FC2ブログ

身内だけが楽しいシリーズ〜椅子とりゲーム〜

雨の日です。
お外に行けません。

パパママ達がお仕事で
あんなことや
こんなことで
頭も体も酷使している時間

子ども達は
お昼寝を終えて
おいしいおやつを食べて

fc2blog_20140313160807ea4.jpg



みんなで『おいしいね♪』を堪能した後は
椅子とりゲームです。

)

やんややんやの2回戦、3回戦を終え
たった今決勝戦も終えました。

女は強し!!!
優勝したのはこの子です!!!

)


この楽しい空気。
たまりませんねーーー!!


決勝戦の後は
買い物ごっこ。

今日はめじろ組がお店の人。

fc2blog_201403131609143fd.jpg

fc2blog_2014031316094273c.jpg

fc2blog_20140313160927d4b.jpg


いらっしゃいませ隊のリーダーは
まりな王女。

fc2blog_201403131613426ed.jpg



『なにやってるの?』って聞いたら

『いらっしゃいませのおみせのひと』って
答えてくれました。


雨の日もこうして過ぎていきます。

楽しいです♪

子ども達
それはそれは楽しそうですよ。

センセイ達が
こんなに楽しそうですもの。

お迎えに来た王子様のおばあちゃまが
『楽しい時に来ちゃったね♪』と言って
王子様の手を引いて
お帰りとなりました。

さてさてさて
雨はますます強くなってきました。

お迎えの時は気をつけてお越し下さい。
特に妊婦さんのママはゆっくりね。


園長(楽しい時間はまだまだ続きます)

【仕事の話】


私は父とよく会話をする娘でした。
年頃の時はイヤイヤでしたけど(笑)

高校生の頃には
よく進路の話をしました。

ある日私が「保育」に携わりたいことを伝えると
父はまさかの大反対でした。
それはもう言いたい放題で反対されました。

『保母になるならお金は出さない』
と言われましたが
それならばと
父に頭を下げて学費を借り
働き始めて2年で完済するという
私も相当の強情娘でした。

でも、そこまでしても
私はこの道を目指したのですね。
父はよくぞ折れてくれたと思います。

娘は強情を張っていても
持ち帰りの工作仕事を
いつも手伝ってくれたのは父でした。

持ち帰って作っている時に
居眠りした私が
夜中に起きたら
全部出来上がっていたこともありました。

運動会でタイヤころがしをするから
大きいタイヤはないかな、、と
呟いたら
次の日、勤め先の保育園に
どんな車のタイヤ?ってほどの
大きなタイヤを二つ、
持って来てくれたりもしました。

ある日、
仕事の悩みを抱えていた私に
父はボソっと答えてくれました。

『だから言わんこっちゃない。
お前がやりたいことで
組織に従えるはずがない。
だから反対したんだ!
それでもその仕事がやりたかったら
徹底的に組織に従って上手にやっていけよ!』

『それが無理なら、それでも保育がしたいなら
今じゃなくてもいいから
自分の保育園を作ったらいい。
やりたいことを叶えたいなら
作ってしまえ!それなら大賛成だ!
学校へ行った学費も出してやる!』

『もしも保育園を作ったら
用務員のおじさんも
用心棒も、バスのおっちゃんもやってやるよ』

20代半ばの私には
そんなことは夢のまた夢でした。

ところが、その後
そこそこ普通に人生経験を経た私は
自分の原点に立ち返り、
保育園を立ち上げました。

おそろしいほど
とんとん拍子にコトは進み
にじのとり保育園は今、
本当に多くの方々の励ましや、
手助けや援助によって
こうしてこの場所に存在することができています。

そんな父は14年前に亡くなっています。
もし父が元気で生きていたら
きっと、年齢も顧みず
あの日の言葉通り
用務員のおじさんも、用心棒も
バスのおっちゃんも
やってくれていることと思います。

だけど私は残念だとは思っていません。
今、保育園に手を差し伸べて下さる皆さんの中に
私は父の心や魂を見ることができます。

抱える悩みへの答えは
過去の会話の中にあったり
あの時感じたぬくもりの中に
あったりします。

<人は死んでも死なない>
私はそう確信しています。
生きていた頃よりも
父の言葉や存在は
私の中で根強く生きています。

だから
みなさんには
日々忙しくても
たった5分でも
大切な人と
ちゃんと心を込めて
言葉を交わす時間を
大事にして欲しいなぁと
心の底から思うのです。

未来の答えも
きっとその中にあるかもしれません。

今日の写真は
ある日のお給食。
コレに具沢山お味噌汁がつきます。
子どもはこの量の半分ぐらいを
目安にしていますが
とにかくよく食べますよ♪

園長(あの保育園、園長が美人らしいよという噂まだ立たず...)

20140311_01.jpg

【3月11日】


私は3年前のこの日
心斎橋へLIVEに出掛けるため
以前勤めていた職場に
前々から半休をもらっていました。

まさにその瞬間は
喫茶店の中で体験しましたが
私は眠っていましたので
揺れすら体感していないというのん気っぷりです。

その後のニュースもろもろで
色んなことを知り
現地の悲惨な様子を見ている私の心の中で
大きな津波が起こるのを感じました。

「このままじゃアカン!!」
「波に飲まれて死んでしまう前に!!」

そしてそそくさと会社を辞める手はずを整え
5月に退社し、
開園準備に取り掛かり、現在に至ります。

あの震災がなければ
私はまだ今も
そこそこ高額のお給料と引き換えの
どえらい理不尽に絶えかねて
流す必要のない涙を流していたかもしれません。

今保育園に来ている子ども達は
震災を知らない子ども達ばかりです。

3月11日は
ただ単に
3年前のその日に起こった
自然災害の現状に思いを馳せて
黙祷を捧げるだけの日にするのではなくて

人の体験を自分のものとして捉えたり
自分の心の中で
実は常に起きている津波に気付いてやったり
隣にいる人を大切に思ったり
もう一度繋いだ手を確かめたり
能動的に生きていくことを確かめたり
そして感謝して......。

そういう日になればいいなと
思っています。

園長

20140311.jpg

コソ練してます

3月29日に向けて
子ども達は
こっそり練習を積んでいます。

センセイに褒めてもらって
めちゃくちゃカッコいいです。

fc2blog_2014031010560353f.jpg



多くの保育園や幼稚園では
生活発表会や運動会といったら
それはもう
練習の日々
練習の嵐
鬼練習の日々です。

内情もいっぱい知ってます。

それはどんなのですか?
という野暮な質問はしないでくださいね。


だからこその
にじのとり保育園です。


fc2blog_20140310105615533.jpg



さ、今からお給食です。


園長(個別特訓風景も楽しいです)

【大宇宙パフォーマンスドール】


最近土曜日の充実度がハンパないです。
昨日は
保育園で歌の練習の後
とても有意義な予定を3つこなし、
めちゃくちゃ収穫のあった一日でした。

毎週土曜日午前中に行われている
歌の練習もいよいよ佳境です。

私が保育園を開園した目的は
「そこに関わる人達のココロからの笑顔」

地方自治体には申しわけないのですが
待機児童の解消の為に
立ち上がったわけではありません。

子どもの笑顔の為の
大人の笑顔。
子どもの充実の為の
大人の充足。

目指しているのはそこです。

通常の保育にとどまらず
年度末の行事の時に
大人の「やりたい」を
叶える場所を用意しているのも
そういうことです。

今回3月29日に行われる
保育園の2歳のお誕生日会で
保護者の皆さんやセンセイ達から募った
「やりたい」を
思う存分披露してもらえるのが
とってもタノシミなのです。

それがまた次の「やりたい」に繋がると
私は信じています。

個人のページにも記しましたが
目的は「そこにいる人の笑顔」ですから
南森町にあるあの保育園の建物の中だけでなく
壮大な大宇宙を舞台に
大いなるパフォーマンスを♪♪

名付けるならば
「大宇宙パフォーマンスドール」♪♪♪

自分の人生は
自分でプロデュースして
自己責任で生きていくのですから
無理強いはしていませんよ。
チャンス生かして
一緒に楽しめたら本当に嬉しいなぁと
ただ、それだけを思っています。

今日の写真は
そんな「大宇宙パフォーマンスドール」の中核
「にじのとりオールスターズ」の面々。

3月29日のプログラム
オールラストで歌う歌
「Colors~絆~」の練習の後の1枚です。

これからもココロを込めて練習しましょうね♪♪

園長(メンバーまだまだいますから♪♪)


20140308.jpg

男の友情

お誕生日会のお話が溜まっているのですが
先にこのお話を。


つい先日、このページで
「最後の誕生日会」ということで
にじのとり保育園の師匠のお誕生日会のことを書きました。

4月から近所の幼稚園へ行くので
3月いっぱいで
にじのとり保育園とさようならなのですが

実は師匠のママは
今間近に控えた出産の為
実家に帰っています。

師匠は今週
こちらに帰って来ているので
パパやパパ側の
おばあちゃまにお迎えに来てもらって
一緒に楽しく過ごしているようなのですが
パパ曰く
やっぱり少し寂しそうなんだそうです。

出産がらみの諸々の事情があるにせよ
寝る前には
「ママに会いたい」と言い出すらしく

本当はもっと寂しいはずなのに
みんなに気を使って
我慢しているような気がするのだと。

パパはそんな師匠を見て
「大人になってるな」
「成長してるな」と思う反面
我慢させてることに対して
「ごめんな」という気持ちにもなっているらしく

そのパパの気持ちを、夕べ
4歳の師匠に
「寂しい思いをさせてごめんな」と
伝えたそうです。

そしたら優しさてんこもりの師匠は
パパの言葉に泣き出したそうです。

パパもその姿を見てもらい泣き。

「ママを一緒に応援しよな!」
と言って一緒に眠ったそうです。

なんか、、
ステキな男同士の友情と家族愛ですね。

いつも優しい師匠のことを
私が交換日記で
「ママの子だね〜」というニュアンスで
書いたりすると

「どうせ師匠はママの子です」と
拗ねた返しをしてくれる可愛いパパなのですが
今回ばかりは

「男同士の友情が芽生えた日でした。」

と、
私と家庭との交換日記に記して
ペンを置いてくれました。

なんてステキなんでしょう♪♪♪

パパがこういう思いになるのは
子育て期間に
何度かあると思いますが
何がステキって

パパがこう思ったことを
伝えてくれるという
私と、家庭と
保育園と、パパとの
この関係性です♪♪♪

嬉しいと思った正直な思いを
パパは表に出すことができたんですよ。
これをこうしてシェアすることによって
一人の経験が
みんなの喜びになるんです♪♪♪

保育園を開園して
本当に良かった!と
こういう時に
私は一番感じているのです♪♪♪

だから
表に出しましょうね。
どんな小さな事でも。
嬉しい思いも
ちょっと腹立ったぜ、、っていう思いも。


写真は
先週のおやつの時間。
「いただきます」のごあいさつは
あにきセンセイがやってくれました。


fc2blog_20140307164200c81.jpg




園長(明日も歌の練習やりますよ♪)

【男の友情】


つい先日、このページで
「最後の誕生日会」ということで
にじのとり保育園の師匠こと
あらちゃんのお誕生日会のことを書きました。

4月から近所の幼稚園へ行くので
3月いっぱいで
にじのとり保育園とさようならなのですが

実はあらちゃんのママは
今間近に控えた出産の為
実家に帰っています。

あらちゃんは今週
こちらに帰って来ているので
パパやパパ側の
おばあちゃまにお迎えに来てもらって
一緒に楽しく過ごしているようなのですが
パパ曰く
やっぱり少し寂しそうなんだそうです。

出産がらみの諸々の事情があるにせよ
寝る前には
「ママに会いたい」と言い出すらしく

本当はもっと寂しいはずなのに
みんなに気を使って
我慢しているような気がするのだと。

パパはそんなあらちゃんを見て
「大人になってるな」
「成長してるな」と思う反面
我慢させてることに対して
「ごめんな」という気持ちにもなっているらしく

そのパパの気持ちを、夕べ
4歳のあらちゃんに
「寂しい思いをさせてごめんな」と
伝えたそうです。

そしたら優しさてんこもりのあらちゃんは
パパの言葉に泣き出したそうです。

パパもその姿を見てもらい泣き。

「ママを一緒に応援しよな!」
と言って一緒に眠ったそうです。

なんか、、
ステキな男同士の友情と家族愛ですね。

いつも優しいあらちゃんのことを
私が交換日記で
「ママの子だね〜」というニュアンスで
書いたりすると

「どうせあらちゃんはママの子です」と
拗ねた返しをしてくれる可愛いパパなのですが
今回ばかりは

「男同士の友情が芽生えた日でした。」

と、
私と家庭との交換日記に記して
ペンを置いてくれました。

なんてステキなんでしょう♪♪♪

パパがこういう思いになるのは
子育て期間に
何度かあると思いますが
何がステキって

パパがこう思ったことを
伝えてくれるという
私と、家庭と
保育園と、パパとの
この関係性です♪♪♪

嬉しいと思った正直な思いを
パパは表に出すことができたんですよ。
これをこうしてシェアすることによって
一人の経験が
みんなの喜びになるんです♪♪♪

保育園を開園して
本当に良かった!と
こういう時に
私は一番感じているのです♪♪♪

だから
表に出しましょうね。
どんな小さな事でも。
嬉しい思いも
ちょっと腹立ったぜ、、っていう思いも。

写真は開園1年目。公園で。
師匠あらちゃん2歳の夏(今4歳)

園長(自画自賛なうの金曜日のおやつタイムです)

20140306.jpg

【フォーチュンクッキーパーティー】


ちらし寿司パーティーの後の
雨の水曜日のパーティーは
『クッキーパーティー』

今日のおやつは
占い感はゼロですが
恋してなくても
フォーチュンクッキーです。

なんと
ひばり組さんも
今日は『作る人』。

大喜びでした。。。。

ママ達の分はありません。
ごめんなさい。

私も、ひとかけらもらいました。
ミントくんから。

彼は心得てますね〜。
ほんとは食べたい最後の一つを
小さいかけらにして
多分配ってくれてたんじゃないのかな、、、。

そういう『キモチ』
大切にしたいと思うのです。

園長(ぐっとくるのは言葉よりも行動ですね♪♪♪)

20140305.jpg

【保護者のみなさまへ】


今週の献立表の配布が遅くなり
申し訳ございません。

今週の本日以降のお給食の献立は
以下の通りです。

3月4日(火)
*ミンチと白菜の具沢山スープ
*粉ふきいも
*ごはん

3月5日(水)
*ソース焼きそば
*本日のスープ
*プチおにぎり

3月6日(木)
*魚の竜田揚げ
*本日のスープ
*ごはん

3月7日(金)
*はるさめ煮
*本日のスープ
*ごはん

どうも最近PCとプリンターと
インターネット環境との相性が悪く
写真のアップをしようとすると
不具合を起こします。

今日の写真はひな祭り会の時の
可愛い1枚ですが
ちゃんと見て頂けると信じて
このまま投稿します。

園長(メカに弱いです、地図も苦手です、比較的何もかも不出来です。ただ、誰かと比べないので笑っていられます♪)

20140304.jpg

【さぁ!喜ぼう!】


昔昔の小学生時代
本を読んだら書かされる感想文が苦手でした。
未熟なうちは
あらすじばかり書いていました。

当時の先生は
それはそれは丁寧に
あらすじと感想文の違いを
繰り返し繰り返し教えてくれました。

高学年になったある日、
ふとしたときに
その違いがわかった喜びは
今もちょっと覚えてるのです。

なぜならそれは
その時先生も一緒に
ものすごく喜んでくれたからです。

自分が教わってわかったということで
先生がこんなに喜んでくれる、、、
なんだかいいことしたみたいな
気になったのを覚えています。

今オトナになって思います。
感想文=評論
感想文=批判
確かにそれも感想には違いないけれど。

ともすると人は
イヤなこと言われたりされた時に
攻撃するココロばかり肥大して
嬉しいできごとあったり
人から褒められたときに
素直に喜べない体質になりがちですが
そういうのは
なんだか残念ですね。

感情の偏食というか、、、、
なんだか元も子もありませんね。

イヤなとこ探せと言えば
すぐに人は探せてしまいます。
だけど
イイところ、イヤところなんて
あくまでも勝手な感想で

それは人によっても
場合によっても違って
全部表裏一体ということも
もうわかってるはずです。

人のことはいいんですよ。
自分を改善できるのは自分だけです。

だからママ達には
人から褒めてもらったり
嬉しいことをしてもらったり
言ってもらったり
なんだか嬉しいなぁ思うことがあったら
それを言葉にしたり
態度に表したりする癖を
つけていて欲しいのです。

人からの嬉しい言葉や
自分のことを思ってくれた行動の裏を疑う前に
言葉や
どんな行動でもいいですよ、
嬉しいと思った気持ちを
伝えて欲しいなと思います。

人の思いがわからなかったり
それを表現できなかったら
なんだか
人として生まれて生きてるのに
なんだかもったいないなぁと思うのです。

パパやママ、大人はもう
自分で気付くしかありません

だけど今ココにいる子ども達は
真っ白キャンパスです。
この子達を
そんなオトナにさせたくない。

それが私の使命だと思っています。

だから保育園では
喜怒哀楽
感情の多くを
発散できるように接しています。

言葉なんかじゃなくて
嬉しい時に
顔を見合わせて笑い合うあの空気
そんな空気の中で
育てたいと思ってのこの場所です。

子ども達は順調に
ココで育まれていると自負しています。

大人は
まず、自分のイイトコロを
探してみてはいかがでしょう♪♪
別に誰にも言わなくて いいのですから♪♪♪

そして私に聞いてみてください。
きっと私は
みなさんが
気付いてないいいところ
ひとつ、ふたつは必ず言えますよ。

だって
それが私のいいところ♪♪♪

今日の1枚は
とある土曜日、歌の練習に
二人の娘ちゃんをつれて来てくれた
ピコちゃんパパ。

ココには
パパの
歌の練習の間、
ママに休んでいて欲しいという
優しい気持ちがイッパイ見えます。
ステキなキモチです♪♪♪

園長(思い過ごしも恋のうち♡)

20140301.jpg
プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
61位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
4位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR