FC2ブログ

【こうして生き方を学びます】

先日東京へ行った時に
両国駅前に出ていたお土産屋さんで
湯のみを買いました。
その湯のみを今日は丸ごとシ
ェアします。

<子ども達はこうして生き方を学びます>
っていうタイトルの後、こう続いています。


======================


批判ばかり受けて育った子は
非難ばかりします

ひやかしを受けて育った子は
はにかみ屋になります

心が寛大な人の中で育った子は
がまん強くなります

敵意に満ちた中で育った子は
だれとでも戦います

ねたみを受けて育った子は
いつも悪いことをしているような気持ちになります

ほめられる中で育った子は
いつも感謝することを知ります

思いやりのある中で育った子は
信仰心を持ちます

仲間の愛の中で育った子は
世界に愛をみつけます

はげましを受けて育った子は
自信を持ちます

公明正大な中で育った子は
正義心を持ちます

人に認めてもらえる中で育った子は
自分を大事にします



================


ほんまでっか?!と斜め読みするも
はいはいはいと読み捨てるも
へ~と読み流すも
何かひとつを心がけるも
受け手の心ひとつです。

押しつけや強制や
脅しはありませんよ。
ご安心ください。

ちなみに私は
一番最後の一文が好きです。

自分を認めてもらえたら
自分に誇りを持つことができます。
自分を大切に
自分の命を大切にすることは
大きな感謝に繋がります。

子育ての最終目的は『自立』ですから
一人立ちをした時に大切なことは
やはり幼少期に
しっかり体で覚えていてほしいですね。


たとえば
1から10までのこと

段階を重ねて3までできている3人の子。
一人は
『3もできるなんてすごいね!』と言われ
一人は
『なんで3しかできないの!』と言われ
もう一人は
『はい、じゃあ次は4だよ!』と言われます。

10までの到達が早いのは
明らかに最初の子です。

だけどママ達にはこれがなかなか難しい。
ついつい他の子と比べてしまう。
子どもの発育が少し遅かったり
他の子と比べて少し劣っていると感じてしまうと
それが自分への評価のように捉えてしまって

『あの子は4なのに、、、』
という思いがむくむくと顔を出します。

大丈夫ですよ。

2を見ることなく
3ができている今を
ずーーっと喜んでいてあげてください。
そうすると気付いたら
5までできています。

這えば立て、立てば歩けの親心と言いますが

子どもにとって一番厄介なのは
実はこの
親心の押しつけだったり
他の子と比べるヘンな親のエゴだったりします。

これが幼い頃にある程度消えていないと
いつまでたっても親が子離れできず
よそさんのお子さんと比べては

『もっとちゃんとして!』だの
『普通でいて!』だの
大きな息子や娘に言ってしまう。

ちゃんとって何?
普通って何?


ここを間違えないでくださいね。

親のできることなんて実はそんなにたくさんなくて
自分の子の輝きどころがどこなのか
何が好きで
何をしている時に生き生きしているのか
年齢に応じてそれを確かめて
見守ること(口出しではなく)
に尽きるのではないでしょうか。

そして
応援すると決めたら
世に出ようが出ようまいが
お友達や近所の子がどうでも
四の五の言わず応援する。

100点取った時だけ褒める
なんてことないように
今からクセ付けしておきましょ♪



結局思い出して欲しいのは
いつだって
この子が生まれた時
初めて抱いた時に思った親の思いです。

私の場合は

♪いつも一緒に笑っていようね♪ でした。



雨の日には
ちょっとそんなこと思い出してみてはいかがでしょう。


写真は先日お誕生日を迎えて2歳になった
フレッシュくん。

めじろぐみさんで
ダントツのおしゃべり大臣です。

中之島公園で薔薇の花を見たら
「ば~らが咲いた~ ば~らが咲いた~♪」と
はっきりとした口調で歌ってくれます。

フレッシュくんのママは
華奢で
昨年一時預かりで保育園に連れてこられた時は
ママの体調が芳しくないということで
利用がスタートしたのですが

悩み多き0歳児時代を乗り越えて
今はママもお仕事に元気に復帰され
フレッシュくんを連れて
どこにでも出かけては
親子の時間を大切にされています。

そして
そんな一日のあれこれを
ノートに書いて教えてくれます。

ママがフレッシュくんの
ひとつひとつの成長に
喜んでおられる様子が本当によくわかり
いたるところに感謝をしている様子が
ものの見事に散りばめられたノートは
是非
これからも大切にして欲しいと思います。

金曜日に一人遊びを堪能しながら
ずーーーっとフレッシュくんが
歌うように話していたのは
歌のように、
もしくは呪文のように繰り返す

「♪にじのとりタノシイ~♪にじのとりタノシイ~♪」

でした。 with smile

fc2blog_201305271647550e2.jpg



園長(嬉しいことです♪(^_^)♪)

スポンサーサイト



プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
2位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR