)迄保育園でお渡しできます。
13時~18時の間にお越しください。

何でもそうですが
色んなこと、
たとえば疑問に思ったことや
こうしたいと思ったこと
こんな風に決定した!なんて発表や
もしかしてこうじゃないのかしら?ということは
言葉に出していきましょうね。

なかなかソレができなくて・・・

大概の場合はそうです。
でもその訓練ならできます。
それも今のうち。
我が子が小さいうちです。
母親になる練習の場なんてありません。
毎日が練習で
毎日が本番です。

言葉に出して関係がもつれたら
それはそこまでだっただけのお話です。

まずはご相談ください。

この言葉をいつも掲げていますが
うわべだけの意味ではないのです。

もちろん、子どもの家庭時間というのを
一番大切にしていますが
ママ達が選んだ第一希望を
私はいつも応援しているのです。

第一希望が認可保育園というご家庭には
とにもかくにもまず、その第一希望が
叶いますようにと応援しています。

なので
にじのとり保育園が第一希望というママのことを
応援して、私の毎日があるのです。

・・・・・・・・・・・

いろんなところに
日々を楽しむヒントがあります。
でも時としてそれは
わかりにくかったり
探せなかったりするだけでなく
私達大人は欲を出して
もっと大きな獲物を探したり
よりキレイなものを探そうとしてしまいます。

それはとってももったいないから
目に見えたものから
手にしていく癖をつけていきましょうね♪

素直に、正直になれば
それはとってもたやすいのかもしれません。

子どもはそうしています。
どうやら好きなものを手にして
したいことをしたい!と主張しているだけのようです。
でも、
それでよいのだと思います。

今日の自由あそび。
めじろ組女子による(特別出演きなこちゃん)
勝手気ままなままごと遊び。
みんな自分が主役の自分の世界。
平和なままごと遊びです。

fc2blog_201412241605074a8.jpg



園長(ほんとうにしたいと思ったことしか叶わない仕組み♪)

昨日の補足とザリガニの死

昨日のブログの補足です。

⚫︎来年度4月からの入園を
併願でご希望されているご家庭は
第一希望の結果が出ましたら
いずれの場合でも
速やかにご連絡をお願いします。

その後、必要な事態が発生致しましたら
書類を取りにいらしてください。

………

⚫︎保育園の新園舎ですが、
皆で移転するわけではございません。
もう一つ、
同じぐらいの大きさのお部屋が
今ある場所から近いところに
できるということです。

⚫︎どのクラスが移転するのか、
具体的に場所はどこなのか、
その他詳細は改めてお伝え致します。
諸事情等ございますので
詳細のお伝えは、今しばらく
お待ちください。

※近隣地図を見ながらの予想は
ご自由にお楽しみください(^_^)



しかし、iPhoneに最初に入ってる地図は
ざっくりしてますね。
時々ステキに変なところへ
ナビゲートしてくれます。

………

⚫︎クリスマス会のプレゼント交換用の
プレゼントが続々集まっています。
楽しみですね。
交換会は25日です。
よろしくご参加のほどお願いします。



…………

さて、先週は
ひばり組で
お葬式が執り行われました。

みんなで様子を見ていた
ザリガニが、
死んでしまいました。



子ども達はシーンと神妙に
ゆいセンセイのお話を聞いて
土に埋めました。



子ども達がどんな気持ちで
土をかけて、
お墓を作ったのかは、
本人にしかわかりませんが、
こういうことを繰り返して
命のことがわかっていくのですね。




例えば家庭で飼うペットの
誕生から死までを通して
命を学ぶということもありますが

同時に
ものが壊れたり
お花が枯れた時にも
同じ命が尽きたことに
気付ける人になって欲しいと
願います。

私は小学校低学年ぐらいまで
履けなくなった靴を
捨てるのがとても嫌で
ゴミ袋を前に
いつも涙のお別れをしていました。

そんな時祖母が
靴を袋に入れた後、
ひとつまみのお塩を入れて
おまじないをかけてくれたのですが
それで悲しいキモチが
スーっとおさまったものです。

今でも私は、
洋服や靴などの持ち物を
処分する時には
必ずひとつまみのお塩を
最後に入れて
これまでの『ありがとう』を
心の中で念じています。

命を考える時、
私はいつもこの
祖母のおまじないのことを
思うのです。

一寸の虫にも五分の魂
一輪の花にも無限の命

人間の命だけが尊いのではない
ということ。

そこのところは
忘れないよういきたいものですね。



園長(合掌)

【平成27年度4月の入園について】

★平成27年度4月以降の入園をご希望され、申込書をご提出されているご家庭の皆さまへ★

まずは、ご連絡が遅くなり
大変長らくお待たせ致しましたことを
心よりお詫び申し上げます。
不安な思いを募らせたご家庭も
おありになったことと思います。
本当に申し訳ございませんでした。

ようやく
諸々の事情が整いました。

つきましては
入園に際しましてご記入して頂く書類を
お渡し致しますので
12月24日以降、保育園までお越しください。

体調等問題がなければ
寒い時期ではございますが、
できれば新にじのとりっ子となる
カワイイお子様もお連れになってお越しください。

※時間は、13時以降でお願い致します。
※年内は12月26日(金)まで保育を行っております。
※新年は1月5日(月)より通常保育を行います。


・・・・・・・・


★平成27年度4月以降の予定★


今年の入園受付は
9月22日から開始させて頂きました。

今だからお話できますが
来年度の在籍確認をした時に、
寂しいことなのですが
ひばり組・つばめ組の子ども達は
その多くが来年度は認可保育園の入園を
希望されるものだと思っていました。

ところが集計をしてふたを開けてみると
その予測は嬉しくありがたい方に裏切られ、
お引越しをするお子さん以外
ほぼ全員が残留されることがわかりました。

めじろ組に至っては
お引越し予定のお子さん以外
みんな揃っての進級です。

ということは
4月からの新入園児さんは
ほぼ入ってこられない状態です。
片手イッパイも受け入れられない状態だと
わかっている中、面談が進んでいました。

保育園の経営のことを考えると
このままひとつの保育園を守り
新入園希望者をお断りして
維持する方法がベストかもしれない、、

いや、でも、
他に認可保育園を申し込まない、申し込めない人が
昨年よりも多くて
家が近いからとか
保育料がどうだとか
大人の事情だけでなく
保育の内容に賛同してくださり
専願でのお申し込みが増えたらどうしよう・・・。

今あるこの場所だけでは人員オーバーになってしまう。
それは
認可外保育園の設置基準を超えてしまい
私の理念からも外れてしまうから
この場所ひとつだけしか持たないのに
受け入れることはできない・・・。

どうしよう、、、
かかるお金の額も桁が違う。
何の補助も受けていない認可外保育園だ。
さぁ、、どうする、私。

いや、まずはお申し込みをお待ちしてみよう。
そこから動いてもまだ大丈夫。
そうして4月からの面談もひと段落して、
9月22日の受付開始日を迎えました。

お申し込み書受け付け当日の朝、
私が8時前に保育園へ向かった時に
目にした光景は、
保育園の前に並んでいる、
確実な空席以上の数の多くのママ達の姿でした。

一番早い人は朝の6時と伺って
色んな思いがこみ上げてきました。

何時に並んだからとかそういうことではなく
そこまでの思いでこの保育園を希望してくださった方には
6時であろうと、8時であろうと、
皆さんに来て頂きたいと
純粋にそう思ったのです。

定員オーバーになってしまう状況さえ打破すれば
希望してくださった皆さんを
誰一人漏れることなくお預かりすることができる。

それから本腰を入れて
みなさんを受け入れられる場所探しをしました。

できれば1階で
今ある場所から近く
条件を満たした場所。

コレがなかなか難しかったのです。
めぼしい場所があったと思ったら
高すぎるお家賃。
保育園として使うのは大家さん的にNG。
日当たり的にアウト。
他のテナントさんが多すぎる・・・。
などなど、
いわゆる私的にビビビとこない物件を
巡る日々は続きました。
トータル何軒回ったことでしょう・・・(笑)

でもそれは
とってもいい気付きや勉強になることばかりでした。

そんな学びを踏まえて、
気持ちも新たに探し始めた物件ですが、
このたびようやく
両思いの一目ぼれ物件と巡り会い
晴れて、
新しく専願でご希望を頂いたご家庭のお子さまと、
既に在園していて
来年度もココでと願ってくださった
にじのとりっ子達全員を
自信を持って
『お預かりします!』と
お伝えすることができる運びとなりました。

これから更に多くの皆さんと一緒に
リアルに喜び合えることが増えるのかと思うと
楽しみとワクワクしかありません。

他のことも含めて
諸々の詳細はまた改めてお手紙やブログ等で
ご報告、情報開示をさせて頂きます。


至らぬ点ばかりかとは思いますが
初心に立ち返り
これからも
ママやパパの腹のくくりを応援し、
大人が笑顔でいられる環境を
共につくりあげていきたいと考えております。

保育園はひとつの手段です。
愛情で溢れた場所が
この北区にもうひとつ増えることを
どうぞご一緒に喜んでください。

お休みの日に長々と失礼致しました。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

mail.jpeg



園長

園長のひとりごと~やきいもにまつわるエトセトラ~

雨ですね。
えらい降ってます。
昨日更新予告をしていたことを今思い出したので
ひとりごとにします。
この先は保育園のことは書いてません。
自己責任でお読みください。

===============

子ども達が小さい頃から
何よりも大切にしてきたのは
家で子ども達と食べる夕飯の時間だった。

39歳の時から(多分)
社会に出て働いてきたけど
子ども達の年齢に応じて
最優先するものが変わるので
職場は数年ごとに変えてきた。

子ども達が小さかった頃、最優先していたのは
収入よりも、私のやり甲斐よりも
適正な時間に家族揃って夕飯が食べられる時間に
家に帰ることだった。

いつもその都度私が求めた条件は
難なくクリアされていたけど
その話はまた改めて。

===========

家に帰る途中、
いつもの地下鉄の階段を上がって出たら
やきいも屋さんの車が
ピーッと、あの音を立てて止まっていた。

fc2blog_2014122017005073b.jpg

1本300円という値札を横目で見て
ココロの中で
『たっけぇ・・』と若者言葉で悪態をつき
そのまま横断歩道を半分ほど渡ってるのに
釣られた魚みたいに
車の前まで引き戻され、
『1本ください』と、相成った。

fc2blog_201412201646502e6.jpg


『2分ほど待ってや』と言うから
産地によるさつま芋の味の違いとか
やきいもにした時にどうなんだとか
素朴な疑問を解決する時間に当てたけど

私が興味あったのは
なぜおじさんは焼き芋屋さんをやっているのか?
ということだ。
でもそれは、
おじさんの目を見て聞くのをやめた。

おじさんと言っても
きっと同じ年ぐらいなんだろうな。
なんなら私より若いかもしれない。

何の効果があったのか
おじさんは100円オマケしてくれて
200円になった。
まぁまぁ嬉しい。

真っ暗な帰り道に
あつあつのやきいもを
ぱくんとお口に入れたら
数年前、まだ子ども達が小学生の低学年で
夕飯を揃って食べられる時間に終わる
外回りの仕事をしていた時、
当時街頭で100円で売られていた焼き芋を
よくランチにしていたなーなんてことを
思い出した。

わびしくない。
寂しくもないし、貧しいとも思っていなかった。
財布の中身に最適な
あつあつのランチを頬張りながら

冬の公園の陽だまりで
40代の子持ちの女が焼き芋を頬張る姿
というのを客観的に楽しんでいた。

ランチタイムの公園には
季節に関わらず、
私と同じようなことをしている
中年サラリーマンがいる。

オフィス街のビルとビルの谷間にある公園では
冬場、一部のサラリーマンによる
陽だまり争奪戦が行われている。
お察しの通り、
夏場は日陰争奪戦だ。

その争奪戦に勝てたのは
30代はずっと子ども達を連れて
一日2回、公園ジプシーをしていたお陰だ。

毎日毎日飽きもせず
色んな公園を渡り歩き
日当たりタイムや風の方向を読んで
持って行ったお弁当を食べる為に
最適な場所を確保していた
私の着眼点をみくびんなよ!
と、サラリーマン相手にちょっとだけ言葉乱暴に、
ブラマヨ吉田並の王者気取りになっていたのは
言うまでもない。

fc2blog_20141220164259759.jpg


なんてことを思い出した
やきいもにまつわるエトセトラ。

だから、職場でも
行ける範囲を躊躇しちゃいけないよと
ありとあらゆる公園へ。

だから、職場でも
食べる時間に子ども達には
会話と笑顔の愛情を。

とっくりとお猪口

すっかり冬らしい気候にも慣れてきましたね。
♪きたかぜぴいぷう♪という表現が
やたら腑に落ちます。
(作詞:巽 聖歌)

さて、今日も冬らしい
豚汁定食のお給食でした。
今日は予定にない
お惣菜を2品加えました。
<おから>と<大根のきんぴら>です。

おからは先日ゆいセンセイと雑談していた時に
『おからが大好きで、
総菜屋さんで買ったりする』と聞き、
老婆心から作りました。

我が家ではおかず扱いにならないおからが
保育園では黄金のセンターです。
みんな喜んで食べてくれます。

大根のきんぴらは、先日のお餅つきの時に
田舎のみちこばぁばが
(ちえセンセイとまさやセンセイのお母さま)
丹精込めて作ってくださった無農薬大根を、
まさやセンセイが持ってきてくださったので
その立派な大根を使ってどっさり作りました。
大根の葉っぱは
豚汁の中にも大根きんぴらの中にも入っています。

fc2blog_20141219165223d9c.jpg


料理屋さん仕様にしたくて
和の器に盛り付けました。
はしゃぎすぎて最初に写真撮るのを忘れました。
もうこれは後半の写真です。

fc2blog_20141219165150968.jpg

料理屋さんにするならアレも用意しなくっちゃ!
ということで急遽用意したのがコレ。

fc2blog_20141219170429b00.jpg

これな~んだ!と言って出すと
みんなお顔にクエスチョンマーク。
そんな中、一番に『お酒!』と答えてくれたのは
つばめ組のピコちゃんでした。

fc2blog_20141219165444b25.jpg


とっくりは両手で持って注ぐこと。
お猪口も両手で持っていただくこと。
それを伝えただけで
後は子ども達、さしつさされつ
中に入っている、ぬる燗ぐらいのほうじ茶を
美味しくいただきましたよ。

まぁまぁまぁまぁ一杯どうぞ。

fc2blog_20141219165258c98.jpg


お正月にご家族おそろいの場で
是非トライしてみてくださいね。

もちろん、ひばり組さんが黙っていませんよ。
嵐くん、手つきイイわ~♪

fc2blog_20141219165753c7b.jpg


笑ちゃん、真顔でクィっと!

fc2blog_20141219165809b2f.jpg

カウンターで
こんな女性を見かけたことがあるような・・・。

fc2blog_201412191658421d8.jpg

お漬物の時は躊躇してたのに
日に日に活動に積極性が出てきたベルちゃんは
飲み終わってこんな顔。
ちょっと目を離すと
手酌でバンバンおかわりしてこの笑顔。

fc2blog_20141219180035e96.jpg

遊んでるだけ?
調子に乗って
保育の場でとっくりにおちょこなんて
けしからん?

けしかりますよ。
十分けしかります。
幼稚園や保育園というところは
全力で遊ぶところです。

人は教えてくれる誰かからではなく
<そこにある何でも>から
多くを教わっています。
大人は忘れがちですが、
教科書開いて黒板の文字を写して
課題をこなすことが学びではありません。

<そこにある何でも>の糸口を
チョチョイと出してみたり
誰かが出した糸口をスルスルスルと引っ張ってみたりして
人はお互いに学び合っているのです。
老若男女関係なしに。

たとえば今日みたいなこんな時だって
最優先しているのは
<子どもの目の輝き>と<やる気>と
<反応>だけです。

何度も書きますが、
お猪口で飲むのイヤと意思表明した子には
いつものことですが無理強いしません。
イヤだと思うこと
それを表明することは悪いことじゃないからです。

今の小さいうちに
そんなことを我慢しなくていいし
イヤだと思う自分のことも認めていて欲しい。



そんな今日の締めはこの1枚です。

あのさー、ピーチ、
父ちゃんがどうしても結婚を許してくれないの、、、
まぁまぁミルキー、
落ち着いて一杯飲みなよ、、
私はいつでも味方だから♪

fc2blog_201412191654081e4.jpg

いいな~、
実にいい光景。

今日のお給食の時間のシーンを思い出すだけで
軽く2杯は飲めます。


※明日もブログは発信します。(予告更新)


園長(決してノンベエではありません♪♪♪)

食べるということは

今日も引き続き寒かったですね。
お給食は、みんな大好きカレーライスです。

かぼちゃ、たまねぎ、れんこん、にんじん
ブロッコリー、えのき、りんご、ウインナーが入っています。
おかわりして今日もたくさん食べました。

fc2blog_20141218151006fbd.jpg

おやつは『焼きりんご』にしました。
先週見たSMAP×SMAPで
ゲストのローラちゃんが作っていたのが
あまりに美味しそうだったので
さっそくトライです。

ココナッツオイルでりんごを焼いて
仕上げにハチミツをとろ~り。

普段滅多に行かない
自宅近くの成城石井へ出掛けて
ココナッツオイルを購入しました。
買い求める人が多かったのかもしれません。
いつもよりきっと多めに
目に付くところに陳列されていました。

テーブルに
くまさんのはちみつとりんごと
ココナッツオイルを並べて
『美味しそうだと思わない?』と聞くと
『おいしそう~~~~♪』って子ども達が
声を揃えて言うので
作るというステキな役割を
ゆいセンセイとちかセンセイに譲りました♪♪

子ども達、
喜んで食べていましたよ。

fc2blog_20141218150842f62.jpg

3時過ぎまで、近くのふんふんさろんへ行ったので
おやつを食べる時間が遅くなったつばめ組さんが
帰ってきて手を洗ってすぐに
おやつを食べたのですが

『ゆいセンセイ♪おいしい~~~♪』と
口々に声に出します。

嬉しいですよね。
コレ、地味ですが、
私も含めてセンセイ達みんな、
いつも単純に子ども達の、この言葉に浮かれます。
もちろん、ゆいセンセイも
しっかりきっちりメチャ浮かれでした。

いつもお給食の時間、
ひとくち目を口にしたら
ひばり組さん、つばめ組さんはみんな
『今日のお給食誰が作ってくれたの?』と聞いてくれます。

これもきっと
にじのとり保育園の風物詩ですね。

毎日のお食事は
食べればいいってものではなく
食べさせていればそれでいいわけじゃないと思います。
こぼさないことが正解ではないし
好き嫌いがあることが劣ったことでもないですね。
熱いものとか、魚の骨とか
口の中で感じる違和感も
感じておきたい大切な感覚ですね。

・・・・・

お給食の献立は
<保育園の給食メニュー>という枠にとらわれず
季節を考慮して
作り手の『食べたい』気持ちと
『食べさせたい』気持ちを最大に考慮しています。

料理をする人、
特に子ども達に提供する料理を作る人は
作ることもそうですが
まず、食べることが好きであることの方が
大切な資質だと思います。

そういう意味では
ココにいる人はみんな
食べるの大好きですから
これからも
色んなお店の色んなお料理や
お料理番組のレシピも
お給食やおやつの中に盛り込まれるはずです。

ちなみに私は
朝はZIP派ですから
MOCO’Sキッチンはガン見です。

ちなみに、お母さんの作るごはんが
なぜ飽きないのかと言うと
同じものを作っても
毎回微妙に味が違うからだそうです。
女性はそのあたり非常にランダムですもんね。
そこらあたりの妙を
保育園でも大切にしていきたいと考えています。

===============

ところで昨日、全員がお餅ついていたり
食べている時の写真を
ブログにUPしましたら
一人だけ
お餅もつかず、食べてもいない子が
写ってる!と
知人から連絡が入りました。

この写真ですね。
いますね。真ん中に(笑)

fc2blog_201412171404068fb.jpg

保護者でもないのに、細かいトコまで
よく見てるなぁ・・・・・と
笑って答えましたが、
ココまで見てくれるのか・・・・と
内心ニマニマ嬉しかったです(笑)

コレは今まさにお部屋の中は大盛況で
歌いながら、或いは
ぺったんこ~!と、大声で掛け声を掛けながら
お餅をついてる真っ最中に
お眠りしちゃった貴重なワンシーンです。

みんながつき終わって
食べる頃にはちゃっかり目を覚まして
パクパクたくさん食べていましたけど
それよりやっぱりコッチの写真の方が
彼らしい(笑)

数年後には
つき手として
大いに役立ってくれることでしょうから
この日のこのシーンは
歴史に刻んで記憶に残しておきましょう。

fc2blog_20141218120710115.jpg

夢見てた!
ぺったんこって なんのこと?
    ~一休、ココロの川柳~


園長(そうそう、便宜上使いますが、食育という言葉も嫌いです♪)

お餅つきから思うこと

長いお休みの後
保育園に来ると
登園して間もない子は
また一からのふりだしに戻ります。

だいたい長期のお休みになるのは
毎年めじろ組さんの
入園して間もないお子さんが多いです。

今日もいましたよ。
パコちゃんです。

パコちゃんは体も大きく
はっきりと単語を話すので
ついつい1歳児さんだと思いがちですが
0歳児さんです。

ママと別れてからしばらくの間
例に漏れず『ママー』と、泣いていました。
でもさすがです。
泣きながらしっかりお部屋の中を見渡して
おもちゃの場所や
ロッカーの場所を確認しています。

でも、そんな泣いてるパコちゃんの手を取って
お散歩するようにお部屋の中を
ぐるぐると、ずっと手を繋いで
一緒に歩いてくれていたのは
お姉ちゃんのピコちゃんです。

泣いている妹が気になるけなげなお姉ちゃんと
手を出してついていく妹の姿に
初老の私は
半泣きでカメラ持って腰かがめて
二人の後ろを怪しげにちょろちょろして
ようやく1枚おさめました。

fc2blog_201412170958200dc.jpg


お姉ちゃんが他のことをしている時は
大きいお兄ちゃんが放っておきません。
どこかで誰かが泣いている子を気にかける。
どの保育園もきっとそうだと思いますが
そうやって小さい子達は育っていきます。

fc2blog_201412170959018bd.jpg


そして、姉の心、妹知らずで
下の子は
『そんなことしてもらったっけ~』と
ひょうひょうと、しれ~っと
『泣いたことありませ~ん♪』
ってな顔をして、要領よくたくましく育ちます。

これもまぁ
例外はあまりありませんね。
それでいいと思います。

========

そんな朝の景色からの今日は
タノシミにしていたお餅つきです。
毎年ご実家でお餅つきをしているひーこセンセイが
貴重な昭和の餅つき器や
子ども用の杵、もち米などを用意してくださり、

昔話に出てくるような臼と杵は
まさやセンセイが田舎から
調達してくださいました。

ひーこセンセイのご実家の皆さま、
まさやセンセイを始め、田舎部のみちこばぁばや
ご近所の皆さま、本当にありがとうございました。
お陰でとっても充実した
楽しすぎるお餅つきができました。

臼と杵を見て
昨日から大興奮している子ども達は
朝からフェスティバル&カーニバルです。

fc2blog_201412171408136af.jpg

じっと見守るめじろ組。

fc2blog_20141217140659aad.jpg


もちろん、『やりたい!』子は
杵を持ってぺったんこしました。
写真はミントくん。
さすが年長さんです。
杵を振り下ろす姿も凛々しかったですよ。

fc2blog_20141217143036584.jpg


どのクラスも女の子の力強さったらなかったです。
真顔でぺったんお餅をつく姿は
すっごく頼もしかったです。

fc2blog_201412171429569c6.jpg

ひばり組さんもとっても上手でした。
先が楽しみです。

fc2blog_20141217140451875.jpg

めじろ組さんは<やりたい♪>という子は杵を持ち
<それはちょっとな・・・>という子は
食べるの専門で楽しんでいました。大活躍でした♪

fc2blog_201412171404068fb.jpg


作りながら食べるのがオイシイね♪

fc2blog_20141217140945fd1.jpg

お給食はたらの鍋と
つきたてのお餅です。
まさやセンセイも子ども達と一緒に食べました。

だーれもお餅をのどに詰まらせることなく
お給食の時間は
それはそれは楽しく過ぎたのです。

『おかわりください』の声が
驚異的に響くお部屋の中でした。

fc2blog_201412171412529d4.jpg

自分達でついて
自分達で丸めたお餅は
きなこをまぶしたこんな感じです。

fc2blog_201412171412282c2.jpg

こうやって丸めました。
お餅屋さんになれるぐらい
無言で黙々とひたすら丸めます。

fc2blog_20141217140905833.jpg


おうちに持って帰るオミヤゲの分ももちろんあります。
ご安心ください。
今日お休みしている笑ちゃんの分もちゃんと。

fc2blog_20141217145042d73.jpg


おやつはみんな大好きミカンです。
タイガーマスクさまからいただきました♪

fc2blog_20141217150103a7d.jpg

おそらく今年一番の寒い日に
お餅にみかん。
<The 冬>を
体いっぱい感じている
今日のにじのとりっ子達です。

開園前に頭の中で立てた構想や計画は
思った以上のクォリティーで
キラキラに叶えられています。
4年目構想も封を切りましたよ。
まだまだこれからです。
一緒に楽しみましょうね。

一緒に楽しみましょうね♪などと
時々私は声をかけていますが、
コレは子ども達やセンセイ達はもちろん、
保護者の皆さま、遠方にお住まいの
ご親族の皆さま、
或いはOBっ子ご家族に向けて、だけでなく
開園前から
私の保育園構想を理解して喜んで
お手伝いをして下さった多くの皆さまや
ココに携わってくださった業者の皆さま、
私の友達、家族に。

また、お子さんをお持ちでなくても
ブログを楽しみにいつも読んでくださっている
奇特な皆さまに向けてのお声かけです。

小さな祈りや思い、
応援してくださる心、
或いは反発する心も含めたその全てに
感謝を込めてのお声かけです。

そういう皆さまとは
姿形、肉体はココになくても
ココロのどこかがきっとちゃんと繋がっていて
ココロで感じ合えているのではないかなと
思っています。

ドアを開けた時の
にじのとり保育園の独特のあたたかさは
きっとそういう深いところから
じわじわ発している温度だと思うのです。
オールライトで思い過ごし、
ココロからそう思い込んでおこうと思っています。

・・・・・

今朝は早朝、まだ暗い内に保育園の鍵を開けて
まさやセンセイと一緒に
ごそごそ下準備をしていたのですが、
特に打ち合わせしない中、
一番乗りでやってきたのは
やっぱりこのセンセイでした。

誰よりもつまみ食いしていました。
(めっちゃチェックしている姑根性)

私がしているつまみ食いも
このセンセイには逐一発見されていました。
(めっちゃチェックしている大家族育ち根性)

私とこのセンセイだけ
つまみ食いしすぎて
本番のお餅がかなり重かったという事実です。
(食べましたけど)

誰よりもきっと
子ども達よりもきっと
お餅をつくこと、食べることを
楽しんでいたのは、このセンセイかもしれません。

お察しの通り
まなみセンセイです。

fc2blog_20141217145230e96.jpg

我欲に走らず、純粋にやりたいと思ったことは
言葉にした時に温度を持って
同じような志を持つ人達に伝わり
自分が頭に描いた以上の形になって叶うということ。

やりたいと思ったことは
やる!と決めて
行動に移さなければ
思ってないのと同じですから
何かひとつ、簡単なことから
成功体験増やしていきましょうね。

さて、今日は
ひばり組女子きっての
ツンデレクィーンのこの方に
川柳で締めくくっていただきましょう。

fc2blog_20141217141353680.jpg

つまみ食い?
していませんよ 食べてません♪
     ~ベル、ココロの川柳~

あ~
しかし、楽しかった~♪♪♪


園長(さて、明日はリトミックです。予定変更すみません。)

なわ作り

あまりのめまぐるしさに
今がいつなのか時々わかりません。

そんな今日、
携帯を水没させてしまいました。
わーらいまーしょ~
わっはっは~(^_^)♪

=========

なかなかに単純な脳ミソ構造ですから
なわ作りということを考えると
縄文時代という漢字が
頭の中に浮かびます。

ついでに
うほうほ喋っていたり
漫画の肉を食べる光景、
すなわち
はじめ人間ギャートルズの光景が
頭の中でせわしなく動きます。

およそ古い話ですから
若いママ達は
テキトーにググったり、
Youtube検索してくださいね。

・・・・・・・

悪いことでも何でもなく
都会に住んでいると
お米はスーパーで売っているもので
初めから白い小さなつぶつぶだと思っても
致し方ありません。

私が幼い頃は
天日干しされた山積みのわらの上に寝そべって
ふかし芋だか、季節の果物だかを頬ばりながら
ただただぼんやりと
空を眺めて過ごしていた時間がありました。

頭の中では広大な宇宙が広がっていて
こんな時間や空間が
いつまでもいつまでも続くと信じていた
あの頃の延長に今私は立っています。

都会が悪で田舎がベスト。
子育て環境にまつわる話では
どちらかというとそんな傾向に偏りつつあるのかな、、という中

保育園を立ち上げる時に
色んな保育園の形を考えて
検索に次ぐ検索を繰り返しました。
そんな中
田舎暮らしをモチーフにした保育園も存在しましたが
私の直感はそこにピンとこなかったのです。

与えられた環境の中で
恵まれている部分を最大に生かしながら
隣の芝生を見て羨ましがるよりも
たとえば田舎と
お手手つないで与え合えるんじゃないか思ったのです。
そうすればどこにいても
色んな体験はできると。

ようやくにじのとり保育園も
大きいクラスの子ども達が増えて
作ってくれたお米を食べるだけでなく
積極的に田舎との関わりの時間を
持つことができるようになりました。



無言で見よう見真似でわらを編む子ども達は
まさにあの頃の私です。



自然に目をやり、なんでだろう?と疑問を抱き
体験して、そうか!と気付く。
それだけでなんだか
生きる力を得ることができるような
そんな気がします。




都会に住んでいるから経験できないことを
田舎と手をつないで
教えてもらって体験するということは
今後も子ども達には
たくさん経験させたいと思っています。



わら→縄
この成り立ちに、
やはりお米の存在は避けられません。
今日は少しだけ
味見程度に持たせてもらいました。



今日作ったのはお正月飾りです。



わらを叩く作業は
めじろ組も、ひばり組も一緒に
させてもらいました。



あけびのツルは
また何かに変身しますよ♪
ひーこセンセイの目が輝きました。



縄、上手に編めました。



職人ピーチ姫は
あっという間に二本作りました。



とにかく、
楽しいなわ作りでした。




さて、明日はお餅つきです。
どんなお餅ができることやら。
そして
どんなぺったんこになるのやら。
今からニヤニヤがおさまりません。
おみやげは期待しないようにお願いします(笑)



ひょうたんで作った雪だるまも



来年の干支の掛け軸も



笑って明日を待っているようです♪
あ~楽しい(^_^)♪♪♪


園長(今夜は炭水化物を控えよう♪)

輝く心

今日のお給食は
<けんちんうどん>とプチおにぎりです。
七味がかかっていますが
コレは大人用です。

おかわり用にはそうめんも入っています。

fc2blog_20141215160132781.jpg



12月も半ばですね。
家の中はめちゃくちゃなままで
至るところがエライコトになっていますが
『芸術家の家』ってことにして
のうのうと生活しています。

実際長男は
卒業制作を1年がかりで作成中なので
家中アトリエ状態です。
画材や作品が、それこそ足の踏み場もないぐらい
広げられています。

次男の部屋からは
1学期の中間テストの
解答用紙が出てきました。
お察しの通り、欠点のヤツです。
冷蔵庫に貼って
晩酌のツマミにします。
福井で買ってきた米焼酎が
さぞかし進むことでしょう。

足の踏み場もなく
お絵かき作品が広がった部屋で
冷蔵庫に貼られたお宝達を見ながら
楽しく食卓を囲む
褒められることは何もありませんが
明るい我が家です。
なんとか年は越せる見込みです。

12月になると世の中的に、
なんだか忙しくしていなければいけないような
変な感覚に襲われますが
起こることが起き
やることをやる毎日は
これまでと何ら変わりませんから
流れにのりつつ流されず
うふふ♪と笑っていきましょう。

==============

久々に【今日の花】を。

12月15日の花はオキザリス。
こんなカワイイお花です。
花言葉は<輝く心>
輝く心だなんて、なんだか
パキン!としますね。

1215.jpg

このお花は球根で増やす種類のもので
植え付けは9~10月。
排水がよければ土質は特に選ばないそうですが
よく日の当たることが絶対条件で、
日陰では開花しないそうです。

そこさえ気をつければ
数年間植えっぱなしでも毎年よく開花するんだそうです。

おっとこ前ですね。
日当たりを絶対条件に持ってきて
それさえクリアしていたら
あとは植えっぱなしでも大丈夫だなんて。

そういえば恩返し中の鶴も
絶対に部屋の中を見てはいけないと、
竜宮城の乙姫さまも
絶対に玉手箱は開けてはいけないと、
人間に絶対NGの条件を出すのですが
人間は例外なくそこを外しますね。

おそらく
人間というものは
絶対NG条件を聞いてしまうと
それが頭にも耳にも心にも残ってしまい
絶対NGの真逆をしてしまうことに
なるのかもしれませんね。

だから赤ちゃんが生まれてくる時に
一人一人の個性に応じた
取り扱い説明書がないというのは
神様からの最大のプレゼントかもしれません。

たとえば、このお花の絶対条件が
<日当たり>であるということが
人間にわかるまで
一体どれほどの花の命が
日陰で朽ちていったことでしょう。

フグの毒を発見するまでに
何人の人が美味しさと引き換えに
命を落としたのでしょう。

私には確かなことはわかりませんが
人間の命が
現在まで脈々と続いているということにも
きっと意味があるのだと思っています。

そして子育てにも
本当のところ、絶対条件があるのではと
私は思っています。

おそらく多くの学者さんによって
それらは証明されているのですが
まだまだ浸透しておらず
生きた答えが出ていないのが現状かもしれません。

やり方、方法はそれぞれだとは思いますが
その、子育ての絶対条件のうちのひとつが
私は
<大人の笑顔が子どもの笑顔に>ということではないかなと
若い頃から思ってきました。

ですから今、
人が絶対NG条件には逆らい
OKワードに対しても
まず疑ってかかるとわかっていても
その時に抱いた思いを
自分の手の届く範囲で
実践して、お伝えしているのです。

子ども達の<輝く心>を開花させる為には
絶対に日当たりを欠かさないという
育てる側の<輝く心>が必要です。

子育てに行き詰まった時
その時は
子どもを見つめるのではなく
自分自身と向き合うこと。

そしてむやみに反省するのではなく
正直になればいいのだと思います。


そうそう、子育ての場合の<日当たり>は
子どもを日に当てることではなくて
(もちろん大事かもしれませんが)
<降り注ぐ愛情>ということですから
お間違えのないように。

<今>は
<今しかできないこと>の為に使う時間です。
間違っても
まだ見ぬ未来に備えた予習の時間ではありません。

当時仕事を辞めて
十分すぎるぐらい子ども達との時間を
堪能した私でも
それでもまだまだできることあったなーと
思うことがあるので
こうしてお伝えしている次第です。

子ども達の輝く心を育むのは
輝く心を持った大人でないといけないのです。
子ども達から元気や笑顔をもらった♪
という段階が終わったら
与え合った上にある喜びを
感じて欲しいなぁと切に願っています。

久々に【今日の花】を引き合いにした今日は、
心輝く負けず嫌いなこの方に
川柳で締めくくっていただきました。


fc2blog_201412151600554ed.jpg

今日の花?
懸垂だったら 負けません♪
     ~フラワー、心の川柳~


園長(だから今年もやりますよ♪大人のプレゼント交換会♪)
園長(だから生活発表会で大人の演目重要視♪)
園長(だから運動会は大人が主役♪)
園長(だからハロウィンも大人がマジ♪)
園長(だからどんなことでもまずご相談ください♪)
園長(だからその他大勢にはまだまだならなくていい♪)

イヤイヤ期という時期のこと

ママ達を悩ませる
子どもの<イヤイヤ期>。

ご相談を頂いた場合は
私が思う、その時期の過ごし方を
それぞれのママに
それぞれのお子さんの様子を踏まえながら
合った方法をお伝えしていますが、
私はそもそも
<イヤイヤ期>という言葉がイヤです。(笑)

ついでに書かせていただくと
<待機児童>という言葉もイヤですし
かねてより
男と女は違う、
パパとママは役目が違う、とお伝えしていますから

<育メン>、<パパ友>などと言う言葉に至っては
書くのもはばかれます。
そこそこのイケメンは
ほどほどにウエルカムですが
育メンはカンベンです。

お願いですから
セミナー会社さん、二度と私に
『育メンを養成する義務がある!』なんて
言ってこないでください。

『パパ友が集まって育メン講座をしていますが、、』
なんてことも耳に入れないでください。

『待機児童についてどう思いますか?』なんて
ココロもないなら質問してこないでください。

おまけに
子どもに至れりつくせりの
媚びた施設もイヤですから
郊外で知らずに入った建物のトイレが
お子様ウエルカム仕様の場合は
すたこらさっさと逃げ出します。

そういう意味では
女性専用車両もイヤです。

子どもと神経衰弱のようなカードゲームをやったら
わざと負けるとかそういうのイヤです。
子どもを泣かせても真剣に勝負します。

妖怪ウォッチもイヤです。
プリキュアとか
仮面ライダーなど
テレビからの情報は
知らないぐらいでちょうどいいと思ってます。

まだまだありますよ。
イヤイヤを言い出したら
イケてない私のような大人は
いつまでも言えます。

それは正解も不正解もなく
ただただ個人の主観で、
イヤなことだっていっぱいあるような自分のことを
『よし!今日も人間らしいな♪』と
認めて丸々許していますから
『だからどうだ』ということは何もありません。

大人と呼ばれる人はみんなそうだと思いますが、
そこのところ、
社会的に勝手に折り合わせて生きていますが
生まれて1年や2年の子どもは
人として生まれて感じる一切の不条理を
この時期思い切り感じて
そうして感じたままに
イヤだイヤだを表現しているのです。

何度も言いますが
親にとって扱いやすい状態が
<いい子>とか<おりこう>とか<育てやすい>
という固い頭で子どもを見てしまうと
子どもの原始的な<イヤイヤ>には
到底太刀打ちできません。

けれど
ひとたびちょっと手放して考えてみると
何も知らず(いや、全てを知ってかもしれませんが・・・)
生れ落ちて

ずーーーっと
ママにべったりくっついて
おっぱい飲んで寝て起きて
またおっぱい飲んで一日を過ごしていたいのに

自分の意思とは裏腹に
脳も体も勝手に成長して
ものごとのなんたるかなんてことや
言葉なども理解できるようになってくるけれど、
思いと伝達能力と体の機能は
まだまだアンバランスで
パズルがうまくはまらないような状態が
きっと子どもの中で起こってるんですね。

それで
いーーーーーーーーー!!!!っと(笑)
いやだーーーーーーー!!!!っと(笑)

それこそがそこまで成長した証ですから
俯瞰して
ちょっと手放して見てあげて欲しいと思います。

同じ時期に保育園にいても
保育園ではママに対してするほどの
イヤイヤの表現はしません。

信頼しているママと
そうでない他の人との区別がついているのです。
引いては
イヤイヤを心置きなく出せている状態というのは
信頼関係が築けているという
何よりの証拠なのだと私は受け止めています。

どうぞ自信を持って大きな気持ちで
そうかそうか、、と受け入れてください。
1歳までに完成されるのが
<ママとの信頼関係>なのですから。

コレは一人一人、
人生何十年かわかりませんが
この時期にしかできないことですから
ことさら私は大切にしています。

いやーーーー!!に翻弄されず
いやーーーー!!をタノシミの合図ぐらいの気持ちで
悠然と構えていてください。

子どもの発する
<イヤナモンはイヤ!!>は
正直なココロの叫びなだけです。
ママのことを全否定しているのではありませんよ。

そして好きな飲み物でも飲みながら
親が揺るがずしなければならない
<ダメナモンはダメ!!!>に備えてください。

========

さて、昨日・今日のお給食はコチラです。
上は今日の焼きそば。
下は昨日のクリームシチューです。

fc2blog_20141212155949d5f.jpg


コチラは
つばめ組女子会で大人気のコメットさん。
どのクラスの女の子も
コメットさんやひまわりちゃんを
輪の中に入れたがります。

上の子にとっては
まだ主張してこなくてカワイイから
最高のオーディエンス。
よくわかってます。

下の子は下の子で
無条件にツボを心得て優しくしてくれる
少し大きいお姉ちゃんが大好きです。

fc2blog_20141212152712250.jpg



無条件に少し大きい女の子が好きなのは
オトコノコも同じです。

優しい対応をしてくれる
デイジーちゃんのこと、
やっぱり一休さんは大好きみたいです。

fc2blog_201412121527481bb.jpg


デイジーちゃんの反応は
贔屓目に見ても、割りにビミョーですが
そんなことは
♪とんちんかんちん 気にしない♪ 
一休さんなのです。

fc2blog_20141212153718e7f.jpg


※一休さんがわからない若い世代の人は
こちらの動画でご確認を。
もちろん、モチーフは実在の一休宗純和尚ですが
私が小学生の頃、テレビアニメで放映されていました。
ブログネームの一休さんは、このイメージでつけました。




園長(実は一番イヤで、やめていただきたいのは
仕事に全然関係のないところで『園長』と紹介されることと、
保育園関係じゃない人から『園長』と呼ばれることです。)

園長(その途端にココロは閉店ガラガラです)

おうち時間

保育園にお電話でお問い合わせをくださる中には
一時預かりを希望しておられるお声が
実はたくさんあります。

詳細を伺うと
急な会議が決まったけれど
その日はいつも通っている幼稚園が
代休でお休みになっているので
どうしても3時間ほどきょうだいで預かって欲しい
といった類のものや

二人目が生まれて
上の子に
集団生活に慣れて欲しいので
週に何度でもいいので預かって欲しい
といったものなど
預けたい目的はさまざまです。

これは月極めの場合も同じです。
認可外保育園ですから
現在お仕事をしておられないママからも
預かって欲しいと依頼を受けます。

一時預かりは、
現在お席が空いていませんので
原則お預かりは致しておりません。
ママの急な用事に対応できず
申し訳ない状態です。

かねてより私は
幼少期は
ママと子どもの信頼関係や絆を育む
大切な時期なので
喧嘩になってもめんどくさくても
おうちでまったり一緒に過ごす時間が
何より大切だとお伝えしてきました。

大きくなったら
あっという間に友達との時間、
学校で過ごす時間、
或いは塾通いの時間、
クラブ活動の時間などめじろ押しで
おうちでゆっくり
何も考えず過ごせる時間は
格段に減ります。

ひばり組世代までなのです。
何もなく
ただ、家で好きな遊びをして
時間を好きに使って
食べたいもの食べて
気ままに、大好きな家族と一緒に
一日を使ってだらだらいられるのは。

中学生、高校生あたりになると
もうその姿形もそんなに変わりません。
もっともっと家は帰る場所になり
家族揃って夕飯を食べる時間も減ります。

戻りたくても戻れない時間。
それはまさに
今過ごしているこの時間なのです。

園長であり、経営者でもある私が
本来言うべきではないのかもしれませんが
私は、
二人目のお子さんが生まれて
半年程が過ぎ、落ち着いてこられたな
という時期のご家庭には
週に保育園へ通う日数を減らして
ママと、きょうだいと一緒に過ごせる
貴重な時間を大切にして欲しいと
お伝えしています。

子ども達はどんなに保育園が楽しくても
一番好きな時間は
<お迎えの時間>です。

いつもより早く
ご家族がお迎えに来た時の子ども達は
ほんとにいい顔をしています。
満面の笑みで
手を振り帰って行く姿は
どこか誇らし気です。

親が迎えに行くなんて
人生のうち、本当にわずかです。
平日がお休みのパパがいらっしゃったら
是非一日は一緒に
過ごしてあげて欲しいなぁと思います。
ひばり組世代までに
培うのが家庭時間の充実なのです。
今だけです。

お仕事の時はもちろん、
全力でサポートします。
お仕事の時間で遅くなるのは
子ども達は百も承知です。

でも、そうじゃない時は
時間惜しんで
是非一緒にいてあげてくださいね。

1歳や2歳の子どもに、
お友達がいるから
保育園へ行ってる方がいいよ
というのは
あくまでも大人の価値観で
お迎えにまつわる軽口とか冗談は
深いところが傷ついてしまいますから
究極のNGワードです。

『そんなことしてたらお母さん
迎えに来ないよ』
なんていうセンセイがいたり(ココにはいませんよ)

『お利口にしてたらお迎えに来るからね』
なんていうご家族がいたり

誰も来てないのに
『お迎え来たよー!』という
オオカミ少年的嘘は
私が耳にしたら
たとえ子どもでも
冗談ではすまされないのです。



写真は今日の寝ない子だれだ?

寝たふりしながら起きてる
きなこちゃんと




週に一度の平日、
ママがお休みの日に
必ずママと<デート>を楽しんでいる
スカッシュくん。




翌日のママのノートには
それはもうぎっしり前日の
<デート>内容が書いてあります。

花を愛でて一緒に歌ったり
色んな質問されて困ったこととか
手をつないで歩いて幸せだと感じたこと。

でも、そんないいことばかりではなくて
こんなことされて大変だった。
めっちゃ困ってしまい、
抱きかかえて
その場を撤収したこと。
自分のとった対応が恥ずかしくて
まだまだだと思ったという
ママのスペシャルな本音なども
包み隠さず
教えてくださっています。

自分の時間をわかりやすい形で
子どもの為に使えるのも
今だけです。

スカッシュくんのママだけでなく
にじのとり保育園のママ達は
みんな、それぞれのスタイルで
我が子との
おうち時間を堪能しています。

にじのとりスピリッツ。
それは保育の内容だけにあらず
ママ達が
子どもとの今を
愛おしく思うだけでなく
どうしても好きになれない
なんていう思いも含めて認めて、
常に正直で素直でいること。

私が広げた羽はまだ半分そこそこです。
これからまだまだ続きます。

お鍋のお給食も
寒い冬には、まだまだ続きます。





園長(お外遊びも続きます)

お知らせなど

来週の行事が一部変更になっておりますので
よろしくお願い致します。

●16日(火)リトミック→18日(木)に変更です。
●16日(火)午後~つばめ組のみ~
<縄づくり>・・・田舎部 FATTORIA まさやセンセイ

●17日(水)→餅つき(全園児)
※子ども用の杵でお餅をつきます。
※給食は献立通り、魚と白菜の鍋を食べますが、主食はお餅になります。



みんなで楽しいお餅つきを
体験したいと思います。


==========

さて、今朝一番に届いた荷物はコレでした。
じゃん!

fc2blog_2014120915290200c.jpg

おもちゃ部のお姉さんから
センセイ達への<取り合いしてね♪>のプレゼントと
子ども達へのワクワククリスマスプレゼントです。
中身は25日までは開けないでおきます。
タノシミタノシミ♪♪

おそらく昨年も書いていると思いますが
にじのとり保育園は
キリスト教の保育園というわけではありませんから
クリスマスという行事は
おごそかにイエスキリストのお誕生をお祝いするという
本来の意味合いからは外れて
日本人的に行事を楽しんでいます。

キリストのお誕生日にあやかって
身近にいる大切な人のことを思い、
年末ということにもあやかって
今年1年の成果とか現状を
みんなで喜び合う日にするというのは
悪くないと思っています。

今年も盛大に
みんなで喜び合いましょう♪

保護者参加のプレゼント交換は
今年も行いますよ。

購入していただく場合も
金額の上限・下限は定めません。

夏の旅行で出会った
すごくキレイな夕焼けをおさめた写真を
パネルにしたものとか
パパやママが描いた絵・・なんていうのもいいですね。

何でもいいです。
要するに
誰かを思うということ
その思いを形にすること
受け手の感性
それら全てを試みるチャンスです♪
どうぞ喜びと共にご参加ください。

今年はご縁あって自分のところにやってきたものが
どなたからのものなのか
わかるようにさせて頂きます。
順次登園時にお持ちください。
もちろん、センセイ達も参加します。

今日のおやつは
タイガーマスクさまからいただいた
とうもろこしです。
大満足のおやつでした。
ありがとうございます。
みんな喜んで食べました。

fc2blog_2014120915292440f.jpg

夕方は
こんなイルミネーションバックに
遊びつかれて帰ります。

fc2blog_20141209153230b5e.jpg


今日ラストの写真は
双子じゃない二人が
まさかの同じ色目の登園ファッションだった
ある日の1枚です。
向かって右がピーチ姫。
左側がミルキーちゃん。
二人の誕生日は二日違い。

ミルキーちゃんが生まれる前
ママがいつもおなかをさすりながら
おなかの中にいるミルキーちゃんに
かけていた言葉は
『ピーチちゃん♪』

fc2blog_20141209153246eb7.jpg

『今度生まれたらココで会おうね♪』って約束して
今、それぞれのママに宿ったのかもしれないなぁ・・と
ついついストーリーを考えてしまうほど
デスティニーな二人なのです。


園長(年末な感じがでてきました・・・)

にじのとり音楽祭~生活発表会~について

先週のお昼寝の時間に
センセイ達と話し合ったのは
にじのとり保育園の二大行事の一つ
<にじのとり音楽祭>という名前の
生活発表会についてです。

fc2blog_20141206143606f5f.jpg

ひとまず日程につきましては
3月21日(土)を予定しています。
当日は卒園式・進級式も予定しています。

日々成長を遂げている子ども達はもちろん
その子ども達と共に成長している
私を含めたセンセイ達や
パパ、ママ、おじいちゃま、おばあちゃまなど
関わる一人一人が
心から楽しめるものにしたいと思います。

各クラスの子ども達の出し物は
概ね決定しました。

家族参加、グループ参加のご希望も
名乗りが挙がってきています。
お誕生日会では、まだまだ足りないというパパ、ママ
またはおじいちゃまおばあちゃまの
勇気ある挙手をお待ちしています。

場所、正確な時間、内容詳細につきましては
改めてお手紙にてお知らせ致します。

ちなみに昨年は
ガチマジAKBをやったセンセイ達がいましたっけね♪

fc2blog_20141208161316fb8.jpg

今年は子ども達も
各クラス、学年のカラーもしっかりしてきましたので
昨年より少し出番も増えて
内容はもりだくさんになりますよ♪
どうぞお楽しみに♪♪

====================

さて、今日はおやつの時間に
利家くんが
ママと一緒に作ってくれた
スィートポテトをいただきました。

いなかに住むおばあちゃまが
お孫さんに食べてもらおうと
送ってくれたさつまいもを受け取ったママが
<お友達も一緒に>と
手を加えて分けてくださったものです。

おばあちゃまのお気持ちに
ママのお気持ちがプラスされて
それを配る利家くんも
みんなからの『ありがとう♪』を受けて
とっても嬉しい顔になっていました。
(写真がなくてごめんなさい)

そしてみんなほっこり
おなかもココロも満たされました。

<分けて与えると増える>

このたとえの現実をまた今日
見て感じることができましたよ。
嬉しいひとときでした。

そして子ども達に利家くんが
スィートポテトを配ってる時、
王女が
『センセイ達の分はワタシが持ってきてるから♪』と
島根の有名な(?)おみやげ
<縁結びクッキー>をいただきました。

若いセンセイ達におごそかに分けようと
箱を開けたらなんと
ハートの絵が描いてある1枚が
ひび割れていました(笑)

fc2blog_20141208163851f04.jpg

それを見て当然私は
わいわい大喜びだったのですが
ナンボナンデモ、ひとみセンセイにソレを渡すわけにはいきませんから
私がありがたくいただきましたよ♪

最初に割れてるぐらいがちょうどエエのに♪
と、負け惜しみも冴えます。

恋よりオテンバ優先、それぐらいがちょうどエエし♪

fc2blog_20141208164819204.jpg

恋するなら前髪ぱっつんぐらいがちょうどエエ♪

fc2blog_20141208165446209.jpg


そうそう、
男はやっぱり好きな子に
アピールしすぎるぐらいがちょうどエエ♪

fc2blog_20141208170708ac5.jpg

なんでだろ
気がつきゃいつも はがいじめ♪
    ~ビート、ココロの川柳~

知らないの?
それはアノ子が 好きだから♪
    ~ゆい、アンサー川柳~


園長(恋せよ♪若人♪)



園長のひとりごと~父のこと~

久々に誰も家にいない休日なので
一人で呟く。

職場まで朝歩いて行くようになって
地味に体力がついているのがわかる。

こんなに寒いのに
職場に着いたら
山田花子並に汗ばんでいる。
いい傾向。
冬場に汗。

試しに山田花子の台詞を言ってみるけど
誰にもわかってもらえない。
『汗ばむわぁ~・・・』
大丈夫。
若者のスルーには慣れている。

別に歩かんでも
女は年を重ねると
体もポカポカしてくるけど

冷え性でお悩みの若い娘さん、
温かいもの、体を温めるものを
口にする習慣つけて
せいぜい、冷やさんようにね。

………


種類は変えているけど
家で4日連続鍋にしたら
大クレームの嵐。
父親はやっぱり偉大だったな、、と
こんな時に改めて思う。

ワシは、
熱い鍋と、
テキトーな酒と、
オマエタチがいれば
一日の終わりを迎えられる…

こんな父親のポリシーのお陰で
高校生の頃、私の門限は7時だった。
難儀だったな。
嫌だった。
今なら理解も納得もできるけど。

そんな父のポリシーに反することなく
毎日父の前に
手を変え品を変えて
小鍋を用意していた母も
やるな~と思う。

今なら話したいことも
一緒に出かけたいところも
いっぱいあるし、
相談に乗ってもらいたいことも
てんこ盛り。
7時と言わず帰れる自信もある。

それでも今の私が
色々大丈夫なのは
若かった私には
無駄にも思えた
父との会話の時間があったから。

その時間に込めてくれた愛が、
あの頃の未来である今にも
大きさを変えず生きていて
勇気とか、
お守りとか、
私にとってそういうものに
なっているから。

親が愛情をかけてくれていることは
その時の自分にはわからなくても
深いところにヒタヒタ、じわじわ
沁み込んでいて
たとえばそれからの自分を
守ってくれる盾になったり
してるんだなぁ。

そうして溢れた愛情は
どんなに奪ってくる人がいても
決して枯れずに
自分を満たし続けてくれる。

今は苦労してるかもしれないけど
そのうち息子二人が
必ず親孝行してくれるよ。

すぐに知った顔をする
どこかの他人さんから
そんな風に言われるたび

『豪邸でも建ててもらいますわ~』
と笑って答えながら

私は既にもう、
お釣りが出せないぐらい
子ども達には
親孝行してもらってますよ~♪と
心の中でくちごたえ。

それは父が、
血の繋がりだけが
親子の証じゃないということと一緒に
言葉でなく私に教えてくれたこと。

ちなみに父は
若い頃、私が保育士になると言うと
大反対をした。

なるなら
弁護士、薬剤師、妥協して美容師!
と言われた。

しかしただひとつ、
父は私に保育士をするなら
これなら認めてやる!
と、言ったのが

【自分で保育園を作ること】だった。

父にそう言われて
『ムリムリムリ、
そんなことはできませーん!』と
跳ね返した10代の私を
きっと一笑に付していたに違いないけど

もしもそんなことになったら
用務員のおじさんと
用心棒は任せとけ!と
小鍋を前に、
ヘラヘラ笑っていた父には
未来が見えていたんだろうか。

あれから30余年。
10年以上前に亡くなった父は
今、結構私の側で
『ワシの言うた通りやな!』と
笑っているような気がする。




今日も鍋にしよう♪

感じたら即動こう

さて、
12月もすっかり板についてきた今日このごろ、
ココロも体も元気にお過ごしですか?

にじのとり保育園のお部屋の中も
すっかり12月仕様です。

fc2blog_2014120511572776d.jpg

真ん中の茶色いのは
つばめ組作の木(ツリー)なのですが
ここにひとつずつ
オーナメントが飾られます。

先日増えたのはコレです。
となかいの人形。
タイガーマスクさまから頂いた
綿も入っていて、かなり立体的です。

この作品はつばめ組の
職人:ピーチ姫(3さい)の作品です。

fc2blog_20141205115704369.jpg

たとえばこんな小さなにじのとり保育園ですが
日々の保育や、お誕生日会の様子、
子ども達の作品をはじめ
保育園の中のおもちゃや装飾品、
粗食のお給食などを公開しているのは
同業者の方やママ達に
ただ、惜しみなく情報を提供しているに過ぎません。

まだまだたどたどしいのですが
私の生き方や、保育園のプライドは
<見てわかるもの>そのものではではなく
<そこに込められた思い>の方にありますから

『どうぞ見てください』ではなく
これらを見て
『どうぞ感じてください』 と、
私はお伝えしています。

どの分野でも
人が人に教えられることには
限りがあるなぁと思っていましたが、
多くの場面での色んな出会いや
色んな人との関わりを通して
最近では
人が人に教えられることは
実は何もないんじゃないか、、、と
感じることが多くなってきました。

たとえば、このトナカイのマスコットも
関わる大人が
自分がやっていて楽しいこと
嬉しくなることを
子ども達の前で作ったり
作ったものを見せたりして
一緒に楽しもう♪♪と思って
実行に移したに過ぎないことです。

そしてセンセイの手元を見て
見よう見まねで真似していく。
楽しいからどんどん針を進めていく。
無心でやるからどんどん時間が過ぎていき
気付いたらひとつの形が完成されていた・・・
ということに過ぎません。

もっと日常生活に目を移すと
親が子どもに
お隣さんに挨拶しなさい!と言って聞かせるより
親が気持ちのいい挨拶を心がけている姿を
見せるだけで
子どもは挨拶を覚えます。

大人の姿を子どもが模倣(真似)するのです。

保育を変える!
社会を変える!と
声高らかに叫ぶ必要はなくて
大人の姿を改めるだけでよいのではないかなと思うのです。

そんな意味では
にじのとり保育園が発信しているものの中に
教えとか学びなど込めていません。
ただただ、情報の提供です。

何事もそうですが
見聞きしたものの中にナニカを見出すのも
批判するのも
受け手の感性次第だなと思うのです。

私自身、
自分の受け手としての感性を
まだまだこれからも磨いていき
得たことは惜しみなく
共有していきたいと思っています。

あ、もしも
ナニカを見出して『おっ!』と思ったら
瞬時に←ココ重要
真似っこでもなんでもいいから
行動に移して『おっ!』と思ったソレを
自分のものにするクセつけましょうね♪

生きてるうちに人は何度
うだうだと考えるだけ・・とか
感動したフリ・・
ということを繰り返すのでしょう。
たった一度、そこからの脱却を経験するだけで
いいクセづけができて
その後の人生が驚くほど変わります♪

それは今じゃなくてもいいかもしれないけど
先送りにするほど
長い命の保証は誰にもありません。

感じたら
すぐに動いていきましょうね♪♪
子どもはみんなそうしてます。



そんな保育園では今日も
みんなで手を繋いで公園へ出かけ~の

fc2blog_20141205124348441.jpg

クリスマス会の練習し~の

fc2blog_20141205112526e97.jpg

鍋囲み~の

fc2blog_20141205115520a7b.jpg


こっちでも鍋囲み~の

fc2blog_2014120511542738f.jpg


こんなん食べ~の

fc2blog_201412051153410a3.jpg


居眠り~の

fc2blog_201412051156115c7.jpg


たこやき焼き~の

fc2blog_201412051152518d2.jpg


どんどん焼き~の

fc2blog_2014120514264930e.jpg

できあがり~の

fc2blog_20141205143524431.jpg


つまみ食い~の

fc2blog_20141205143540820.jpg


寝~の

fc2blog_2014120514270956c.jpg


起き~の

fc2blog_20141205142954cf8.jpg


食べ~の

fc2blog_20141205151931c37.jpg


まだまだ食べ~の

fc2blog_201412051520089ff.jpg

遊び~の

fc2blog_2014120516070223e.jpg


からのエンドレス。

fc2blog_20141205160639af2.jpg


と、いつものように
充実の一日を過ごしています。


最後はこの方に
川柳で締めくくっていただきましょう。

fc2blog_2014120511564104e.jpg

いただきます
なべは飲み物 ごちそうさん
      ~ビリー(今日は4杯)心の川柳~


園長(我が子がブログで一日のオチに使われても
小躍りして喜んでくださるご家族の皆さんの深い懐で眠ります♪)
園長(いつも本当にありがとうございます♪)

今日のお給食

今日はまずお詫びからです。
申し訳ございません。
お給食の献立ですが
ナポリタンスパゲティーということでしたが
スパゲティーの仕入れが
子ども達の数に足らず、
つばめ組の分と、おかわり分は
うどんナポリタンとなっております。

スープは中華仕立てのコーンスープです。
ナポリタンの具は
ソーセージ、たまねぎ、にんじん、小松菜、えのきです。
おにぎりはいつものプチおにぎりです。

もちろん
いつも通り、おかわりたくさん食べてくれました。

ほんと、食べてくれてありがとね~♪と
いつもこちらが嬉しくなるのです。

fc2blog_2014120416555384c.jpg

ここ最近、ブログの更新が遅メです。
それは、諸々予定が入っているからということもありますが
子ども達と遊びすぎていることが多いというのも
また事実です。

やらなければいけないことだらけで
優先順位がつけられないというのが現状ですが
それでいいのだと思っています。

体がひとつでは足りない~~~となった時は
持てるものしか持たない主義です。
持ちすぎないよう
欲張らないよう気をつけています。

さて、まだまだ終わらない今日です。
ちょっと面白いもの、見つけてきます。

→つづく


園長(面白すぎる毎日を過ごしています♪)

ママと一緒の時間の大切さ

実は今月から
にじのとり保育園に
新しいお友達が一人増えました。

4月当初から、
もちろん今年度の入園は決まっていましたが
ママが会社に申し入れをして
半年間、育児休暇を延長しておられたので
入園が1歳半になる今月になりました。

大縄跳びを上手に跳ぶ
つばめ組、ピコちゃんの妹のパコちゃんです。
(ちなみに、次にまたオンナノコが生まれて
保育園にやってきてくれたらペコちゃんですよ♪)

ママはもちろん、1歳になったら保育園に二人を預けて
バリバリにお仕事復帰をしようと考えておられましたが
1歳半まで
立ったり歩いたり、カタコトを話したりする
毎日の小さい変化にも気付ける状態で過ごせたことが
本当に嬉しい♪とノートに書いてくれていました。

私は姉妹二人揃って保育園に来てくれたことよりも
少しでも長い時間、
ママが我が子に向き合い
専業主婦として
べったり子育てをして過ごしていたことを
本当に喜んでいるということが
この上なく嬉しいのです。

子どもはやがて集団に慣れて
しっかりもしてきます。
集団生活におけるルールも
年齢に達すれば守れるようにもなり、
お友達と関わって遊べるようにもなります。

今できることを今する。
ただそれだけのことで
子育てをするママの働く環境は
いくらでも変わっていけるのだと思っています。

にじのとり保育園では
リーフレットやホームページに
ころころ変わったりしない
保育理念や
保育園として目指すことは記してありますが
保育料をはじめとして
その他のこまごましたことは
個別にお伝えしています。

保育園を見に来て頂いて
ママ(パパ)とお子さんの様子を見ながら
お話をさせて頂き、
そのご家庭に必要な個別な対応を
させて頂いてます。

ですから
<専願>に対する考え方も
家庭それぞれですし
入園の優先順位も
市が定めているソレとは大きく違います。

ですので
見学に来られる際には
お友達同士で集団で来られるのは
個別のお話ができないので
あまり歓迎できません。
どうぞ、ママとお子さんお二人で
まずはお越しください。

子どもが小さい赤ちゃんの内は
ママは友達作りに
一生懸命にならなくてもいいのですよ。
ツルむ必要も全くないです。

ナニカお話したくなったら
たまごクラブ・ひよこクラブ・こっこクラブをひとまず置いて
(あ、別に捨てなくていいですよ・・・笑)
どうぞこの保育園の門を叩いてください。

私と濃い~~お話をしましょう♪
別にその後、入園を勧めたり
印鑑や布団、
墓石や洗剤も売りませんから。

写真は来て早々
我がもの顔でお席に座り、
もっりもり、黙々、ニコニコとお給食を食べる
新入園のパコちゃん(向かって右)と、

食べてる時に
立て膝でお行儀悪かったことを注意されて
強情泣きをしているフラワーちゃん。

fc2blog_20141203151958479.jpg

大丈夫ですよ。
泣いていても放っているわけではありませんし
言葉吐き捨てるように叱られているわけではありません。
思い通りにいかないと
1歳児さんはこんな風に泣いて思いを訴えるのです。
そうして、子どもは大人を試しているのかもしれませんね。

『どれぐらいの声でどれぐらいの時間泣いたら
ワタシの思い通りにしてくれるのかしら?』 ってね(笑)

一番効くのは
毅然とした大人の態度です。
この後すぐに泣き止んで
もりもり食べていたのは言うまでもありません。

そしてお昼寝。
この時ばかりはこの世の終わり泣きをしたパコちゃんですが
大好きなキティーちゃんに見守られて
ほどなくして眠りました。
新入園児さんは、みんなココを通ります。
<ひとみセンセイのお昼寝虎の穴>。

fc2blog_201412031520241e1.jpg

同じ学年の
同じく途中入園の先輩女子二人です。

fc2blog_20141203152116146.jpg

何事もなかったようにしれ~っと眠っていますが
彼女らも入園当初は
この世の終わり泣きで
ひとみセンセイと虎の穴の入り口で
格闘していましたから♪

今日もこうして終わります。
お給食は、豚肉と白菜のミルフィーユ鍋でした。
でもお皿に入れたら
『白菜と豚肉のたいたん』←関西ではこのテのおかずのこと、こう言います。
になりました。

fc2blog_20141203153903732.jpg

今日もみんな
たくさん食べました。


園長(風邪引きに注意です♪)

らしくいよう♪

わたくしごとですが、
日曜日は東京に住む友人(三十代後半)の
結婚披露宴に参加してきました。

美味しいお食事をいただき、
初対面のお友達や
遠くにお住まいのご両親にお会いすることができて
とてもよいひとときを過ごすことができました。

会場となったホテルの装飾品や
クリスマスの展示もの、
ゲストをお招きする側の気持ちのあらわし方とか

写真を撮る時のタイミングや感性
ゲスト側の装いとか
会場の内外を問わず、一期一会の
たとえばタクシーの運転手さんや
会場のそれぞれの担当場所にいらっしゃる
スタッフの皆さんの動き、
ご親族の皆さまとの会話、
ふらりと別件で立ち寄ったお店など、、、
また私は多くをそこで
アウトプットしたり、インプットしたりして
とっても有意義なひとときを過ごせました。

大切な人の大切な門出のシーンは
表面上の自己紹介としての名刺交換や
こっそり化粧室で
料理の感想を述べ合ったり
伴侶の感想を
意地悪交えて語るだけの
集いにしちゃいけないのです。

新郎に言いたいことも言え、
友人のご両親や
普段仲良くしているお友達とお話もできて
思いっきりお祝いして
お得気分に浸れた上
ココロがものすごく温まりました。

fc2blog_20141202144054da6.jpg

収穫したこれらは
今後取捨選択されながら
私の日常の至るところで
顔を出してくれますから、楽しみです。

生きるアンテナは常に
ピカピカに磨いて立てておきたいですね。
職場と家との往復や
いつも同じ顔ぶれと会話しているだけでは
広がりの幅も限られてくるような気がします。

未知を知ろうという気持ちが
道を作るのではないかなと思います。

方法はひとつではありませんから
日々の出来事やものから与えられているヒントを
自分らしく捉えて
自分らしく形にしていきたいと思っています。

<自分らしく>いるためには
自分を知って
どんな自分をも深く愛することが
まず必要ですから
にじのとり保育園の(私が関わる)子ども達には
そういった意味では
最短距離で近道を歩んで欲しいのです。

だから今日も
保育園での一人一人の関わりも、
そして、このブログも
<らしくいること>を
最優先させているのです。

写真は午前中のつばめ組さん。

見事な落ち葉の雨あられ。

fc2blog_201412021250145e7.jpg


見事なダイブ。

fc2blog_20141202125456323.jpg


そして、
見事な焼きいも。

fc2blog_20141202124940b70.jpg

それでいい。

誰かと同じに合わせようとして
自分を殺してまで←ココ重要
やりたくないことやったり

誘われたからと
行きたくないところに行ったり
よくないと思いながら
言いたくないこと言ってるなら
すぐにやめた方がいいですね。

子どもは
掛け値なしで
自分の思ったことをして
自分がその時遊びたいお友達と遊んでいます。

時折、そのお相手の友達に
『今は一緒に遊びたくないの・・』と言われたりしたら
泣いたり、他の遊び考えたり
自分なりの方法でうまく消化して
しれ~っとあるがままに生きてます。

だからと言って
次から仲間はずれにされたり
いじめられたりなんてこともなく
ただ、自分達のあるがままで生きています。
当たり前にそうしています。

保育士という立場でこの場にいられる私達は
そうでない多くの大人の人達に
この大切な事実を伝えることは
大切な仕事のひとつだと私は思っています。


園長(とは言え、風邪をもらってきてしまいました。今から湿布します♪)
園長(ライバルは権兵衛さんの赤ちゃんです)


プロフィール

にじのとり保育園

Author:にじのとり保育園
大阪市北区にある
にじのとり保育園の日常と
園長の主観満載のひとりごとです。

カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
2位
アクセスランキングを見る>>
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR