FC2ブログ

つばめ組さん夏のお楽しみ③

さて、予告通り
金曜日は、プラネタリウムへの旅を
決行しました。

朝から電車を乗り継いで
ハイテンションで
出かけました。
気になるひばり組さんも
ニコニコ参加です。






プラネタリウムの天体ショーは
つばめ組さん余裕でした。
しっかり40分間、お話聞いて
星を眺めて、
ひとときの夜空を
堪能しました。

内容は何でも
とにかく
お楽しみは、お弁当。
おにぎり一つ持って行くだけで
毎日行く公園だって
違う意味を持つことは
ママ達もよく知っていることだと
思います。

この日もクライマックスは
お弁当の時間です。



最後一つ残ったおやつ
争奪の為のじゃんけん中です。
こんな毎日の
小さな心触れ合う出来事で
人は成長していくのですね。




帰りの電車も行儀よく乗って
みんな元気に帰りました。




さて、
次はいよいよ
この夏最後のお楽しみ。

縁日からのお泊りです。

あ、つばめ組さんのママ達へ。
あんまり
『お泊りだよ、お泊りだよ』と、
必要以上に言わないように
お願いしますね。

それは、子どもに
『泊まりたくないって言って』と
聞こえていますよ(笑)

そのままで、そのままで。
子どもからの、ありのままの
『行きたくない!』は
強制されているわけではない
『行きたい!』に
匹敵する大事な思いです。

そうなったらなったで
笑顔で受け入れましょう。

いい、悪いは
そこにはありません。
誰かの思いに、泣く泣く
従うのではなく
その日、その時の思いを大切に
していきましょう。

ただ、ひとつ、
ほったらかしにして
そのまま、ありのままと
言うのではありませんよ。

そこはお任せください。
あんなことや、そんなこと、
日常の小さな遊びを通して
自然にそれを
楽しめるように
導入しています。

子ども達にとっては
お泊り保育も、遠足も、
運動会や、音楽会も
毎日の保育園でのお遊びも
どれが特別で
どれが大きな行事でもありません。

ただ、毎日と同じ時間が
そこに流れるだけなのです。

準備する大人が
あれこれ気をかけて
時間をかけて見えないところで
忙しいだけなのです。

それならば
楽しんで忙しくやる。
子ども達と一緒に
楽しみながら準備する。

今の私達にできるのは、
まだやってきていない
お泊り保育の日に向けて
あれこれ子どもを、
言葉で洗脳することではなく

ただ、
その日できることを
一緒に楽しむことだけです♪♪
これは
お泊り保育だけにあらずです。

最後の一枚は、
親の心配よそに
その日のその時を楽しんでいる
子ども達です。



いつの世も、
親が勝手に心配します。
でも、それは
子どもに
押し付けてはいけないことで、
親の心子知らず
これでいいのだと思います。

でも勝手に心配しちゃう
ママやパパの気持ちはわかりますから
その思いは
どうぞ、私にぶつけてください。


園長(予習はいらない♪)

※更新遅れてすみません、、、。
スポンサーサイト



プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
4位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR