FC2ブログ

【譲れない条件】



保育園探し、幼稚園探しの
最後のシーズンに突入しました。

にじのとり保育園のような
認可外の小さな保育園にも
ありがたいことに
連日、お問い合わせや
面談予約のご連絡が入ります。

ママ達が面談に来られたら
私はまず
パパとママが
なぜ保育園に子どもを預けるのかということ

保育園に対して
これだけは譲れないというものはなにかを
ご夫婦でしっかり話し合いをして
ご家庭の方針を確かに持って
保育園を探してくださいということを
お伝えしています。

長い時間保育してくれるところがいいのか
安いところがいいのか
外遊び重視がいいのか
お給食重視なのか
人数が多い方がいいのか
行事が充実しているところがいいのか。

それぞれの園で打ち出している方針がありますから
どれもきっと不正解はないのだと思います。
ただ、
家庭と園との価値観が一致していないことには
保育園が大切な子育ての弊害になりますから
そこはしっかりお話し合いをしてください。

にじのとり保育園では
1歳のお誕生月までお休みできるのであれば
極力お休みされることを勧めています。

その理由は
また別の機会にお話しするとして

ある程度の下調べをして
にじのとり保育園の情報を
インプットしてから来てくださるママが
抱えておられる思いは
みんな同じということを
今日は皆さんにシェアします。

生まれて初めて子どもを持って
1年近くおうちで子育てをしてきたママの中には

『私は、なんでこの子を保育園に預けるんだろう』

『果たして保育園に預けてまで働く必要はあるんだろうか』

という思いを抱くママが非常に多いのです。
それは私も長男が生まれた時に
同じことを考えて悩みに悩んだので
本当によくわかります。

その結果私は
育児休暇を1年間与えてくれていた会社を
復帰の2カ月前に辞めて
育児に専念するという
貧乏節約生活を選択しました。

苦渋の決断でしたが
それは
贅沢かもしれませんが
預けたい保育園がなかったからでした。

決定通知のきた家から近い認可保育園には
何度も足を運びましたが
どうしても
どうしても
納得できなかったのです。


にじのとり保育園に脈々と流れているのは

『私は、なんでこの子を保育園に預けるんだろう』

『果たして保育園に預けてまで働く必要はあるんだろうか』

というママの根底にある気持ちを
やわらげて安心して
お仕事をしてもらいたいという思いです。

そして
『子どもを預けて働く』
『働かなくっちゃ』と腹をくくったママ達を
応援するという思いです。

箱ができればいいという問題ではないということを
私はお伝えしたいのです。

子どもを預ける親御さんが望んでいることは
なんなのかということを
面談の時に園長や経営者が
まず汲めないことには
いくら立派な保育園ができても
子どもの健全な育成と
ママの安心は培われません。

我が子が
自分の手の離れたところで
どれだけ愛されて一日を過ごすんだろう・・
ママの思いや不安は
そこに尽きるのではないでしょうか。


我がままは抜きにして
ママの笑顔が子どもの笑顔に。
子どもの笑顔は
ママの笑顔の写し鏡です。


=========

HPやfacebookページを見て
お問い合わせをいただくことが多いのですが
HPトップにも記載してございます通り
一時預かりは、スペースの都合で
現在行っておりませんので
あしからずご了承ください。

見学、面談は
随時お時間を取らせていただきますので
お気軽にお電話にてご予約ください。



園長(にじのとりっ子は一人残らず、私と幼少期に出会うというのは必然だったと思っています。
それは、ママもパパも同じです)

20130902.jpg
スポンサーサイト



プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
1位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR