FC2ブログ

お伝えしたいことなど

子ども達にとって一番の楽しみは
【お迎えの時間】です。

いくら保育園が楽しくても
それでもリラックスしていられるのは
我が家だと思います。
少なくとも現在にじのとり保育園に通っている子ども達は
そうだと思います。

そこでお迎えの時についてのお願いです。
お迎えに来られて、
ママの手にお子さんをお渡ししたら
速やかに帰途についてください。

保育園の前は公道です。
そこで、複数のベビーカーが並んで
ママ達がお喋りに夢中になられたり
またその間に
ガードレールでお子さんが遊んだり
お店の中に入ったり、、、という姿も
チラホラ見受けます。

一般の歩行者の方から苦情があったわけでも
お店の方から苦言を呈されたわけでもありませんが
日中子ども達を
ガードレールで遊ばせたり
公道を勝手に走り回らせたりは
していません。

当たり前ですが、保育園の前の道は
色んな方がご利用されます。
子どもを見て
微笑んでくれる人ばかりではありません。
いくら可愛くても
子どもは免罪符にはなりません。

「あのおじちゃんが怒ってるから
ガードレールで遊んじゃダメ!帰るよ」
になっては本末転倒です。

園からの<禁止事項>として
申し伝えするようなことにならないよう
一人一人で気をつけていきましょう。

<保育園 出たらそこは 社会です>

それからもうひとつ。
保育園から帰る時に
子どもが裸足で外を走っている姿もよく見かけます。
これまでもそういうお子さんはいましたが
たまたま怪我がなかっただけです。

お帰りの時に裸足で外を歩かせて
何か大きな怪我をされたらえらいことです。

帰る時には
お子さんがごねてもすねても
きちんと靴を履いて、手を繋いで、
或いはベビーカーや自転車に乗せて
すみやかにお帰りください。

それでも!
という場合は
ママの自己責任にてお願いします。

<違います 自由のびのびと 言いなりは>


=================

だいたい、
こういう風に
言いたくないようなことも
外に向けて言わなくてはならないのが
私の仕事です。

誰だって嫌われたくないですけど
こんなパワー使うことは
大切な人にしか言わないものです。

面談に来られたママや
にじのとりっ子のママ達
或いはセンセイ達から
相談を受けたり
お話を聞いたりした時に
私はいつもお話を聞きながら
既に出ている答えを
どうやって伝えたら
お話している人はわかってくれるだろうか、、、と
考えています。

結果、いつも私は
今お話をしているママ達やセンセイ達が
私の妹や娘だったら
なんて言うだろう、、、、ということです。

きっとこんなこと言ったら
嫌われるんだろうな。。。
いいと思わないだろうな。。。
ひどいと思われるかもしれないな。。。

なんて思いながら
自分の思いに絹着せず
言葉を選んでいつもお答えしています。
どの人にも同じ私の思いを伝えています。

ココは誤解のないよう
もう一度お伝えしておきますが
どの人にも同じ私の思いを伝えています。


=================

土曜日に保育園を片付けていましたら
いろんなものを目にして
なかなか手が進みませんでした。

コレは以前両国で買った
湯のみです。

fc2blog_201409211134179ff.jpg

色んなこと書いてありますが
一番気に入ってるのは
最後のフレーズです。

そうですよね。
自分を大事にする子に育って欲しいですね。
自分のことが嫌いになったり
自分に嘘ついて生きていくことが
実は一番しんどいことですものね。

fc2blog_2014092111343750e.jpg

開園当初の写真も出てきました。
ピコちゃんとミルキーちゃんの
まだ歩けなかった
今いる誰よりも小さかった時の1枚です。

そりゃ
この子達が
劇遊びなんかして
自信持って楽しそうにセリフ言ってる姿なんて見たら
この頃を知ってるセンセイは
涙なしには見られませんよ。。。。。。

ちょっと髪が伸びてきた
ジェニファーちゃんもいますよ。

れいこセンセイのピアノ教室に通う
台湾ボーイの姿も。

fc2blog_201409211135112d4.jpg


これは今我が家の冷蔵庫に貼ってあるものです。

fc2blog_20140921113635552.jpg

女性3人で写ってるのは
保育園を開園して初めてのO-35部の集いの1枚です。
右端にいるのは3年ほど前の私です。
肩から出てるのは腕ですよ。

撮影者はムーンちゃんのママです。
この時にO-35部は発足し、現在に至ります。

きまりはひとつ。
<そこにいない人の悪口を言わない>

現在もコレは守られていますか?
そして
適度な距離は保たれていますか?

集団が苦手な人もいます。
楽しいはずのお付き合いで
しんどくなったら元も子もありません。
これから長く続く親業です。
親同士のお付き合いで
息切れしちゃったら
しなくてもよいのですよ。

もとより
幼少期は、誰かとの付き合い、つながりも
勿論大切ですが
家庭、親子関係を確固たるものにする時期です。

ですから親も含めた集いや遊びは
行ける時に参加する。
これでよいのです。
楽にいきましょう。楽にね♪♪♪

毎回集いに参加している子が
一度も参加していない子を
仲間はずれにするなんていう発想は
子ども達にはみじんもありませんし
勿論ママ達にもないはずですから
ご安心ください♪♪♪

最後の1枚は
おやつタイムを仕切る
ある日のえっちゃん(ひばり組)

fc2blog_20140921113742798.jpg


えっちゃんと王女の違いは
王女は完全に店の人になりきりますが
えっちゃんは
ママになりきります。

この日はお友達に
メニューを見てジュースを選ばせているのに
「今日はごはんジュースしかないからコレにしとき!」と
説得していました。

リアルクレヨンしんちゃんの世界が
ここにはあります。


園長(学生時代からツルんだり大人数は苦手です。♪)
園長(O-35部だけでなく、実は園長とサシ飲み部もあります)
園長(サシのみ1号はエリザベスさまでした)
園長(2号は翼ちゃんママ)
園長(3号は未遂に終わっています)
園長(サシ飲み懇談会・ランチ懇談会大歓迎です)
園長(私が懇談会をする時は応接室を使います)
園長(ちなみににじのとり保育園には応接室が3つあります)
園長(いずれも保育園前の、雨が降ったら濡れる廊下を少し歩きます)
園長(3月の食事会で、私とのデート権を獲得したパパからは、なぜだか音信がありません)
スポンサーサイト
プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
3位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR