【心丈夫】


土曜朝の歌の練習を終えた直後です。
今日のママ参加者は2名。

CD聞いて、なんとなくの鼻歌でなく
是非声を出して
心を込めて
意識して声を出して歌いましょう。

私達は歌手集団ではありませんし
ボーカリストではありません。
だからと言って
何もしないでよいというのとも違って。

出来、不出来を問うステージには
ハナからいませんから
ただただ、
心を込めて
心を合わせて
みんなで歌いましょう。

引き続き自主練に精を出しましょうね。
今月から毎週土曜日は、休園日も
午前中10時〜11時まで
保育園を1時間開放しますので
ママ達はどうぞ歌いに来て下さい。

______________

さて、
今日の1枚ですが
コレは絵です。

この絵は、とあるママが描かれた
もうすぐ2歳になる息子さんのお顔です。

現在このママは2人目のお子さんを
ご出産間近なのですが
定期検診の際、お医者さまに
赤ちゃんの心音が弱いので
早めに出産をした方がよいとのことで
入院中のベッドで
この絵を描かれました。

子を思うママの気持ちが
ひとつひとつのタッチに
にじみ出ていますね。

この絵は
どんな時にもママはあなたのことを
忘れていないという
もうすぐお兄ちゃんになる
彼への強いメッセージです。

きっと今、ママは病院のベッドで
毎日お腹の中の子に
ママにしか伝えられない思いを
伝えている頃かと思います。

私はお医者さまではありませんし
現状も知り得ませんから
無責任なことは言えませんが

出産時のなんらかのハプニングは
後々の自分の人生で
必ず役に立つようにできていることは
本当です。

なので私は
『元気な子がきっと生まれるよ』よりも

ひたすら、ひたすら、
ママの『心丈夫』を祈るのみです。

このママと同じ時代を生きて
同じように
もうすぐ出産を控えている
にじのとりっ子のママ達に加え
全国の多くのママ達が
見て下さっているこのページで
このお話をシェアします。

みんなみんな
心丈夫で出産を♪♪♪

20140131.jpg
スポンサーサイト

突然ですが

突然ですが、
明日の土曜日、
ちょっとだけ歌の練習を
しようかなとおもいます。

急ですから
来れる方だけで大丈夫です。
CDに合わせて
一度一緒に歌ってみましょう。

10時ごろからゆるゆる始めます。
取り急ぎご連絡いたします。

【にじのとり音楽祭】



保育園では
色んな行事が毎月目白押しですが
目先の行事で一番大きな行事は
3月29日(土)に行われる
にじのとり保育園の
2周年記念行事、
『にじのとり音楽祭』です。

当日集まる人数の
おおまかな数が出揃いました。

園児と家族とセンセイだけで140人です。
一人の園児に対して
大人が2人〜6人参加しますから
それぐらいに膨れ上がりました。

そこにOBファミリーが15名程度と
新入園児さんファミリーが15名程度。
(増えるかもしれません)

ゲストアーティストさんが8名。
残りの席をご近所枠を含めて
高校生のボランティアさんなど
招待させて頂く関係者さんのお席として
数席用意していますが
それできっと中崎町ホールは満杯です。

当日は椅子は出しませんので
座布団持参でお越し下さい。

当日は
・子ども達のダンス、歌、合奏等の発表があります。
・リトミックの発表も行います。
子どもの出番はコレで終わりです。

後は保護者有志が3組。
・ジャージde踊り隊(仮名)*エビカニクスmixダンス
・荒木家*沖縄民謡三線演奏
・住田家*ゴレンジャーのうた(カラオケで)

・保育士(チームN)ダンス
・保育士(チームJ)バンド演奏
・保育士(チームT)マジック

・全員による合唱*Colors〜絆〜
なかなか全員では集まれませんから
しっかり自主練お願いします。

その他
・豪華ゲストアーティストの演奏*詳細後日*
・飛び入り参加のコーナー

と、盛りだくさんです。

嵐クンのパパと笑ちゃんのママから
当日のプログラムは任せて!と
嬉しいお申し出も頂いています。
お言葉に甘えて
フライヤーとプログラム一式を
お願いしようと思います。
(改めてご連絡します)

いつも、お迎えの時に
学生時代に参加できなかった学祭に
今参加できているので嬉しい♪ とか

みんなで集まって練習するのが
最高楽しい♪ と

子どもみたいに顔をキラキラさせたママ達が
そう話して聞かせてくれる時間が大好きです。

たとえ保育園の行事でも
お膳立てを待って
誰かが楽しませてくれるのを待つだけでなく
自分の手で楽しみを引き寄せて
みんなで分け合うと楽しさ倍増♪♪

聴くのが好き。
見るのが好き。
それも大いに結構です。
どうぞココロから楽しんでくださいね。

今日の1枚は運動会の時に
ママ達がそれぞれ作った応援用うちわの一例です。
こういうことです。

園長(楽しい会にしましょうね)

20140129.jpg

【たくやくん31歳】


ファミリーマートさんに鬼の塗り絵
貼ってありますよ。
入って左奥の壁は
現在にじのとりっ子の塗り絵でいっぱいです。

4歳や3歳の子ども達に混じって
たくやくん(31)の塗り絵も一緒に。

たくやパパは今日のノートに
こう書いてくれていました。

____

ぬり絵見ましたー!!
ファミマに貼られた!!
ありがとうございます。
一人だけ大人(笑)
やはり子どものぬり絵には
勝てませんね。
すごく自由でかっこいい。

その中でもひときわ目を引いたのは
うちの子のぬり絵でした。

ほぼ白!!それが逆に目立ってた!!
しかし、何色かうっすらと線が見えたので
色んな色を手に取って
息子なりにしっかり塗り絵をしたんだなーってのが
伝わってきて
すごく良い気分で帰宅しました。

ぬり絵であの繊細さ。
絶対に出せない。
完敗だ。

______

たくやパパは
色やデザインを巧みに扱うデザイナーさんです。

真っ白ぬり絵のよさがわかって
褒めてくれるのは
本当に嬉しいです。

実はお店のマネージャーさんが
保育園にぬり絵の依頼に来て下さった時
私からひとつだけ
条件を出しました。

一般の大人が見て納得するようなぬり絵は
せいぜい3歳、4歳の子の作品になってしまいますが
にじのとり保育園には
たくさんの1歳児がいます。

なぐり描きがようやく楽しくなってきて
自由に絵画活動をさせている
1歳児のこの子達の作品も
もれなく全員分を貼り出して頂けるのなら
ご協力しますと。

約束通り貼り出して下さいましたから
まだご覧になっていないママ達は是非
何かの買い物をファミリーマートさんでするついでに
見てみてください。

撮影も許可して下さいますから
一声掛けて撮影もご自由に。
お子さんと一緒に見て
しこたま褒めてあげてください。

そしてお店を後にする時には
『ありがとう』を忘れずに♪

いやー
しかし、たくやパパ
31歳だったとは、、、。

ひとみセンセイ
くみこセンセイと
同じ歳だったとは、、、。

今日の
新春かるた大会の結果は
また別のところで♪♪

園長(いつもさらっと色々バラす)

20140128.jpg

ナイショの話

なんだか
お兄さん方、気配を消してます。

fc2blog_20140128165452153.jpg


何をしているかと言うと
園長センセイのナイショのおやつ
あんぱんを分けて食べてるところです。

さて、
ナイショは守れるんでしょうか。

fc2blog_20140128165509ce4.jpg


さてそれから
今日のお外遊びはひばり組、つばめ組、一緒に遊びました。
もうすっかり大きくなったという自覚のあるひばり組さんは
つばめ組さんと遊ぶのが大好きです。

今日はケンパをして
寒さに負けず元気に遊びました。


_____


さて、
世間的に
インフルエンザウイルスは
どうやら大人の体に侵入しているようですね。

一人のママのノートには
風邪を引くっていうのも
心身がバージョンアップする為に必要なプロセスだと。

熱を出さないこと
風邪を引かないことが
特別にすごいことではありません。

人間の体はやはり時々
熱を発散させたり
弱ったり、休息したりするものだと思います。

人によってその発散の温度は違うはずですから
要は自分の体の声やココロの声を
よく聞いてあげることに尽きるような気がします。

自分の体に足りないものは
自分の体が求めるのではないかなと思います。

私はどうも最近
タンパク質が足りてないような気がしています。

さて、そんな風邪引き時期ですから
保育園のトイレに貼ってある
手洗いの歌をココにも貼っておきます。

fc2blog_2014012816554227b.jpg



そして便器も
すこ〜しだけ
あったかモードになっています。
まなみセンセイ作(園長にダンスしごかれ中)

fc2blog_2014012816565651d.jpg


もう少し寒い日が続いたら
じきに春がやってきます。


園長(手洗いうがいはしっかりしましょう)

フォーチュンクッキー

今日のおやつは
つばめ組さんが作った
手作りクッキー。

恋してなくても
フォーチュンクッキー。

米粉と砂糖と
ちょっとだけ抹茶の粉を入れて
みんなで作りました。

fc2blog_201401241604356f8.jpg


ところが、なんと
カチカチの仕上がり。

fc2blog_20140124160506de6.jpg


おいしくないかもしれへんで・・と
メイちゃんがみんなに言いつつ
自分の作ったおやつを
みんなが食べてくれるのは嬉しいのです。

fc2blog_201401241604533d5.jpg


今回の失敗を教訓に
来週リベンジして
今度はおいしいクッキーを作るんだそうです。

fc2blog_20140124160521164.jpg


子ども達は正直ですから

「カッチカチやなぁ」
「なんかちょっとおいしくないなぁ」
なんていう意見出る中


「これはこういうもんなんだよ」
と言わんばかりに
両手でクッキーを持って
大切そうに少しずつ
文句も言わずに
よく噛んで食べているのは
にじのとり保育園の
「食の女神」ミルキーちゃん。

もはや女神の前では
「おいしい」とか「おいしくない」と言うことは
どっちでもいいことで

今、食べていることの幸せを
どんな時でも感じているのですね。

作っている時の一生懸命な顔や
作ってもらったものを食べている姿
それぞれの子ども達の姿から
また私は多くを学びます。


写真最後の1枚は
年明けにきえセンセイが
センセイ達に作ってきてくれた
本物のフォーチュンクッキー。

私は大吉でした。
やさしいきえセンセイは
大凶なんて作らないのです。


fc2blog_20140124162254138.jpg



園長(さて、来週あたりやりますか!忘れた頃にかるた大会!)

【ファミリーマートさんとコラボします♪】


先日、保育園の近くにある
ファミリーマートさんから
マネージャーさんが
お電話の上、わざわざお越しくださって
うかがったお話は

お店側で用意してくださる
節分の鬼の絵に
色を塗って
持ってきて欲しいということです。

店内に全員の子ども達の作品を
貼ってくださるそうです。
期間が終わったら戻ってきますから
それぞれお持ち帰りして頂きます。

もとより
店員さんの接遇がとてもよいと
思っていたお店でしたから
そのこともマネージャーさんには
この機会にしっかりお伝えしました。

おそらく節分前に
お店に貼り出されますから
お楽しみに♪♪♪
(ファミリーマートFC東天満店さま)

※きっとこんなことはコラボなんていいませんけど
鬼の塗り絵が貼られている間は
にじのとり保育園の空気が
お店の中に流れるってことですからね。

※今月お休みをしている
えっちゃんのパパ・ママは
お手数ですが
保育園まで用紙を取りに来てくださいね。


園長(節分で号泣する子ども達が楽しみです♪)

20140122.jpg

嬉しいことがありました

今日はメイちゃんのママから
うれしいお知らせをノートに頂きましたよ。

春から通う幼稚園の説明会に行った時に
他のママから
にじのとり保育園の子どもたちが
公園で遊んでいる中に
メイちゃんがいたよというお知らせですが

センセイがほんとに
楽しそうに子どもと遊んでいて
みんながとっても嬉しそうだったと
いい保育園だねと言ってもらえたことが
とっても嬉しかったと
報告してして下さいました。

嬉しいですね。
ほんとに嬉しいお知らせでした。

誰だか知らない人が見てくれて
そんなことを教えてくれるなんて
ほんとに嬉しいです。


これからもこのまま
楽しんで子ども達と
喜び合って日々を過ごしていきたいと思っています。


写真は病院ごっこ中のゆいセンセイ。
今日は何度も救急車で搬送されたそうです。
注射も何本打たれたことか、、と
嬉しい悲鳴です。

fc2blog_20140122163936e6d.jpg



===========

いつの世も
自分も含めて人は、
自分の見たいようにしかものごとを見ませんから
嫉妬、批判、誹謗、中傷が先行しがちですね。

なかなか人のポジティブや
喜びを心から喜べないように
できてるんじゃないかと思います。

特に
子育て中は
よその子にできて
自分の子にできないことがあったりすると
もうそれだけで
マイナスのスパイラルに入ったり

よその子がちょっと褒められただけで
自分の子は劣ってるんじゃないかと思ったり
大きくなったらなったで
友達の子は有名大学に合格したとか
お医者さんになったとか

そういうことも
残念ながら嫉妬のタネになるのが現実です。

だからと言って
嫉妬や中傷されることを恐れて
嬉しい自分を殺す必要はないと思います。
何度も書きますが
人は自分の見たいようにしか
できごとを見ません。

自分が嬉しいことを
心から喜んでくれる人が
それを喜んでくれますから
それでいいと思います。

そして一歩先をいくと
誰に一緒に喜んでもらえなくても
自分の喜びを隠したり
卑屈を装ったりしないですみます。

誰かがいるから幸せ
何かを食べてるから幸せという段階を過ぎたら
この私でココにいることが幸せという
自分自身が幸せそのものっていう
境地に立てるような気がします。

もうそんなところは
とっくに超えているママ達も
いるのかもしれませんが

どこかで気付かないと
一生抜けられません。
嫉妬、批判、誹謗、中傷のスパイラルから。

子育てというお役目が与えられた
パパとママは
今、子ども達が小さいうちに
他人の喜びを
自分の喜びにする練習を積んでいきましょう。

人がどうではなく
自分が。


私は、これからも
嬉しいと感じたことはお伝えしますし
保育園の自慢や
センセイ達、子ども達、ママ達の自慢は
どんどんしますよ。

ひねくれた人に
自慢か!と言われても
はい!と返事して!(^^)!


園長(誰になんて言われても♪♪♪)

まなみセンセイの食育講座


今日のまなみセンセイの食育講座は
『さつまいもと私』。

fc2blog_20140121154327a13.jpg


おいもには種類がたくさんあること
今日のおいもの特徴を話して
クイズ形式でさつまいもの正解を導きます。

途中
プリキュアの話をはさむ女の子達を
うまくあしらいながら(笑)

3月の音楽祭の
センセイ達のダンスの出し物で
センターの位置をゲットして
日々鬼園長の
ダンス鬼特訓に耐えながら
子ども達に笑顔でさつまいもを語る姿は
とても神々しかったので1枚パチリです。

1歳児さんも2歳児さんも
一生懸命聞いてます。

雨が降ろうが槍が降ろうが
子ども達の数が多かろうが少なかろうが
新入園児さんが多い時期で
涙涙のお食事前であったって
どんな食材が出て来たって
まなみセンセイの食育講座は
その時々の状況に応じて
毎日毎日続きます。

継続は力なりです。
初めは
なんのこっちゃ、、と聞いていた1歳児さんも
今ではちゃんとお話を聞いて
答えを返すことができるようになっています。

『聞く態度』
『オーディエンスとしての振る舞い』

たったの2分や3分ですが
これらが
日々の保育の積み重ねの中で
押し付けでなく身に付いていることです。


ちなみに今日、センセイ達のおやつに用意したのは
あつあつの小龍包だったのですが
ひばり組、つばめ組のお席のセンセイ達から
私が配っている時に
小龍包が視界に入った
食べるの大好きまなみセンセイが
そわそわしだすのがわかります。

順番が回ってきたら
満面の笑みで受け取ります。
もう
それはおやつを待ってる子ども達と同じ顔です。

<好きこそものの上手なれ>

それはほんとのことですね。

これからも
独特のまなみ節で繰り広げる『食育講座』を
実は私は楽しみにしているのです。


鬼園長(こんなことを書いてナニゲにハードルを上げる)




写真はつばめ組さんのトンネル貫通の瞬間です。
おめでとう!


fc2blog_20140121154423e07.jpg






more...

今日の遊びと『魔』の話

今日は、なにして遊んでるかというと、、、



fc2blog_20140117163256ca0.jpg


ミミズに夢中の後ろ姿。

fc2blog_201401171632321e1.jpg


必死ですよ。
無言で夢中。
呼吸も怪しい。

私は子どもだけのこういう時間がとても愛しいです。
正解のない空間。
ただ、動くミミズを見つめているこの時は
子ども達もミミズと同化しているのです。

動きを見ている子
色を感じている子

興味ない子もそれでいい。

動物が恐くて手が出ない子もいます。
見るのもイヤだという子もいます。

でも
動物が好きだということが正解ではありませんし
虫を躊躇なく触れることが特別えらいわけでもありません。

私達大人はどうしても
どんなものにも好奇心満々でいて欲しい。
豊かな創造性を発揮して欲しいと願いますが
幼い頃に、実は気付かない内に
なんでもすぐに
自分基準の正解、不正解を子どもに突き付けて

『コレができないからダメ』
『なんで犬が恐いの。。』
『なんで野菜を食べないの、、』
『引き出し開けちゃダメ!』
『このタイミングで泣いちゃダメ!』と
子どものその時の『自由さ』を奪っています。

そうすると子どもは
親の顔色を見て
親が笑ってくれるツボに反応しようとします。

左利きだっていいじゃない。
指吸っちゃってるけどいいじゃない。
断乳(卒乳)が誰よりも遅くてもいいじゃない。
好き嫌いがあってもいいじゃない。

オールマイティに全部なんて
大人も無理だし
教科書通りに勉強しても
思うような結果なんて出たら奇跡。
ですから
平均なんてあやふやなものにも
どうか惑わされないでいて欲しいです。

『魔の2歳児』
『魔の3歳児』

この言葉もそうです。
2歳も魔なら3歳も魔!
大笑いしておきましょう。
『魔』なわけありません。

子どもは、一部の大人に勝手に
『魔の時期』を設けられているだけです。
本に書いてあるその症状に当てはまる、当てはまらないと
悩むだけ時間がもったいないと思います。
余計な予習も必要なしです。

子ども達は
ただ、発達のままココにいるだけなのです。

ちょっと大人の都合悪くなったら『魔』だなんて
可愛そうすぎます。

てこずりなんてずっと終わりませんから
ちょっと煮詰まったら
美味しいもの食べたり
ゆっくりコーヒー飲んだりしましょう。


ただ、
解決方法はあります。

それは
とりわけママがイキイキして
家族が仲良しなこと。

『魔』を撃退するなら
コレが一番の特効薬です。
本当です。



園長(以前にも書きましたが、読むなら育児書よりも脳科学の本がオススメです♪)


おうちごっこ

毎日のお外遊び
年明けも勿論順調で

今日はひばり組とつばめ組が
一緒に出かけました。


コレ、
何をしてると思いますか?


fc2blog_2014011614342842e.jpg


正解は
ミントくんのおうちで
みんなでテレビ見てるんですって。

そうですよ。
今日は『おうちごっこ』。

はい、
どろどろの砂々です。

fc2blog_20140116143414ec7.jpg


おうちですからリラックスですよ。
お布団敷いて寝たりもします。

fc2blog_20140116143459050.jpg


本気です。

fc2blog_20140116143511f62.jpg


寝てるんじゃないかと起こしに行ったり行かなかったり。

fc2blog_20140116143522a58.jpg


隣に誰か寝てもいいよ。。。

fc2blog_20140116143546f35.jpg



超リラックス♪
きっとおうちでもこんな感じなのかな。

fc2blog_20140116143636e74.jpg



えっ?
めじろ組さん?


もちろんおうちごっこしてますよ。


お買いものに行って
たくさん買い物したり

fc2blog_20140116160805167.jpg


だらだら漫画読んでるのは誰??

fc2blog_20140116160751378.jpg



そして私は
暖かくなる頃には走ってますね。
子ども達みんなが
『立った!立った!』と大喜びです♪(^。^)

fc2blog_20140116160815ab1.jpg



園長(明日は明日の風が吹く)

猫の話

話せば長くなることながら
端折りつつお伝えすると

今から20年前の9月初旬。
今まで一度も
我が家に来たことのなかった
3軒隣に住む人が飼っていた猫が
ベランダからやってきて
私の膝の上で遊んでいきました。

1週間ほどそんな日が続いたでしょうか。
あまりに可愛いので
アメショーの子猫が
二匹で戯れる置物を買ったほどです。

そしてほどなくして懐妊。
その時から猫は遊びに来なくなりました。

その時から勝手に
「猫は私に命を教えてくれる」と
根拠のない自信を持ちました。

二人目の時はどうだろう、、
こうなったら期待は
そちらに向かいます。

ところが猫は音沙汰なしです。
ベランダをナニゲに見つめるも
何もなかったある日
その日はやってきました。

今度は玄関でした。
いつも半開きにしている玄関から
3軒隣のその猫は
気配だけまとってやってきて
慣れた感じで私の膝に乗りました。
まさに「ごろにゃ~ん」。

その日から1週間ほど
またそんな日が続いた後懐妊がわかり
猫は来なくなりました。

二人目を授かってからは
もうそんな猫のことは忘れてしまったのですが

時を経て先日、
猫が保育園にやってきました。

ホンモノじゃありませんよ。
翼ちゃんです。
夕方からずっと猫になりきって遊んでるのです。

翼ちゃん的にはよくあることなので
「またやってるな、、今日は猫か、、」と
ニヤニヤしていたのですが
その日のなりきりようは
ハンパなかったのです。

パパがお迎えに来て帰る時も
「にゃ~にゃ~にゃにゃ~にゃにゃ~あ♪」
(せんせー、さようなら)
と言って帰るほどだったその時
私はきらり~ん☆と
20年前を思い出したのです。

こりゃ、翼ちゃんのママ
かなり近いウチに出産だ!と
覚悟をしていたのですが
案の定
可愛い翼ちゃん子猫が帰った翌日の朝
無事のご出産となり
翼ちゃんはお姉ちゃんになりました。

月のきれいな昨夜。
翼ちゃんのママから送られたメールには

「生まれてくることを
楽しみにしていてくれてありがとう」の文字と
生まれたばかりの赤ちゃんの写真。

これまでも
にじのとりっ子のママ達は
第2子が生まれたらすぐに
メールで知らせてくれたのですが
その時の気持ちは
自分の出産の時よりも
こみ上げてくるものが大きいのです。

今回も例に漏れず
喜びいっぱいに包まれました。

月のきれいな夜に生まれた
新しい命につけられた名前は
喜びを与える人になるようにと
きよひとくん。

※「人」という字はご夫婦プレゼンの結果
パパ推しの「仁」という字に決定されました。

※喜与仁(きよひと)くんですが
ジャイアンツファンのパパには
(きょじん)と読めるのかもしれません。

※1年後に着るにじのとりTシャツの背番号も
555を予約済みです。
ブログネームはジャビーくんしか考えられません(笑)

どの子も、どの大人も
本来そこにそのままいるだけで
喜びを与え合えるように
できているはずです。

大人が勝手に抱く
「こうでなければ」を
本当に考え直さなければいけないと
新しい命が誕生するたびに思います。

ウザイと思われても
伝え続けていきます。


fc2blog_201401161036458e6.jpg




園長(さて、今日もチッチャイコトから喜びましょう)

【猫の話】


20年ほど前、
これまで一度も来たことのない
3軒隣のおうちで飼ってた猫が
ベランダ伝いに我が家に遊びにきました。
1週間ほどそんな日が続いたでしょうか。
その後ほどなくして
私は長男を身ごもっていることを知りました。

それ以来
突然やってくる猫は
新しい命を教える為だと
私は信じていました。

案の定
次男の時もそうでした。
その時は玄関から。

で、そんな話も
もうすっかり忘れていた先日
保育園に猫がやってきました。

ホンモノじゃありませんよ。
たきちゃんです。
夕方からずっと猫になりきって遊んでるのです。

たきちゃん的にはよくあることなので
「またやってるな、、今日は猫か、、」と
ニヤニヤしていたのですが
その日のなりきりようは
ハンパなかったのです。

パパがお迎えに来て帰る時も
「にゃ~にゃ~にゃにゃ~にゃにゃ~あ♪」
(せんせー、さようなら)
と言って帰るほどだったその時
私はきらり~ん☆と
20年前を思い出したのです。

こりゃ、たきちゃんのママ
かなり近いウチに出産だ!と
覚悟をしていたのですが
案の定
可愛いたきちゃん子猫が帰った翌日の朝
無事のご出産となり
たきちゃんはお姉ちゃんになりました。

月のきれいな昨夜。
たきちゃんのママから届いたメールには

「生まれてくることを
楽しみにしていてくれてありがとう」の文字と
生まれたばかりの赤ちゃんの写真。

これまでも
にじのとりっ子のママ達は
第2子が生まれたらすぐに
メールで知らせてくれたのですが
その時の気持ちは
自分の出産の時よりも
こみ上げてくるものが大きいのです。

今回も例に漏れず
喜びいっぱいに包まれました。

月のきれいな夜に生まれた
新しい命につけられた名前は
喜びを与える人になるようにと
きよひとくん。

※「人」という字はご夫婦プレゼンの結果
パパ推しの「仁」という字に決定されました。

※ジャイアンツファンのパパには
喜与仁(きよひと)と書いて
きょじんと読めるのかもしれませんね。

※ちなみにたきちゃんは
喜びいっぱいと書いて
多喜ちゃん。

どの子も、どの大人も
本来そこにそのままいるだけで
喜びを与え合えるように
できているはずですから

大人が勝手に抱く
「こうでなければ」を
本当に考え直さなければいけないと
新しい命が誕生するたびに思います。

人の心に毒を盛る大人になるのではなく
意地悪に心寂しく育つのではなく
ありのままの
そのままを受け入れられて
命輝かせて生きて欲しいと
心から願います。

※写真、お名前共に掲載許可済です。


園長(さて、出産ラッシュはまだまだ続きます♪)

20140115.jpg

【言葉は心】


にじのとり保育園に通う子ども達も
入園してから10カ月。
目を見張る成長を遂げています。

特に著しく言葉が発達していますよ。
よく私はパパやママに対して
子育て中のNGワードをお伝えしています。

その中のひとつに
3歳未満の子ども達には
極力『ダメ』を言わない子育てをお勧めしていますが
言葉の成長が著しくなってきたら
子ども達に、理屈抜きに
『この言葉は絶対に言ってはいけない』と
身をもって
或いは言葉で
伝えなければいけない言葉があると思っています。

それはたとえばひとつ挙げるとすれば
自分以外の誰かに対して
『死ね』という言葉。

テレビの影響だけではないでしょうが
『きもい』『うざい』などと同様に
『死ね』という言葉も世間では
日常化しているように思います。

よく漫才師の方が
『死ね!』
『生きる!』というやりとりをしていたりして
ひょっとすると日常的に使ってよいと
認識されている言葉かもしれませんが
私には正直違和感があります。

その言葉ひとつでほんとに自殺してしまったり
言葉の流れ弾を受けて
心を閉ざしてしまうという事例も
数少なくありません。

なぜ今日こんなことを書いたかと言うと
先日保育園の前でお散歩準備をしている時に
通りすがりの談笑する大人達から
かなり久しぶりにリアルに
『死ね』という言葉が聞こえてきて
自分でも想像できなかったほど
不快になったからです。

一人でいる時間ではなく
仕事中ということも
あったのかもしれません。

大人同士、わかり合ってる同士
価値観の合致した人同士の会話なら
どんな言語がそこで使われていても
言及はしませんし
善し悪しも問いませんが

にじのとりっ子世代の子ども達が
たとえ今より大きくなって
大人になったとしても
そしてその時に
どんな境遇
どんな立場に立ったとしても
たとえ冗談でも、匿名でも
自分以外の誰かに対して
『死ね』という言葉は使わない人で
いて欲しいと願います。

時代の移り変わりによって
こういう価値観も変わるのかもしれませんが
この思いは『今』の私の
核になっています。

色んなことを経験することは
とても大切なことですが
おぎゃーと生まれた自分の子が
大人になった時に
人をむやみに傷つける人になったり
人の心に毒を盛るような人になりますようにと
願う親はいないと信じています。

高価なものやあらゆる食べ物で溢れて
飽和している時代ですが
胃袋や物欲を満たす前に
私達大人の『心』がまず満たされていないと
次の世代に与えるものがなくなってしまいますね。
言葉は心、本当にそう思います。

写真は
タバサちゃんとスカッシュくんの
ある日のおやつの時間のツーショット。

『エンチョーセンセ!僕達なかよしだから
写真撮ってぇ!!』のリクエストに答えて
撮った1枚です。
今、ほんとにほんとに
可愛い声で優しい言葉でお話をしている子ども達です。

あなたがそこにいるだけで
あなたの好きなことで
あなたの発する言葉で
あなたも
あなたの周りの人も
ハッピーになるような
そんな大人になろうね♪♪♪



園長(私もまだまだ勉強中です)

20140109.jpg

今日の一日

炊飯器の調子もよくなり
今日はプチおにぎりも
ちゃんと形になる固さのごはんができました。

ラーメン、よく食べます。
子どもの量を超えてる気がしなくもないのですが
よく噛んで食べています。

おにぎりは2個~3個といったところで
ごちそうさまになっています。

fc2blog_20140109153445555.jpg


おいしいね♪の顔です。
好きなもの食べる時は笑顔も弾けます。

fc2blog_20140109153243251.jpg


2人して
『おかわりくださ~い!』と力の限り叫んだ後の1枚です。
何回目のおかわりだろう。

fc2blog_201401091532280fc.jpg


つばめ組さんが年明けに
初土俵を踏んでずっとお相撲にハマっているのですが
めじろ組はコレです。

凧上げ。

fc2blog_20140109172525ab5.jpg


みんな自分の凧を得意気に上げてくれています。

fc2blog_20140109172612cf2.jpg



え?つばめ組さん。
もちろん今日も
お相撲ごっこです。

はい、
こんな得意気ですが
弱いんです、、、。
負けるからやらないとか言わないあたりが可愛いですね。

fc2blog_2014010917263147f.jpg


女の子の方が強かったりして。

fc2blog_20140109153315836.jpg




今日最後の1枚は
先月生まれたばかりの
えっちゃんの弟くん。

fc2blog_20140109172842e0b.jpg


年賀状にもお写真が載っていましたが
なんか、大きいです(笑)
しっかりおめめ開けて
今にも走り出しそうなんですよ。

年明けは
2人目ちゃん達ラッシュです。



実はとても私的なことなのですが
私はここのところ
どうやら色んなものを手放しておりましてですね、
自分の子ども達と、
保育園の子ども達の区別がつかなくなっています。

どこまでかと言うと
生まれてくる子達が
『自分』なんじゃないかと思うぐらいの
愛しさの境地を見ているという感じです。

なので
私の子ども達には
『お母さんに孫の顔を見せる』なんてことは
思わなくてもいいと伝えてあります。
孫の顔ならもう今たくさん見ています。

血のつながりとか
誰が産んだのかとか
そういう概念がなくなるという不思議な感じ。
今私はそんな感じに包まれています。
うまく言えなくてはがゆいですが。



園長(さて、明日は何をして遊ぼう♪)


雨の一日

※新年のお給食の献立表ですが
遅くなりましたが昨日、出席のお子さんから
お持ち帰り頂いてます。
今日は鮭の豆乳鍋でした。


===============


朝から雨の一日。
作ったものは
福を呼ぶだるまさん。by ひばり・つばめ組

fc2blog_20140108171325956.jpg

子どもの作品はなんでもそうですが
飾ってあると福を呼びますね。

これなんて
ちょうどよさげな額を100均で見つけたら
モウケモンですね~。
なんだか、ものすごくパワー感じますよ♪

fc2blog_20140108171343ec9.jpg



今日は男子が
ままごとキッチンを占領。
寄って集まって
男子厨房に入るべし。

fc2blog_20140108171402956.jpg


今日は炊飯器の調子が悪く
ごはんが少し柔らかくなりすぎてしまったのですが
鮭の豆乳鍋でしたから
子ども達は
最初から雑炊状態で
それはそれはたくさん食べました。

そんなごはんでもおかわりを求め
豆乳鍋もあんなにたくさんを食べ切りです。
センセイ達も満腹です。
が、写真がありません。すみません。

かわりに
最近毎日自由遊びの時に
お味噌汁を作って持ってきてくれる
ピコちゃんのお味噌汁作りの現場を押さえた1枚を。


fc2blog_20140108171425944.jpg


真顔で
必死です。
今日のは具だくさんです。

こんな顔して作ってくれたお味噌汁を
毎日食べている私は
きっとものっそ
長生きするんじゃないかと思っています。

今日も美味しかったよ。
ありがとね♪(^。^)


子どもの一瞬の輝きを見つけた時の気持ち、
それは流れ星を発見した時とか
暗い夜空に一等星を見つけた時の
あの喜びに似ています。

このキラキラが流れたり
消えてなくならないうちに
願いごとを唱えたい気持ちになります。

そんな時の私の願いは
いつもひとつだけです。

いつまでもこの輝きがなくなりませんように。



園長(今日は一日雨でしたが、雨は雨でまた楽しいものです)

今年2度目の誕生会とかいろいろ

昨日の予告通り
今日もお誕生日会。

2歳になったベルちゃんの。

fc2blog_20140107162541091.jpg


可愛いパーティドレスで
おしゃまな感じです。
お正月太りをしたようで
背中のファスナーがキツキツでしたよ♪(^。^)

おしゃべりが最近とっても上手になってきました。
時々おねえちゃん達に交じって
絵本見ながら女子会に参加している時もあって
ベルちゃんの周りには
先生達のクスクスの種がいっぱいです。
このままの素直さとキラキラを失わずに
ゆっくり成長してほしいなぁと願います。

そんな今日のお遊びは
『ふくわらい』


つばめ組は目隠しで。
時々目隠しの下から覗いたりして(笑)
お察しの通り
そこそこちゃんと普通に、ずるがしこいのです。
そのバレバレのずるがしこさが
また可愛くて大笑い。

これぐらいの作戦を思いついて決行するという
経験は必要です。
なんでもかんでも
『正』と『誤』に区別して
ずるっこしないなんて面白くありません。

いきすぎたらもちろん制裁の手が入りますよ。
でも遊び中は
めったにそんなことはありません。

fc2blog_20140107165039471.jpg


小さい子達は目を開けて。
それでも十分『ふくわらい』(笑)

私も!
ぼくも!と
先を競って貼ります。

fc2blog_201401071650575fd.jpg


fc2blog_20140107165108bea.jpg




今日のお給食は
七草粥。
スープはお正月明けだし飽きないようにと
とーーーっても具だくさんの『山形風お雑煮』にしてくれました。
ネットでひーこセンセイ、調べる調べる、、、(笑)

お粥がたよりない子は
きっちり具だくさんの山形風をおかわりしました。
もちろんお餅も食べました。

fc2blog_20140107161333dec.jpg



さてさて、
こちらも年末の予告通り
1月の出席ノートを飾るのは
笑ちゃんのママ渾身の手作り
消しゴムハンコのコッシー。(笑ちゃんにそっくりの)


fc2blog_2014010716140791a.jpg


はみ出てるあたりがなんとも可愛い!と
じゃりん子ムーンちゃんのママが
ノートに大絶賛してくれていて
ちょっとえっへん!ってなりましたが
私が作ったのではありません。(念のため)

ノートの話が出てきたのでついでに言うと
お正月に笑ちゃんは
サンタクロースからもらった
動物絵合わせカードで
楽しく遊んでくれたそうです。

でも途中からパパが
ベッタンのようにして遊んだのを見て
床にカードを投げつけるのが
ちょっとしたブームらしいです。

それでいいです。

パパはどんどん、どんどん
いらんこと発信してください。

遊び方なんて
無限にあるのですから。

『ダメ』
『それは違うよ』
『おかしいよ』

子どもの自由な発想に対しては
必要ない言葉かけだと思っています。


スカッシュくんが今日
ジャンパーを前後反対に着て保育園にやってきたっていう話で
午後のセンセイ達の時間は
大盛り上がりでした。

放っておいても
すぐに『普通』を覚えて身につけます。
大人の考える『変なこと』が堂々とできるうちに
思い切りさせてあげてください。

スカッシュくんのママ、
朝からナイス判断でしたね!!!!


園長(次に柱を塗るのは誰だろう・・・・・・)

新年始動

明けました!
新しい年最初の一日目が始まりました。

ふたを開けてみれば
この年末年始に
水ぼうそうにかかったお子さんが多かったようです。

幸い大変なお熱が出て
入院してえらいことになった!
なんていう報告は受けていませんので
ほっと一安心ですが
肌に異変を感じたら
まずお医者さまに受診をお願い致します。

登園許可証は
保育園に用意してありますので
お申し付けください。

空気中には
それこそ色々なウイルスが蔓延しています。
通常、元気な時は大丈夫ですが
少し体が弱っている時などは
その中の何かが体の中に侵入してきて
色々な症状を引き起こします。

集団生活してるから病気にかかりやすい。
すぐに病気がちで弱くなるんじゃないか。
誰かからすぐ病気もらう。

なんていう解釈よりも

集団生活をしているからこそ
免疫をつけてもらえてる♪
より強いからだになってる♪

と、ありがたがって
ウイルスや病気と付き合っていきましょう。

ママ達のノートや
子ども達の様子を照らし合わせながら
保育園では
快適な室温と湿度に気を配ったり
子ども達の衣服の調節をしたり
食事の量を調整したり
寝起きの様子を確認したり、、、ということを
行っています。

まだまだ寒さの本番はこれからです。
子ども達の様子の変化に
早めに気付いていけるよう
連携をとっていきましょう。


新年はじめの写真は
今日お誕生日会をしたマックン。
大好きなカーズのカードに夢中です。

最近おしゃべりがとても上手になってきて
お友達に優しい言葉で接する場面も
たびたび出てきました。
優しくてステキな男の子になってね♪

fc2blog_201401061450039e6.jpg



つばめ組は
新年早々天満宮さんにお参りの後、

fc2blog_20140106152117d6d.jpg

初土俵です。

fc2blog_20140106151827f85.jpg


カッコは一人前ですけどね、
そこそこ弱いんです。
そこがまた可愛いつばめ組です。

fc2blog_20140106151845475.jpg


今日のノートには
年末から昨日までの様子が書かれていて
楽しく読ませていただきました。

その中から抜粋して
にじのとり保育園の画伯:ミルキーちゃん一家の
お正月絵日記です。
ハッピーが飛び出てきましたよ~~♪(^。^)

fc2blog_20140106145027a15.jpg


保護者の皆さまからの
心温まるハッピーカードもたくさんいただきました。
ありがとうございます。

fc2blog_2014010614582817b.jpg


保育園からは例年通り
各クラスそれぞれの図案で
先生手作り、手書きの年賀状を
各ご家庭に送らせて頂いてます。


たとえばこっちはひばり組さんの。

fc2blog_20140106152936a40.jpg


そしてこっちはめじろ組さんのです。

fc2blog_20140106152959356.jpg


つばめ組さんのはこのデザイン。

fc2blog_20140106153324fc1.jpg


年明けにご家族で
ハッピーな気持ちになっていただけていたら
とっても嬉しいです♪♪♪

新しい年も
こんな感じで気持ちよくスタートしています。
昨年に引き続き、どうぞよろしくお願いします。

園長(さて、明日もお誕生日会ですよ♪)

謹賀新年

それぞれの思いで迎えた新年。
充実した日々を積み重ね
毎日を喜びで満たしていきましょう。
今年もどうぞよろしくお願いします。

===========

お陰さまでこのページは
たくさんの方に見て頂いて
中には出産を控えた地方在住のママや
おじいちゃまおばあちゃま世代の方も
現役高校生も
いらっしゃいます。
ありがとうございます。


新年はじめの写真は
昨年、ママ不在の時に既に
人形の髪の毛を散髪した経験を持つ翼ちゃん。

「おりこうさんの隣で園長センセイお昼寝しよう~っと!」
って宣言した後の
翼ちゃんが考えたところの「おりこうさん」のテイ(笑)

fc2blog_2014010418162667a.jpg


最近遅めのシュークリームデビューも果たし
黙って翼ちゃんに差し出したら
どうしても「あ~~~ん」と開けたお口のサイズには
シュークリームが大きすぎて
思うように食べられないことに業を煮やし
すくっ!と立ち上がって
食器棚の引き出しから
スプーンを持って来て
キレイにほじくって
最後は皮もきれいにぺロリで
ゴチソウサマデシタ。
ってことをしたそうで
ママがいたく感動して教えてくれました。

なんてことないようですが
全てをはじめから与えられていると
こうはいきません。

食器棚をいじっちゃダメだったとしたら
そこを開けてスプーンを取り出そうとはしないのです。

このお話をママに教えてもらって
私には翼ちゃんが
目をキラキラさせてスプーンを出している姿が
頭に浮かびました。
なぜならそれは
そっくりそのまま保育園での姿ですから。

子どもが黙って遊んでいる時に
危険なこと以外は
こちらも黙ってそっと見ていてください。
その時こそ
息を飲んで自分の発想と自分の世界に
浸りきっている至福の時なのです。

なんでもかんでも
子どもの相手をして遊べばいいってもんではありませんし
3歳までの子どもに
「ウチの子お友達と遊んでますか?」
「ウチのはお友達と遊べないんじゃ?」
なんていう心配も論外です。

まずは「一人遊びの充実期」に
しっかり一人遊びができないと
友達との遊びは楽しくないようにできています。

この時期の子どもに大切なことは
やりきった!という充実感と
信頼関係をがっつり築いた家族と一緒にいる安心感です。

家族との絆
生まれてから1年間はママとの絆形成期。
そこから先は
ママ以外の人達とのそれです。

なので
にじのとり保育園では
特別な場合を除き
1歳に満たないお子様は
月極めでは
極力お預かりをせず
新入園児さんにも
大好きなママと
一緒に過ごす時間を削ってまでやる
慣らし保育はもったいなくて
推奨していないのです。

明日からお仕事というその日まで
べったりぎゅっと
一緒にいてあげることに勝る
慣らし保育はありません。

七夕の星に願っても
サンタクロースに手紙を書いても
今のこの時間は戻ってきません。




園長(大切なのは子どもと過ごす今なのです)

【謹賀新年】



それぞれの思いで迎えた新年。
充実した日々を積み重ね
毎日を喜びで満たしていきましょう。
今年もどうぞよろしくお願いします。

===========

お陰さまでこのページは
たくさんの方に見て頂いて
中には出産を控えた地方在住のママや
おじいちゃまおばあちゃま世代の方も
現役高校生も
いらっしゃいます。
ありがとうございます。

新年最初は
出産を控えたママに
子育て初期にしておいた方がいいことは
何ですか?というご質問を頂いたので
ちょっとそこらあたりのお話を。


自分の人生は
人から得られる評価によって
良し悪しや充実度が決まるものではなく
誰に遠慮するでも
引け目を感じるでも
諦めるでも開き直りでもない
自分の満足度で決まるものだと思います。

「人生」という言葉を使うと
長いものだと勝手に思い込みますが
寿命は誰にもわかりません。

・・・となると
「今」「この時」に
悔いを残さず生きることしか
よりよい人生は
作れないってことじゃん!!
なんて当たり前のことにびっくりします。

・・・ってことは
齢1歳に満たない子どもの内から
親がそれを理解している子どもと
そうでない子どもの感じるハピネスに
もう差が出てくるじゃん!!
と、またびっくり。

びっくりして慌てるけど
でもそれは、たとえば
子どもが小さいうちなら簡単なことですね。

極力「駄目」を言わずに育てる。
これに尽きるのではないでしょうか。

トイレの便器に顔を入れても
黙って見ておくのですか?とか
玄関の靴を舐めても
そのままでよいのですか?とかいう質問は
なしの方向で話を進めますね。

それはたとえば
おうちの中の家具に
子どものいたずら防止ベルトなんかつけずに
中身を触っていいものに替えたり
食器棚の引き出しには
割れないものしか
入れないようにするってことだったり。

新聞紙もティッシュも
なんでもそうです。

わずかな期間だけです。
そうすると
興味の矛先がわかるので
言葉がわかるようになった頃
引き出しの管理をしてくれようとしたり

壊れた時計を見つめていると
ドライバーを持って来て直そうとしてくれたり
します。

そりゃ
人形の髪を散髪したり
カーテンをざくっ!と切ってしまったり
ままごとのお茶碗が
食器棚から出てきたりもしますが
そんなご愛嬌こそが
幼い頃は生きる糧になり
モウケモンに生きて大きくなってからは
話のタネになるのです。

ですから
男の子にもままごとセットがあってもいいし
女の子がミニカーでもいい。
大人の決めつけを
できる限り排除して育ててくださいね。

食べることもそう。
何がどうではなく
食べることを楽しんでください。

手作りにこだわらなくていいから
市販のレトルトとか瓶詰めでかまわないから
手づかみでも
なんでもいいから
ただ、食べるということは
幸せなことなんだということを
わからせてあげてください。

手づかみで
ぬちゃくちゃ食べてる子と
目を合わせてにっこり笑うだけで
「おいしいね~」なんて言わなくても
ちゃんと伝わりますから。

伝えるべきは「言葉」でなく「ココロ」です。

そうしてそこにあるのは
一日をやりきった充実感と
信頼する家族のそばにいる安心感だけです。
明日また目覚めて何をしようかなんて考えず
子どもは眠りにつきます。

今日をやりきって
今を生き切る姿を見られるのは
子ども達が言葉を話し出す前の
ほんのわずかな期間なのです。
3歳になる頃には
現在、過去、未来
時間の概念も知ってしまいます。

言葉を話しだすまでの期間に
しっかりやりたいこと
すなわち「いらんこと」を
思い切りさせていると
想像力や発想力が磨かれるばかりでなく
言葉を話し出す時期には
ちゃんと
言葉で言えばわかる子に育ちます。


私が子育ての実験のように育てた
我が家の息子達は今年20歳と17歳ですが
幼少期の自由期に、
想像すること、発想することが
自然に育まれた結果

我が家のリビングは長男のアトリエに
そして次男のガラクタ倉庫にと化しました。

今日の写真は、その長男が中2の時に塗った
リビングの柱です。(今もこのまま住んでます)
途中で終わってるのは
ペンキがなくなったから。(そのまんまの理由)
少し前までは
この柱の上の方に
変な目玉焼きのオブジェがありました。


園長(ちょっとズボラぐらいがちょうどいい)

20140103.jpg
プロフィール

にじのとり保育園

Author:にじのとり保育園
大阪市北区にある
にじのとり保育園の日常と
園長の主観満載のひとりごとです。

カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
2位
アクセスランキングを見る>>
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR