10
2
6
13
17
19
23
24
25
26
   

ハロウィンパレード

さて、今日のハロウィンパレードですが
何度も申し上げます通り
ただ、仮装して歩くだけです。

出かける前から
女子はお友達の衣装をチェックして
あれこれかしましいのです。

DSC_0023.jpg


ちゃんと最後まで歩きますよ。

fc2blog_20131031191850153.jpg

1歳児さんの最年少笑ちゃんも歩けて大喜びです。
笑ちゃんの胸のアップリケは
ママの手作りです。
わかってますよ。笑ちゃんは
『かーいー♪かーいー♪(かわいい、かわいい)』と言って
胸を指さして、私に朝イチで見せてくれました。

fc2blog_20131031191819d88.jpg


丸っぽ着ぐるみな二人も
全然嫌がらず得意げです。

fc2blog_20131031192250891.jpg


昨年は土居陶器店さんにお願いして
お菓子を配っていただきましたが
今年は
保育園近くの
制服のノムラさま
株式会社ティープレスさまにも
ご協力をいただき
子ども達は随所で『タノシミ』を味わいながら
楽しく歩くことができました。


こちらはティープレスさま。
一人ずつお顔にシールを貼ってくださいました。
大喜びの子ども達です。

fc2blog_20131031192020aea.jpg


こちらは制服のノムラさま。
可愛らしいかごにお菓子を入れて
待っていてくださいました。
子ども達、大好きなアンパンマンだったので
大喜びです。

fc2blog_20131031191952f10.jpg


今回
手作りおやつを用意してくださったタイガーマスクさま
ありがとうございます。

それから
『大きいクラスの子の分しかありませんが・・・』と
別のタイガーマスクさまより
美味しそうなチョコレートもいただきました。

今日から保育園を産休する(笑)
某タイガーマスクさまからも
ステキなお菓子を頂きました。
センセイ達の癒しの時間に大活躍してくれること
間違いなしです。

元気なお子さんの出産を
心よりお待ちしています♪




ハロウィンのごちそう給食はコレ。

fc2blog_2013103119340509f.jpg

食べるの大好きミルキーちゃんは
『食』から色んな感情を学んでいますよ。

おままごともリアルです。
『何作ってるの?』と聞くと
『今日はおまめを作ってるの』と答えてくれて
お鍋を私に見せてくれます。

今日のお給食も
ひとめ見るなり
ほんとに嬉しそうににっこり笑って
顔がくずれないよう
大切に大切に端っこから食べていました。
(そんな子が今日はたくさんいました♪)

fc2blog_20131031192047591.jpg


そしてごちそうおやつはコレです。
さつまいもとかぼちゃの豆乳プリン。
今日もまた無言で食べるのでした。

fc2blog_20131031193518ed8.jpg


写真では綴りきれない今日のハロウィンパレードでした。

fc2blog_20131031192157334.jpg





・・・・・あ、そうそう、、忘れてはいけません。


続きを読む

スポンサーサイト

天国通信

きっとココは天国です。

小さいお友達に
一生懸命絵本を読み聞かせるやべっち。
(但し、自分の好きな電車の絵本)

絵本の前には
歌も歌って
『手はおひざよ』って促していました。

fc2blog_20131030172404994.jpg



ピコちゃんと笑ちゃん。
手をつないで
ずっと歌っていました。

『ピコちゃんはおねえちゃんなの?』と聞くと
『ちがうよ。ピコはおかあさん♪』と言って
優しく笑ちゃんのお顔を覗きこんで
ニコニコでお歌をうたいます。


fc2blog_2013103017213739c.jpg



ぼくたち、
私たちは、
こうして育ちました。

おうちでのママとの関わりが
体に沁みて
そしてママのいないところでアウトプットです。

ちょっとだけこわいことを言うと(笑)
ママと一緒にいない時に
センセイやその他の大人と
関わって遊んでいない時に
日ごろのおうちでの関わりが
出ています。

お友達とのかかわりって
本当に大切ですね。

なんとなくやってるように見える自由遊び。
実はとってもとっても
大事な時間です。


またみんなの『優しいシーン』
拾っていきたいと思います。

さて、今朝はハロウィンパレード(大げさ)
昨年より距離が少し短くなりました。

と言うのは
今年はめじろ組さんの歩く距離を増やしたからです。


園長(子ども達、どうかこのまま大きくなってと願います)

【年齢に応じるということ】


年齢に応じた活動。
年齢に応じた言葉かけ。
幼少期の
とかく3歳までの子ども達には
この「年齢に応じた」ということが
本当に大切です。

私が常々お伝えしている
大切にしていることは
1歳までは
とにかくママとの信頼関係を構築する期間なので
できる限り、べったり一緒に過ごすこと

かたことが話せるようになってきたら
おしっこの自立をそろそろ考えること

楽しい食事時間を過ごすこと
優しい言葉遣いで接すること
日常生活であまりにもたくさんの
禁止事項を作らないこと
あせらないこと
人と比べないこと
なんでもかんでも褒めて育てないこと
場合に応じた挨拶ができること
靴を揃えられること

それらをほったらかしにしてまで
やらなきゃいけない
水泳も体操も英語もありません。

この時期に大切なことは
字が読めることより
きちんと挨拶ができることや
人との繋がりを喜んで
笑顔で毎日を過ごすという経験です。


それらを踏まえて絵本も
いきなり
物語を読み聞かせても
何がなにやら子どもはわかりません。

色を見るだけ
形を見るだけ
かじるだけ(笑)

そこから始まります。

教訓めいたことも
いちいち説明なんてしなくていいです。

「たのしいね」
「この女の子、お名前なんだった?」

と、
楽しかった絵本の感想を
引き出す言葉かけは楽しいですが
ついついしっかりしているママほど
聞きすぎてしまいます。

絵本の醍醐味は
本を閉じてから始まる
一人一人のストーリーの方です。

3歳ぐらいになったら
読み聞かせて終わった後
2秒ぐらい子ども達が息を飲む瞬間があります。
その時の目を覚えていてください。

その時にこそ
その絵本のお話をそしゃくして
頭の中で繰り返し
その後の展開まで実は想像していたりします。

この顔が見れるのも
今のうちです。

読み聞かせるときは
自分の子どもしか聞いていませんから
ある時は
思い切り感情こめて
ある時は
ゆっくりさらりと
ママやパパ自身も楽しみながら是非♪

くれぐれもお間違えにならないように。
年齢に応じた絵本を♪


お馴染みの写真の絵本は是非
英語表記と日本語表記両方あるものを。
いろんな職業に挑戦するカバの話ですが
右のページ
英語では全て表記は「NO!」となっていますが
大阪弁翻訳なので
日本語バージョンでは
本当にバリエーション豊富です。

改めて日本語の云々よりも
私は逆に改めて
英語の奥深さを知り
英語圏で暮らす人と
日本人とでは
思考回路は違って当然だなと思いました。

とにもかくにもこの絵本は
大人になっても楽しめるほどの
ヒントがたくさん詰まった
いい絵本だと思います。

園長(ぼちぼちいきます)

20131030.jpg

とびひについて

保育園で現在
『とびひ』の症状を訴えるお子さんが
ちらほら出ています。

保育園では
床は消毒液で拭き、
お食事の後も拭き掃除を致しますが

夕方、公園から戻ってきたばかりの時間帯などは
確かに床が少しざらざらしたり
外のものが入ったりもしております。

今後更に衛生面に配慮してまいります。


本日は
『とびひ』について
少しお勉強を。




【とびひとは】

「とびひ」の正式な病名は
「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」といいます。
細菌が皮膚に感染することで発症し、人にうつる病気です。
掻(か)きむしった手を介して、
水ぶくれ(水疱(すいほう))があっという間に全身へ広がります。



【とびひの原因】

●黄色ぶどう球菌
健康な人の皮膚の表面や鼻の中にいる常在菌です。
傷口などから皮膚に入り込み、
増殖するときに出す毒素がとびひ発症の原因になります。
とびひの多くは、この細菌が原因です。

●化膿レンサ球菌(溶レン菌)
健康な人の鼻の中やのどにいる常在菌です。
傷口などから皮膚に入り込むと
とびひ発症の原因になります。



【日常生活で心がけること】

●患部を掻いたりいじったりしない
とびひは、患部を触った手を介して
症状が体のあちこちに広がることがあります。
患部に触らないように注意し、
引っ掻かないよう爪を短めに切るようにしましょう。

●皮膚を清潔に保つ
原因となる細菌を減らすため、
入浴して皮膚を清潔に保つことが大切です。
患部はこすらず、石けんをよく泡立て、
泡でていねいに洗い、
その後はシャワーでよく洗い流しましょう。
また、湯ぶねにつかってよいかは、医師と相談しましょう。

●タオルや衣類は共用しない
タオルや衣類を介してとびひがうつることもあります。
共用しないようにしましょう。



【とびひにならないために心がけること】

●日ごろから皮膚を清潔に保つ
手をよく洗い、爪は短めに切っておきましょう。

●鼻をいじらない
鼻の中には、とびひの原因となる細菌がたくさんいます。
鼻の中をいじった手で体を掻くと
とびひにかかることがあるので注意しましょう。



【出席停止】

とびひは出席停止が義務付けられた病気ではありません。
とびひと診断された場合
たいてのお医者さまは
『患部が乾いたら保育園に行ってもよい』
と診断をされるかと思います。

にじのとり保育園では
とびひと診断され、お医者さまから
『乾いたら登園可』と言われた場合も
ママの判断で決めず
乾いている状態かどうかをお医者さまに診ていただいた上
お連れ頂くようお伝えしています。

(朝など私が対応できない場合は
登園許可証をお渡しさせていただいているケースもあります)



改めまして
登園許可書の必要な病名リストを配布致します。


どちらさまも気になる発疹
子ども達のお肌の様子など
もう一度よく見られ、気になる場合は
お医者さまを受診してください。


【告知】にじのとり音楽祭

保護者のみなさまには
お手紙でもお伝えしております通り
来たる3月29日(土)に
大阪市北区の「中崎町ホール」さんにて
にじのとり保育園の年間最後の行事
「にじのとり音楽祭」を行います。

子ども達にとっては
リトミックの発表の場
通常の生活発表の場であります。

どうぞご家族おそろいでお越しいただき
そこにいるみんなで
成長を喜び合いましょう。


この音楽祭の第一部は
子ども達の発表を、
第二部では
大人達の発表の時間を作っています。

常々私が申し上げております通り
「同じアホなら根性」で
思い切り自分自身と向き合い
「自分のできること」
「自分のやりたいこと」
「自分のやってみたいこと」で
心から楽しみましょう♪♪♪


ちなみに
リトミックのれいこセンセイに以前このお話を伝えたところ
リトミックの発表はもちろん
他のことで自分に負荷をつけたいというお申し出を受け
当日は
もう数十年自宅で眠っている(笑)
Myジャンベを叩き起こして
ジャンベのケンサクお兄さんと共に参加します!と
表明を頂いていますし

音楽関係のお仕事をしておれらるパパからは
ありがたく「裏方」のお申し出を頂きました。

また、
一部のママ・パパから
ダンスや楽器演奏など
演目のお申し出も頂いております。

もちろん
センセイ達の
普段保育の現場では見られない「かくし芸」も見ものです。


そして
なにより今回は
プロの歌手の方にもお越しいただきます。
(この方についてはまた改めてご紹介させて頂きますね)


そして(まだある)

各ご家庭一人以上の参加をお願いしている
合唱曲もあります。

この曲のCDは東北復興支援のチャリティーCDとなっていますので
人数分購入し
保育園としてご協力させていただきました。

みなさんにお配りするまでには
もう少し時間が必要です。
まだお手元にCDがない方は今しばらくお待ちください。


CD到着まではYoutube(歌詞付き)でお楽しみください。

現在は自主練習となりますが
土曜日のお昼に
保育園で練習をする日も今後は設けていく予定ですので
よろしくお願いします。

4月からの新入園を予定されているパパ、ママ
或いはおじいちゃま、おばあちゃま
また、その他の方でも
このブログをご覧になって
「一緒に歌いたいな・・」と思われた方は
ご一報ください。
是非一緒に歌いましょう♪♪♪ hoiku@nijinotori.com














お誕生日会以外の様子

昨日のつばめ戦隊5人組。
誰が誰だかわかるかな?

fc2blog_20131028174753702.jpg


正解は定かではない....。(並び不同)

fc2blog_20131028174837946.jpg


今朝は
めじろ組は製作『ビザ作り』をしてから
お散歩へ出かけました。

めじろ組は職人揃いですよ。

fc2blog_20131029100142f0c.jpg

こういう活動で
色の名前を覚えたり
順番を守ることを覚えたり
描く楽しさを感じたり
貼るということを覚えたりします。

どの活動をとっても
実はそれは
奥も幅も広いのです。

『みんなピザ職人だね~』とセンセイに言われたり
『すごくおいしそう~』と言われて
子ども達みんな
その気になって集中して、一生懸命作ってる姿が
なんとも可愛いのです。


fc2blog_20131029100202a5b.jpg


ひばり組は
うしろ歩きの現場を。
これ、後ろ向きに歩いてます。

fc2blog_20131029103758229.jpg


最近では『けんけんぱー』の遊びや
『だるまさんがころんだ』に熱中する姿もよく見かけます。

fc2blog_20131029103816dbf.jpg

みんな上手に『けんけんぱー』。

fc2blog_2013102910382865d.jpg



※余談ですが上の写真の独眼竜ボーイ。

くちずさむ歌が古いです。
『秘密戦隊ゴレンジャー!』
『来たな!ショッカー!』と
本人はノリノリのやる気ですが
お友達が付いてこれずきょと~んとしています(笑)

♪バンバラバンバンバン♪と
とっても元気に歌ってくれますが
園長ぐらいしかわかりません。

ひとみセンセイ世代でも
Youtubeで勉強して独眼竜ボーイに付いていってるのがおもしろいです。

パパ、この調子でいきましょう。


========


時には私の写真も載せましょう。
今日はお世話になっている
はやしだ会計事務所さん http://hayashida-kaikei.com/office/ の
林田さんと写真撮影をしました。
残念ながら整形間に合わず・・・。

fc2blog_20131029103427e1f.jpg

なんでも
はやしだ会計事務所さんのHPに掲載されるそうです。

お仕事とは言え
数字や計算、事務仕事が苦手な私に代わり
一手に会計を引き受けてくださり
いつも本当にお世話になっています。

にじのとりっ子世代の
二人のお子さんをお持ちの
優しい先生です。

保育園の運営に会計の面で
携わってくださっている林田さんも
にじのとり保育園の仲間です。

ごあいさつが遅れましたが
これからもひょっとすると
お見かけすることがあるかもしれませんが
怪しい人ではありませんので(笑)
どうぞよろしくお願いします。


園長(おおざっぱな私に愛の手を感謝します)

【ワイルドなんだぜ~ぃ♪】


子どもの名前、
第一子さんた
第二子ごろう

どうなんだかって言われた。

預けたい保育園がなかったから
産休中に退職して
究極の切り詰め生活に突入した。

よくやるよって言われた。

ランドセル、
兄は紺色を選び
弟は緑色を選んだ

いじめられるよって言われた。

校区外の幼稚園へ
兄は3年間
弟も3年間通った

小学校で友達できないよって言われた。

一世一代の大離婚
兄は小学3年生
弟は幼稚園の年長さんの夏休み

ひねくれて育つよって言われた。


全部大きなお世話だった。


私がちょっとしたポジティブを
いつも心に抱いていられるのは
ネガティブな人が
ネガティブな忠告を
ことあるごとにしてくれたから。

私がいつも
笑顔でいようと心がけていられるのは
あざ笑いしか見せない人が
ドアの前に立ちはだかってくれていたから。

私がやりたいことを叶えられたのは
『絶対できっこない』
『やれるもんならやってみろ』と
ひそひそと
それでも聴こえるように
囁いてくれる人達がいたから。

私に味方がいてくれて
支えてくれる力強さを実感したり
声なき応援の声が聴こえる耳になったのは
『お前の周りは敵だらけだ』と
知りもしないのに言ってくれる人がいたから。

流行のメイクや
高級なブランド品や
雑誌に載ってるお洋服に、
こじゃれたお店で食べる
名前も知らないようなごちそう達...

これからもきっと私は
そういうことには疎いだろうけど

一緒にいる人大切な人とは
おにぎり半分こにして食べながら
『楽しいね♪』って
笑い合ってる自信はあるな。

Bigなお世話に
Largeなありがとうを添えて
さぁ今日も歩きますか。


♪あ~るぅこ~
♪あ~るぅ~こ~
わたっしは~げ~んきぃ~♪♪♪

元気な歌だけど
この歌聞くと
なんだか
泣けてくるんだぜ~ぃ♪

ワイルドだろう~♪(^。^)


=================


生意気にもリクエストをいただいたので
プライベート仕様で
今日はつぶやいてみました。

最近fbをご覧になった方からの質問で
実は一番多いのが
「園長は顔出しNGですか?」という質問です。

NGではありません。
あまり写真がないだけです。

なので今日は
梅の季節に出かけた天満宮さんで
外国のお客様と出会った時の1枚を。

外国の方に出会うと
人が仲良くなるのに
言葉はいらないなぁと
いつも思います。

顔出しNGではない私の顔は
ホリの深いお顔の方と並んで引きで写真を撮ると
「顔、どこ?」って思うジャンルに属します。


園長(今日は朝から会計士さんとの撮影があります。整形は間に合いませんでした・笑)

20131028.jpg

【座右の書】



あまり本を紹介することはないのですが
「園長先生の推薦する育児本は何ですか?」と
聞かれることが増えてきたので
そんな時は写真の本を推薦しています。
私の座右の書です。

左は小説です。
物語は
ある日木から落ちて死んだ
スーパーマーケットで働く
一人の男が死んでから
自分の人生を天使達と振り返りながら
自分を見つめるというお話です。

あくまでも小説なのですが
作者の泉ウタマロさんが
私の頭の中を覗いて書いたんじゃないかと思うほど
私の死生観そのもので
「きっとこうなんじゃないだろうか」と
漠然と頭の中で思っていたことが
とってもわかりやすい小説になっています。

右は脳科学者の先生が書かれたもので
これはもう研究の結果そのものです。

一見、種類の違う2種類の本ですが
子どもを育てる上で
私が一番念頭に置いて参考にしているのは
この2冊ですと言っても過言ではありません。

どう捉えるかは受け手の自由ですが
知っていると知らない
やるとやらないは
大きく違うと思います。

実践するもしないも自分次第なのですが
以前に保育園のブログで
この2冊を紹介したところ
早速取り寄せて読まれたという人がいます。

ほんとに嬉しいですね。
私が大切にしているのは
人の持つ
こういうスピリッツです。

私が言うからではなく
とにかく目の前にころがってきたものは
ダメ元でやってみる。
とりあえず試してみる。
そうして得たものを感謝して大切にする。

読んでみたけどふーんで終わる。
それもまたありなのです。
自分が何をどう考えてるのかがわかります。

こういうことの結果は
思いのほか、
驚くほどすぐに出ます。

子育て
できることなら
近道がしたいですね。

「こだわらない」というこだわりさえ捨てて
自然体で子どもを育てるには
親の器が空っぽではいけない

そう思うのです。

私があとひとつ
自分の子育てで参考にしているのは
子どもの生まれた星を知るということです。
これについての詳細は割愛しますが

2冊の本も、生まれた星も
私に伝えてくれたことは同じことでした。

「好きなこと」のヒントは
幼い頃に必ず出ている ということ。

多くを子どもは語らなくても
「好きなこと」をしている時
「好きなこと」を話してくれる時
とっても生き生きして
体全体から
なにやら光のような
得体の知れないパワーを出しています。

それが出てくるのは
にじのとりっ子世代の少し後かもしれませんが
だからこそ
3歳までは
禁止事項など作らずに
少々野菜を食べないことや
乳離れが遅いことや
おしっこの自立が遅いこと
言葉が遅いことなんか
一切気に病まず
ただただ、安心して過ごさせ
色んな経験をさせて
心も体も満足させることが大切なのです。

一日の終わりに
ぎゅーーって抱きしめるだけで
それだけで
また明日からも頑張れるのは
ぎゅーーってされた子どもだけじゃないのは
もうおわかりかと思います。


園長(そして、パパはママをぎゅーっ、で家庭円満)

20131027.jpg

お誕生日会

先週はお誕生日会が続きました。
なでしこちゃんは1歳に。

fc2blog_20131027150502713.jpg


僕は2歳に。

fc2blog_20131027150430f13.jpg


そしてムーンちゃんは3歳になりました。

fc2blog_20131027150410b65.jpg


どんなに小さくても
「今日は自分が主役」とわかっています。
他の子もみんな
「今日はお友達をお祝いする日」とわかっています。

今日の催しは
センセイ達の「ハロウィンのお話」

fc2blog_201310271505214b2.jpg


本気で怖がってくれる子達の存在で
お話は盛り上がります。

fc2blog_20131027150722044.jpg


「怖い」という感情が出てきたことを
少し懸念するママもいらっしゃるかもしれません。
「家にいる時は怖いと言わなかったのに
不必要に怖い思いをさせられてるんじゃないだろうか。。。」

喜怒哀楽以上にも
人間の感情は様々です。
人は「嬉しい」「楽しい」だけで生きていけるものではありません。
子ども達にはもちろんそうであって欲しいと願いますが
生きている以上
これからも色んな感情を覚えて大人になります。

「怖い」「悲しい」「寂しい」「辛い」
これらも全て感動とともに味わい
経験することによって
「嬉しい」「楽しい」という思いが
色や形を変えて
更に色濃くありがたく感じるものかもしれません。

人への思いやりも
自分が経験したマイナスの思いによって
育まれる側面もあるように思います。

一度の人生、
無駄なく味わって欲しいです。
子ども達には。

どんなことも必ず
自分の肥やしになるのですから。



fc2blog_20131027151440ae2.jpg


雨の日の「くみこセンセイの虎の穴」

手を変え、品をかえた紙芝居劇場です。
「明日は何のお話?」と
子ども達から声も上がるようになってきました。


fc2blog_20131027150744a3c.jpg



園長(今週は晴れ間が続きそうですね)

運動会に来てくれたOBっ子達とママの健闘

普段は幼稚園で
しっかり幼稚園児さんをしているはやぶさくん。
この日はパパと一緒にずっと、本当に楽しそうでした。
見ている私も頬がゆるみっぱなしでした。

この写真にはお顔が写っていませんが
パパも
はやぶさくんと同じ顔で
ずっとニコニコ競技に参加してくださいました。

そしてはやぶさくんは
今もチャッピーちゃんと
とっても仲良しなんです♪

てんちゃん


元祖オテンバ娘のサリーちゃん。
この日もパパと別れる時
『えーーーん!』と号泣です。
去年初めて保育園に来た日に
私に抱かれてどか泣きしているサリーちゃんの姿を
パパがニコニコ撮影しておられたのと
同じ光景がこの日繰り広げられました。

でも大したもので
すぐに泣きやんで競技に参加し
ジャンベの時には
パパに肩車してもらって
こんな笑顔で楽しんでいました。

来てくれて
本当に嬉しかったです。

あーちゃん

トニーくん。
久しぶり過ぎますが
おばあちゃまと今日は一緒に競技に参加です。

ずーーっとニコニコして
とっても嬉しそうに競技に参加してくれました。
もうすぐお兄ちゃんになりますが
大丈夫です♪♪

毎日一緒にオレンジ色のTシャツ着て
みんなと一緒にいるみたいな錯覚に襲われました。
それほど
にじのとり保育園の運動会になじんでいた
トニーくんなのでした。

かっちゃん


さて、お次は任三郎くん。
今もにじのとり保育園で
いらんことしてる気がしますがOBっ子です。

元祖背番号『11』です。
さっそく運動会が終わってから
ママからメールがきて
『背番号11がかぶってます!』と。

数名のOBっ子達が転園してから
新入園児さんを受け入れました。
昨年の状況から
背番号は永久欠番と申し上げておりましたが
そんなことをしていたら
2年目でいきなり
追いつかなくなりましたので
年度内にかぶらないようにという方向に
お話は変わっております。
悪しからずご了承くださいませ。


1りょうくん


そんなこんなで運動会は無事に終わりましたが
まだまだ皆さんは
ビデオで毎日のようにお楽しみいただいているようですね。
リビングに笑いと
来年への意気込みと体力づくりの決意を
多くの保護者の方から聞いております。

特にパパが多く参加したでかパン競争に
大王、ゆみちゃん、ラッキーちゃん、
ビリーくん、マッくんのママが
嬉々として参加してくださったことを
忘れてはいけません。

『自分のできることで参加する』
『そして思い切り楽しむ』

このスピリッツは
この方々の
後ろ姿から思う存分感じていただけるのではと
思います。

マッくんママとちずセンセイ。

mama3.jpg


ビリーくんママと、ラッキーちゃんママ。

mama2.jpg


見よ!この躍動感!
ゆみちゃんママと大王ママ。


今日初めてのタッグなのに
みなさん、『絆』すら感じる後ろ姿ですね。


mama.jpg


もう一度
走りで参加してくれたママに
大きな拍手を♪♪


一家庭一人しか出ちゃいけないとか
きまりを作らなかったのは

『おばあちゃんとおじいちゃんがいるから
パパママ両方出てもいいですか?』と
聞いてこられた場合のことを考えて
お土産も多めに用意していましたよ。

園長、そこらへんは
『今回は賞がありますよ』とか
『おみやげまだありますからご夫婦で』とか
こちらからは投げかけません。

意地悪ですね~。

でも
どのようなことも
まずは声を出してみるという習慣付けは
こんなところからもできます。
躊躇してる時間より
言ってみて恥をかきましょう。

ココは究極のホームです。
恥はホームグラウンドで。

大人の一言次第で
いくらでも
なんでも
現実なんて変えていけます。

まずは小さな目の前にあることから。
そこからしか
いつも何も始まりません。


園長(さて、ハロウィンの用意は着々と進んでいますよ・歩くだけですが・・)



にじのとりっ子のひとりごと

はい。私です。
久しぶり~っと。

ちょっと家庭の事情で
2か月ほどお休みしていたけど
家庭の事情で復活を果たしたとこ。

とーちゃんも
かーちゃんも
一応
多分
ちょっとは心配したと思うんだ。

久しぶりの保育園だし
みんなの中に入れるかなーとかって。

でも私
普通だった。

普通だったのに
先生達には

『翼ちゃんが来てくれるようになって
おかわりの減りが激しいわ~♪』とか
喜ばれちゃって
作ってくれてる
ちずセンセイとか
ひーこセンセイからは
戦後の子ども扱い。

ま、いいけど。


今日もたらふく食べたわ。
おなかいっぱい。

歯も磨くわ。
めっちゃ磨くわ。
手伝われるのはイヤよ。
私、歯磨きの時は
こう見えて
いろいろ考えたいこともあるのよ。

今日のところは
おやつが何なのかっていうのが
気になるところではあったんだけど
磨いてるうちに忘れちゃった。

それぐらい
集中して磨いてるってことよ。


じゃあ
お昼寝するんで
これぐらいでいいかしら。


おやすみなさい。



・・・って
コレが読まれる頃は
もう起きてるけどね。

そして
気になるおやつも
食べ終わってる頃だけどね。


翼。3歳の秋。

fc2blog_20131021141839a86.jpg



そして今日のお給食の
根菜きんぴら。

初めに炒める時に
お水で炒めてあるから
根菜と言っても柔らか仕様です。

なでしこちゃんの分は
さらにこれを小さく刻んで
柔らかめのごはんに混ぜ込みました。

ジャガイモが入っているので
自然にとろみも出て
子ども達も食べやすかったようです。

fc2blog_20131021142047e72.jpg



園長(最近よくおなかが空きます)

【パパのこともたまには】



現在ひばり組(2歳児さん)のパパ、ママとは
お付き合いが2年目になります。
お子さんも生まれて3年目、
ママになって3年目、
集団生活も2年目になってきて
少しずつ貫禄と余裕が出てきて
頼もしく
逞しくなってきました。

今年から集団生活が始まっためじろ組さんのママは
今色んな『はじめての出来事』を経験して
ママになっている最中です。

これまでママとずっとおうちで
べったり過ごしていた状態から
毎日保育園に通うことになると
それはそれは
びっくりすることばかりかと思います。

家で食べているものと違うものを食べている驚き
迎えに行ってママの顔を見たら泣きだすのを見て
保育園でさぞかしさみしい思いで
泣いて放ったらかされてるんじゃないかという不安

前よりも抱っこして欲しがるようになった
常時鼻水をたらすようになった
熱も出すようになった

それらは全部当然のことです。
大変かもしれませんが
病院へ通うことも多いですし
保育園をお休みすることが
多くなるケースもあります。

保育園に通い出した子ども達は
集団生活の中で身体的な免疫をつけながら
『一日中ママと一緒にいない』
ということに一生懸命免疫をつけています。

何度も言いますが
それは
『かわいそうなこと』でも
『哀れなこと』でもありませんよ。

そう思うママは
今すぐお仕事を辞めて
お子さんと一緒にいてあげてください。

働くことが決まっているママのところに
生まれてきたんです。
『その』ルールの家庭に生まれてきたんです。
その子はどこの誰と自分を比べることなく
『その』ルールの中で嬉々として
生きています。

どうぞお迎えの時には
『かーちゃんは今日も頑張ってきたよ~!』
『あなたの顔見て元気になるために
こう見えてイヤなことちょっとあったけど
めっちゃ頑張ったぜ~!』とココロで叫んで
ぐぃ~っと抱き上げてください。

どうぞ、
ご自分に自信を持って
ご自分が選んだ保育園を信じて
でん!と構えていてください。

イヤでも2歳を過ぎたころには
イヤイヤが始まって
本気でイライラしちゃう時期がやってきます。

あ、
子どものイヤイヤ期がやってきたら
ママは『いいママやめやめ期』に
遠慮なく突入してください。

ママも『イヤイヤ』言って
今までちょっと頑張った感じの自分を
一旦置く時です。

その時こそが
パパの出番です♪♪♪
(やっとパパの話になりました・・)

ちょっと話ができるようになったわが子に
『パパ、嫌い!』と言われて
笑顔で落ち込んでください。

今日の写真は
そんなパパの運動会での活躍シーン。

毎日運動会のビデオを見ているという
とあるママが毎日ノートに

『なんべん見ても
めじろ組のパパ達の気合いはキモイです』と
感想を書いておられることを
ここで大発表して
来年の傾向と対策を練って頂けるようお願いし

今日の園長のひとりごとを終わります。


園長(来年の運動会は保護者の競技変えます←断言)

20131020.jpg

土曜日のことと、ちょっとした裏話と

にじのとり保育園は
土曜日は月の半分がお休みです。

昨日の土曜日は
雨が降りそうだったということもあり
お部屋の中で体を動かしたり
きえセンセイと一緒におやつを作りました。

それがコレ。

fc2blog_2013102008495485d.jpg


きえセンセイのご実家は
和歌山県です。

そんな和歌山のご実家から
送ってもらったというさつまいもを
ふかして持って来てくれました。
あんこと混ぜて潰して練り練りして
きゅきゅっと丸めて
さつまいもだんごの出来上がり!

エッちゃんは
リアルままごとにご満悦で
いつまでもいつまでも
練り練りきゅっきゅっ。

独眼竜ボーイは
「ひとみセンセイがすぐおなか空いたって言うから
ひとみセンセイの作ってるの」と
嬉しそうにこねこね。

美味しいお弁当を食べた後は
とっても美味しいおやつタイムになりました。


======


「土曜日も来ます!」

そう言って積極的に自分の居場所を
静かに、徐々に自分の居やすい空間にしていくきえセンセイ。
数年間とは言え、企業の営業畑でのお仕事経験で
身に付いたことと
幼い頃から培われた気質と
「やりたい」
「やる」という並々ならぬ思いを
今ひとつひとつココで実現できている喜びが
もう抑えきれずに
体中から放たれているのを感じます。

お昼には特に歌っていない
夕方のお散歩の時に
きえセンセイが口ずさむ歌を
「最近この歌を嬉しそうに口ずさんでいるんですよ」と
ゆみちゃんのママからの
とっても嬉しそうな報告で知ります。


保育士になるということは
ただ、時間から時間
保育園にいればいいということではありません。
それだけでは
大事な子ども達を託せません。


小さなことでも
自分の中に溢れる
「子ども達と一緒にこんなことがしたい」
をどんどん現実化させていくところです。

保育園の中にいるだけだったり
とりあえず学校を卒業して得た資格があるだけ
保育の専門書や
保育雑誌を見てるだけでは
保育の質も
保育士としての質も
ある程度ですぐに頭打ちです。

見聞を広げて
優れたものを見て、聴いて
感動したことをシェアし合う。
それだけで
自分の経験値もぐっと上がります。

人の行いを見て感じ入って
「すごいなー」
「すばらしいな~」と思ったら
「どうせあの人は」とか
「あの人だからできるんだ」と言うような
「どうせ・・」的発想に走らず
すぐに自分スタイルにそれを加えて実践する。

失敗とか成功とかではなく
毎日が実験なのだから
それでいいのです。

それができない人は
残念ながら
保育の仕事をしてはいけない人だと思っています。


これは裏話ですが
ちなみにきえセンセイが金曜日に同行した遠足、
つばめ組の担任のひーこセンセイが
20近く年の離れた
保育の現場経験もないきえ先生の
遠足での様子が
かなり勉強になったと報告してくれました。

同じように
きえセンセイからも報告をもらっています。

素直な心同士で反応して
共鳴し合えば
どんどん積み重なって
いいものが出来上がります。

すこしずつ
すこしずつ
紙一枚分程度を積み重ね
着実に日々成長しているのは
子ども達だけでなく
センセイ達も同様なのです。

そんな人はいませんが
にじのとり保育園は
こと保育に関して
「できない」と言って
やろうとしない人に照準は合わせません。

ちなみに
運動会や年中の行事は
一人一人が持ち寄る
「自分のやりたいこと」を
年数、経験に関係なく
プレゼン方式で内容を決定しています。

頭の中から湧き出た「やりたい!」は
年数や経験、ましてや資格のあるなしなんて
一切関係ありませんから。



ママのことも、センセイのことも
「やる!」と決めた「本気」を応援しています。


園長(だからまず思いは口に。)





遠足~千里南公園~

今日はつばめ組さん、遠足の日でした。

fc2blog_2013101817043575e.jpg


場所は『千里南公園』。
堺筋線の地下鉄の電車一本で行けます。

どんぐりも
落ち葉もいっぱいあります。
たくさんたくさん拾いました。

『お弁当にしよう』と言いだす子が
いつも若干1名いますが
今日もやっぱり。

師匠はどうしたって
お弁当です。

今日はこんな感じ。
シンプルですが
愛情とお楽しみたっぷり詰めて
朝から腕が鳴りますね。

お弁当にししゃも。
渋いなぁ~。

fc2blog_201310181705237cd.jpg



ママ達はすぐに子どものお弁当と言うと
大変だ!とか
見られたら恥ずかしい!とか思いがちですが
このお弁当はカッコワルイですか?
時間かかりそうですか?
誰かに見られたりしたら恥ずかしいですか?

これを一人分なら
忙しくてもすぐに作れませんか?

にじのとり保育園が誇る
『自信満々弁当』ですよ♪(^。^)♪
みんなの中に
また愛情の種が植えられました。

fc2blog_20131018170650cdb.jpg



お弁当を食べたら
きえセンセイ持参の手作り風船で遊びました。

fc2blog_2013101817062405e.jpg


まだまだ名残は尽きないまま
公園を後にしたつばめ組さんです。

みんな無事に、
満足のまんまる笑顔で帰ってきました。



============


<来週の予定>

来週は25日(金)に
お誕生日会の後、つばめ組、ひばり組、めじろ組
みんなで中之島公園へ行って(ここまではいつもと一緒)
中之島公園でお弁当を食べます。
お弁当は保育園で作って持っていきますから
持参しなくて大丈夫です。

もちろん
気温や天候、子ども達の体調と相談しながらということになります。
台風も接近しているようですから
当日のことはわかりませんが
その予定にしています。

お楽しみに♪♪♪


園長(みんなで外で食べたらきっとおいしいね♪)



【Trick or Treat】


最近涙もろくて
ちょっとしたことですぐウルウルしてしまうのは
秋のせいだけでなく
私の場合、どんな場面でも
『人』を通して
ダイレクトに『愛』を感じているからだと思います。

色んな行事を子ども達と一緒に体験した
にじのとりっ子達のママも
そしてママじゃなくても
ここで同じ思いをシェアしているみなさんも
きっとなんらかの形で
私と同じような感じではないでしょうか。

今の今
色んな場面で
同じ思いを同じ気持ちで
分かち合える人がいれば
それが人の生きる力になるのではないかなと
思っています。

人と人である以上
『絆』を紡いでいくためには
お互いの努力は必要不可欠ですが
ふとした時に
人と人の深まりを感じたら
それはきっと片思いではないと思います。

最近、絆が深まったなぁと感じる人はいませんか?
きっとその人もそう思っていますよ。


===========


昨日お伝えした
今年度の大きな行事のお話は
一朝一夕にできるものではないので
早めにお伝えをしましたが
保育園ではそれまでにも
日常の保育はもちろん
小さな行事もあります。

直近の行事は『ハロウィン』です。

ちょっとした仮装をして
商店街を練り歩くだけですが
大げさにこれを
『にじのとり保育園のハロウィンパレード』
なんて嬉しがるものですから
歩くだけなのに
大騒ぎです。

保育園でも
少々の衣装はありますが
おうちに
もう今しか着せられないような
着ぐるみ系つなぎのお洋服とか
ママ手作りの
ハロウィンカチューシャとか
そういうのをお持ちでしたら
ご遠慮なくお持ちください。

そういや去年は
ずっと泣いてたトラさんがいましたね(笑)

それから今年は
子ども達の人数も増えましたから
お菓子をいただくポイントが増える予定です。
いや、増やします。
パレードのコースはまた直近にお伝えするとして

Trick なしで
今からご協力を仰ぎに
行ってきます。



園長(生後1年間はママとの絆、育み期ですよ♪一生分べったり一緒にいてあげてください・・というのがにじのとり保育園の方針です)

20131016.jpg

思いがあって行動が


地味なお話ですが
夏に2歳児を受け持ってくださっていた
りなセンセイの退職に伴い
1歳児の担任だったちずセンセイが...
2歳児『ひばり組』の担任を
ゆいセンセイと一緒にさせていただいています。

公のご挨拶もなく、大変失礼しました。

実はちずセンセイは
ご結婚もされて
二人の男の子を子育て中に
保育士の資格をとられて現在に至ります。

独学で保育士資格を取るというのは
なかなか難しく
せっかく資格がとれても
保育園などに就職することは
もうひとつ難しいことかと思います。
なかなか門戸が狭いということを
私は感じています。

そんなちずセンセイが
昨年の今頃
保育士募集をした時に面接に来られました。

お話をしながら私が感じたのは
朴訥としているけど
ちずセンセイは小さなことに感謝ができる人だと
そうして今も生活しているのだということが
30分間のお話の中から
本当によくわかりました。

一緒にやっていきたい!
即決した私がその思いを伝えると
ちずセンセイは
涙を流しました。

それから1年間。

ご自身のこれまでの生活リズムを大事にしながら
自分の持てる限りの技を使って
子ども達一人一人や
保育や保育園と向き合う姿は
本当にひたむきで
私は頭が下がるのですが

ーーーーー

先日の運動会で
全ての片付けが終わった後
当日少しだけ早起きして、
私が作ってきた
小さなおにぎりをみんなに配ったのですが
みんな無言で食べてくれました。

個人的に私はそのおにぎりを握りながら
運動会の無事と
そこに集まるみんなの笑顔を祈り、
願っていましたから
それらをセンセイ達が
終わってから無言で食べてくれていることは
私にとっては
祈りの成就そのものだったので
それだけで大満足だったのですが

家に帰って一日を終え
ほっと一息つく頃に
メールが入りました。

ちずセンセイからでした。

それは
あのひとつのおにぎりが
今ごろ
ホッコリ効いてきたと、
だからありがとうと
それだけを私に伝えてくれたメールでした。

何も期待していなかった私にとって
まさかのお返しプレゼントとなった
一通のメールは
本当にとっても嬉しかったです。

そしたら今日、
いつも何かと手作りおやつを作って
持ってきてくれる
きえセンセイから
いつものように小さなおやつを手渡されました。
今日はポテト系のお菓子でしたが
手渡してくれる時に

『おにぎりありがとうございました♪』と。

その一言には
現在資格を取るために
日夜勉強を重ねているきえセンセイが
生まれて初めて
保育する側として経験した
運動会という行事に対する
謙虚なおそれとか
嬉しい思いとか
そして
子ども達や保育園への思いとか
ちょっとした決意表明とか
そういったものが
ぎゅっと凝縮されているように感じました。

こちらもとても嬉しくて
いつも以上に噛みしめて食べましたよ。

日常的に感じた小さな『思い』を
自分なりの表現方法で伝えてくれる。
これはなかなかできるようで
誰でもできるものではありません。
若い頃の私には
本当に難しいことでした。

まず『思い』ありきですから
何も感じない人になっちゃいけない。
抱いた『思い』は
何かに込めてやはり届けなければ。

きちんと発していると
きちんと受けてくれる人に出会えます。
だから若いうちは
いや、ちょっと年齢を重ねても(笑)
にじのとり保育園に関わっている人は
しっかり発してください。

ありがたいと思うことや
嬉しいなぁ
感動!と思うことに積極的に触れて
ココロをイキイキとさせていてください。

そのスキルは
保育園での職務経験とか
母親として過ごした年数とか
年齢は関係ないと思っています。

文字でも言葉でも
なんでもいいから
我がままとは違う思い、
特に自分の中から溢れる『思い』は
表に出していきましょう。

ちゃんと
キャッチされます。

ほんとですから。

今日は最後に
子どもに『ありがとう』を習慣付ける
一番の近道を。

子どもが何かをもらった時だけ『ありがとう』と
言わせることよりも
大人が子どもに
ちゃんとありがとうを伝えること。

そしてそれより大切なのは
大人同士がお互いに
『ありがとう』と伝えあっている環境で
子どもを育てること。
これが一番の近道です。

今の日本を憂う前に
他の誰かを非難する前に
まずは家庭から
まずは自分から♪(^。^)

=============

今日の写真は運動会から抜粋。
ふれあい遊びの様子です。

無題
_MG_0943-1.jpg
_MG_0859-1.jpg
_MG_0854-1.jpg


大きくても
小さくても
ふれあい遊び大好きです。

<幼児あるある>

少し大きくなったら
抱っこされてる子を見たら
『うわー、赤ちゃんやー』と言う子がいます。
きっとおうちで言われてるんだと思いますが
そんなことを誰かに言われても
ひるまない子でいましょうね。

求めるまでいっぱい抱っこしてあげてください。

保育園の大きい組さんの子も
よくそういうこと言ったりしてるのを聞くことがありますが
にじのとり保育園では
そういう言葉は使いません。
ある意味気持ちの上では
赤ちゃんで大いに結構だからです。

私は
子どもが
『抱っこ』と求めてきたら
思う存分抱っこしたり
おひざに座らせてあげて欲しいと思います。

抱き癖万歳!

すぐに親の膝からいなくなるのですから。



園長(いいグローブ買おうと思います)

【まず思いがあって、そして行動へ】



地味なお話ですが
夏に2歳児を受け持ってくださっていた
りなセンセイの退職に伴い
1歳児の担任だったちずセンセイが
2歳児『ひばり組』の担任を
ゆいセンセイと一緒にさせていただいています。

公のご挨拶もなく、大変失礼しました。

実はちずセンセイは
ご結婚もされて
二人の男の子を子育て中に
保育士の資格をとられて現在に至ります。

独学で保育士資格を取るというのは
なかなか難しく
せっかく資格がとれても
保育園などに就職することは
もうひとつ難しいことかと思います。
なかなか門戸が狭いということを
私は感じています。

そんなちずセンセイが
昨年の今頃
保育士募集をした時に面接に来られました。

お話をしながら私が感じたのは
朴訥としているけど
ちずセンセイは小さなことに感謝ができる人だと
そうして今も生活しているのだということが
30分間のお話の中から
本当によくわかりました。

一緒にやっていきたい!
即決した私がその思いを伝えると
ちずセンセイは
涙を流しました。

それから1年間。

ご自身のこれまでの生活リズムを大事にしながら
自分の持てる限りの技を使って
子ども達一人一人や
保育や保育園と向き合う姿は
本当にひたむきで
私は頭が下がるのですが

ーーーーー

先日の運動会で
全ての片付けが終わった後
当日少しだけ早起きして、
私が作ってきた
小さなおにぎりをみんなに配ったのですが
みんな無言で食べてくれました。

個人的に私はそのおにぎりを握りながら
運動会の無事と
そこに集まるみんなの笑顔を祈り、
願っていましたから
それらをセンセイ達が
終わってから無言で食べてくれていることは
私にとっては
祈りの成就そのものだったので
それだけで大満足だったのですが

家に帰って一日を終え
ほっと一息つく頃に
メールが入りました。

ちずセンセイからでした。

それは
あのひとつのおにぎりが
今ごろ
ホッコリ効いてきたと、
だからありがとうと
それだけを私に伝えてくれたメールでした。

何も期待していなかった私にとって
まさかのお返しプレゼントとなった
一通のメールは
本当にとっても嬉しかったです。

そしたら今日、
いつも何かと手作りおやつを作って
持ってきてくれる
きえセンセイから
いつものように小さなおやつを手渡されました。
今日はポテト系のお菓子でしたが
手渡してくれる時に

『おにぎりありがとうございました♪』と。

その一言には
現在資格を取るために
日夜勉強を重ねているきえセンセイが
生まれて初めて
保育する側として経験した
運動会という行事に対する
謙虚なおそれとか
嬉しい思いとか
そして
子ども達や保育園への思いとか
ちょっとした決意表明とか
そういったものが
ぎゅっと凝縮されているように感じました。

こちらもとても嬉しくて
いつも以上に噛みしめて食べましたよ。

日常的に感じた小さな『思い』を
自分なりの表現方法で伝えてくれる。
これはなかなかできるようで
誰でもできるものではありません。
若い頃の私には
本当に難しいことでした。

まず『思い』ありきですから
何も感じない人になっちゃいけない。
抱いた『思い』は
何かに込めてやはり届けなければ。

きちんと発していると
きちんと受けてくれる人に出会えます。
だから若いうちは
いや、ちょっと年齢を重ねても(笑)
にじのとり保育園に関わっている人は
しっかり発してください。

ありがたいと思うことや
嬉しいなぁ
感動!と思うことに積極的に触れて
ココロをイキイキとさせていてください。

そのスキルは
保育園での職務経験とか
母親として過ごした年数とか
年齢は関係ないと思っています。

文字でも言葉でも
なんでもいいから
我がままとは違う思い、
特に自分の中から溢れる『思い』は
表に出していきましょう。

ちゃんと
キャッチされます。

ほんとですから。

今日は最後に
子どもに『ありがとう』を習慣付ける
一番の近道を。

子どもが何かをもらった時だけ『ありがとう』と
言わせることよりも
大人が子どもに
ちゃんとありがとうを伝えること。

そしてそれより大切なのは
大人同士がお互いに
『ありがとう』と伝えあっている環境で
子どもを育てること。
これが一番の近道です。

今の日本を憂う前に
他の誰かを非難する前に
まずは家庭から
まずは自分から♪(^。^)

園長(いいグローブ買おうと思います)

20131014.jpg

【ありがとう運動会】


10月12日(土)
にじのとり保育園の第2回運動会が
予定通り行われました。

遅刻者なく
けが人なく
OBっ子達まで
おじいちゃん、おばあちゃん同伴で
とっても楽しく行われました。

競技はどれも楽しく
パパ、ママフル出場の中
家族で大いに楽しんでいただけたかと思います。

今後、
にじのとり保育園では
行事のたびに
「家族色」を出していきたいと思います。

お兄ちゃんやお姉ちゃんが
もっと積極的に
行事に参加できたり
おじいちゃん、おばあちゃんの出し物も
積極的に作ったり
色々アイディアは浮かびますね。

時間の枠と相談しながら
今後も
更によいものを目指していきたいと思います。

もう既に来年の話をしている
パパやママがいらっしゃいましたから(笑)

とにかく
センセイや子ども達はもとより
ご家族のみなさんも含めて
そこにいたみんなが
ほんとに楽しくひとときを過ごせたことが
何よりの喜びで
それこそが
にじのとり保育園のプライドだと
改めて思っています。

今日の写真は
園長が自腹で(←ココ重要)
用意した
「特別賞」の数々のうちのひとつ

「おとなげなかったで賞」を受賞した
杏ちゃんのパパの
受賞の喜びを大いに語るのワンシーン。

前日の夜
誰もいなくなった保育室で
コソコソ作った「ばかうけキャンディレイ」が
本当によく似合う黒いTシャツです。

大概私が1歳児めじろ組には
「オトナゲないのは全然あり」と
お話していたのですが
みなさん、ほんとにオトナゲなく
私の言葉に従われましたから
全員にあげたいぐらいなのですが

杏ちゃんパパ受賞の決め手は
杏ちゃんがいやがって
競技中にギャンギャン泣いて
抱っこされたがっていたのに
はいはい。。と軽くいなし
笛が鳴ったら強引にワッカに運び
年長者の男の子から
強引に「勝ち」を奪いに行く姿。

杏ちゃんはワッカなんかに入っても
全然嬉しそうじゃないのに・・・っていうところです。

いやー
見ごたえのある
いい競技でした。

追々
パパ・ママ達を追った
「カメラは語る」の写真は
解説付きでUPします。

ひとまず
無事の運動会の終了を
感謝と共にお伝えいたします。

みなさん本当に
ありがとうございました。


園長(パパ・ママみんな混みで忘年会したいですよね・・)

20131013.jpg

今日の保育園の様子と運動会当日の諸注意

今日もまたお誕生日会でした。

朝から
とってもよく似会う
グリーンのレースのワンピースを着てきた
タバサちゃん。

今日が自分のお誕生日だということが
本当によくわかっていて
朝からニッコニコでした。

お誕生日会が始まると
呼ばれる前から
みんなの前でひととおり
ワンピースを見せて
くるっと回り
さっさと虹色の椅子に座って
とっても嬉しそうに歌やプレゼントを待ちます。

その様子は
先日の天満音楽祭でテレビカメラに抜かれていた
タバサちゃんのママそっくりでした。

2歳のお誕生日おめでとう♪
足の指も嬉しそうです。

fc2blog_20131011134854013.jpg


誕生日会と言うと
いつもこの3人が
ひな壇の1列目を陣取ります。

fc2blog_20131011134959c21.jpg


自分達のポジションを
本当によくわかっていて
センセイの問いかけには
とってもいいリアクションをしてくれたり
大阪のオバチャン的突っ込みをしてくれたりします。


でも
やっぱり
親方、師匠クラスはコッチの砂かぶり席です。
貫禄すら感じます。

fc2blog_20131011135017c67.jpg



============


明日の運動会に向け
今日、通して競技を行いましたが
昨年度と違い
人数も増えておりますので
大人の迅速な行動が鍵を握ります。

それぞれの競技前には
迅速にお集まりください。

集合時間ですが
9:40北区民センターです。

※遅刻厳禁です。
※10時には入場行進を始めます。
※特に指定の持ちものはありません。
お茶やタオル、レジャーシートや座布団など
必要と思われるものを各自お持ちください。


当日欠席の連絡は
必ず9時半迄に 090-9982-8435 までお願いします。


受付の際に
各クラスごとに色分けしたテープに
お名前を書いて
胸に貼って頂きます。
(親への名札はまりなちゃんのパパの提案です)

ご自身で
ステキなジャージに
名札を縫いつけてこられるのはOKです。
(深い意味はありませんよ、、と一応書いておきます・笑)


昨年度と違うのは
子ども達だけで入場行進を行うことです。

子ども達は
受付を済ませたら
パパママと離れてセンセイと出番を待ちますので
よろしくお願いします。

きっと泣く子は泣きますが
その時はその時です。

どうぞよろしくお願いします。



園長(みんなで楽しい運動会にしましょう♪♪♪)


超ポジティブな前向き解釈

いよいよ明日運動会ですね。
運動会には
オレンジのにじのとりTシャツでご参加ください。

あのにじのとりTシャツには
背中に背番号がついています。
在園中は
誰ともかぶらないように
背番号を決めます。

昨年は
人数が少なかったですから
背番号を見たら
どの子かすぐにわかったのですが
さすがに今年は
番号も複雑になり
人数も増えたので
番号を見てもちょっと考えるようになりました。

そんな中
今年の4月に入園を決めた
新しいにじのとりっ子達の分の
背番号を受け付けて
Tシャツの発注をしたのですが
10月から入園が決まっていたなでしこちゃんのママから

『センセイ、、、ウチの子と番号がかぶってる子がいます、、、』

と教えてもらって
初めて気付いた番号が26番でした。

先になでしこちゃんから聞いた番号でしたから
たまたま4月にはいなかったけれど
その番号はなでしこちゃんのものです。

本当に申し訳ないことをしましたので
即座に私が間違って
26番はOKと言ってしまったママに
お詫びをしました。

ママは嫌な顔ひとつせず
新たな番号を思いめぐらしてくださいました。

『思いつかんなぁ・・・・』とママが仰った時に
私は新たな自分の失態に気付きました。

開園前からブログをご覧になってくださっている方は
ご存じのことかと思いますが

私は、それほど熱狂的ではないにせよ
関ジャニ∞(エイト)を応援しています。
『∞』の意味合いもいいので即決定して
私の背番号は『∞』です。

この番号は誰ともかぶらない。
でも、
いつの日か
『エイトくん』という子が入園してきたら
私と同じ番号になることをお勧めしようと
開園当初胸に秘めて引き寄せ
密かにまだ見ぬ『エイトくん』と
二人でお揃いの番号を背負う姿を想像していました。


そして今回
なでしこちゃんと26番で番号がかぶっていたのは
他ならぬ『エイトくん』だったのです。

背番号がかぶってしまって
2家族にご迷惑をおかけしたばかりでなく
自分が当初強く願い
引き寄せたはずの『エイトくん』を
まさかの自分が忘れるという大失態ですが

当初の思いを忘れていた私に
あえて、あえて神様が
他の子とかぶる番号をつけるように仕向けてくださったのだと
超ポジティブな前向き解釈をしています。

晴れて、運動会では
そんないわく付きの番号を背負った
『エイトくん』の大活躍は見ものです。

みんなガンバレ!!


1374334_496385963791461_661914486_n.jpg



園長(言霊や心からの願いはやっぱり現実化しますね♪いい言葉を発しましょう♪)

まさかの『勝ち』

段々ワッカ取りのルールがわかってきましたよ。

今日の各クラスの
ワッカ取りチャンピオンは
この3名でした。

fc2blog_201310101403141a1.jpg


つばめ組
まさかのミントくんの初回敗退で
王子さま、師匠、メイちゃんが
大喜びで最後までしのぎを削ったのですが

ワッカの残りが最後1個になったら
王子さまも師匠もニコニコして
メイちゃんがワッカの中に入るのを見てるんですよ、、、

拍手せんばかりの勢いです。

メイちゃんもメイちゃんで
『いいの?かまへん?入るでぇ、、』という感じ。
わかってるんだか、わかってないんだか
全然かまわない。
マイペースの
とってもおだやかなつばめ組です。


ひばり組は
敗退すると泣きだしたチャッピーちゃんを尻目に
無欲の二人
アニキとやべっちが残りました。

最後は
一歩の差で
まさかのアニキの無欲すぎる勝利です。

別に勝ったと言って
狂喜乱舞するでもなく
こちらもしれ~っと1位を噛みしめるのでした。

そしてめじろ組は
こちらもまさかのビリーくんの勝利です。

闘争心やズル心溢れる女子達を尻目に
フラフラと勝利をもぎ取りに行きました。

今日は
フレッシュくん、ビートくんがお休みだったというのも
ビリーくんの『すんなり勝ち』に繋がったかもしれません。

運動筋肉系男子が
この競技に強いようですね。


============



そんな中
今日は
リトミックと誕生会。

誕生会は
きなこちゃんの2歳の誕生日を
みんなでお祝いしました。

一張羅のカワイイお洋服を
ママに持ってきてもらって
とっても可愛くしてもらったことが
嬉しすぎたきなこちゃんなのでした。

冠デザインは
ブランコ遊びが大好きなきなこちゃんが
ブランコに乗ってる仕様です。

カードは
鏡を見るのが大好きで
毎日お顔チェックしてから保育園に来るきなこちゃんの為に
『魔法のかがみ』がテーマです。

♪かがみよかがみ・・・と
声を掛けて鏡を開くとあら不思議、、、(^。^)

fc2blog_2013101014050569a.jpg


『この子にフリフリは似合わないから』と
ママが用意してくれたお洋服は

お花柄の
サイケなボトムスに
お花の髪飾りでした。


お給食は
お味噌汁とごはんに
チキンのトマトクリーム煮。

fc2blog_20131010140412493.jpg


今日もものっすごく食べました。

トマト缶、鶏肉、ニンジン、玉ねぎ、じゃがいも(すりおろし)
水、コンソメ、豆乳、にんにく少々、オリーブオイル

ぐつぐつ煮込みました。

何の野菜を入れても大丈夫ですね。
最近は
食べるのにかかる時間も短くなってきました。


さてと、
明日は
おかわりが早く欲しい時には嘘泣きをする
タバサちゃんのお誕生日です。


タノシミ、タノシミ、、、。



園長(風邪引きさんが少し増えてきましたね。気をつけていきましょう)

親子ダンス

運動会の親子ダンスのお話の前に
大切なご連絡をひとつ。


来年度4月からの入園児さんの募集を
10月1日から始めておりましたが
4月から決定している
確実な空席につきましては
現在の時点で満席となっております。

認可保育園へのお申込みをされない
専願でにじのとり保育園をご希望してくださった
ご家庭がお席の確保となりました。

次の空席の確定は
認可保育園へのお申込みを終えて
結果がわかってからとなりますので
2月半ばごろとなる予定です。

ただし
お席はご用意できても若干数となりますので
ご了承くださいますようよろしくお願いします。


========



では親子ダンスネタを。

ネタバレはやめておこうと思ったのですが
プログラムを見て頂けたかと思いますが
ほとんどすべての競技が『親子競技』となっております。

ガチ参加のママ達の立場になると
やっぱり
『完ぺきにやりたい!』と
思うママも多数いらっしゃることかと
思いまして
(2名いたら多数・笑)

ピコちゃんのパパは
傾向と対策を練ってらっしゃるそうだし
嵐くんチも
マイペースな息子攻略作戦を
練ってるそうですから、、、(笑)

ちょっとだけ
練習風景お見せします。








このダンスの中では
ポーズがあります。


ショベルカーのポーズ。
膝までしっかり抱えてあげてくださいね。


fc2blog_201310091653400c2.jpg



はしご車のポーズ。
これはもう肩車です。
子ども達大喜びですね。


fc2blog_201310091653547fc.jpg



そしてクレーン車のポーズです。
脇を支えて
左右にぶらんぶらん振ってあげてください。


fc2blog_20131009165406dd1.jpg


結構
この1曲終わると
はぁはぁ・・息切れ起こします。
若いパパママは大丈夫かと思いますが、、、、、。

あとは
『うっ!』『はっ!』の掛け声が決め手です。
おなかの底から声を出してください。

お空にまで届くような声で と
子ども達にはお話しながら練習しています。

練習の最後に
得点を入れてもらう時に

『今日一番大きなお声で うっ!はっ!って言えた子は・・・・』って
名前を呼ばれるのを待っている時の子ども達の顔
ほんとにキラキラしていますよ。



園長(あと二日です)

田舎部からの贈り物

先日
子ども達がお昼寝をしている時に
田舎部のお兄さん(ちえセンセイの弟さん)が

稲穂のついた藁と

fc2blog_201310091201235d2.jpg

田舎のみちこばぁば(ちえセンセイのお母様)が作った
かぼちゃを持って来てくれました。

もちろん、除草剤とか化学肥料を使わずに作ったかぼちゃは
こんな感じ。
このまま皮まで食べられますよ。

fc2blog_2013100912013245d.jpg



かぼちゃはごろごろさせた後、一部を
昨日のおやつ
『かぼちゃとサツマイモの茶巾』に。

(奥に見えるカップナントカは園長がどうしても食べたくなった逸品)

かぼちゃとかさつまいもを食べちゃダメな子には
ごまおにぎりがありましたよ。


fc2blog_20131009120159cd7.jpg


そして今日の
かぼちゃと玉ねぎのポタージュスープ。

かぼちゃのダメな子には
ニンジンと玉ねぎでポタージュスープにしました。

こうやって写真で見ると
粗食感ハンパないですね。


fc2blog_20131009120211bea.jpg



で、
1枚目の写真にあった藁ですが
小さい子には
肌の敏感な子がいて
肌の表面にぶつぶつができたら可哀想だから
大きい子に是非
このニオイを楽しませてほしいと
田舎部のお兄さんが置いて行ってくれたのですが

大きい子のセンセイに
『ハロウィンだし、おどろおどろしい藁人形でも作ろうか♪』と
ふざけた提案をしてみるも

『園長センセッ!』と
軽くたしなめられるテイで
こんなカワイイものを製作してくれました。


『藁のリース byつばめ組』

fc2blog_20131009120147d68.jpg


にじのとり保育園には
遠く離れた田舎があります。

離れていても
同じ思い、同じ心で
保育園と
にじのとりっ子の成長を願ってくれている
大切な大切な場所です。

日ごろの子ども達の無事と健康は
今ここにいる私達だけでなく
こうした
たくさんの
普段は目に見えない人達の心で
育まれていたりしています。


感謝の限りを尽くします。

本当に
ありがとうございます。



園長(しかし、ポタージュスープは大人気)




【ママの笑顔が子どもの笑顔に】



毎日の交換日記で
ママ達は色んなことを教えてくれます。

子ども達の天満音楽祭での
ひとまずの生活発表を見て
これまで忘れていた
自分の中の『やりたい!』とか
『好きなこと』を思い出したと
教えてくれるママがいます。

子どもが生まれたら
好きな裁縫を生かして
お洋服を作ってあげたいと思っていたのに
日常に流されると忘れてしまっていた、、
今回思い出したので
何か作ってやろうと思う!とか

ずっとやりたかったゴスペルを
やることに決めた!
子どもに負けてられない!とか、、、。

子ども達きっかけで
常々私がママ達に伝え続けていた
『自分の好きなこと』
『これをしていたら楽しくてしょうがないこと』
それらを
手探りでも
見つけはじめているママ達は
きっと心から
笑顔も気持ちも輝いているはずです。

それを想像すると
嬉しくてまた私はウルウルするのです。

なぜならその輝きが
子どもを輝かせるのですから。


==========


そんな中
とあるママのお友達ママが
ご自分の子どもさんが拗ねて笑顔を見せず
お別れのバイバイが出来ない時に

『笑顔でバイバイしないと
後で後悔するよ~、笑顔でバイバイしよう~』と
話しかけておられ、
その言葉にドキッとしたと
私に教えてくださいました。


私は子どもが
拗ねて笑顔を見せなくても
それがその日の
その時のその子のありのままなら
ママはその表情や様子を
そのまま受け止めてあげて欲しいと願います。

子どもは
後で後悔するから
ひとまずお別れの時に笑っとくんじゃありません。
心のありようで
笑顔になったりそうでなかったりします。

気持ちは笑顔でも
表に出ない時だってあるかもしれません。

笑顔じゃない真顔だって
ちょっと拗ねた顔だって
それはその子のそのままです。

笑ってる顔だけがいいんじゃないし
100点獲った時だけ褒められるんじゃ
子どももやってられない(笑)


子どもは確かに大人を
笑顔にしてくれたります。
癒しの存在になったりもしますが
それは子どもが
そうしようと思ってしているのではありません。

受け手の大人の感性次第で
癒されたり
ちょっと腹立たしくなったりするのです。

ママや家族や周りの大人の人達から笑顔を覚えて
1歳も過ぎて少し大きくなりつつある子どもは
今度は心が成長しますから
笑顔の意味を知り
一緒にいる人の
嬉しい顔を見て
同一している喜びを感じて
笑顔になります。

だけど
人間ですから笑顔ばかりじゃありません。
それは尊いことですから
どうぞ
『そのまま』を受け止めてあげてくださいね。
そして知らない間に子どもに
『笑顔の強要』をしないよう自然体でいてあげてください。

保育園では子ども達が笑顔で過ごせるよう
一番大切にしているのは
保育士の出す『ネタ』ではなく
『保育士そのもの』
『保育園そのもの』なのです。


最近怒ってばかりいるな、、って時には
どうぞ
私を活用してください(笑)

隣にいる人と『楽しいね♪』
『楽しかったね♪』って言い合える経験は宝物です。


園長(あなたの好きなことは何ですか?)

20131008.jpg

運動会のプログラム発表します

毎日のノートから
尋常でないママ達の運動会への意気込みを感じます。

それどころか
2周年記念行事の『音楽祭』の出し物にまで
思いが飛び火しています。
いいですね~。
まさに『祭り』です。

そうじゃなくっちゃ!です。

ご自身の学生時代より盛り上がってください。

ちなみに応援うちわは
こんな感じに仕上がっています。
バルーンも見せてもらいました。


芽蒔路組(めじろぐみ)のビリーくんの。

fc2blog_2013100810401562a.jpg

裏はこんな感じ。

fc2blog_201310081040301f9.jpg


陽晴凛組(ひばりぐみ)のムーンちゃんの。

fc2blog_20131008104053b16.jpg


あえてのヤンキーカラーが映えますね。

fc2blog_20131008104041516.jpg


こちらは運動会に参加できないメイちゃんのバルーン。
力もらえますね♪

fc2blog_20131008104206c6d.jpg

ママ達の意気込みのおすそ分けです。


来年あたりは
各学年の人数がほぼ均等になる予定ですから
パパママのガチクラス対抗リレーとか
やがては近隣の認可外保育園対抗運動会も
できたらいいなと漠然と視野に入れてます。


前書きが長くなりましたが
プログラムはこちらです。
↓↓↓↓↓↓↓



img008.jpg

10時スタートとありますが
パパママと離れて
10時には入場行進スタートということですから
9時半頃からゆるゆる集合してください。
(9時半より前には入れません)





親子ダンス『ちからあわせて』に関しては
ネタバレなしでいきます。

体力温存、筋肉痛対策
色々ご検討くださいね。

炭水化物で栄養補給しながらの参加はOKです。


ちなみに嵐くんのパパの50キロランニング
余すところあと3キロです。



<園長センセイのこっそり告げ口のコーナー>

そり競争はめじろ組有利の様子。(今日も優勝)
子どもの体重が鍵。
つばめ組は人数調整の為
一人2回以上やらなければならず
パパ、ママの体力が鍵。

めじろ組
ぶっちぎるなら『そり競争』。

ただし
ひばり組は
体育会系勢ぞろいなので
闘志に関しては予測不能。
ハートの強さで勝てることを知ってるだけに脅威。

各クラスの走る順番は
各クラスのパパママの申告にお任せします。


※OB参加のお友達のチームは下記の通りです。

任三郎くん(ひばり組)
サリーちゃん(ひばり組)
トニーくん(ひばり組)

はやぶさくん(つばめ組)



あ、それからもうひとつ。。。。。。


続きを読む

さて、次は運動会です。

運動会の練習風景を今週は
UPしていきますよ。

ママ達から
「エビカニクス」踊りたい!!

という要望を多数頂きましたので
(二人いたら多数・(笑))

ママ達も一緒に踊ってください。

あ、
そのかわり
キレキレダンスでお願いします。
AKB48なら大島優子さん風でお願いします。

ただ、
この曲の他に
今年は「親子ダンス」が
プログラムインしていますから
この準備運動から参加ということになりますと
ほぼフル出場ということになりますので
しっかり体力作りをお願いしますね。

服装は昨年のQちゃんママのように
今から走りに行くんですか?
ジム通いですか?
というぐらいの
スポーツウェア(しかも可愛いヤツ)のようなもので
よろしくお願いします。

靴もそれなりでお願いします。

あ、
まりな王女のおばあちゃま
エリザベスさまは
ドレスとハイヒール着用でも大丈夫です。


では運動会練習
まずは動画をご覧ください。







このワッカ取り
つばめ組は子どもが中心になってやりますが
めじろ組さんは
学年混合でやりますので
どうしても不利になりますから
パパ・ママがお子さんと手を繋いで
ワッカを取りに行ってあげてくださいね。

各クラスで1位は誰だ?
時間があればやりたいですね。

近々プログラムもUPします。



園長(1歳児さんも負けてませんよ)

天満音楽祭、ありがとうございました。

日曜日は天満音楽祭に出させて頂きました。

初めて地域の大きい行事に参加させて頂いて
得るものがとても多かったです。

その場所で大泣きすることなく
その子なりのスタンスで
楽しんでいた様子を見ることができて
とてもよかったです。

また
ご家族お揃いで
おじいちゃまやおばあちゃまの笑顔も
一緒に見られたことは
とても嬉しいことでした。


実は私は
トトロの『さんぽ』という曲を聞くと
泣けてきます。

モノ悲しいわけではないのですが
心の琴線に触れる曲なのです。
もう
あのイントロの♪ドン♪ドン♪という音を聞いただけで
ウルウルしてしまうのです。

私ごとですが
長男が幼稚園に行き出して
初めての運動会。
入場の曲が『さんぽ』でした。

その曲が大きなスピーカーから流れてきただけで
『うわっ』と思ったのですが

その曲に合わせて
子ども達が一生懸命歩いているだけで
泣けていたのは
当時私だけではありませんでした。

今回も
そういうママがいらっしゃったんじゃないでしょうか
なんてことを思いながら
ステージの端っこで
みんなの元気な姿を見て
心躍る私なのでした。


ーーーーーーーーー

地域のカラオケ大会に出させていただいた時に
何気なく書いた
『次は天満音楽祭』という言葉を受け止めて下さり
音楽祭出場に向けて
お心をかけて下さった地域の皆さまには
心から感謝致します。

どうぞこれからも
にじのとり保育園と子ども達に
ご助言、ご助力を賜りますよう
よろしくお願い致します。


今日のブログは
天満音楽祭の様子を
少しだけ写真でと思ったのですが
画素数の大きい写真はブログに貼れず
加工の手間がかかるので
エビカニクス中の
センセイの写真を2枚だけ貼っておきます。

こんな顔で子ども達の前で体操していることが
当日の子ども達の笑顔に繋がっています。


ひーこセンセイ

hi-ko.jpg


そして、くみこセンセイ

kumiko.jpg



ママ達がノートに書いて下さった
自分のお子さんが出てるのに
決して自分本位でない
天満音楽祭の
心温まる感想は
センセイ達みんなで読ませて頂きます。

日ごろの保育へのご協力を
心から感謝致します。



『にじのとり保育園に
子どもを預けて本当によかった』

ママがこう書いて下さったことを宝物に
これからも精進して参ります。

一緒にカワイイ子ども達の
心を育んでいきましょう。

どうぞよろしくお願い致します。



園長(さぁ、次は運動会です。明日からは傾向と対策についても掲載します)

【天満音楽祭】



雨が降ったらどうしよう
お休みする子が多かったらどうしよう
たくさん泣く子が出たらどうしよう

センセイ達の不安は
話し合いでひとつひとつ解決して
無事に天満音楽祭の出番を終えました。

スタンバイしている場所では
関西テレビの取材班のお姉さんに
インタビューを受けました。

テレビカメラも
本番はぐいぐい撮っておられましたね。
みゆちゃんがインタビューに答えていました。

どうやらその様子は
お昼のニュースで流れたそうですが
私は確認できていません。

1曲だけの披露だと思っていたパパ、ママ達を煙に巻き
5曲も6曲もやって
挙句、運動会かっていうような
体操までやって
大盛り上がりの上
ひとつ足跡を残すことができました。

正直老体にムチ打ちましたが
皆さんと共に
楽しく過ごせた20分間でした。

地域のカラオケ大会に出させていただいた時に
何気なく書いた
『次は天満音楽祭』という言葉を受け止めて下さり
音楽祭出場に向けて
お心をかけて下さった地域の皆さまに
心から感謝致します。

どうぞこれからも
にじのとり保育園と子ども達に
ご助言、ご助力を賜りますよう
よろしくお願い致します。


今日の写真は
これまでずーーーーーーーーっと
参観日ではママのお膝に座って
『いやいや』を連発していたミルキーちゃんが
今日初めて
パパ、ママ、おじいちゃん、おばあちゃんが
見守る中で
しかもたくさんの人の前で
いつもの保育園での
カワイイ様子を見せることができて
みんなにいっぱい褒められて
ニッコニコで帰っていく時の様子です。

ミルキーちゃんもそうですが
パパとママの
とにかくとっても嬉しそうな笑顔が
私には何より嬉しいです。

どうぞ
今日の子ども達のことは
たくさんたくさん
褒めてあげてくださいね。

それから
パパ・ママこぞっての盛り上げ隊は
何より最高でした。
ステージとの一体感、ハンパなかったですね。
本当にありがとうございました♪♪♪



園長(土曜日は運動会です♪この調子で参りましょう♪)


20131005.jpg

今日もおなかいっぱい♪

ココ最近のページの不具合で
UPできなかったカワイイ女子達のシーンです。

ひばり組とつばめ組女子による
納豆の手遊び中です。
『おかめ納豆』のシーン♪
みんなガチのおかめっぷりです。
ゆいセンセイ、もっと思い切ってもいいですね(笑)

fc2blog_20131003155540129.jpg


めじろ組の女子達とまなみセンセイ。
めじろ組はお食事の前に
まなみセンセイの『食育講座』があります。

今日の食材と
今日の献立を子ども達に話して聞かせて
『食べたら強くなるよ』
『元気になるよ』とお話している様子に
配膳しながら私もこっそり心の備忘録にメモしています。

fc2blog_2013100415361220a.jpg


こちらは今日のシーン。
運動会の時の入場行進の練習です。

つばめ組の中にまぎれてる
大きくなりたい子、だ~れだ。

fc2blog_20131004153534a80.jpg


各クラスプラカードがあります。
上の写真にヒントが出ちゃいましたが
みんな自分のクラスのプラカードわかってるかな?

プラカード製作委員は
きえセンセイ。
ほっこりするキャラクターを作ってくれました。
このキャラクター達は、きえセンセイそのものです。
よく似ています。


fc2blog_20131004153458576.jpg



そしてコレは先日のおやつ
豆乳きなこパンプリンです。
こういうのを食べる時は
みんな無言ですよ。
『おいしい~』も言いません。
甘さ控えめでも十分美味しいお味です。

そして子ども達はいつも
お給食を食べる時も
おやつを食べる時も
『誰センセイが作ったの?』と聞いて
そのセンセイのお名前を呼んで
『美味しい~♫』と言ってるシーンを
あちらこちらで目撃します。

fc2blog_20131003160011f76.jpg


また、
ちょっと定時と違う時間にセンセイが来ると

『おかえり~』と言って迎えてくれます。

私やくみこセンセイしかり
リトミックのれいこセンセイにも
今じゃ
『おかえり~』と迎えています。


そしてコチラはセンセイ達の今日のおやつ。
おもちゃ部のお姉さんからいただきました。

一番上の1個が開いてるのは
園長が大人げなくこっそり
フライングゲットしたからです。



fc2blog_20131004153426633.jpg


そしておやつの後の今日のベストシーン。


何日か前は
絵本の読み聞かせがしたい二人が
揉めに揉めていました。
この写真に覚えはありますね。

fc2blog_20130930154638e23.jpg


これは実は
どっちが『センセイ役をやるか』で揉めていました。
ピーチ姫の涙で
決着をつけていたのですが

さすがですね。
学びます。

今日は
じゃん!!!

fc2blog_2013100417390304c.jpg



二人がセンセイ(笑)
ものすごい円満解決です(笑)

誰に促されるでもなく
二人でたどりついた結論です。

喧嘩するほど仲がいいんじゃなくって
仲がいいから喧嘩する
んですって。(小2の大野けんごくんの言葉より)




今日もそんなこんなで無事終わりました。

なんか
毎日
おなかいっぱいです。



園長(日曜日は9時集合ですよ!8時半より早く来ないでくださいね)

【PTA組織】



いよいよ直近の行事、天満音楽祭が
明後日に迫ってきました。

『絶対に行事に追われない』

これもにじのとり保育園の骨子のひとつです。

大がかりな運動会や
生活発表会を行う大きな園は
それそれはその前には
大変に殺気立っていることが予測できます。

若い頃私はこの季節になると
『なんでだろう・・』と思っていました(笑)

この続きは
前回のお誕生日会の話のクダリと
結びつけて下さったら完結します。

市民会館のあたりから八尾枚方線
巣本の交差点過ぎて赤井まで
時には暗闇の野崎観音まで~

歌が作れそうですね。
作りませんが。


========


にじのとり保育園には
PTA組織はありません。

ママ達の中から
自然発生するのが一番だからです。

入園の時の面談での
人選に間違いはありませんでした。

ちゃんと
それぞれの得意を活かして
『嫌みのない言いだしっぺ』と
『すぐやる隊』がゆるゆると集まりました。

今では
ママ達全員を巻き込む
『オーバー サーティーファイ部』なるものが立ちあがり
食事会や
また、その他行事の際の
応援グッズ製作委員会も
自然発生的に立ちあがりました。

ほとんどのママが35歳以上だからということで
勝手に若いママのことを無視してネーミングし
U-35のママを部長に仕立て上げるという
『らしい状況』に大満足です。

実は10月6日に行われる天満音楽祭でも
その後12日に行われる運動会でも
ママ達は
応援バルーンを作ったり
応援うちわを作ったりして
お仕着せでなく大盛り上がりです。

目の前に出されたチャンスの糸を
自分から積極的につかみに行って
自らのできることを活かして楽しむ姿勢。

そして
それらを使って
園の行事を心から楽しむ姿、
それが何よりの
子どもへの生きるお手本です。

私と保育園の願いと目的は
時間から時間
所定の金額で子どもを預かるハコ作りではなく
『みんなの心からの笑顔』です。

ひとつひとつが
着実に現実化していることを
とっても嬉しく感じている今日このごろです。


今日の写真は
自称『絵ゴコロありませんねん』というママが
園長との交換日記に
こっそり描いたイラストをある日ブログでUPしたら
応援グッズ製作委員のママが
シールにしてくれた
激レアキャラシールです。

上から
・ハワイ土産の『むらかみみゆちゃん』
・国民的ヒーロー
・まゆげだるま


園長(ママ達にしっかりツボを押さえられています)

20131003.jpg

プロフィール

にじのとり保育園

Author:にじのとり保育園
大阪市北区にある
にじのとり保育園の日常と
園長の主観満載のひとりごとです。

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
148位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
10位
アクセスランキングを見る>>

ランキング参加中

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR