FC2ブログ

実践あるのみです、ほんとうです。

実は今朝
久々に自分で前髪を切ってしまい
にこちゃんやみるちゃんと同じ星の人みたいに
なっています。
難点は
にこちゃんみるちゃんのように
可愛くないところです。

ちょっとブルーな園長を見ても
そっとしておいてください。
慰めは不要です。


==================


昨日の投稿に
ママが好きなことをしている姿を
子どもに見せてやるのがいい
なんてことを書きましたら
早速ノートに
あるママが

今は子どもとあちらこちらへ遊びに行くのが
楽しくて仕方ないけれど
『私は何が好きなんだろう』と
考えたことを書いてくださいました。

まだ『母』になる前は
フラメンコに興じて
歌をうたうことも好きだったなぁと
思い返しておられます。

それだ!と思いました。

そのママのお子さんは
本当に楽しそうに歌をうたいます。
ママがその歌を歌っている時の
笑顔が安易に想像できます。
そして彼はそのまま
私達にも教えてくれます。

のびのびと育っている彼は
本当にママとの経験のひとつひとつが
成長の糧になっているようです。

そうですよ。
特に特別な趣味なんかでなくていいのです。

お子さんと一緒に過ごすなんていう
人生で初めての出来事を
こんなに楽しく過ごしているママも
そういないと思うぐらいです。


『子どもできるまでは
かなりいい加減で適当でした』と言うママが

『趣味は子どもと一緒にいることです』
『次は何をしてやろうと思うと
楽しくてしょうがない』と言います。

『ひとつひとつをすごい笑顔で答えてくれて
通ってる保育園を楽しい楽しいと言う息子を見ていると
あらゆるものに感謝しかありません』と。

嬉しいですね。
感謝の器が一杯になったら
あとは溢れるだけですから
ものごとどんどんうまくいきますよ。


伝え聞く話でよくありますよね。

神様は単純だから
なんてことない日常に感謝している人には
『ほ~、こんなことに感謝するのか♪
だったらこれはどう?これは?』と
次から次から
ラッキーを連れて来てくれるという話。

これは言い得ていると思います。

それから
脳のことを少しだけ勉強した私からも
ひとこと。

脳も単純だから
『こうなる』と思ったことしか
かなうようになっていないということ。

だからネガティブ癖のある人は
まず人から褒められたら
それがお世辞だと思っても
いやがらせちゃうか、、と思っても
『ありがとう♪』
『嬉しいです♪』と
受け止めてみてください。

絶対
『いえいえ、そんなことありません』とか
『またまた、、、』とか
『よく言いすぎです』とか
なんて言っちゃダメですよ。

受け取り損は
幸せ損です。
どうせ一度の人生ですよ。
お得にいきましょ♪♪

こういうことは
見て読んでその気になったり
うなずいたりしただけでは
見てないのと同じで
実践してこそですから。
ほんとですから。
騙されたと思って実践してみてくださいね。


写真は
おうた上手なそうくん。
こんな幸せスマイル放出です。

20130621.jpg
スポンサーサイト



まずは自分から

えーーーっと
パパとの写真も段々クライマックスを迎えてきましたよ。
園長の老後の楽しみ
『イケメンアルバム』も
充実してきました。

今日のは利家クン(初命名披露じゃないかな)と
イケメンパパです。


fc2blog_20130621165154006.jpg

実は利家クンは
保育園がいよいよオープン
今日から見学受付という
一昨年の2月1日に
親子三人で遊びに来てくれました。

その後1年寝かせての
晴れての入園で
私もとっても嬉しいのです。
初めて会った時よりも
パパにそっくりになってきました。

最近まで大げさに泣いては
私に
『利家くん、泣いてたらお声が聞こえないから
なんで泣いてるのか教えて♪』と言われると
説明しようとして
ケロりと泣きやむナイスガイなのです。

ママが構えるカメラに向かうこの笑顔は
もうほんとに最高の笑顔ですね。
ほんとに可愛いです。


===================



毎日毎日
このブログのページを
『更新は今か今か』とクリックされているのを感じて
息切れしそうです。

結構毎日の時間の中で
ブログ発信するというのは
時間との勝負です。

目を通して頂けたら
『読んだよ』の意思表示として
『拍手ボタン』を押していただけると
泣いて喜びます。

『拍手』なんてできる内容ではないので
しょうがないですが

『読んだよボタン』という認識で
お願い致します。

fbの方には『いいね!』ボタンなるものがあります。
そこではどなたが『いいね!』ボタンを押してくださったか
わかるようになっていますが
ブログの方は
どなたが拍手ボタンを押したかはわからないように
なっています。

与えられたものは
決して『あたりまえ』ではないということを
体で実践していきましょう。

人はとかく
不具合があったり
自分にとって都合が悪かったりしたら
訴えようとします。

たとえば
ブログの更新が途絶えたりすると

なんとな~く
『まだですか?』と聞かれることはありますが
更新が続いても
『別に・・』というケースもあったりなかったり、、、


こうして更新を続けていても
『別にあたりまえじゃん!』となり
そのうち
『ウチの子の写真もっと載せてよ』に
なっていきます。

あ、
あくまでもこれは
今のにじのとり保育園の現状を言ってるのではないですよ。
一般的事例です。

ママ達は本当に
きっちり色んなことに
レスポンスがありますから
私はとってもありがたいと感謝しているのです。
毎日のノートも本当に楽しいです。

なので
いい時の意思表示をしっかりする
ということを
ココに訪れる
多くのママ達には(ママ達だけではありませんが)
身につけていってもらいたいのです。

これから
幼稚園
小学校
中学
高校
大学

そこで与えられる全てのことに
『やってもらって当たり前はない』と
肝に銘じること。

これが
それぞれの先生や学校と
上手に付き合っていくコツです。

先生だって人間です。
学校だって
人間が作っている組織です。

だったらまず
受け手側が
しっかり人間としての対応を示してから次へ。

人間関係の基本です。

<まずは自分から>

心がけていきましょう。

もちろんこれは私も同様に、です。
まだまだですから。



※それからここのところ
入園の順番待ちをしておられたママから
引っ越すことになったので
順番から外してくださいと
丁寧にメールやお電話を頂くケースがあります。

私はそういう時は
本当に涙がにじみます。

順番なんておそらく回ってこないだろうって
半ばわかって頂いているのに
それでも順番を待って下さって
あいにく
引っ越すことになったからと
今のご自身の思いをわざわざ伝えて下さるなんて
泣けてきませんか。

そういうママ達のお子さんなら
どこへ引っ越されても
どこの保育園へ通われても
きっと大丈夫です。

お引っ越し先で
ステキな保育園に出会えますように
心からお祈りしています。

そして
ひとときだけのご縁ですが
私は大切にしていますから
何かでお困りや
また嬉しいことがあった時には
いつでもご連絡、ご相談ください。



園長(通勤途中のあじさいが本当に嬉しそうな今日このごろです)

プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
6位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR