FC2ブログ

ひーこセンセイのお誕生日

さて、今日も朝から子ども達は公園へ行ったり
みんな集まって歌をうたったりして
楽しく遊びましたが
なんといってもつばめ組の子ども達にとっては
大好きな担任のセンセイのお誕生日でした。

今日は、ひーこセンセイに所用があって
早く保育園を後にする日でしたから
お誕生日のお祝いは
つばめ組の子ども達だけで
行いました。

いつも他のセンセイのお誕生日の時には
ケーキを買いに行ったりしてくれる
つばめ組さんですが
ひーこセンセイのお誕生日に向けては
早くから言い出しっぺのひとみセンセイと
ナイショの打ち合わせをしていました。

私とひとみセンセイで決めたテーマは
<ひーこセンセイを泣かそう>。

このことをパパやママにも
今日までナイショにできていたら
みんな大したもんですよ♪

======

多くの保育園では
年間指導計画に基づいて
1年間、
年齢ごとに
発達段階に応じた保育をしています。

にじのとり保育園でも例外なく
この年間指導計画を大切にしています。

要するに
発達段階に応じて
子ども達と1年をかけて
<何をして楽しむか>ということへの
思いが詰まったものが
年間指導計画です。

それを月に落として、週に落としていくのですが
ひーこセンセイは
昨年もそうですが
今年も、1年の初めに立てた自らの計画に
プラスしたり、もっといいことを見つけたり
他のクラスとのバランスを考えた上で
その時々のテーマは相談しながら決めたり
変更する以外、
やりたい!と思ったことを
実現させなかったことはありません。

してみたいと思ったことは
瞬時に私に伝えてくれます。
そしてそれらがすぐに叶う環境を
ひーこセンセイは
感謝の気持ちで受け止め、
子ども達と一緒にココロから楽しんで
それらを成し遂げています。

改善点もすぐに言葉にします。
なので
取り巻く空間には
プラスのスパイラルしかないのです。

ひーこセンセイの頭の中には
目前に控えた行事のことや
日々の保育のことはもちろん、
来年度の保育のことも
もう既に輪郭ができつつあるのだと思います。

これからもまた
子ども達やパパ・ママと一緒に
感動することができるのかと思うと
本当に嬉しいです。

<こちらこそありがとう♪>

ひーこセンセイには
この言葉を贈ります。

これからもこれまで通り
子ども達との楽しい体験を通して喜びを重ね、
それが保育であっても、なくても、
とにかく、いつも、これからもず~っと
面白いこと考えてワクワクしていましようね。
私にできることは惜しみません。

ミントくんにろうそくの数を数えられて
『24歳だな!』と言われ、大喜びしていたから
キムタクと同じ学年ってことはココだけの話にしておいて
お誕生日おめでとうございます♪♪

fc2blog_20141128150055914.jpg

『今日、眉毛描き忘れてるのに~~~』って言いながら
子ども達からの思いがけないプレゼントに
涙していたから
ひとみセンセイの目論見は大成功♪ってことで。

最後の写真は
担任のセンセイのお誕生日お祝いに
つばめ組さんが作った
アクセサリーあれこれ。

fc2blog_20141128150116301.jpg


園長(今日もココロはぽっかぽか♪)

スポンサーサイト



七味の味したお漬物の話

以前お漬物を子ども達がつまんだ日がありましたが
今日はそのお話を。

お休みしていた子達に次の日に
同じものを出して選んでもらったら
とある彼女は
誰も手を伸ばさなかった七味の味に手を伸ばしました。

(はちみつレモン味が一番先に売り切れました)

『辛いよ~~?』(ほんとはそんなに辛くない)
と言っても
彼女はお構いなしなので
食べるのを見守っていたら

ぱくん!と口の中に入れて
ぽりぽりと食べて
『ほら!大丈夫!』と言ってから
お茶をごくごく。

『大人の味食べてすごーーい!』と
まん丸な目をして彼女を見守るお友達と
どや顔で目を合わせる彼女は
自信に溢れていました。

その後誰も
彼女と同じトライをする子はいませんでした。

子どもの<慎重>は
大人のハードルをかなり越えての<慎重>ですから
そこにプラスして<大人の心配><大人の懸念>
なんていう
慎重事項を増やす必要はありませんし、
無理に煽る必要もありませんね。


彼女にとっては
経験を積んでいたことなのかもしれませんが
誰も手を出さない大人の味を選んで
食べきったことは
すっごい武勇伝となって
彼女の小さなココロの記念碑に
記されたことだと思います。

お漬物を食べてみる、という
小さな出来事は
それぞれの子にとって
<初めての味にトライした>とか
<食べたものないけど食べてみた>とかいう
その子に応じた
自信めいたものになったり

また、<いらない>と言えることや
<この味しか食べないよ>という意思を
ちゃんと伝えることができるという
その子のらしさを表に出すチャンスになります。

日々の活動の全ては
その積み重ねです。

前出の彼女のような
こういう魂を持った子は
おそらく
これからの人生で、他人から見たら←ココ重要
より困難な方を選ぶ傾向にあるのかもしれません。

いずれにしても
自分のココロの声に率直に行動しようとするのを
大人が大人の判断で
勝手に阻止しないようにする。

また、
彼女自身の過去の行いや言動を引っ張り出して
『あの時あっちを選んだやん』
『あの時こんなこと言うてたやん』と突きつけない。

これが、彼女の周りの大人に必要な努力なのかな、、
と思います。

さしあたっては
保育園のあそびの時に発揮している
彼女の 『姉御気質』 は、見ていて惚れ惚れするのです。

彼女が年齢を重ねるにつれて、
あちらこちらに現れる
邪悪な軍団をやっつけながら
ジャンヌダルクになる日がきたら
保育園の門を叩いて欲しいなと思います。

その時には、
今の面影を残したまま大人になった彼女に
この
<七味の味したお漬物の話>を
聞かせてあげようと思います。

自分のことを愛している人が
家族以外の、おうちじゃないところにも
ちゃんといるんだよということは
きっと彼女を勇気付けると思うのです。

fc2blog_20141128141146f3d.jpg


それはもちろん、どの子も同じですよ。
今回はお漬物の一連の出来事から
ひとつ、例を挙げて
共有させていただきました。

※今日の話はまた後ほど。


園長(さて、次のつまみ食いは何にしようかな♪)
プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
2位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR