FC2ブログ

くみこセンセイのお誕生日

さてさて、
今日のことは今日のうちに。
今日のおやつの時間のお楽しみイベント。
それは
<くみこセンセイのお誕生日をお祝いすること>
でした。

fc2blog_20141126160351e09.jpg


上半期は
子ども達もまだ今より半年ほど小さく
入ったばかりの子ども達もたくさんいたので
ひとまずは
つばめ組さんとセンセイ達のお楽しみっていうことで
始めていたのですが
下半期になって子ども達もしっかりしてきて
いろんな行事の意味合いも
しっかりわかるようになってきました。

なので
おやつの時間を使って
♪ハッピーバースデー♪の歌を
手を叩いて歌って
いっぱい拍手して
みんなでお祝いしました。

※ケーキが食べられる子は
うす~い一切れを食べています※

そんなこんなで
下半期最初のお誕生日は
くみこセンセイでした。

今でこそこんなに女性らしく
商店街ですれ違う紳士達を
ドキドキさせるようなくみこセンセイ(未確認情報)ですが
学生時代はいがぐり頭の
ソフトボール部のエースで
毎日白球を追いかける
ど根性青春時代を過ごしていました。

開園当初から保育園に携わってくれたことは
心の底からありがたく、
ご縁あって3年目の今年もココで
今日という日を子ども達と一緒に
元気に笑顔で迎えることができたことを
本当に嬉しく思っています。

<今できることを今する>

もう少し大きい子達が増えたら
午後からの時間は
ソフトボールをして遊びたいものですね。
夢はいくらでも広がります♪

今日の笑顔が
明日に続きますように♪
くみこセンセイ、
お誕生日
おめでとうございます♪♪♪

さて、
明日は朝から
コメットさんのお誕生日会です。
リトミックも予定通り行いますので
9時にはお誕生日会が始まります。

園長(あ~楽しい楽しい♪←※直訳まま
スポンサーサイト



とどのつまり<今>が大切ってこと

私には木村拓哉と同じ年の弟と
金城武と同じ年の妹がいます。
年は離れていますが
この年まで、きょうだい仲良く生きています。

二人には子どもがいません。
だからというわけではないと思いますが
我が家の子ども達のことを
我が子のように可愛がってくれています。

年に3回ほどは親族で集まって
食事をしたり、カラオケに興じたりしますが
時折、それぞれと1対1で食事に出掛けたりもします。

ここのところ
何やら話があったのでしょう。
弟からメールがきて
夜が更けるまで二人で話しこみました。

話をしながら脳の中で瞬時に戻るのは
子どもの頃に住んでいた家の
和室の茶の間です。

幼い弟に
西城秀樹のものまねをさせて
ヘラヘラ笑っていたこととか
夜に親の目を盗んで
お菓子を買いに行かせたりしていたこととか
弟がヤンチャしていた中高生時代のこととか
話の合間にも
色々と思い出します。

そんな弟がその日は改まって
『ちゃんと伝えとかんとあかんと思ってたことがある』
と言って
『二人も子どもを生んでくれてありがとう』と
『自分達の母親に
<おばあちゃん>という役目を
経験させてくれてありがとう』と
面と向かって私に言うので
面くらって
何をおっしゃるうさぎさんです。

そんなこと思ってくれてありがとう、、と。
そして
いろーーーーーーんなことはあったけど
こんなに素敵だなと思える
きょうだい関係に育んでくれた家族に
ココロから感謝した夜になりました。

今、きょうだいを抱えて
物理的に大変だなーーなんて
思いでいっぱいいっぱいになってるママを
しんどくしているのは
実は実態のない
ママ自身の固定観念かもしれませんよ。

<こうでなくっちゃ>
<こうあるのが普通>

これらを手放した時
今ある環境に
きっと大きな感謝が溢れるはずです。

喧嘩したって
上の子が下の子をメチャクチャ風味にやったって
(その逆もありかもですね・笑)
そこには何の罪もありません。

それらも含めて受け入れて
今しか持てない家族時間を
本当に大切にして欲しいなぁと思います。

写真はにじのとり保育園の
ハイジとクララです。

fc2blog_2014112614100436b.jpg

姉妹仲良しの時もあれば
壮絶な喧嘩を繰り広げる時もあります。
妹のハイジちゃんの<負けん気>
最近ハンパなしになってきていることも
私達には嬉しい成長の証です。


fc2blog_20141126142747689.jpg

あ、こちらの二人は姉妹ではありません。
『きょうだいの二人を撮ってたんだよ』と言うと
王女はすかさず
普段抱っこしないお人形を抱いて立ちはだかるので(笑)
あ、、こういうトコ、頭いいなぁ・・と面白く思って

笑ちゃんは勝手にせわしなく
それっぽい小道具を持ってきて
私の前でポーズを取って
どうやら写真撮るまでそのままいるので撮りました(笑)

大人の意図は
こうして今日も素敵な方向に崩されていくのです。
楽しいですね。


話を戻します。
たとえば中学生になって、苦手な科目があったら
教科書引っ張り出して
小学5年生ぐらいから復習して、勉強し直すことはできますが
幼少期にしか育めないことは
後回しにはできないどころか
大きくなってその頃に戻ることはできません。

あっという間に子ども達にとって
家は、大半を過ごす場所から
帰ってくる場所になります。

休日も親と過ごす時間よりも
友達と一緒に過ごしたり
或いは自分の趣味を楽しむ時間になります。
手がかかっても
自分の自由がなくても
<今>だけです。

<今>の積み重ねが<未来>を作ります。
<絆>は一朝一夕に出来上がるものではありませんから
<今>の時間
<今>しか持てない家族の時間を
本当に大切にして欲しいなと思います。

<今>が大切ということが本当にわかれば
まだ来ていない未来に備えた<予習>をする為に
<今>を使うのはもったいないことだというのが
わかりますね。

いつも口すっぱく、耳タコでも言うのは
子ども達に予習は、何一ついらないということです。
プレ幼稚園の意味合いで保育園に
通わせる必要はないということです。

だから
にじのとり保育園では
ママと一緒の時間を削ってまで
<慣らし保育>はしていないのです。

慣らし保育はありませんが
持ち寄ったものを
みんなで食べています。
(強引な話展開)

今日のお給食は具沢山のお味噌汁と
みりん干しでした。
たくさん食べましたが、写真ありません。すみません。

今日の『みんなでつまみ食い』は
ひーこセンセイが京都へ行った時に
買ってきてくれたお漬物です。
コレは写真あります。すみません。

fc2blog_20141126142227213.jpg


センセイ達、一人一味ずつ頂いたのですが
みんなでつまみ合いをしていたら
ひばり組の子ども達が神妙なカワイイ顔で
『コレ、何?』 (←※翻訳:『ちょうだい♪』) と言うので
ひばり組以上は子ども達も
好きな味を選んで食べました。

ひばり組では、ベルちゃんが
『いらない』って最初言ってましたが
スカッシュくんが
真顔でおいしそうにポリポリ食べてたら
『やっぱりコレが欲しい!』って
はちみつレモン味をつまんでいました。

つばめ組は
ミントくんとピーチ姫が『チームいらない』でした。
性格出て面白いですね。
無理強いしません。
なんとかして食べてもらおうと
一生懸命に働きかけたりもしませんよ。
<いらない>と思うことは悪いことじゃないし
<食べたくなったら食べる>でいいことです。

それに子どもの中じゃ
答えはふたつにひとつです。
これで解決しているからです。

昨日と今日で
できることが違う子ども達です。
思うことだって昨日と今日では違って当たり前で
だからこそ面白いのです。
明日また出してみよう。
ママ達、入れ知恵禁止ですよ♪

ミルキーちゃんは
『なーんだ、ピーチ姫、食べないの?美味しいのに♪』
と言いながらぽりぽりぽり。

ピコちゃんは
はちみつレモン味のを食べた直後に
『お肌ツルツルになったみたい♪』って
きっちり私の言葉に騙されてくれます。

なにより
無言でぽりぽりお漬物を食べる2歳や3歳の子達と
お昼ごはんを食べられるなんて
幸せすぎます♪♪

ちなみに黒いの(黒ゴマきなこ味)を選んだのは
王女ただ一人でした。
『さすが貴族!王族!』と言うと
にっこり微笑み返ししてくれましたよ。

最後の写真はコレです。

fc2blog_2014112614102280d.jpg


お店のディスプレイではありません。
つばめ組の作品です。

話は今日もまた
アッチコッチしましたが
今日のところはコレでひとまずおしまいにします。

実は今日は今から
楽しいイベントがひとつ待っています。(うふふ)


園長(はぁ~忙しい忙しい♪←※翻訳:楽しい楽しい♪)
プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
1位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR