11
2
5
8
9
12
15
16
17
20
24
25
27
29
   

遠足とお食事とステキな笑顔と

昨日はつばめ組さん
おそらく
年内最後の遠足へ行ってきました。

場所は
『天王寺動物園』
元気に行ってきましたよ。


fc2blog_2013113015322838c.jpg



暖かい場所を選んでのお弁当。
今日もみんなで楽しく食べました。

fc2blog_20131130153309a8c.jpg


食べると言えば同じ日のひばり組さん
みんなお皿を空っぽにして
見せてくれましたよ。

fc2blog_20131130153459bf1.jpg

fc2blog_20131130153610b66.jpg

fc2blog_20131130153632c4b.jpg


めじろ組はもちろん
まなみセンセイの
食前の食育講座の後

fc2blog_2013113015353515c.jpg

お名前呼ばれるまでは手はおひざで
お名前呼ばれたら
こんな顔。


IMG_10601.jpg


こんな『嬉しい~~』の表現が
きっとおうちの中には溢れているんだろうなぁと
思わせてくれる幸せな1枚です。

これだけでいい。

『嬉しい』と感じた時に
言葉よりも先に出るこの笑顔こそが
子どもの『こころ』を大切にしている
パパやママの日ごろの
子どもへの関わりの成果です。

子どもは
パパやママの鏡です。

それは
おうちにいる時ではなく
パパやママのいない時に
発揮しているのです。

それが
『身に付いたこと』なのです。



園長(ほっこりします)




スポンサーサイト

【若者の目の輝き】


今日は大阪府立高校の1年生を前に
講演をさせていただきました。

講演と言っても大げさなものではなく
6時間目のHRの時間を使って
将来の進路希望を
おぼろげに『保育』ということで
アウトラインを引いてる子達が
集まって
グループディスカッションをする
というイメージです。

実践的キャリア教育の一環として
将来の保育に携わる職業をめざす為に
必要な知識や資格の理解や
業務における厳しさについて
現場の人から話を聞いて
職業観を育成するという目的のようです。

色々お話をして
みんなにも話をしてもらいましたが

『なぜ保育の仕事がしたいのですか?』という質問に
全員に答えてもらったところ

『子どもが好きだから』
『保育園の時のセンセイがよかったから』
『子どもと遊ぶのが好きだから』
『特に具体的には考えていない』

彼らは
まっすぐな目をして
初めて会う私に
『今』の自分を語ってくれました。

それでいいと思います。
まだまだ将来のことなんて考えられなくても
『今』の自分がちゃんとわかっていて
目をキラキラさせている彼らに
私は大いなる希望を見ました。

それは今保育園にいる
『園長センセー、あのね、』と
一生懸命お話してくれる子達と
同じ目の輝きです。

彼らには胸に抱いた思いを
どうか上手に温めて
保育だけに留まらない
自分のやりたいことを
自分の好きなことを
思う存分味わってもらいたいと思います。


============


よく、私は
『現場の声をください』と言われます。
若干躊躇してしまうのは
かなり本質の大元を突いてしまうので
いつも言葉を選んでいました。

ところが
今日、一緒に時間を過ごした
一人の高校1年の男の子に
『なぜ保育に携わろうと思ったのか?』と聞くと
彼は淡々と

『自分は養護施設で育った。
そこの環境がほんとによくなかった。
だから自分はそこに戻って
仕事をしたいと思った』と答えました。

涙が滲みました。
帰り道もずっとこの言葉が
頭から離れず
駅までの道で涙が止まらない
とんだ泣き虫です。

彼の育った環境への同情とか同調とか
そういうことではなくて
この言葉を彼が今日、この場で
言葉にしたことの嬉しさの方が
近いかもしれません。

彼のこの言葉に勝る『現場の声』は
ないのではないでしょうか。

お役人さん、
よく見てください。
これが巷にあふれる
保育や児童福祉の現状です。

なんとかしなければいけないのは
目先の待機児童なんてものだけでは
ありません。

保育園という箱を作れば解決する問題ではないのです。


==============

今回私に
講演という機会を与えてくださった
吉川先生に心より感謝致します。
ありがとうございました。

私には過ぎたお話と思いながらも
今回このお話を
お引き受けして本当によかったです。
わずかな時間でしたが楽しいひとときでした。

偽りの楽しさの後は虚しさだけが残りますが
喜びを伴う
真実の楽しさの後は
じわじわ、どくどく感謝が溢れてきます。

真実の楽しさを味わうために
私達は生まれてきたのだと思っています。

あとどれぐらいの命なのかは
誰にもわかりませんから
『今日』を『今』を
本当の意味で楽しんでいきたい。
にじのとり保育園が目指しているのは
そういうところです。

前途ある若者に
私のできることは惜しみません。
今後とも
何かとお役立できますよう
職員共々精進して参ります。


園長(夏休みや冬休みには若者に来てもらいましょう)

20131128.jpg

若者の目の輝き


今日は次男の通う
大阪府立高校の1年生を前に
講演をさせていただきました。

講演と言っても大げさなものではなく
6時間目のHRの時間を使って
将来の進路希望を
おぼろげに『保育』ということで
アウトラインを引いてる子達が
集まって
グループディスカッションをする
というイメージです。

実践的キャリア教育の一環として
将来の保育に携わる職業をめざす為に
必要な知識や資格の理解や
業務における厳しさについて
現場の人から話を聞いて
職業観を育成するという目的のようです。

色々お話をして
みんなにも話をしてもらいましたが

『なぜ保育の仕事がしたいのですか?』という質問に
全員に答えてもらったところ

『子どもが好きだから』
『保育園の時のセンセイがよかったから』
『子どもと遊ぶのが好きだから』
『特に具体的には考えていない』

彼らは
まっすぐな目をして
初めて会う私に
『今』の自分を語ってくれました。

それでいいと思います。
まだまだ将来のことなんて考えられなくても
『今』の自分がちゃんとわかっていて
目をキラキラさせている彼らに
私は大いなる希望を見ました。

それは今保育園にいる
『園長センセー、あのね、』と
一生懸命お話してくれる子達と
同じ目の輝きです。

彼らには胸に抱いた思いを
どうか上手に温めて
保育だけに留まらない
自分のやりたいことを
自分の好きなことを
思う存分味わってもらいたいと思います。


============


よく、私は
『現場の声をください』と言われます。
若干躊躇してしまうのは
かなり本質の大元を突いてしまうので
いつも言葉を選んでいました。

ところが
今日、一緒に時間を過ごした
一人の高校1年の男の子に
『なぜ保育に携わろうと思ったのか?』と聞くと
彼は淡々と

『自分は養護施設で育った。
そこの環境がほんとによくなかった。
だから自分はそこに戻って
仕事をしたいと思った』と答えました。

涙が滲みました。
帰り道もずっとこの言葉が
頭から離れず
駅までの道で涙が止まらない
とんだ泣き虫です。

彼の育った環境への同情とか同調とか
そういうことではなくて
この言葉を彼が今日、この場で
言葉にしたことの嬉しさの方が
近いかもしれません。

彼のこの言葉に勝る『現場の声』は
ないのではないでしょうか。

お役人さん、
よく見てください。
これが巷にあふれる
保育や児童福祉の現状です。

なんとかしなければいけないのは
目先の待機児童なんてものだけでは
ありません。

保育園という箱を作れば解決する問題ではないのです。


==============

今回私に
講演という機会を与えてくださった
吉川先生に心より感謝致します。
ありがとうございました。

私には過ぎたお話と思いながらも
今回このお話を
お引き受けして本当によかったです。
わずかな時間でしたが楽しいひとときでした。

偽りの楽しさの後は虚しさだけが残りますが
喜びを伴う
真実の楽しさの後は
じわじわ、どくどく感謝が溢れてきます。

真実の楽しさを味わうために
私達は生まれてきたのだと思っています。

あとどれぐらいの命なのかは
誰にもわかりませんから
『今日』を『今』を
本当の意味で楽しんでいきたい。
にじのとり保育園が目指しているのは
そういうところです。

前途ある若者に
私のできることは惜しみません。
今後とも
何かとお役立できますよう
職員共々精進して参ります。


園長(夏休みや冬休みには若者に来てもらいましょう)

続きを読む

フラガールへの愛ある突っ込み

保育園のインターネット状況と
パソコンの状態が悪く
今週になってからブログの更新ができていません。

修復作業、
やり直し
写真のUPができない、、、

これは
なかなかの不自由を伴います。
なので今日は
センセイのお話を。


===================


常々私は
自分発信の『やりたい』
『こうしたい』という思いと行動力が大事だと
色んな場所で伝えています。
それは
聞いて読んで頷くだけではなくて。

たとえば
今保育園の大人用のトイレには
2体のフラガールの人形を置いてあります。

それはハワイのおみやげでもなんでもなく
私が自分自身のイメトレの為に
ハワイのおみやげ屋さんでポチったものですが

彼女らを購入して
保育園に到着して、すぐに私のデスクの上に置いたのですが
どうもしっくりきません。
トイレに置いてみると
お空と雲の柄の壁紙にぴったりマッチしました。

置きに行ってひと遊びするのはお約束ですね。
彼女らを並べてみて気付いたのですが
なんと腰が動く仕組みです。

さすがフラガールです。
いい仕事をします。

ひとしきり彼女らを踊らせた後
子ども達と同じく
腰ミノをめくって確認をしたところ
彼女らは
ちゃんとビキニのパンティーを着用していました。

しかも保育室にいるバービーちゃんと違い
脱げない仕様です。
身持ちのかたいフラガールのことを
私はいたく気に入りました。

並べる前にギュッと抱きしめて
よっしゃ!と声をかけて
愛情と魂を注入しました。
これでこの子達は
私と保育園を守ってくれる
守り神になりました。

私は
いただいたおもちゃには
全部大切に思いをかけます。
『コレを保育園に』と言って
持ってきて下さった方の思いは
そうして保育園の空気や私のパワーと融合して
ひとつになります。



さぁ
そして
このフラガールについて
誰が突っ込んでくるんだろう、、というのが
私の次のお楽しみになりました。

一日経ち、二日経っても
誰も声に出しません。
きっとセンセイ同士では
お話があったかもしれませんが
私のところにまでは伝わってきません。

ふむ、、
なんと残念なこと、、と諦めかけていた時に
やってくれたのは
この人、にじのとり保育園の虎の穴担当のドキンちゃん
くみこセンセイです。(ソフトボール部:ピッチャー出身)

この写真は
夏にタイガーマスクさまよりいただいた
旅行のおみやげ
『いちばんにいっただきま~す♪』の瞬間です。


fc2blog_20131126141054a5c.jpg


週末は体調を崩してお休みして
大復活を果たした月曜日。
何度も
若いセンセイに質問しています。

『あのトイレのハワイの人形、、誰が持ってきた?』と。

『さ~~』という答えの中
それでも諦めないくみこセンセイ、
夕方子ども達が帰って
最終のお着替えの時に

『あのトイレの人形、、、』と大きな声で聞いたので
私がネタばらしをすると

『触って動かしましたよ~♪』
『腰が動きますよね~♪』と
たいそう喜んだ後

『何の為に買ったんですか~~~』と素朴な質問。

『イメトレの為だけに!』と答える私。

その後大笑いして
ひとときを過ごしました。


いや、
なんということはないのですが
日常の中の小さな変化に
すぐに気付いたら
声に出すということは大切だよということです。

目で見て確認しただけだと
そこに人形があるという情報しか入ってきませんが
声に出して
誰が何の為にそこに置いたのかという経緯を知ると
見ただけより多くの情報を
自分の中にインプットすることができます。

どうでもいいと言えばどうでもいいですが
自分にとって
どうでもいい情報だと思えば
かさばるものではありませんから
聞いてから捨てればいいだけの話です。
荷物にもならず
場所もとらず
場合によっちゃ一粒で二度も三度も美味しがれるだけでなく。
どんなことも面白がる訓練になります。


子どもの小さい変化も
声に出してみんなで共有することによって
未然に防げることがたくさんあります。

だから
子ども達が
ちょっと前髪を切ってきた時や
おうちで怪我をしてきた時
ノートにママから楽しい情報頂いた時や
新しいお洋服や
可愛いお洋服を着てきた時
泣き顔腫らしてる時には
大げさに
時にはさりげなく
突っ込む


保育園の中だけではなく
これは是非
外でも実践して欲しいと願います。


先日、誰かにもお話をしましたが
好きの対局にあるのは嫌いではなくて
無関心です。

子どもは感じます。
大人が自分に抱いた『無関心』。

なんでもかんでもに関心のある風を装う必要はありませんが
子どもへの関心は
絶対に失わないで欲しいなと思います。

3歳未満の時代には
ママが関心を持つことに
子どもは関心を持ちますが
それ以降は
子どもも好みが出てきます。

子どもが好きなものをママは好きじゃないということも
多々出てきますが
そんな時でも
子どもが指し示したものに対して
無視をするのではなく

『ママはコレ、ちょっと苦手だよ~』
『こっちはどう?』と言って
子どもが差し出してきたものにではなく
その話題を出してきた
子ども自身に関心を示すことを
今同様、忘れないでいて下さい。


園長(さんまさんの番組でひな壇修行がしたいです)

タイガーマスクということの意味

【タイガーマスク伝説】

幼い頃に、いわゆる『男の子漫画』で
育ちました。
公式プロフィール上の初恋の人は
『ウルトラセブン』ですし
理想の人は
『ドラゴンボールの孫悟空』
ということになっています。

幼いころから
自分が『女子』だという自覚がなく
ものごころついた時に
一番に憧れたのは
『国鉄職員』でした。

女の子だからダメって言われて
次に憧れたのは
『消防士』。

それも当時女の子はダメって言われて
世の中にブータレていた幼少期、
やっと出会った
憧れの女性は
タイガーマスクに出てくる
『ルリ子お姉さん』でした。

養護施設での就職を希望しましたが
求人がなく
保育園に就職しましたが
遠からずです。

今、保育園の保護者の方や
或いはそうでない方から
多くの差し入れ等を頂く毎日で
それを表現する時に
保育園のブログ等で
『タイガーマスクさまからいただきました』
と、させていただいています。

先日、つばめ組さん用に
椅子を買い足したのですが
ひーこセンセイから
『園長センセーが買ってくれたよ』と
お話をしてもらった子ども達は

口々に
『園長センセーありがとう♪』と
私の顔を見て言ってくれましたから
『どういたまして』
『でもほんとは
キミ達がタイガーマスクなんだよ♪』と返すと
きょと~んとしていました。

漫画のタイガーマスクは
自分が育ったちびっこハウスに
正体を隠して
あれこれ持ってきて施設の子ども達や
ルリ子お姉さんを喜ばせます。

これはなにも
大きくなってから
保育園に寄付をたくさんしてくれて
私をヒダリウチワにしてね♪ということではなくて

他の人と分け合える人になって欲しいという意味です。

それは
美味しいものだったり
カワイイ千代紙だったり(たとえが古い)を
はんぶんこに分け合うということにとどまらず

自分の持てる技を惜しみなく使うということや

心癒す音楽だったり
心震える絵画や写真を
一緒に見て
「ステキ~」という思いを共有することもそうですね。

「分け合う」という心
「みんなで一緒に食べると美味しい」という心
それは
与えられて、与えられて、
体にしみこんでいきます。

だから幼い頃に大人は
「もの」ではなく
「こころ」を
与えて、与えて、与えるのです。

そうしたら
寂しい大人にならないのではないかと思っています。

寂しい大人は
すぐに奪おう、奪おうとして
攻撃ばかりをしてきます。

親の手から離れた時に
子ども達がそんな人にならないように
子育ての結果は
後になって出てくるから
だから

今できることは
心をかけること。

にじのとり保育園は
そこをお手伝いするところです。

写真は「こころ育み中」のひばり組さんの
ある日の公園遊びの様子。

「ひばり組」と書いて「じゆう」と読みます。

ウチの子はこんなことやってないわ、、
というママがいたらごめんなさい。
ひばり組さん、
相当の「いちびりっ子集団」です。

「もっとやれ」と思います。


fc2blog_20131123100718577.jpg



園長(もう今は女だと自覚しています)



臨時遠足

今日は大きいノートのお返事が書けずにすみません。
内容は見て確認しています。


今日は急きょ
天神橋筋6丁目まで電車に乗って
少しだけ遠出をしたつばめ組さん。

行った先は、保育園のドアにも貼ってありますが
大阪市の子育ていろいろ相談センターさん主催の
『絵本展』です。

25日まで開催ですから
この連休にでも是非。

fc2blog_20131122180345fd2.jpg

fc2blog_20131122180713608.jpg


絵本を買うことはできませんが
中で絵本を見ることができます。

fc2blog_20131122180841b16.jpg


絵本展へ行く
ということひとつをとっても
たっくさんの『ねらい』があります。

電車に乗る
公共の場所ということを理解して行動をする
交通のルールを守る
みんなで楽しみにしながら現地へ向かう

帰ってきた時のつばめ組さんは
朝とはまた違う
少し成長した顔で帰ってきました。


よくお休みの後のママ達のノートに
『保育園に行かない雨の日は運動しないからか
あまり食べないし寝ないです』
と書いてあることがあります。

子ども達は
運動するから疲れたり
眠くなったり
というのはもちろんあるのですが
『脳を使う』ということによって
休息が必要になったり
おなかが空いたりします。

保育園で過ごすということそのものが
ある程度我慢していたり
お友達やセンセイの存在が
驚くほどの刺激になっています。

朝保育園へ来たら
何も食べものを食べずに
多くの刺激を受けて遊び
お給食の時間になります。
それはそれは
粗食ごはんでもがつがつ食べてくれるはずです。


今日のお給食は
チキンのオレンジソース。
ごはんの上にはしゃけフレーク。
(あ!つばめ組さんにかけてあげるの忘れちゃった!また今度!)



fc2blog_20131122182558842.jpg



もう1枚は
ある日のひばり組の『青空製作教室』のヒトコマ。

去年1歳児さんで
歩けなかった子もいるこのクラスの子達が
ココまで成長しているっていう
一日一日を
これからも本当に大切にしたいと思います。



fc2blog_20131122182636d70.jpg



来年度幼稚園に入園が決まりました!
というお知らせを保護者の方から受けるたび
こっそり涙ぐんでるゆいセンセイの顔を見て
胸が詰まる私です。


最後の最後の日まで
みんな一緒に元気で過ごしましょうね♪(^。^)



園長(やっぱり涙もろくていけません)


【にじのとり音楽祭】


3月29日に、中崎町にある中崎町ホールさんで
『にじのとり音楽祭』なんていう
大げさな名前をつけて
1年間の生活発表を行います。

当日は
子ども達の歌やお遊戯や合奏はもちろん
開園以来取り組んできた
れいこセンセイとの
リトミックの発表も行います。

にじのとり保育園には
もうなくてはならない存在になって
ママ達からのリクエストも多数頂いている
ジャンベのケンサクお兄さんも
もちろん来てくださいます。

センセイ達は
3つのユニットに分かれて
『手品』(てじなーにゃも真っ青)
『ダンス』(モモクロも青ざめる)
『バンド演奏』(涙拭くハンカチ必携)
を行います。

子ども達の出し物も
センセイ達のソレも
一人一人のセンセイの
『やりたい!』
『やってみたかった!』を最優先しています。

保護者のみなさんからの
『やります!』の声を頂いています。

元気なママ達で
運動会の時に踊った『エビカニクス』を
再び形を変えて、
曲も少し色を加えて
音楽祭仕様で踊って下さるそうです。
どんなものが出来上がるのか
とても楽しみです。

あと、もうひとつは
『荒木家』のエントリー。

パパの三線だけかと思いきや
なんと
たきちゃんとママも一緒に出て
みんなで歌える曲を
家族で披露してくれるそうです。

嬉しいですね。
こういうの、ほんとに嬉しい♪
その時には
今おなかの中にいる赤ちゃんも
一緒ですね♪♪♪

にじのとり音楽祭は
なんてことのない
ただの保育園の年間行事の発表会です。
だけど他と違うのは

『コレをやりたい!』
『コレをやってみたい!』
のチャンスが大いにあって
大人が自分を試すことができるというところです。

何かやってもかまわない。
見て存分に楽しむだけでも全然かまわない。

ただ、プロ並みに上手なものを
どや!とばかりに披露することが目的じゃありません。
見栄えのいいお金のかかったものを
求めているわけでもありません。

眠っている
『やってみたい』が
目を覚ますきっかけになったら
なんか、ちょっと嬉しいかもな、、と思います。

今回がダメでも次回が
どこかであるかもしれません。
でも、私達は『今』しか生きていません。
やがて来る明日のことは
誰にもわからないのです。

他の人のことをとやかく言ったり
人の出方を見たり
誰かを羨ましがったりしている時間はありません。

ましてや
大切な『今』に
やればよかった...なんていう思いも
抱きたくありません。

ちょっとでも
『やってみようかな、、、』と思ったことは
ちょっとだけでもやってみることを
強制はしませんが
お勧めはします。
あ、自己責任で。

何度も言いますよ。
ココは究極のホームです。

写真は父の日の荒木家の様子。
たきちゃんが出演することも決まって
当日、ナマでこの姿が見られるのかと思うと
ドキドキワクワクが止まりません。



園長(その他の詳細はまた追々)

20131121.jpg

にじのとり音楽祭

3月29日に、中崎町にある中崎町ホールさんで
『にじのとり音楽祭』なんていう
大げさな名前をつけて
1年間の生活発表を行います。...

当日は
子ども達の歌やお遊戯や合奏はもちろん
開園以来取り組んできた
れいこセンセイとの
リトミックの発表も行います。

にじのとり保育園には
もうなくてはならない存在になって
ママ達からのリクエストも多数頂いている
ジャンベのケンサクお兄さんも
もちろん来てくださいます。

センセイ達は
3つのユニットに分かれて
『手品』(てじなーにゃも真っ青)
『ダンス』(モモクロも青ざめる)
『バンド演奏』(涙拭くハンカチ必携)
を行います。

子ども達の出し物も
センセイ達のソレも
一人一人のセンセイの
『やりたい!』
『やってみたかった!』を最優先しています。

保護者のみなさんからの
『やります!』の声を頂いています。

元気なママ達で
運動会の時に踊った『エビカニクス』を
再び形を変えて、
曲も少し色を加えて
音楽祭仕様で踊って下さるそうです。
どんなものが出来上がるのか
とても楽しみです。

あと、もうひとつは
『翼ちゃんチ』のファミリーでのエントリー。

パパの三線だけかと思いきや
なんと
翼ちゃんとママも一緒に出て
みんなで歌える曲を
家族で披露してくれるそうです。

嬉しいですね。
こういうの、ほんとに嬉しい♪
その時には
今おなかの中にいる赤ちゃんも
一緒ですね♪♪♪

にじのとり音楽祭は
なんてことのない
ただの保育園の年間行事の発表会です。
だけど他と違うのは

『コレをやりたい!』
『コレをやってみたい!』
のチャンスが大いにあって
大人が自分を試すことができるというところです。

何かやってもかまわない。
見て存分に楽しむだけでも全然かまわない。

ただ、プロ並みに上手なものを
どや!とばかりに披露することが目的じゃありません。
見栄えのいいお金のかかったものを
求めているわけでもありません。

眠っている
『やってみたい』が
目を覚ますきっかけになったら
なんか、ちょっと嬉しいかもな、、と思います。

今回がダメでも次回が
どこかであるかもしれません。
でも、私達は『今』しか生きていません。
やがて来る明日のことは
誰にもわからないのです。

他の人のことをとやかく言ったり
人の出方を見たり
誰かを羨ましがったりしている時間はありません。

ましてや
大切な『今』に
やればよかった...なんていう思いも
抱きたくありません。

ちょっとでも
『やってみようかな、、、』と思ったことは
ちょっとだけでもやってみることを
強制はしませんが
お勧めはします。
あ、自己責任で。

何度も言いますよ。
ココは究極のホームです。

今月いっぱいエントリーは受け付けます!!



====================


今日の写真は
先日、ひーこセンセイがお休みだった時に
園長が作ったオムライス。
大きいクラスの子はお名前入り。

1476193_518325091597548_1612233282_n.jpg


ひばり組のケチャップ大王。

もちろんオムライスはおかわりしています。

fc2blog_20131121091343f7d.jpg


ちなみに今日は
ミートソーススパゲティでした。

fc2blog_20131121150900cf7.jpg


女の子だってこれぐらい
お皿持ってガッツガツですよ。


fc2blog_20131121174642331.jpg




さっさと食べたビリーくんは
私がおかわりを持ってきたのじゃないと察すると

『センセイばいば~い♪』って。

fc2blog_201311211748342c3.jpg



園長(今日もお口汚してたくさん食べました)

【時にはこんなお給食】


今日はお給食も担当してくれているセンセイが
急きょお休みということになったので
私がお給食調理担当の日。

給食調理をしていると
1年前、
保育もやって
お給食も作って
朝、夕の鍵の開け閉めや
一切の事務仕事もやって
家のこともやって
毎日家と職場の往復だった
あの日々を思い出しました。

体はいっぱいいっぱいでしたが
楽しい毎日でした。

そして今年
ありがたいことに
私がすべての業務に
がっつり携わらなくても
園が運営できるようになっています。

空いた場所には別の仕事が
入って来ましたが
楽しさはどんどん増してくるばかりです。

そして
こういう時のピンチヒッターとして存在できる
このポジションは
毎日のセンセイ達の頑張りによるものです。

改めて
毎日の業務に、おつとめに
ありがとうございます。

で、
去年と私はちっとも変わらないのに
子ども達は成長していますから
あの頃と違って
おしゃべりが上手になっています。

調理室の柵のところまでやってきて

『エンチョーセンセー!
ごはん作れるん?』

『今日のお給食、何?』

それはそれは
キタンないご意見どしどしです。

『コレだよ~ん♪』って見せると

ほんっとに嬉しい顔をして
『わ!僕の大好きなオムライス!(^。^)』
『おっきいウインナーも!』

今日は人数の割にごはんを炊きすぎてしまったので
オムライスにしました。

今日のオムライスの中は
ニンジン、大根、ピーマン、鮭を
細かく切って
作り置きトマトソースに豆腐を入れて
ぐつぐつ煮込みました。

その出来上がったソースを
ごはんと混ぜ込みます。(炒めません)

スープは
白菜とクリーム状のコーンを入れた
味噌仕立てのあっさりスープにしましたよ。

ウインナーは
いつも使っている生協さんのものでは
ありませんので
茹でこぼしてから
再度茹でて
ほとんど味はなくなっています。

卵は食べられる子だけ巻いてみました。
卵ダメな子は
鮭多めで。

今日だけではありませんが
毎日のお給食の時に
黙々と無言で
ニヤニヤしながら
お口いっぱい頬張って食べる姿は
自分の子ども達を育てていた頃と
まったく変わらなくて
それを見ているだけで満たされます。

やっぱりココは
パワースポットです。


園長(ケチャップだらけのたくさんのお口に癒されます)

20131119.jpg

今日のお給食とおやつ

今日のお給食の
厚揚げのごま味噌煮とお味噌汁

fc2blog_20131118141218184.jpg


おやつは
柿のケーキ。
前回は生地の中に柿を練りこみましたが
今日は柿が乗っかってますよ。

小麦粉アレルギーだったお子さんが
どうやら大丈夫っぽくなってきたと
ママから連絡を頂いています。

再度検査の後
お医者さまに診断を仰いでから
保育園でも『GO!』します。

fc2blog_201311181412312dd.jpg


食事に対する考え方は
それぞれですから
それぞれのご家庭の方針でと思っています。

保育園では現在
保育園の田舎部で作ってくれている
無農薬、無肥料のたんぼで育ったお米を主に食しています。
足りない分も
他の田んぼで作られた無農薬、無肥料のお米
またcoop自然派さんのお米を使っています。

こちらは状況によりますので
必ずしもということではありません。

また
野菜は基本的に無農薬の畑で作られた
季節の旬のものをいただいていますが
こちらは季節もののお野菜が中心ですから
足りないものは
スーパー等で仕入れをしています。

おやつに関しましても
くだもの、手作りおやつの日以外は
市販のおせんべい等をいただく日もあります。


開園前の半年間、
一番勉強したのは食についてでした。
ダイエットや病時食について、、など
ありとあらゆる『食』に関する本を読み
自分自身が実践する中で
最も体によいことは

『こだわらない』ということではないか
という結論に達しました。

基本的に
おなかが空いた時に
季節のものを
素朴な味で。

玄米か白米かということや
火で炊くのか電気で炊くのか
などということにもこだわらない。

幼少期の子どもの食卓に
何より大切なことは
『食べることがうれしい』
『みんなで楽しく食べたらおいしい』
という
目に見えない『栄養摂取』の方だという結論に達しました。

そしてそれは
はからずも
自分が育ってきた環境そのままでした。

お味噌汁をこぼしたり
ごはんをこぼしたり
おててがぐちゃぐちゃになって
部屋中がどろどろになっても
そんな時期は
ほんのわずかな期間です。

食べるもののバランスも
一食単位で毎回考えていたら
食事のことだけで
ママの頭はパンクしてしまうかもしれません。

元々の本能である『食べる』ということ。
おなかが空いたら
人はきっと
放っておいても
食べ物を探すのだと思います。

だとすれば

おっぱいをやめて食べ始める子ども達に
体で教えることは
こぼさないことや
なんでも食べることの前に

『食卓は楽しい』ということや
『みんなで食べたら嬉しい♪』という
目に見えない栄養摂取の方なのではないかと思います。

あんまり毎回の食事で
『これは美味しいんだよ』
『これはこんな栄養があるんだよ』
『こぼさないようにね』

なんていう言葉を一生懸命かけて育てると

どうも
本当の
『美味しい』とか
『食事が楽しい』を感じる中枢が
あまり上手に働かず
食べちゃいないのに
『美味しいね』だけを言ったりする
矛盾が生じてしまう場合もあるのではないかなと
私は切に思います。

離乳食を食べ始めて
手掴みで食べ物に向かい出したら
大チャンス到来ですよ。
手掴みで思い切り食べさせてあげてください。

そして
にっこり笑って
ママの言葉で
『美味しいね♪』を思い切り。


ちなみに私は
我が家の子ども達が手掴みで夢中になって食べ始めたら

『...はっは~ん♪...さては、美味しいなぁ~?』と
お鼻ぐりぐりしてやりました。

そのせいかどうかはわかりませんが
我が家の息子達は
大きくなった今も

『かーさん!美味しいよ♪』なんて言葉は言わず
美味しいな♪と一口目に感じた時は
ニヤニヤ笑って黙って食べています。



園長(作ってもらうごはんが食べたい毎日です)

タイガーマスク伝説

よく私は
保護者の方から頂いた差し入れや
お土産を
『タイガーマスクさまから』と表現していますが
今日ご紹介するタイガーマスクさまは
本当のタイガーマスクさまです。


私の自宅の近く、歩いて数分のところに
遅くまで開いているワイン屋さんがあります。
安くワインが飲める
カジュアルなお店なのですが
時折
違う空間で考え事がしたい時に
使うお店です。

通い始めて
お店の店長さんともお話をするようになり
お客さんがいない時に
話し込むこともしばしば。

その時にお互いの両親の話になり
近況などに話が及んだ時に
店長さんはご自身のお父様が
病気になられてから
家におられることが増えたと
仰いました。

お孫さんの為に
椅子や机を作ったりして
楽しみ見つけていると。

そして更に
趣味を極めて
今では毎日を楽しんでおられると。

ちょうどその頃
センセイ達の間で
『ままごとコーナー』の設置構想が出ていたので

保育園でも今
小さな机があれば嬉しいと話したところ

それから1カ月後

素人作品で恥ずかしいけれど
使っていただけると嬉しいですというお言葉と共に
滋賀県から、ステキな机と椅子が送られてきました。

箱を開けると
木のとってもいいニオイと共に
目には見えない『きもち』が
ふわ~~んと保育室に充満しました。

とっても幸せな気持ちになりました。


次の日からめざとい子ども達は
我先にと椅子と机にまっしぐらです。

そこでままごとしたり
お人形を寝かせてみたり
めいめいの方法で楽しく遊んでいます。

本当に
ありがとうございます。
『子ども達のために』と
机と椅子に込めてくださった
お気持ちはお部屋としっくり馴染んで
これからも一緒に子ども達を守ってくれる
お守りのようになっています。


大切に使わせていただきます。

人との繋がりは自らの行動で
いくらでも広がっていくものだと思います。
そしてその関係を
よりよいものに築き上げていくのは
お互いの思いです。


fc2blog_20131114165638066.jpg

fc2blog_201311141654382a3.jpg



園長(嬉しいですね♪何かをいただけることではなく、人との繋がりが。)

おもちゃメーカーさんとコラボ?!

先日
アイ・シー・アイデザイン研究所さまより
おもちゃの試用のご提案を頂き
ご協力させていただくことにしました。

昨日
持ってきて下さったおもちゃを出すと
子ども達、
無言で遊び始めました。

色別で集めたい子
積み木にしたい子
何かに見立てて遊びたい子

それぞれの方法で楽しんでいた中
とうとう
発見しちゃいました。

一番大きいミントくん。

『これってこうやってひっくり返したら
形が変わるやん!!!』

みんなミントくんの手元に夢中です。
これでもか!っていう集中。

そしたら
色んな形があることを発見して
それぞれの形でひっくり返したらどうなるんだろ、、、って
自発的なクエスチョン。

そうかと思えば
ひっくり返ることをチラ見して知っても
ふん!と一瞥して
自分のやることに再び戻って集中する子
ころがしてみる子
さまざまですよ。

fc2blog_201311131608000ff.jpg


ココには
事情を知ってる大人なんか
いない方がいいのです。


園長の作戦は
センセイ達にネタばらしをせず遊びにかかったこと。

『子どもの自由で豊かな発想を大切に』と
うたったものは
世の中にたっくさーーーーーーんあるけれど
それらが本当に
子どもの豊かな発想に任せているのかと言うと
それは必ずしもそうではなくて
いつも
『あーあ』と思っていました。

たとえば今回のおもちゃでも
ひっくり返したら形が変わるなんてことを
大人が先に知ってから与えてしまったら
どうしたって自分の子どもが
ひっくり返しに気付いたら合格!
なんて思ってしまうことが多いのです。

そこに気付かせようと
あれこれ働きかけてしまう。

これは大人の余計な手出しと私は呼んでいるのですが

『わかっているけどしない』
『知ってるけど言わない』
『究極まで見守る』
『それができたところでなんだ?』
ぐらい思っておく。

これに徹してくださいね。


ママはずぼらなぐらいで丁度いい。
言葉にすべてがあるのではないです。

子どもが何か発見した時に
『うわ!すごいね!うわ~!』と大げさに喜んで
褒めてやるよりも

大人自らが
新しい知恵の輪をカチャカチャ解きながら
『ふーん』と受け流してるだけの方が
いい場合もあるのです。


いつになるかわからない次回
『子どもは褒めるだけじゃ育たない』に続く。
いや、
『褒められすぎた子どもは使えない大人になる』にしましょうか。
いや、
『子どもに媚びるな』がいいかな。
(段々どぎつくなるのでこのへんで(笑))


この日最後は
おもちゃを持ってきてくれたお姉さんと一緒に
順番に積み上げていく遊びをしました。


fc2blog_201311131843412c7.jpg


集中してそんな遊びをしている時も
にじのとりっ子は
誰かがミスをした時
荒々しく攻め立てたり
嫌味なこと言ったりしませんよ。

誰が教えたわけではありませんが
新喜劇並みの『コケ』をマスターしているので
自然に体が動いてしまうだけです。

fc2blog_201311131842168ec.jpg


この日もまた
神様が降臨している保育室でした。


園長(『かーさんは教育上わざとずぼらにしてるんやで、辛いで~』
と言いながら二人の男子を育ててきましたが、バレています)

誕生日会のことと一日のこと

東側の壁面の『秋の買い物ごっこ』
めじろ組の壁面、可愛いなぁ~と
ママ達からほっこり声が上がっていました。

ひばり組もありますよ♪
ひばり組は
うどん屋さんです。
専門店ですよ。
夕方に香川出身のくみこセンセイが
厳しい目でチェックしていましたが
頷いていましたから
香川県人も納得のうどん屋仕様だったようです。

もちろん増えますよ。

fc2blog_201311131606300e9.jpg


あります。
つばめ組も。

おもちゃ屋さんです。
子ども心がわかってます。
さすが子ども!

fc2blog_20131113161000e41.jpg


保護者の皆様からも
月末のお持ち帰りを楽しみにしているというお声を頂きます。
子どもの作品は
どうぞ大事に置いておかず
おうちで活用してください。

持って帰ってすぐに写真に収めれば
やがてなくなっても
のちのち形は見ることができます。
作品はどうぞ
おうちで活用してください。

邪気の無い心で描いたり作ったりした
子どもの絵や作品は『魔除け』になると信じています。

絵は
是非1枚1枚壁に貼ってご鑑賞ください。
特にお気に入りは
可愛らしい額に入れているというご家庭もあるかと思います。

『自分の作った作品が大事にされている』というのは
子どもに自信と信頼を与えます。

そしてそれは
『自分は愛されている』ということですから
その思いで満たすことで
人やものをちゃんと愛せる人に成長するのだと
私は信じています。



11月も
そんな愛された子達の
お誕生日会がありましたよ。



8日のやべっちと

fc2blog_20131113151526585.jpg


盛装してきた大王さま。(12日)

fc2blog_20131113163658128.jpg


お誕生日おめでとう♪

1歳で入園してきた子達が3歳になって
センセイのインタビューに答えて
『3歳です』と答える姿は
本当にうれしいですね。

いつも思うのは
このままピュアな心を忘れず
大人になってもらいたいなぁということです。



写真は
昨日のおやつ『柿のケーキ』
いただいた柿を生地の中に練りこんであります。

fc2blog_20131113151734349.jpg


お給食も昨日の『おでん』
これぐらい小さく切ってから煮込んでいます。
一番小さいお友達には
更にきざんで与えています。

fc2blog_201311131655358ac.jpg



今日も
タイガーマスクさまより
たくさん柿を頂きました。
またおやつでいただきます。

fc2blog_20131113164949927.jpg


あ、みかんも
以前ボランティアにきてくれた
和歌山出身のひろこおねえさんが
おうちから運んでくれました。
こちらもみんなでいただきます。

fc2blog_20131113164913831.jpg



いつも何かあれば
『保育園に』と思って下さる
温かいお心が本当にうれしいです。
大切にいただきます。



園長(最近涙もろくていけない......)




【保育理念】


にじのとり音楽祭で
みんなで合唱をしようと声をかけたことは
先日もこちらでUPしましたが
続々と参加の表明をいただいて
嬉しい限りです。

4月からの入園が決定したママや
また
お迎えに来られたおばあちゃまからも
『娘にはまだ言ってないんですけどね』
と、参加表明をいただいたり

Youtubeの動画を見て
震災前の仙台勤務時代を思い出して
ウルウルしていました、、というお声なども。

有志の出し物も
東京にお引っ越しをしたママが指揮をとって
『ジャージdeエビカニクス踊り隊』を結成したり
翼ちゃんのパパには
三線でご参加いただく予定です。

また、
舞台の上に上がることだけでなく

本業がらみで
『音響の仕事やります!』
『機材もなんとかしましょう!』と
究極の裏方仕事に
嬉々として名乗りを上げてくださった
ビリーくんパパもいます。

パパ・ママにとっては
ココは究極のホームです。

『なにかあったら言って下さい』ではなく
『私はこれができます』
『私はこれが得意です』
『これなら私も楽しめそう♪』
そういうお声をお待ちしています。

これは
日常生活にも
ボランティアに行った時にも
共通のスピリッツですね。

それこそが
にじのとりスピリッツ♪

自分が何をしたいのか
何ができるのか
何が好きなのか
何をしていたら楽しくて嬉しいのか

そういうことを発信していないと
ステキなナニカは引き寄せられませんね。

先日の会議で
当日の子ども達の出し物とは別に
センセイ達の出し物の
プレゼンも行いましたが
それはそれは
かなり前向きな出し物案が出て
私は嬉しい悲鳴を上げています。

こちらも併せて
お楽しみにしていてください。

<業務連絡>
嵐くんのパパ!
お手持ちのマンドリン、
磨いておいてくださいね♪

きなこちゃんのパパ!
独眼竜ボーイのパパ!
隠れてるようですが
ギター侍だということは
知ってますよ♪

どうぞ締め切りまではまだ日がありますので
パパ・ママ・おじいちゃま・おばあちゃま
舞台に上がるだけではない参加表明を
心よりお待ちしております。

今日の写真は
そんなにじのとり保育園のリーフレット。
開けたら
某ホテルの経営者女史のように
今より3歳ほど若い園長が
うっすら微笑んでいてびっくりする仕様です。

大事なことは
私の写真ではなく
『親の笑顔が子どもの笑顔に』という
にじのとり保育園の
保育理念です。



園長(しかし、若いママ達、キャンディーズなんて
知ってるんだろうか......ヒトリゴト、ヒトリゴト...)

20131111.jpg

買い物ごっこ月間

ひばり組とつばめ組だけ
楽しそうに買い物ごっこをしているようですが、
実はめじろ組も参加してますよ。

ピザ屋さん。
ほら!

fc2blog_20131110145038d38.jpg

みんなで
あの日作ったピザです。

お客さんにもなって
お店の人にもなってますよ。
嬉しく作りました。

ひとつの遊びから
いろんなことを学びます。

前にも書きましたが
順番守ったり
色を覚えたり
言葉を知ったりしながら
うれしい!たのしい!を感じること。

それは
年齢ごとに方法はまちまちですが
子ども達の目を見ていたら
わかります。
大人以上に
毎日を味わっていますよ。


このシーンに
神様が降臨しているように見えるのは
私だけではないはずです。

充実の秋、実りの秋。
まさに
こういうことでは
ないでしょうか。

fc2blog_20131110145839c79.jpg

fc2blog_20131110145854d06.jpg

fc2blog_20131110150005fec.jpg




園長(しつこくてすみません)

今日はいきいきお買いもの♪

今日はひばり組とつばめ組で
買い物ごっこをしました。

お部屋の中の空気が
ほんとに
『お店』になっていました。

fc2blog_201311071151196c3.jpg

『つばめショップ』って看板があがっていますが
いやいやココは
大盛況の『つばめ市場』でした。

fc2blog_2013110711513676a.jpg

売っているものは
つばめ組さんが日ごろせっせと作っていたものです。

fc2blog_201311071152518cd.jpg



かも お客さん役のひばり組さんも
なかなかにいいお客っぷりです。

fc2blog_20131107115212510.jpg


つばめ組から執拗で容赦ない 押し売り 『これどうぞ』を受けても
『う~~ん、、これはちょっと欲しくないねん』と
笑顔で上手に交わします。
さすが『大阪で生まれた女』♪

下の写真は
じゃりんこムーンちゃん、お兄ちゃん達に
なにやら交渉中の風景です。

なにやらの交渉を重ねて
ピザをゲットし、うっれしそうに
『園長センセー!ピザ!ピザ!これピザやで!!』と
弾ける笑顔で何度も見せてくれました。

ゆみちゃんは
ちずセンセイの分も買ってきて
『はいどうぞ』って。
さりげなくそういうことができるのは
ほんとにステキなことだなと思います。

アニキは市場をくまなく見て回るという方法。
目先の『いらっしゃいませ』にまどわされない
なんだか風格めいたものを感じました。

ミルキーちゃんは
慎重に慎重に品物を選びます。

チャッピーちゃんの
『センセイ、お金ちょうだい』が
耳から離れません(笑)

『なんぼでもあるから言うてよ~』という
ゆいセンセイの声も弾んでます。

ここには
不景気なんてありません。
ぼったくりも
買いおしみも
万引きも。

fc2blog_20131107115230da8.jpg


『いきいき』っていうのはこういうことだ!(断言)という
今日のつばめ市場でのひとコマなのでした。
子ども達の眼の輝きは
半端なかったです。

ほんとに
この情景をお見せしたかったですよ。


この後はお給食。
『ごま豆乳ラーメン』と『プチおにぎり』

メインはラーメンです。
黙々としっかり食べましたよ。

ごぼう、無添加ウインナー、玉ねぎ、ニンジン、ゴマ、豆乳入りです。

ゴマの風味が効いていて
食欲をそそります。

今日もたくさん食べました。

おにぎりは一人平均2個というところでしょうか。

今日もよく遊び、よく食べました♪(^。^)


fc2blog_2013110711530555e.jpg


園長(ほんとにほんとにいい顔で買い物ごっこしてたんです♪♪)

続きを読む

今日の外遊び

お外へ行っても
お部屋にいても

音楽が鳴ったり
ちょっと広い場所を見つけると
すぐにそこは
ステージになります。

今日のつばめ組さんは
こんな感じになりました。

※注意)身内だけが勝手に楽しい動画です。すみません。







園長(楽しい一日が終わりました)

【目標は与える人になることです♪】


にじのとり保育園には
現在30数名の子ども達と
10名のセンセイ達がいます。

でも
保育園はそれだけで
成り立っているのではありません。

地域の皆さまはもとより
場所を提供してくださっている大家さん
電気、水道など各事業者さん
開園にあたり
東奔西走してくださった多くの方々
備品のひとつひとつ
後からできた押入れや
棚のひとつひとつ
それらを手掛けてくださったみなさん

開園準備期
一人で準備していた時に
色々な内職作業や
植木鉢作りをしてくれた友達のみんな

そして今
こうして保育園のページを読んでくださり
読んだよ♪と教えてくださる皆さん
お一人お一人の
思いによって支えていただいているのを
毎日痛いほど感じて
とっても嬉しく思っています。
本当にありがとうございます。

ハロウィンの時に
子ども達のお顔に
一人ずつシールを貼ってくださった
印刷会社さんのお話は
まだホヤホヤのお話ですね。

社員の皆さんは子ども達を見て
とても喜んでくださったのですが
私には子ども達の為に
こっそりシールを用意してくださっている時の
ちょっとニヤニヤしたお心とか、
子ども達が登場した時の
皆さんの笑顔の方が忘れられません。


先日も
中之島公園へ全園児を連れて
遠足に行った時に
子ども達にカメラを向けておられた紳士が
夕方のお散歩の時に
その日のデーターを
名前も名乗らずに久美子センセイに
『どうぞ』と手渡してくださいました。

きっちり名刺を頂いて
私に手渡してくれたのですが
そこには
保育園からは少し離れた先にある
建築会社さんのお名前がありました。

子ども達のいい表情を捉えてくださり
きっと
どこかで場所を調べて
わざわざ保育園の方まで
持ってきて下さったのでしょう。

それでもわからなくて右往左往しておられた時に
たまたま午後からのお散歩隊に遭遇した
ということですが

しばらくしてから名刺に書かれた電話番号の先に
お礼を伝えるためのお電話をすると
受付に出られた女性社員の方も
事情を把握しておられました。

ほんの少しだけのやりとりでしたが
社長さんが写真を撮って戻られた時に
お話をされていた事務所での様子が
想像できました。
改めまして
本当にありがとうございます。

ここでもまた
愛されている子ども達です。
愛されて愛されて大きくなった子は
与えられる人になります。
人の喜びを
本当に喜べる人になります。

そして何より
人からの愛を
受け取り上手になります。

だから今
いっぱいいっぱい愛するのです。
ママやパパがいっぱい愛した分は
大きくなって
ちゃんと子ども達から
他の人に返っていきます。

ほんとの話です。

全国の園長センセイはどうか
積極的に地域、ご近所の方々との触れ合いや
関わりを持っていただきたいと思います。

子ども達は
保育園の中だけで
育つのではありません。

より多くの方から気にかけてもらって
ナニカがあれば祈ってもらえる子ども達にするのは
園長センセイのお仕事です。

私もまだまだですから
まだまだ子ども達と一緒に勉強中です。
教えてくださる人がいてくれる環境に
自分を置くことも
大切な大切な
園長センセイのお仕事だと思います。


園長(今日の一枚はその日頂いた写真から抜粋です)

20131104.jpg

子ども達の体調管理のこと

楽しい行事が目白押しなのはいいことなのですが
子ども達は
二日間連続して
とっても長い距離を歩いたりして
無理があった子もいるんじゃないかなと
反省点も実はたくさんあります。

季節の変わり目ですから
体調も崩しやすいですし
みんなが同じコンディションというわけではありませんから
今月からも、天候のいい時は
毎日のようにお外に出て
お外でお給食を食べて
ゆっくり遊ぶ日を増やしたいところですが

めじろ組やひばり組は
できるだけ
普段のリズムから大きく崩れないように
また、活動と休息のバランスにも
しっかり気をつけていきたいと思います。

これから季節は冬になります。
保育園でも
温度と湿度、清潔、水分補給等に気をつけて
快適に生活できるよう更に心がけて参ります。

朝の時点で38度に近いお熱がある場合は
様子を見てお休みください。
多くの場合
その後熱が高くなり、お迎えに来て頂くというケースになります。
また、
朝の高熱を座薬で下げてお連れすることもしないよう
重ねてお願いします。

また、
病院から処方されるお薬も
できるだけ朝・夕2回の服用で
お願いしてみてください。

子ども達が
お休みの日に
急に入院することになった場合や
また、
何らかの症状で困った場合
ご連絡させて頂いております携帯電話番号の方へ
ご遠慮なくお電話してください。





園長

遠足~中之島公園~

中之島公園に
オレンジの花が咲きました。
子ども達はみんな無事です。

可愛いすぎます。

お弁当も上手に食べますよ。

なんと、
なんと、

独眼竜ボーイが一番!

おかわりくださーい♪の声が
都会の真ん中に響きます。

泣きそうです。





お弁当は
野沢菜と白ネギ入り豆腐ハンバーグ、
無添加ソーセージ
水菜おにぎりです。

最初に撮るの忘れました。




お食事の時は靴を脱いで
ブルーシートへ。

今日の靴そろえ大名は
アニキです。
みんなの分まで揃えてくれて
たっくさん褒められました。
にっこにこで食べるお弁当は
さぞかし
美味しかったことでしょう。




お外で食べようとしないからと
心配していたきなこちゃんのママ。

こんな感じで
がっつきました。
よろしいでしょうか?




ひばり組と、つばめ組は
まだ遊びます。
めじろ組だけ先に帰りました。





園長(また行きたいねってみんなで話しながら帰りました)

プロフィール

にじのとり保育園

Author:にじのとり保育園
大阪市北区にある
にじのとり保育園の日常と
園長の主観満載のひとりごとです。

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
148位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
10位
アクセスランキングを見る>>

ランキング参加中

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR