06
1
3
5
15
25
30
   

ありがとうの器

今日は「ありがとうの器」について。


人の心の中には
「ありがとうの器」があります。

誰かに対して「ありがとう」を言ったり
思ったりするたびに
一滴一滴水が入ることをイメージしてください。

幼い頃に
親に教えてもらった
形ばかりの「ありがとう」から
それはカウントされています。

わかんない時にでも
口だけでも
とりあえず「ありがとう」を重ねます。

ある程度の年齢になったら
モチロン
意味もわかって「ありがとう」

そうすると
どんどん器の中に水が溜まっていきます。
どんどん溜まった「ありがとうの水」は
ある日一杯になって溢れます。
こうなると最強です。

ありとあらゆるこれまでしてきた感謝が
ハリボテだったんじゃないかと思うほど
色んなところの目が開いて
あらゆる感謝の種が見えてきます。

恥ずかしながら
私がこの体験をしたのは
今から3年前の5月、場所は京橋の
今はもうありませんが
平田家具前のベンチでした。

「ありがとうの器」を溢れさせた一滴の感謝は
「母への感謝」でした。

外なのに
一人なのに
涙が止まらない。

当時
息子達二人が中学、高校と進学をして
思っていた以上にモノイリで(笑)

その時に
私が学生時代の頃の母の様子を思い出して
なんてありがたかったんだろうと、、。
そう思ったら
どくどくと感謝の思いが溢れて
色んなことを思い出して
あれもこれも感謝だったと気付いたのです。

その後、
私の保育園構想が
何の障害もなく
スルスルと進んでいったのは
お話するまでもありません。

「ありがとう」どころではない
たくさんの援助の手が
あちらこちらから伸びてきてくれました。



だから
わけわかんなくても
ものごとが少しわかりはじめた小さい時に
頭を下げて「ありがとう」のジェスチャーの習慣付け
これは絶対に忘れないでくださいね。

少し大きくなってからとか
大人になってから
ハリボテからのスタートは
しんどすぎます。


そんな中での今日のこの写真は
パンツ取り出すゆづきちゃんです。

パンツを取りに来る時にいつも
ムーンちゃんのロッカーは
観葉植物があってすぐに取れません。

その都度
「エンチョーセンセー」と言って
移動させて欲しいしぐさをします。

でも私はすぐに動かしません。
「どうしたの?」と聞くと
「パンツとられへん」と言います。

「はっぱ邪魔?」と聞くと
コクンと頷きます。

「どけてくださいって言ったらいいんだよ」と言うと
ゆづきちゃんは繰り返します。

「はいどうぞ」と私が木を移動させました。
黙ってパンツを取り出すゆづきちゃんに

「なんて言うの?」と聞くと
「ありがとう」と返って来ました。

次の日はムーンちゃん
「エンチョーセンセー、葉っぱ邪魔!」とやってきました。

「邪魔だけじゃわかんないよ」と言うと
一生懸命思い出しています。

「どけてください」

私と一緒に言えました。

三日目、ムーンちゃんはとうとう

「エンチョーセンセー、これどけてください♪」

大きな声で言えました。
嬉しい瞬間です。

「言えたね、一人で言えたね、センセイ嬉しいな♪」
と言って木を移動させたら

「ありがとう」と パンツを取り出しながら。

「ありがとうはお顔を見て言うんだよ」

私がそう言うと
改めて私の顔を見て
満面の笑みで「ありがとう」と。

ゾクゾクします。

これですよ。
これの繰り返しなんです。

これの出来ない大人がどんなに多いことか。
でも誰も大人には言ってくれません。
残念ながら
もう
わかってる人だけが前に進めるんです。

こんなことは
お国の配布している保育指針には書いてません。
幼稚園の教育要領にも書いてありません。

だけど
小さい頃からこうやって育った子は
少しだけでも早く
「ありがとうの器」を一杯にすることができるんです。

これが
自分の人生を輝かせるために
一番大切なことだと
ある日腑に落ちてわかった私の
保育園での教育方針です。

だからセンセイ達には口うるさい(笑)
子どもが小さい内は
「ありがとう」を口にするチャンスを
大人の都合で摘んではいけないのです。


そしてこういうことを
後世に
私の周りだけですが伝えることができるように
私が小さい頃から
「ありがとう」を仕込んでくれた
私を育ててくれた家族に
また感謝なのです。

私は本当に
恵まれて育ちました。


なので写真は
パンツ取り出すムーンちゃん。



1025384_171645556343473_1765269773_o.jpg




園長(ほんとの話です)

スポンサーサイト

ステキな『ゆいセンセイ』

にじのとり保育園のお誕生日会は
毎回用意するカードは
違う種類のものです。

頭にかぶっている冠も
みんな違います。

適当なモチーフではなく
その子がその時期
一番好きなものを施しています。

昨年度の10月頃から
更に全体のグレードが
底上げしたのではないかなと
自負しています。


保育士さんというのは

元気であること
きちんと挨拶ができること
歌が上手で
ピアノも弾けて
何より子どもが大好きで
工作やお絵描きも上手で
運動遊びやお外遊びの達人で
わらべ歌や童謡もたくさん知っていて
女性的・・・

なんていうイメージを持たれてしまいますが
保育士と言えども人間ですから
得手不得手があります。

笑顔とガッツで乗り切れるものと
そうでないものとがありますが

工作やお絵描きというのは
私は『ヘタクソ』がないものだと思っています。


にじのとり保育園
ひばり組の担任の<ゆいセンセイ>

ゆいセンセイは
他の認可保育園で2年間の経験がありますが
理想の保育を追求して
もう一度保育を頑張りたくて
にじのとり保育園にいます。

色んなことを
笑顔とガッツで乗り越えています。

たとえば
先日の誕生日会のカード。
ちょっと中を見ると
こんな感じです。

キティちゃんに扮したチャッピーちゃんと
キティちゃん。


fc2blog_20130628163635e8e.jpg


可愛いのですが
私の突っ込みの的です。

『隣国も真っ青のニセキティ疑惑っ!』

ゆいセンセイ
私にそんなことを言われても

『ひーーーー!!』と笑います。

いいんです、それでいいんです。
『ちょっと違う』ところに
ゆいセンセイの『らしさ』が出ていますし
本物のシール貼ったら
本物はすぐに手に入りますから。

私はコレが大好きなのです。

それに
そういうことを
裏や陰で言わない。
みんなの前で表に出すことで
笑いになって
色んなものがさらけ出せる。

何より
大切な子ども達に手渡すものですもの。
悪口や陰口のタネにせず
どうせなら『スベらない話』にしなくちゃ(笑)

そういう環境でないと嘘っぱちです。


ママ達もどうぞ楽しんでください。
たとえば入口の黒板の
月ごとの制作。

ゆいセンセイの月はど~れだ!?(笑)
みたいな(笑)



付録は
結衣センセイ制作の
ロッカーのシンボルマーク。


タイトルは
<コアラじゃないよ。ねずみだよ>です。


fc2blog_20130628163652157.jpg



園長(ウィークポイントと書いて<味>と読んで生きています)






【友達申請】


この保育園のfacebookページには
『お友達申請』の機能がありません。

一部の保護者の方から
『お友達申請をさせていただいて
私のページも是非見てください』という
お声を頂いていたのですが
ようやく
管理用アカウントを取得しました。

一応個人名でということで
私の名前Chikako Akiyamaになっています。

何かを発信する時には
引き続き今ご覧になっている
こちらのページでさせていただきますので
よろしくお願いします。

必要なパパ、ママ、
或いはもちろんそれ以外のみなさんも
お友達申請はそちらから
よろしくお願いします。
よりよい情報の交換に
相互にとって前向きな「お友達」でありましょう。

※私のプライベートページではありません

=================

写真はラッキーナナちゃん。
ナナコちゃんは
本当に生まれたての時に
ママがまだ首の座ってないナナコちゃんを抱いて
保育園のドアをノックしました。

まだまだ定員に余裕はあった去年の話ですが
私はママには
ずっとNGを出し続けていました。

それでもママは
いつもいつのタイミングでも
時期を見て保育園に電話をして
空きの状況を聞き
私はナナコちゃんの状態を聞く
という時期がしばらく続きました。

勿論認可保育園にも申し込んでいましたが
当然(ごめんなさい)当選することなく
4月からにじのとりっ子になりました。

今だからお伝えできますが、ママはよく
私のNGに耐えてきたな、、と思います。

ナナコちゃんの
このたくましい姿には
ママと1年間べったり一緒にいた
充実が詰まっています。
こういう姿を見ると
『1年間、ほんとによかったね♪』と
泣けてさえきます。

生まれてからの1年っていうのは
あとで
どれだけお金を積んでも
絶対に戻らない
大切な大切な大切な時間です。

勤め先がOKと言ってくれるなら
無理に職場に戻らず
一緒にいてあげてほしいというのは
正直な私の思いです。


======================

私は若い頃
赤毛のアンばりの空想壁があって
あれこれ頭の中で思い描いたことで
一人で遊ぶのが得意な子でした。

おかあさんになった自分というのも
色んなシチュエーションで
空想していました。

空想の世界では
いつも私は女の子のママです。
若草物語のような姉妹に囲まれる母のイメージ。
クリスマスに
枕元に聖書を贈るような。

で、
娘の名前は
かなこ、ななこ、はなこ。

実生活で妊娠した時も
おなかに向かって
「かなちゃん♪」と声をかけていましたが
あえなく男子の「さんた」くんが。

それでも懲りずに二人目の時には
おなかをさすりながら
「はなちゃん♪」と。
でも生まれたのは「ごろー」ちゃん。

だから全国にいる妙齢の
かなこちゃん、ななこちゃん、はなこちゃんは
私の娘だ~!とさえ思っています。

そういうこともあって
ナナコちゃんには名前の思い入れもあり(笑)
特に特にママとの1年間を
大切にしていてもらいたかったのかもしれません。


園長

20130627_1.jpg

【ワタノハスマイルのお知らせ】


4月からのにじのとりっ子
嵐くんのママは
私の好きな
... 世界的チェーンの
某フラペチーノ系飲み物を扱う会社の
某店舗で
お仕事を再開されたのですが

面談の時に
ママが話す職場の話に
私はママのお勤め先の
『人を大切にして受け入れるスタンス』を感じて
なんてステキな会社なんだろうと
思い、
ますますその会社が
好きになりました。

そして
そのママのことを愛してやまない
パパの日記は
先日こちらでもご紹介しましたが
パパが
ほんとに可愛い日記を書いてくれるので
癒されまくりです。

そのパパからステキな情報を頂きましたので
こちらでシェアしますね。


==================

2年前の地震、津波で被災した
宮城県石巻市渡波(わたのは)地区の子ども達が
学校の校庭に流れ着いた街のカケラ達を集めて
オブジェを作りました。

このオブジェの展覧会『ワタノハスマイル』が
天神橋3丁目の
関西大学リサーチアトリエ(楽市楽座)で
10時~17時の間
行われる予定です。

子ども達の作るオブジェの形が
とっても魅力的で
それぞれにつけられた名前と性格の説明も
とても面白く、
子ども達のぶっ飛んだ発想力に驚かされ
また被災した時の環境など
背景にあるものを聞きながら見られたので
非常に考えさせられました

とは

5月と6月に篠山で行われた
この展覧会を見てきたパパの感想です。

ご興味のある方は
平日の、しかもお仕事コアタイムですが是非。

詳細は
ワタノハスマイルにて。
http://www.watanohasmile.jp/index.html


いや、しかし、、、、

ママが早番シフトの時は
朝起きたらママはいないし
帰ったら眠っているそうです。
嵐クンをを保育園まで送った後は
ママの店でコーヒーを買って出勤されるそうですよ。

そこでちょっと会話して
コミュニケーションを取るのが好き
っていうパパです。

・・・なんていう具合に
いつも最後は
ママへの愛情で締めくくるパパの日記には
『愛のヒント』が一杯詰まっています。

ほんっとに
ほっぺつねって
引っ張り回して
ぐりぐりしたい
可愛いパパの日記なんです。

お迎えの時やO-35部で
ママを
或いは朝パパを見かけたら
『ひゅ~ひゅ~』の掛け声
お忘れなく。

という今日の写真は
『姉妹のようだと言われる
ちかセンセイときえセンセイに抱っこされた
双子のようだと言われる
ももちゃん&みるちゃん』

どちらさまも楽しい週末をお過ごしください。


園長(自分で自分にひゅーひゅー言って虚しい風邪をひきそうです)

20130627.jpg

人が生まれてくるということ

昨日お誕生日会だったチャッピーちゃんです。

fc2blog_2013062711064462b.jpg


おやつタイムの後だったので
満面の笑みなんですが
お誕生日会のリアルタイムでは
楽しみにしすぎて
緊張しちゃって
ありえないガチガチ状態でした。


チャッピーちゃんだけではありませんが
家族と違う
お友達やセンセイと過ごして
生まれてきた日を「おめでとう!」と
祝ってもらえるのは幸せなことです。

生まれてきたことは
偶然でも当然でもない
「自己選択」だと私は思っています。

生まれ変わりとか
輪廻転生とかという話になると
誰も今「死」んでいないわけですから
想像の世界のお話ですが

私は
魂はずーーーっと修行をしているのではないかなと
思っています。

死んで肉体がなくなると
魂はしかるべき場所へ帰り
生きてきた日々のことを振り返るのだと思います。

そこで自分の人生を振り返って
今の人生でできなかったことを
体験する為に
人はまた生まれてくるのではないかなと
メルヘンなことを思っています。

何度生まれ変わるのかとか
そんなことはわかりませんが
生れ落ちる時にお空の上で
「今度の人生ではこんなことをしよう」
「あんなことをしよう」
って
ものすごく胸を震わせていると思うのです。

人はみんな抑制なんて喜ぶわけがありません。
憎しみや
嫉妬や戦いも。

なのに
知らないうちに
そんなものでがんじがらめにして
本来の生きる目的を喪ってしまうのは
悲しいことですね。


大きな世界の平和とか
被災地のボランティアとか
世界の飢饉とか病気とか
そちらに目を向けるのは
素晴らしいことかと思います。

ですが
まずは
自分を笑顔にすること
自分の周りの人を笑顔にすること
自分が自分の足でしっかり立つこと
そこからしか
平和や幸福なんて広がっていかないと思うのです。


幼い子どもが生まれるというのは
全ての「可能性」や「希望」です。

だから
親になるということは
その子一人をただ猫かわいがりして
所有物とするのではなく
<社会へ還す>
ということが
一番の仕事なのだと思います。

何度も何度も言いますが
今は
自由に
やりたいことをさせて
好きなことは何だろうっていうのを
見つける時期なのです。

「ままごと」「電車あそび」

いろいろありますが
ただそれらが好きということだけではなくて
見なければいけないのは
それらの遊びを通して

「観察すること」が好きなんだな、、とか
「人との会話」が好きなんだ、、とか
「自分で想像すること」が得意なんだな、、とか

そういうのが見えてくるのが
この時期です。
しっかり
しれ~っとみてあげてください。

「目的」と「手段」は違いますから
履き違えないようにというのは
もうこの頃からなんですね。

好きなことをさせてあげてください。
子どもの満足気な顔を見ていると
それだけで
おなかいっぱい満たされます。


そんなチャッピーちゃんは
想像力の固まりみたいな女の子です。

どの遊びを通しても
とても深く自分の世界に
その遊びを落とし込みます。
チャッピーちゃんの場合のキーワードは
「会話」です。

考えて言葉を操りますから
ボーっとしていたら大人はタジタジですよ。

でもこれからも
いっぱいいっぱいお話をして
頭の中の世界を
ますます充実させていって欲しいと思っています。

優しさを備えて
人とテンポいい会話ができることは
一生の武器になります。
キャッチボールというのは
実際にボールがなくてもできるのです。

そしてそれは
頭が柔らかくなくてはできません。



園長(毎日チャッピーちゃんからの口撃予報が流れる保育園より)

続きを読む

まだまだ続く・・・

イケメンパパの写真
まだまだ続いてますね。。

ピンクが大好きなメイちゃんとパパです。
なぜでしょうか。
私には
こんなに若いパパなのですが
メイちゃんがお嫁に行く時に
並んで写真におさまる時のパパの姿が
今ふと見えちゃいました。


fc2blog_20130626161427e59.jpg

ピンクとメイちゃんと言えば
メイちゃんがピンク色が好きだからと
ある日の朝
師匠がピンクのTシャツを着て登園してきたことがありました。

そんなお話は
ママがノートで教えてくれますから
師匠に確認すると
ものすごく照れて
デレデレするのが可愛いです。

メイちゃんは
つばめ組の紅一点です。
みんな「おかんキャラ」のメイちゃんが大好きです。

===========

お次は
ベルちゃんとパパ。
ベルちゃんはタバサちゃんと並んで
可愛いお顔で
いらんことしぃの二大巨頭です。


fc2blog_201306261623262f8.jpg


タバサちゃんとベルちゃんは
早い時期から
二人で意気投合するシーンが多く
阿吽の呼吸で遊びます。
1歳児さんにしてはめずらしく
二人で持続して遊ぶ時間が長い二人です。

絆は「いらんこと」なんでしょうか。
同じ匂いというか
子どもですから
それはもう敏感にそういうのを感じているのでしょう。

いずれにしても
またもやパパはイケメンです。


私ら若い頃
こんな感じやった?

という
私の同級生達の声が聞こえてきそうです。

近頃のパパは
しかも
イクメン(この言葉も好きではありませんが)さんです。

幸せ写真は
いつでもお待ちしています。


もうかなり前に
ご家族おそろいのショットを是非
園長の老後の楽しみ用に1枚!とお願いしていましたら
最近思い出したように持って来てくれた
ゆみちゃんママ、ありがとうございました。
しっかりと
アルバムインさせていただきました。

また覚えていてくださいましたら
よろしくお願いします。



園長(さて、もうそろそろ短冊提出ですよ、用意はいいですか?)

ありがとうの器



朝からこちらのページの管理人設定をして
あれこれしていたら
自分のページが解除されて消えてしまい
PCの具合も悪く戻れずに彷徨い中で
ありゃりゃりゃです。
こちらが消えていなくてよかったです。

まぁ色々ありますが
自分のことはちょっと後回しにして
今日は「ありがとうの器」について。


人の心の中には
「ありがとうの器」があります。

誰かに対して「ありがとう」を言ったり
思ったりするたびに
一滴一滴水が入ることをイメージしてください。

幼い頃に
親に教えてもらった
形ばかりの「ありがとう」から
それはカウントされています。

わかんない時にでも
口だけでも
とりあえず「ありがとう」を重ねます。

ある程度の年齢になったら
モチロン
意味もわかって「ありがとう」

そうすると
どんどん器の中に水が溜まっていきます。
どんどん溜まった「ありがとうの水」は
ある日一杯になって溢れます。
こうなると最強です。

ありとあらゆるこれまでしてきた感謝が
ハリボテだったんじゃないかと思うほど
色んなところの目が開いて
あらゆる感謝の種が見えてきます。

恥ずかしながら
私がこの体験をしたのは
今から3年前の5月、場所は京橋の
今はもうありませんが
平田家具前のベンチでした。

「ありがとうの器」を溢れさせた一滴の感謝は
「母への感謝」でした。

外なのに
一人なのに
涙が止まらない。

当時
息子達二人が中学、高校と進学をして
思っていた以上にモノイリで(笑)

その時に
私が学生時代の頃の母の様子を思い出して
なんてありがたかったんだろうと、、。
そう思ったら
どくどくと感謝の思いが溢れて
色んなことを思い出して
あれもこれも感謝だったと気付いたのです。

その後、
私の保育園構想が
何の障害もなく
スルスルと進んでいったのは
お話するまでもありません。


だから
わけわかんなくても
ものごとが少しわかりはじめた小さい時に
頭を下げて「ありがとう」のジェスチャーの習慣付け
これは絶対に忘れないでくださいね。

少し大きくなってからとか
大人になってから
ハリボテからのスタートは
しんどすぎます。


そんな中での今日のこの写真は
パンツ取り出すゆづきちゃんです。

パンツを取りに来る時にいつも
ゆづきちゃんのロッカーは
観葉植物があってすぐに取れません。

その都度
「エンチョーセンセー」と言って
移動させて欲しいしぐさをします。

でも私はすぐに動かしません。
「どうしたの?」と聞くと
「パンツとられへん」と言います。

「はっぱ邪魔?」と聞くと
コクンと頷きます。

「どけてくださいって言ったらいいんだよ」と言うと
ゆづきちゃんは繰り返します。

「はいどうぞ」と私が木を移動させました。
黙ってパンツを取り出すゆづきちゃんに

「なんて言うの?」と聞くと
「ありがとう」と返って来ました。

次の日はゆづきちゃん
「エンチョーセンセー、葉っぱ邪魔!」とやってきました。

「邪魔だけじゃわかんないよ」と言うと
一生懸命思い出しています。

「どけてください」

私と一緒に言えました。

三日目、ゆづきちゃんはとうとう

「エンチョーセンセー、これどけてください♪」

大きな声で言えました。
嬉しい瞬間です。

「言えたね、一人で言えたね、センセイ嬉しいな♪」
と言って木を移動させたら

「ありがとう」と パンツを取り出しながら。

「ありがとうはお顔を見て言うんだよ」

私がそう言うと
改めて私の顔を見て
満面の笑みで「ありがとう」と。

ゾクゾクします。

これですよ。
これの繰り返しなんです。

これの出来ない大人がどんなに多いことか。
でも誰も大人には言ってくれません。
残念ながら
もう
わかってる人だけが前に進めるんです。

こんなことは
お国の配布している保育指針には書いてません。
幼稚園の教育要領にも書いてありません。

だけど
小さい頃からこうやって育った子は
少しだけでも早く
「ありがとうの器」を一杯にすることができるんです。

これが
自分の人生を輝かせるために
一番大切なことだと
ある日腑に落ちてわかった私の
保育園での教育方針です。

だからセンセイ達には口うるさい(笑)
子どもが小さい内は
「ありがとう」を口にするチャンスを
大人の都合で摘んではいけないのです。


そしてこういうことを
後世に
私の周りだけですが伝えることができるように
私が小さい頃から
「ありがとう」を仕込んでくれた
私を育ててくれた家族に
また感謝なのです。

私は本当に
恵まれて育ちました。



園長(でも高校の時の門限は7時でした。
とんでもない箱に入れられて育ちました。
反動が今頃出ています。)

20130626.jpg

吐く時は吐く

昨日fbに
学校や先生の悪口
友達や友達家族の批判
職場のストレス
これらを
家庭には絶対に持ち込まないように
自身を律してくださいと書きましたが
その真意は

子どもは
美味しい食事や
暖かい毛布だけで育つのではなく

家が片付いてるとか
散らかってるとか
そういうことでもなく

毎日の住まいの「空気」の中で育まれます。
優しく嬉しい言葉が飛び交う家には
優しく嬉しい空気が

殺伐とした関係の人が集えば
殺伐とした空気が
子どもを包みます。

その微妙な空気に反応して
子どもは泣き出したりもします。
言葉はわからなくても
言葉に込められた「思い」や「魂」を感じるからです。

同じ命を与えられて生きる一生なら
自分の快適を求めるのはモチロンですが
同時に
人に快適を与える人となって
子ども達には生きていって欲しい・・・
そう願って止みません。

そのため
(おうちの中にいい空気を漂わせるため)に
大切なことは

とにかく!
悪口や批判で
おうちの中を
充満させないということです。

で、
お仕事をしていると
それもなかなか大変だから
仕事帰りにイライラしていたら
その旨お電話して
お茶の一杯でも飲んで迎えに来てくださいということです。


それでもダメなら
私を呼び出してください♪(^_^)
ママ達の
「くっそー!」引き受けます♪(^_^)


写真は昨日の英語の時間の1枚。

fc2blog_201306261550308f0.jpg




園長(保育園と我が家とプライベートで過ごす時間の空気には自信がありますよ♪)

心の中にベストフレンドを


今はみんなが子育てビギナーですが
あと数年もしたら
同じような子ども達が
きっちり「家庭の色」に染まって
それぞれの顔になって集団生活を共にしていきます。

これは世の常ですが
「できない」
「やろうとしない」
「できる人の足を引っ張ろうとする」
なんていう
なんだかよからぬものは
すぐにはびこり
仲間を増やしていきます。

ですから
賢明なママ達にお伝えしておきますよ。
学校や先生の悪口
友達や友達家族の批判
職場のストレス
これらを
家庭には絶対に持ち込まないように
自身を律してくださいね。

職場のストレスを持ち込みそうになったら
仕事上がりに
その旨電話をしてきてください。
お茶一杯飲んで
落ち着く時間
保育園がお子さんをお預かりしますから。

ママ友がらみでしっくりしなかったら
ツルまない勇気を持ってください。
大丈夫です。


=====================


大丈夫、
ソンナコトとか
アンナコトが
あなたの知らないところで
あなたが言ったってことになっていて
私の耳にそれが届いても
私は頷かないから。

大丈夫。
ソウじゃないのに
勝手にソウだと決め付けられて
心を痛めていたとしても

そこにある
そこだけの
小さなルールを知らなかった為に
知らない間に
仲間はずれになっていても
私はあなたをはずしたりしない。

汚い手で
足を引っ張られたり

友達だと思っていた人から
通りすがりに唾をかけられたとしても

大切にしているあなたの思いを
傷付けられて涙しても

目には目をなんて思わないで
あなたらしくそのままで。

何度も言うけど
私はあなたの味方だし
絶対にあなたを裏切らないし
あなたが嫌がることはしない。

傷ついた時は
無理に笑おうとしなくていいし
逃げたっていい。
かさぶたになるまで
血も膿も涙も流して出してる間は
ドアのこっち側で待ってるから。

ドアを開けた時に
わかるよ。
ドアのこちら側で待っててくれる人が
私以外にもいること。


・・・・って、
私もいつも
自分にそう言ってやりながら生きてます・・・

そうすると
自分以外の味方の姿を発見して強くなれます。
そして
自分以外の人に優しくもなれたりします。

傷ついたら遠慮なく
私はママ達の味方です。
(時々ダメは出すけど・(笑))

心の中にベストフレンドを。
おすすめの生き方です。


写真は春のO-35部の飲み会写真。
顔出しバージョン。

来月夏の会が催される予定ですが
皆さんの返信の速さに
幹事さんが喜びの悲鳴を上げていました。

園長(こう見えて普通に気弱な女性です)

20130624_1.jpg

お仕事をするということ



ママ達毎日お疲れさまです。

お仕事から帰ってくるママの
お顔色には
お仕事でのあれやこれや
またその他の
あれやこれやを感じることがあります。

仕事も、主婦も、母も
全部完璧にしようと
ついつい働き始めたママは
頑張ってしまいがちですが
どうぞ
優先順位を決めて
力を抜いてください。

保育園にお子さんを預けてお仕事をするということは
優先順位の一番は
仕事になるかと思いますが
まずココをしっかり納得して
あとが完璧でなくていいと
自分を許してあげてくださいね。

ありますよね。
いろいろが。

心がくしゃくしゃになった時は
つい他に癒しを求めがちですが
子どもの顔を見たって
おさまらない時もあります。
これは悲しいかな本当です。

だけど
そんな時でも
電車の中でお隣に座ったおじさんが
話しかけてくれたりして
もつれた心が
ほぐされてとっても嬉しかったと
ノートで教えてくれたママがいました。

また、
もらった1枚の写真に
自分の子どもが写っていて
本当にありがたかったとも。

前にも神様の逸話を出しましたが
便宜上『神様』と言ってますが
なんでもいいです。
『宇宙』でも『内なる声』でも。
ここでは『神様』と書いておきますが

神様は
疲れたママの為に
自分の分身を
あちらこちらに配備してくれています。

ナニゲないのでわかりませんが
そのひとつひとつに
『ありがたい』と思えたら
次に疲れた時には
配備する人やものがひとつ増えるという仕組みだと
私は祖母に騙されて育ちました。(笑)

どうすればその神様が配備してくれた
人やものに気付けるんだろう、、と
ずっと思いながら大きくなりましたが
随分大人になってからわかりました。

それは
『あー疲れた』
『しんどい!』と思った時に
その自分の思いを
『でも、これをやらなくっちゃ!』とか
『しんどい顔しちゃダメだ!』とか
中途半端なところで
抑えたり我慢したりせず

『しんどいねーーーーん!!』
『今日はちょっと聞いてほしいわ!』と
疲れてしまった自分を解放させて
心の声を肯定することでした。

何でも我慢してしまう私は
こうして自分の『疲れ』を認めて
解放してから
神様の配備にも敏感になって
感謝できるようになって
あとはもう
たまごにわとり論です。

たまごにわとり論とは
引き気味に言ってますが
もうおわかりですよね。

最初はまず
『感謝』ありきです。
そこからしか
何の扉も開かない仕組みです。


今日の写真は
『園長先生は顔出しNGなんですか?』と
保育園のママ以外の方から
お問合せを頂いたので
パッツン隊のみんなで撮りました。

顔出しNGではありません(笑)
ただ、
私が撮影しているので
私の写真はすごく少ないのです。



園長(アップはご法度です)

20130624.jpg

これがパパの生きる道

もう、
ガツン!と
きました。

鳥肌が立つとは
まさにこのことですね。

運動会の時の<ソリ競争>で
娘がソリから落ちたって
『よっしゃ!行け!』と
ムチを打ち
学生時代のように
がっつり走ったパパは
やることが違います。

いらっしゃいました。
ガチで
会社にネクタイを装着して行き
仕事をするパパが。



いつも可愛い娘さんを
オチに使われて
喜んでくださっていると思ったら
パパがこんな感じですから
ステキですね!

おじいちゃま、
おばあちゃま、
お孫さんが生まれた時
ご自身のお子さん、
すなわち、パパやママ達の生まれた時と
オーバーラップされたのでは
ないでしょうか。

そして
ご自分のお子さんが
親になったという喜びも
同時に感じられたことと思います。

ご安心ください。
どのパパもママも
お孫さんの初めての
集団生活の中で
パパとして、ママとして、
一生懸命頑張っておられます。

そんなパパ、ママだからこそ
私達も
一生懸命応援しています。
どうぞこれからも
暖かく見守ってください。




園長(大阪人は負けず嫌い・そんなところが大好きです)

くみこセンセイの虎の穴

先週は梅雨らしい1週間でしたね。

くみこセンセイの虎の穴
梅雨の時期でも
お休みなしですよ。




梅雨の合間の少しの晴れ間を見つけて
長靴履いて出かけたお散歩。

たまたま空いてた駐車場に
ちょっとだけお邪魔しました。


長靴部隊!
いくよ!
25M孟ダッシュ!

よーいどん!!


fc2blog_201306231749169ac.jpg




はい!
タッチしたらすぐ戻るっ!!

はいっ!!
センセイっ!!


fc2blog_2013062317485831d.jpg


いいよ~!
大王っ!
その歯の食いしばりっぷりは見事だっ!!

チャッピーちゃん!
笑いすぎっ!!

ムーンちゃん!
笑わせすぎっ!!


fc2blog_201306231749078d2.jpg


はい!
あと3本!!


がっつり運動
楽しい毎日。
いい汗かいて
ばんごはんもとても美味しい♪


園長(もうすぐ水遊びが始まります)

トンネルを抜けたら、、、。

早速の「見たよ!」の意思表示
ありがとうございます。
私も単純な
やったらできる普通の子です。
会話や対話をエサに生きています。


さて、早くも土曜日ですね。
子ども達は短冊を持ち帰っていますから
どうぞご家族皆さんでご相談の上
楽しいお願いごとで一杯にしてくださいね。

皆さんのが出揃った頃に
また
共有しましょう。

「ウチは絶対秘密ですからブログ掲載NG!」
というご家庭は
ご遠慮なくお申し出下さい。


fc2blog_20130622164824ce9.jpg



=========================


なんば、らなくちゃ。プロジェクトのお話ですが
ゆるキャラキグルミが保育園にやってくる日は
7月9日(火)10時~に決定致しました。

この日は主催者さん側で写真撮影をされます。
その写真は
キャンペーンのfbやブログ等に掲載されることも
ありますのでご理解、ご了承のほど
よろしくお願いします。
(プレスリリース含む)


写真撮影NGの場合も
どうぞご遠慮なく
連絡ノートでお伝えください。



写真部長の「ミルキーじぃじ」は
当日ご自身の予定が
何も入っていらっしゃらなければ
恐れ入りますが時間より少し前に
保育園までお越し頂けると嬉しいです。

ママ達のビデオ撮影はご遠慮ください。
ビデオカメラのお預かりも
致しかねますので
よろしくお願い致します。


=========================



写真はお誕生日会の独眼竜ボーイ。

年齢を聞かれたら
『3歳』
好きな食べ物を聞かれたら
『チョコパン』と答えた後に
『むー(自分のこと)ね、チョコパン大好きなの♪』と
更に笑顔で補足してくれるほどに成長しました。

この言葉のアウトプットが
ほぼできるようになるまで
半年、いや、それ以上かもしれませんね
ママは本当に苦労しておられました。

朝は寝ころんで泣くほど登園を嫌がるし
夕方はママと帰る時になって
なんやかんやとイチャモンをつけては
いつまでも保育園の前の道路に
へたり込んでいた独眼竜ボーイです。

自分の『こうしたい』という思いと
『できること』との温度差
すなわち
『心の成長』と『言葉の成長』が
足並みをそろえていない時期の
子どもが抱えるジレンマとの戦いです。

ママは悩みながらも
毎日毎日
本当に雨の日でも毎日毎日
独眼竜ボーイの
言いなりになるだけではなく
あれやこれやと言い聞かせをして過ごしてきたのを
ドアのこちら側にいる私は
よく見ていました。

子育てしていると
節目節目で幾度かある
いつ明けるのかと思う
『暗いトンネルの時期』です。

ところが
ある日
すっとそんなトンネルから抜け出します。

そういうことの繰り返しです。
どうか自分自身を諦めず
子どもを諦めず
どんなトンネルの時期にも
心やすらぐ言葉をかけてあげてください。
一日の終りに
ママもホッと落ち着いて
優しい気持ちになってから
お背中とんとんする時間を持つだけでも
子どもは十分安らぎます。

子ども自身が
一番
どうしたらいいのかわからないのですから。
そこはこちらが大人になって(笑)

ママのうっぷんは
パパで晴らして(笑)

さ、
今回のトンネルを抜けたら
何が見えてくるのでしょうね。


fc2blog_20130622164935efa.jpg


園長(さて、今年はどんなお願いごとを書こうかな)




実践あるのみです、ほんとうです。

実は今朝
久々に自分で前髪を切ってしまい
にこちゃんやみるちゃんと同じ星の人みたいに
なっています。
難点は
にこちゃんみるちゃんのように
可愛くないところです。

ちょっとブルーな園長を見ても
そっとしておいてください。
慰めは不要です。


==================


昨日の投稿に
ママが好きなことをしている姿を
子どもに見せてやるのがいい
なんてことを書きましたら
早速ノートに
あるママが

今は子どもとあちらこちらへ遊びに行くのが
楽しくて仕方ないけれど
『私は何が好きなんだろう』と
考えたことを書いてくださいました。

まだ『母』になる前は
フラメンコに興じて
歌をうたうことも好きだったなぁと
思い返しておられます。

それだ!と思いました。

そのママのお子さんは
本当に楽しそうに歌をうたいます。
ママがその歌を歌っている時の
笑顔が安易に想像できます。
そして彼はそのまま
私達にも教えてくれます。

のびのびと育っている彼は
本当にママとの経験のひとつひとつが
成長の糧になっているようです。

そうですよ。
特に特別な趣味なんかでなくていいのです。

お子さんと一緒に過ごすなんていう
人生で初めての出来事を
こんなに楽しく過ごしているママも
そういないと思うぐらいです。


『子どもできるまでは
かなりいい加減で適当でした』と言うママが

『趣味は子どもと一緒にいることです』
『次は何をしてやろうと思うと
楽しくてしょうがない』と言います。

『ひとつひとつをすごい笑顔で答えてくれて
通ってる保育園を楽しい楽しいと言う息子を見ていると
あらゆるものに感謝しかありません』と。

嬉しいですね。
感謝の器が一杯になったら
あとは溢れるだけですから
ものごとどんどんうまくいきますよ。


伝え聞く話でよくありますよね。

神様は単純だから
なんてことない日常に感謝している人には
『ほ~、こんなことに感謝するのか♪
だったらこれはどう?これは?』と
次から次から
ラッキーを連れて来てくれるという話。

これは言い得ていると思います。

それから
脳のことを少しだけ勉強した私からも
ひとこと。

脳も単純だから
『こうなる』と思ったことしか
かなうようになっていないということ。

だからネガティブ癖のある人は
まず人から褒められたら
それがお世辞だと思っても
いやがらせちゃうか、、と思っても
『ありがとう♪』
『嬉しいです♪』と
受け止めてみてください。

絶対
『いえいえ、そんなことありません』とか
『またまた、、、』とか
『よく言いすぎです』とか
なんて言っちゃダメですよ。

受け取り損は
幸せ損です。
どうせ一度の人生ですよ。
お得にいきましょ♪♪

こういうことは
見て読んでその気になったり
うなずいたりしただけでは
見てないのと同じで
実践してこそですから。
ほんとですから。
騙されたと思って実践してみてくださいね。


写真は
おうた上手なそうくん。
こんな幸せスマイル放出です。

20130621.jpg

まずは自分から

えーーーっと
パパとの写真も段々クライマックスを迎えてきましたよ。
園長の老後の楽しみ
『イケメンアルバム』も
充実してきました。

今日のは利家クン(初命名披露じゃないかな)と
イケメンパパです。


fc2blog_20130621165154006.jpg

実は利家クンは
保育園がいよいよオープン
今日から見学受付という
一昨年の2月1日に
親子三人で遊びに来てくれました。

その後1年寝かせての
晴れての入園で
私もとっても嬉しいのです。
初めて会った時よりも
パパにそっくりになってきました。

最近まで大げさに泣いては
私に
『利家くん、泣いてたらお声が聞こえないから
なんで泣いてるのか教えて♪』と言われると
説明しようとして
ケロりと泣きやむナイスガイなのです。

ママが構えるカメラに向かうこの笑顔は
もうほんとに最高の笑顔ですね。
ほんとに可愛いです。


===================



毎日毎日
このブログのページを
『更新は今か今か』とクリックされているのを感じて
息切れしそうです。

結構毎日の時間の中で
ブログ発信するというのは
時間との勝負です。

目を通して頂けたら
『読んだよ』の意思表示として
『拍手ボタン』を押していただけると
泣いて喜びます。

『拍手』なんてできる内容ではないので
しょうがないですが

『読んだよボタン』という認識で
お願い致します。

fbの方には『いいね!』ボタンなるものがあります。
そこではどなたが『いいね!』ボタンを押してくださったか
わかるようになっていますが
ブログの方は
どなたが拍手ボタンを押したかはわからないように
なっています。

与えられたものは
決して『あたりまえ』ではないということを
体で実践していきましょう。

人はとかく
不具合があったり
自分にとって都合が悪かったりしたら
訴えようとします。

たとえば
ブログの更新が途絶えたりすると

なんとな~く
『まだですか?』と聞かれることはありますが
更新が続いても
『別に・・』というケースもあったりなかったり、、、


こうして更新を続けていても
『別にあたりまえじゃん!』となり
そのうち
『ウチの子の写真もっと載せてよ』に
なっていきます。

あ、
あくまでもこれは
今のにじのとり保育園の現状を言ってるのではないですよ。
一般的事例です。

ママ達は本当に
きっちり色んなことに
レスポンスがありますから
私はとってもありがたいと感謝しているのです。
毎日のノートも本当に楽しいです。

なので
いい時の意思表示をしっかりする
ということを
ココに訪れる
多くのママ達には(ママ達だけではありませんが)
身につけていってもらいたいのです。

これから
幼稚園
小学校
中学
高校
大学

そこで与えられる全てのことに
『やってもらって当たり前はない』と
肝に銘じること。

これが
それぞれの先生や学校と
上手に付き合っていくコツです。

先生だって人間です。
学校だって
人間が作っている組織です。

だったらまず
受け手側が
しっかり人間としての対応を示してから次へ。

人間関係の基本です。

<まずは自分から>

心がけていきましょう。

もちろんこれは私も同様に、です。
まだまだですから。



※それからここのところ
入園の順番待ちをしておられたママから
引っ越すことになったので
順番から外してくださいと
丁寧にメールやお電話を頂くケースがあります。

私はそういう時は
本当に涙がにじみます。

順番なんておそらく回ってこないだろうって
半ばわかって頂いているのに
それでも順番を待って下さって
あいにく
引っ越すことになったからと
今のご自身の思いをわざわざ伝えて下さるなんて
泣けてきませんか。

そういうママ達のお子さんなら
どこへ引っ越されても
どこの保育園へ通われても
きっと大丈夫です。

お引っ越し先で
ステキな保育園に出会えますように
心からお祈りしています。

そして
ひとときだけのご縁ですが
私は大切にしていますから
何かでお困りや
また嬉しいことがあった時には
いつでもご連絡、ご相談ください。



園長(通勤途中のあじさいが本当に嬉しそうな今日このごろです)

おやつの話

今週はどうやら梅雨らしい後半を送れそうですね。

<雨降りは雨降りで楽しい>

小さい頃から
いつもそう思って過ごしていました。

雨降りの楽しい過ごし方
是非おうちでもお試しください。

昨日のおやつ
『スイカむしパン』について
ママ達から
多くのお問合せを頂きました。

お問合せとはちょっとカッコつけてしまいました。

正確には
『スイカむしパンって何??』(byタバサちゃんママなど)


通常の蒸しパンのタネ
米粉、片栗粉、少しの砂糖に
1センチ角のスイカを入れて
オーブンで焼いたものです。

ざくっとした感じですみません。
おそらく
いつも作るママ達は
概ねの量もおわかりかと思います。


そして今日のおやつも
『豆乳スイカケーキ』です。

今日はそれに加えて
王子さまのママの
『お休みの日は手持無沙汰だから』という
手作りケーキが加わって
さしずめ
ケーキバイキングか
ケーキ祭りのようになったおやつタイムでした。


何を食べるのかという前に
どんな雰囲気で食べるのかということが
何より大切です。

センセイ達と一緒に
あれやこれやとお話しながら食べるおやつの時間は
大切な大切な時間です。
絶対に
心なく餌を与えるような状態で
おやつのお皿を子どもの前に
投げるように置いたりしてはいけません。

私達は
人を育てています。
なにより
心を育てているのです。

人の大切な大切な大切な時期に
関わっているのだということを
肝に銘じて
おやつのお皿を見つめていただきたい。

これは
全国の保育士さんに
改めてお伝えしたいことなのです。



これにて
タバサちゃんパパプレゼンツの
大きなスイカ、完食です。
次の便を心よりお待ちしています


fc2blog_201306201602171e2.jpg


みんなみんなごちそうさまでした。
ありがとうございました。


園長(実は果物の中でスイカが一番好き)

白コナン先生の健診とまだまだ続くパパの写真

白コナン先生の前にですね、
あのー
続々とですね、
パパと娘さんの
或いは
パパと息子さんの
輝かしい2ショットネクタイ写真が
送られてきましてですね

いちいち
いちいち
そのたびに私
『ひ~!』とか
『ぎゃ~!』とか悲鳴を上げてですね
若いセンセイ呼んでですね
見せては騒ぐ夕方タイムなのです。

ホヤホヤの
出しておきますよ。



じゃん!


fc2blog_20130619171930f4b.jpg



この1枚は
ピコちゃんとパパと今週生まれたての
ピコちゃんの妹ちゃんです。

またもや
イケメンパパの登場に
ドキドキですね。
ママは今週末に退院だそうです。
母子ともに元気とのご報告いただきました。
本当におめでとうございます。




さて、本日fbでUPした
嵐くんとパパの写真、
こちらでもUPしますね。
なんとも言えない
親子のこの空気感、
この1枚はほんとに癒されます。

会計士さんあたりに
叱られ気味になって
凹みそうになったら癒してもらおう。

fc2blog_201306191720415d1.jpg





さて、
お次の写真が
届きましたよ。
島根のご親族のみなさん
大変長らくお待たせいたしました。

どうも
パパが色々アングルを
考えておられたようです。


三線を弾くパパと
子どもギターでハモる娘さんは翼ちゃんです。

3月の文化祭で
パパは三線を披露してくれます。
楽しみですね~♪


fc2blog_20130619172020b90.jpg


ノートによると
ママはこの様子を
陰でクスクス笑って見ていたとのことです。
でも、
それは
翼ちゃんチの
とても幸せな風景なのです。



『見守る』というのと
『放っておく』というのは違うというのは大前提ですが

両手を『ぐー』にして頑張るよりも
ホームポジションは
限りなく『パー』にして
子育てをしている方が
最小限のストレスで済むと思います。

翼ちゃんのママは
それを実践しておられるママです。

ボケ~っと
ダラ~っと
・・なんて書いたら叱られそうですが

<ホームポジションはパー>

これでいきましょ。

時には『ぐー』にもなるし
『ちょき』だってできますしね。


あら、
白コナン先生
飛んじゃいましたね。


いえ、
滞りなく、
ささささっと終りました。

fc2blog_201306191727323ce.jpg


子ども達
もっと泣くかと思いきや
さすが白コナン先生です。

fc2blog_20130619172804224.jpg



そして
先生のお肌の白さもさすがでした。


園長(事務仕事も頑張ります)

パパと踊ろう

じゃんっっ!!

メンズノンノと違いますよ♪
VERYでも
ジュノンボーイでもありません。

にじのとり保育園のブログです。

ゆみちゃんとパパです。

fc2blog_20130618162049a7f.jpg


ママも並んで欲しかったぐらい
ゆみちゃん家族も
みんな似てます。

にじのとり保育園のパパは
みんなイケメンという噂が流れたら
出所は
園長です。



昨日颯爽と
ミルキーネクタイでご出勤のパパも
出勤前は
最近ヘン顔がブームの娘ちゃんとツーショット。

パパのが可愛いじゃん(ママ談)

fc2blog_201306181817167fe.jpg



今日は
新入園児さんのパパからのお写真などを
待っていましたが
遠慮がちな感じでしたので
出します。

ビリーくんのパパの
もう1枚のお写真で
締めくくらせていただきます。

地味ですが
酔っ払いメイクを施しておられます。
が、
地肌のようです。
次回は
更に上を目指して頂きたいと思います。


fc2blog_20130618181730fb7.jpg


いずれのお写真も
このひとつのネクタイを通して
ご家族で盛り上がっている様子がわかって
ほのぼのとした1枚に仕上がっていますね。



===================



父の日が終わって
今子ども達は
次の行事、たなばたに向けて
飾りを作っています。

今年も五色の短冊は
お持ち帰りの上、宿題です。
どうぞご家族のお願いごと
それぞれのお願いごとを
家族で話し合いながら
したためてくださいね。

また、
飾りつけも
7月4日(木)の夕方
お迎えの時に一緒にして頂きます。




園長(さ、今年はなんて書こうかな・・・)



同じアホならスピリッツでGO!

もう真夏日ですね。
今日は所用で
お昼頃に
大阪市役所から保育園まで歩き、
えらい汗ダク大将になってしまいました。

無理は禁物ですが、
夏場の外回り、
雨の日のお客様行脚、
雪の日の外での仕事、、、

体力的に過酷な状況に身を置くと
また時間がある時にお伝えしますが
過去の職歴を思い出してしみじみします。

それと同時に
世の中の
縁の下の力持ち的
<あたりまえ>だと思われているお仕事を
して下さっているみなさんに
本当に頭が下がります。

パパ、ママ
毎日本当にお疲れさまです。

どの仕事がどうではなく
お互いを尊重し合って
お仕事終わりには
『おつかれさま♪』と
笑顔で言葉を交わし合いましょうね。

にじのとりっ子のパパやママ達には
職場で
『おつかれさま♪』の音頭取りをして
活躍して頂けると
本当に嬉しいです。


============================



さて、
父の日のプレゼント
写真立てとネクタイですが
喜んでいただけましたか?

facebookページの方には
今日は
ミルキーちゃんのパパにご登場頂いているのですが

こちらにも
ナイスパパ達のお写真を。



まずは王子さまのパパ(ってことは王さま?)

つばめ組さんは
絵具でグラデーションに色を塗りましたよ。
よりリアルなネクタイに仕上がっています。
是非ともこの上から
白衣を着ていただきたいところです。
似会いすぎです。パパ!

fc2blog_20130617144339cc8.jpg



お次は

真顔で勝負のビリー君のパパ。
ネクタイは手持ちに2本しかお持ちでなく
ワードロープがひとつ増えたと
大喜びのパパです。

もう1枚頂いているお写真は
困った時のために
出し惜しみさせてください。

こちらもナイスコーディネイトですね。

fc2blog_20130617144854027.jpg



お次は

同じめじろ組さんの
笑ちゃんとパパ。
出勤前の1枚だそうです。
このままご出勤とはならなかったそうですが
機会を狙って是非またいつか。

いや、しかしパパ
寝起き間もなくなのに
かなり凛々しいお顔です。
カメラを構えるママの笑い顔(笑顔ではなく)が
想像できる1枚です。

fc2blog_20130617145137507.jpg


お次は
ひばり組のピーチ姫。

パパと一緒だと
いつもと違う女の子スマイルにちょっと驚きです。
パパの柄シャツに
柄ネクタイが
とってもステキです。

パパのかぶっているお帽子は
パパデザインのオートクチュールでしょうか。
それともママ制作なのかな、、
そちらがすごく気になりますが
幸せそうなパパの顔に
思わず笑顔になりました。

fc2blog_20130617145156234.jpg


さて、今日のオチは
まりな王女さまとパパの1枚です。

パパはこのまま王女さまを抱っこして
スーパーへ行ってお買いものをしたそうです。
スーパーで合流したママは
他人のフリをしたそうですが
同じ顔ですからそういうわけにもいかず
すっかり注目の的になってしまわれたそうです。

そりゃ、
なります(笑)

fc2blog_201306171442074e8.jpg



ほんとはもう1枚ご紹介したい
とびきりの
嵐クンの写真があるのですが
明日のfacebookページの原稿に用意していますから
しばしお待ちください。
出し惜しみです。


写真を撮る、撮らないは別にして
何かの行事ごとに
積極的に参加したり
また、
おうちでご家族で色々お話をして楽しんだり
ということまでに意義があります。

これを私は

<家に帰るまでが遠足ですのスピリッツ>

と呼んでいます。

どうぞ
保育園から出された
『喜びの糸口』は
しっかり掴んで
どうせなら多めに幸せゲットしちゃいましょう。



園長の無茶ブリには
余興ですから
乗るかそるかは
パパ・ママ達次第です。

ま、
これも
どうせなら
乗っておくに越したことはないと思っています。

こちらのことは

<同じアホならスピリッツ>

と呼んでいます。



園長(さて、次はどんな写真かな・・)







極父~ごくパパ~の歌

パパ達への
子ども達からの父の日プレゼントは
喜んで受け取って頂けたというご報告を受けて
とても嬉しい月曜日の保育室です。

そんな週初めのfacebookページを飾るのは
やっぱりこのパパ♪

クールビズをものともせず
娘の作ったネクタイを
ガチマジ
本気リアルに
大喜びで首に巻いて登園してきて
何食わぬ顔をして
『いってきま~す♪』と
保育園のドアを閉めたミルキーパパです。

見事に極めてますね。
パパ道。
ココまでくると
<極父~ごくパパ~>ですね。

さすが
私と同じジェネレーションを歩んだパパです。
こういう時には
ほんとに頼りになります。
ありがとうございます。

若い頃は
上司やクライアントに
『できません』とは言わずに勤め

可愛い妻には
徹底的に育児の手ほどきを受け

今じゃ妻の出張中でも
万事しっかりパパ業こなし

目の中に
入れながら歩く娘の作ったネクタイを
首にしめると目尻も下がる。

こりゃ
泣かずにはいられない。
今夜はちょっと遅くまで
ネクタイ見つめて一人飲み・・・。

(誰か曲をつけてください・笑)


写真立ての写真とネクタイ見つめて
ニヤニヤしているパパの顔が浮かびます。

それだけで
嬉しいですね。


他のパパのお写真も
また追々お披露目します。




園長(今日もまた幸せのおすそわけで生きるのです)

20130616.jpg

パパ達へのお題

父の日にまつわる私の思いは
これより前の記事の
『上本町わたなべクリニック』の記事のところか
facebookをご覧になってくださいね。

さて、
子ども達は
父の日に向けて
パパへのプレゼントを作り上げて
本日持って帰ります。

各クラス
写真立てと共に
ネクタイもあります。

クールビズ推奨の昨今ではありますが
子ども達手作りのネクタイをしめて
ご出勤の提案をさせていただきます。

さっそく
エッちゃんのパパが
ナイスなネクタイをしめて
おうちまで帰ってくれましたよ。


fc2blog_20130614132914f3c.jpg




パパも
最近おしゃべり女王のエッちゃんも
そして
この日は遅くまでお仕事だったママも
とっても嬉しいひとときでした。



fc2blog_20130614132846314.jpg




hoiku@nijinotori.com か
ケータイまで
パパやおじいちゃまが
ネクタイを装着したファンキーな面白写真
お待ちしています。

コレが
パパ達へのお題です。




園長(幸せのおすそわけで生きています)

日曜日は父の日

プライベートでは
誰かが決めた『父の日』とか『母の日』や
ましてや
『バレンタインデーなんて!』と
イベントくずしにかかる
ひねくれものですが

こういうイベントは
色んな意味で<とっかかり>になりますから
積極的に保育園では
熟考の上(←ココ重要)
取り入れています。


==================


次の日曜日は父の日ですね。
子ども達のナイショの制作活動は
無事に完了しました。

各クラスのセンセイが提案した『作りもの』に加えて
園長提案の一品が加わることは
以前にもお伝えしましたが

そちらの方も完成しています。
子ども達のセンス光る
ステキなものになっていますよ。

もう今日お持ち帰りするので
ココでお伝えしますが
各クラスの制作ものとは別の
園長提案の一品は『ネクタイ』です。

子ども達が
年齢相応の技法で作ったネクタイを
クールビズ推奨の昨今ですが
どうぞパパは
つけて出勤してください(本気の提案)

今日の写真は
今日からお休みする
わかなちゃんチの
パパとママが昨日の延長保育の後
ほぼ同時に来てくれて
早速パパがネクタイを装着してくれた1枚です。
このままおうちまで帰ってくれましたよ。

ママも『テカテカだからいやだよ~』と言いながら
快く1枚におさまってくれました。

各ご家庭の
ネクタイ装着出勤写真は
hoiku@nijinotori.com
もしくは
ケータイまで
写メお待ちしております。


================


パパ不在のご家庭への対応というのが
よく在園のご家庭以外の方からの
懸念を受けたりしますが
以前からお伝えしております通り
子どもの命は
『パパ』と『ママ』の出逢いによって生まれたわけです。

今の状況がたとえどうでも
『パパ』と『ママ』がいたから
『ワタシ』や『ボク』があるということには
何らかわりはありません。

物理的にパパが不在なら
その時は
ママや
その他の家族にプレゼントを。

パパ不在には色々な事情がありますから
事情を知らない第三者が
そのいずれをも善良解釈するつもりはありませんが
『今』『パパ』がいるかいないかは問わず
最終的には
『自分の命』に感謝できる日になれば
いいなぁと思っています。


私は幼少期に家庭の事情で
父親不在の期間が少しある家庭で育ちました。

当時通っていた保育園のセンセイに
父の日がらみで
ちょっとイヤなことを言われたことは
やっぱりオサナゴコロに
少し心に残ってしまいました。

そして
オサナゴコロでもやっぱり
それは母には
言っちゃいけないと思ったものです。

だけど
幼い私にとってそれはいい経験になりました。
その後私は同じ立場の友達に
不用意な言葉を発さずにすみましたし
遅れてやってきてくれた父のことは
亡くなってもなお
大好きです。


だからこそ
同じような境遇、環境を
経験しているママや子ども達には
父親不在は
心して決めたことなら
全然悪いことではないから
決して逃げたり隠れたり避けたりせず
全てを生きる糧にして

開き直ったり
拗ねたりせず
貪欲にしなやかに
強く優しく
生きて欲しいと願っているのです。

無理して
二人分愛そうとしなくても
大丈夫ですし
肩身狭がる必要もありません。

胸を張って
愛してください。



園長(さてと、次は誰の写真かな、、)

20130613_1.jpg

文武両道

さて、
しめしめ、、と
ポンデライオンの人形を出そうと思っていたら
子ども達はお昼寝タイムです。

起きてるつばめ組さんの反応を見ようと
様子をうかがうと
来月の七夕の飾りに使う
『こより』を作っていました。

よし!
それが終わってから、、と
様子をうかがうと
今度は

こんなものを用意して


fc2blog_20130613135102561.jpg


こんなことをしていました。


fc2blog_201306131351150dc.jpg


まぁ
おあそびです。

楽しいところでおしまいです。


こう見えて
文武両道ですよ。


もう一度言います。

おあそびです。



園長(夏は子ども達と昼寝をしよう)

禁止事項

保育園に
おうちのおもちゃは
持って来ないのはお約束です。

でも、
園長センセイはいいんです。



今日はコレを持って行って
自慢しよう。


たったこんなのひとつで
今からみんなの
おメメのキラキラが
予測つくからタマラナイ(^-^)









園長(完全におじいちゃんのポジション)

くみこセンセイの虎の穴

よ~し!
前から順番に
⒈2.3.4....

よくできた!


よ~し!
じゃあ次は
うつ伏せになってみよー!

くみこセンセイの
夕方の虎の穴ファンのみなさん、
虎の穴は健在です。






園長(やめられまへん)

なんばならなくちゃプロジェクトに協力します


はじめに

来週行う健診ですが
私達が子ども達を
クリニックまで連れて行くのではなく
先生が保育園に来て下さいますので
お間違えのないようよろしくお願いします。


===================


この春より、
なんばウォークのキャラクター
「なんばワン」と
大阪市交通局のキャラクター
「にゃんばろう」の2人は
「THEワンにゃん」という
ゆるキャラのデュオを結成し、
大阪府下の様々な場所に出かけていき
なんばの広報活動を行っているそうです。

それが
『なんばらなくっちゃプロジェクト』です。

この活動の一環として、
「なんばワン」と「にゃんばろう」の
可愛い着ぐるみが
多くの幼稚園や保育園を訪問して
なんばの応援ソング
「なんば、らなくちゃ。」の歌に合わせて
子ども達と一緒に
ダンスを踊ったり、触れ合ったりする
楽しいひとときを持つのだそうです。

その多くの保育園の中のひとつに
にじのとり保育園も選んで頂きましたので
日程はまだ未定ですが
6月末~7月にかけてのある日の一日
保育園に
『なんばワン』と『にゃんぱろう』がやってきて
一緒に踊ったり
触れ合ったりします。

またまた楽しみが増えましたね。
ご期待ください。

当日
予定ではテレビ局は来ませんが
ナンバウォークさんのfacebookに
子ども達の写真が掲載されることの承諾は
また改めてお願い致します。

下記リンク先で
『なんば、らなくちゃ。』の動画、楽曲を
確認することができます。
がっつり
しっかり
予習しておきましょうね。

 http://walk.osaka-chikagai.jp/songtop/


今日の写真は
お誕生日会のミントくん。

いつもはあんなに積極的なミントくんですが
自分のお誕生日をお祝いされるのは
とっても恥ずかしいみたいです。

みんなに『おめでとう♪』と言われて
うつむく姿に
『少年』をみました。

とてもまぶしい姿です。


そして今回の『見切れ写真』はタバサちゃんですね。
めっちゃくちゃうらやましそうです。

にじのとりっ子達は
お誕生日会をとても楽しみにしています。

一人ずつどうやらやってるようだということも
なんとなく今は自分じゃないらしいということも
そして
自分の時はなんだろう、、という期待も
ちゃーーーんと
年齢相応にそれをわかって感じています。

だから誰も
お友達のを本気で奪いに来ないし
みんなが
♪ハッピーバースデー♪と歌う時には
本気のお祝い。

お祝いされる子はそれぞれだけど
みんなとってもとっても嬉しそうです。

ひばり組さんのバースデーラッシュは
今月から続きます。
保育園で2回目のお誕生日会を迎える子達が
ほとんどですから
去年との違いも楽しみながら
進めたいなと思っています。

楽しみです。



fc2blog_201306111603455dc.jpg


園長(毎日めまぐるしいです)


園長のひとりごと

いや、
しかし、
ウチのセンセイ達は
本当に素晴らしい。

イヤな顔をしない。

何かお題を出すと
次の日ぐらいには
嬉々として
さっさと提出してくる。

各クラスのシンボルマークのイラストが欲しいね~

と、言ったら
ちずセンセイ、
さっさと
えらいリアルな
鳥辞典か?!というクォリティの
つばめ、めじろ、ひばりを描いて持って来てくれたし

父の日のプレゼントのプレゼンの時も
ちょこちょこと訂正箇所を言うと
ゆいセンセイ
次の日には家にあるアレコレで
さっさと作って持ってきた。

指導案も
子ども達の記録も
言うことない。

シフト勤務になっている状況で
お休みが時々かぶったりしたら
なんとかカバーしようと
普段の倍以上体を動かす
まなみセンセイ、ちかセンセイ。

若いセンセイは
ママ達には
ノートに書いていないような
その子の今日のスペシャリティを
伝えてあげて欲しいという
一人一人とちゃんとかかわっていないと
できないミッションを克服中なのに
ほんとに頑張ってるな。

ママ達へのお話も
本当に上手になってきた。

自分にとって
しんどいと思えるような状況を
いつも喜ぶひーこセンセイ。
小さな反省をすぐに生かす。

りなセンセイは
子ども達のわがままへの対処が
保育士風ではなく
限りなくママの目線。
あんなに待てる人はいないんじゃないかと思う。

ひとみセンセイは
常に全体を見て
若いセンセイにチャンスを与えてる。
さっさと雑用をこなしている姿に
ベテランの後光さえ見えるな。

くみこセンセイは
夕方だけなのに
がつん!と子どもに言うこと聞かせてるな。
よく見てると
限りなく対等だ。
おうちだとしたら年の近いお姉ちゃん役。
去年から遅い時間にいるミルキーちゃんなんか
くみこセンセイと一心同体だと思う時さえある。

ちえセンセイ
土曜日しかいないのに
しかも月に1回だけの時もあったり
全然来れない月もあったりするのに
子どもの心をすぐにわしづかむな。
履歴書に偽りなしだ。
<特技>・・笑顔と表現力って、、。(笑)

そうだ。
5月から新しいセンセイが入ったのに
まだ紹介していなかったな。

きえセンセイ。
彼女は優秀な大学を優秀な成績で卒業して
企業に勤めて
営業畑で鍛えられた後
やっぱりやりたいのは「保育」だと気付き
会社を辞めて
この保育園に出逢い、
ある日電話をかけてきて私と面談をして
居場所を確保したセンセイ。

資格はこれから。

だけどやっぱり
資格よりなにより
「子ども達と」という思いと
ボランティア期間を過ぎてなお
「ここで」という本人の思いに勝るものはないな。

朝も夕方も
初めての世界でほんとに一生懸命やっている。


にじのとり保育園には
ヤな人がいない。
いがみ合ってる人達とか
挨拶も交わさない人とか
いつもイライラしてる人とか
そんな人もいない。

せいぜい
園長がぐうたらなぐらいで。


こんなことを
保育園の公式ブログに園長がつぶやける保育園。

きっと
これが
ココの一番の特徴。


センセイ達、
出した手を握ってくれて
本当にありがとう。
これからも
みんなが笑顔でいられるよう
自分の理想をとことんまで追求できるよう
やりたいことが思い切りできるよう
私は頑張りますよ。

まだまだですから。

また近々
きえセンセイの歓迎会♪(^_^)
写真はそんなきえセンセイと
土曜日の2人。


fc2blog_201306111018083f7.jpg



園長(そろそろ来年度のことを考えます)


なんばならなくちゃプロジェクトに協力します

この春より、
なんばウォークのキャラクター
「なんばワン」と
大阪市交通局のキャラクター
「にゃんばろう」の2人は
「THEワンにゃん」という
ゆるキャラのデュオを結成し、
大阪府下の様々な場所に出かけていき
なんばの広報活動を行っているそうです。

それが
『なんばらなくっちゃプロジェクト』です。

この活動の一環として、
「なんばワン」と「にゃんばろう」の
可愛い着ぐるみが
多くの幼稚園や保育園を訪問して
なんばの応援ソング
「なんば、らなくちゃ。」の歌に合わせて
子ども達と一緒に
ダンスを踊ったり、触れ合ったりする
楽しいひとときを持つのだそうです。

その多くの保育園の中のひとつに
にじのとり保育園も選んで頂きましたので
日程はまだ未定ですが
6月末~7月にかけてのある日の一日
保育園に
『なんばワン』と『にゃんぱろう』がやってきて
一緒に踊ったり
触れ合ったりします。

またまた楽しみが増えましたね。
ご期待ください。

当日
予定ではテレビ局は来ませんが
ナンバウォークさんのfacebookに
子ども達の写真が掲載されることの承諾は
また改めてお願い致します。

下記リンク先で
『なんば、らなくちゃ。』の動画、楽曲を
確認することができます。
がっつり
しっかり
予習しておきましょうね。

 http://walk.osaka-chikagai.jp/songtop/

写真は土曜日に遭遇した
はーちゃんファミリー。

家族3人同じ顔なのに
この日は髪型まで同じ。
みんな後ろでひとつにくくっていました。
それを私が指摘するまで
誰も気付いていなかったところが
可愛いファミリーです。

おそらく最年少のパパは
催しの時には
『ひな壇』を申し出てくださっているので
とても心強いです。

今回は写っていませんが
はーちゃんのおばあちゃまは
私が勝手に
『エリザベスさま』と名付けたのですが
ご本人もご家族も気に入って下さり
おうちでももっぱら
『エリザベスさま』だそうです。
今度は是非エリザベスさまもご一緒に。

20130613.jpg

来週健診を行います

病院はキライです。
でも健診は義務ですし
まだまだ倒れるわけにはいきませんから
年に一度の検診だけには行っています。

今朝は私の健診のついでに
保育園の子ども達の健診予約に行ってきました。
半日仕事でした。

園だよりには
日程が未定でしたので
掲載してありませんでしたが
6月19日(水)14時~
健診を行います。

お仕事の都合でお休み予定のご家庭は
14時半にお母様同伴で健診を受けにいらしてください。


======================


保育園開業の時
実は一番苦労したのは
嘱託医との契約でした。

何の実績もなく
私個人との面識も
儲けの保障もなければ
当たり前かとは思いながら
近場の病院に断わられる度
途方に暮れました。

練る策もなく
ぼけーっと自分の健診のために
家の近くの病院へ出向き
先生と世間話でもできれば
何かの足しにはなるかもと
問診の後雑談をすると

先生にも小さいお子さんがいて
保育園選びが大変だったことを
話して下さり

私が個人で開業したことを知ると
とても喜んで下さったので
園の近くに
お知り合いの先生が
いらっしゃったら紹介していただこうかと
ムチャを承知でお尋ねすると

3秒ほど『うーん』と考えて

『ボクは頑張る人を応援したい!』と
エリア離れた保育園の
嘱託医になることを約束して下さいました。

それが、巷のテレビ番組でひっぱりだこの
『白コナン先生』こと
『上本町わたなべクリニック』の
渡邊章範先生です。

(実はこの事実はその当日
家に帰ってから知りました)

いろんなものがちょちょぎれて
神様の存在を確認した瞬間でした。

先生のお心も受けて
晴れて開業した保育園を
一年でたたむことなく
こうして
健診の予約に行けることが
とても嬉しいです。


ちなみに
渡邊章範先生は
お若い先生です。
内科、整形外科、皮膚科、
心療内科、小児科などを統合した
「総合診療医」として活躍しておられます。

最近では禁煙外来の取材や
その他で
関西系のテレビでは
もうおなじみですね。

来週19日は
そんなに長くゆっくりお時間は取れませんが
しっかり診ていただきましょう。


================


次の日曜日は父の日ですね。
子ども達は
実はナイショで制作活動に精を出していますよ。

各クラスのセンセイが提案した『作りもの』に加えて
父の日には
もうひとつ園長提案の一品が加わります。

『なんでパパだけ?!』って
ママは怒らないでね。

3歳までの子どもというのは
何度も私がお伝えしているように
ママとの信頼関係を
しっかり築く時期なのです。

だから時折パパは
ちょっとだけ『仲間ハズレ感』を感じたりする時期でもあります。

加えて
ママのイライラ期とも重なって
家事を手伝っても
『やり方が違う!』と怒られ
子どもを初めて抱っこしたり
オムツ換えをしたりしても
何やら文句を言われることも
優しいママ相手でも
時々はあると思います。

そして
どんなに手をかけても
『ママがいい』と言われたり
『パパとお風呂イヤ!!』と言われたりして
一人
砂浜で『の』の字を書いて
いじいじすることもあるわけです。

そんな子ども達から
もう一品プレゼントが増えたって
ママは少し大目に見てあげてくださいね。

大丈夫。
園長提案ですから
ただ、プレゼントするだけじゃありませんよ。
きっちり
お返しも頂きますから
積極参加でよろしくお願いしますね♪

完成品は続々出来上がっていますから
お楽しみに♪♪

パパ不在のご家庭への対応というのが
よく在園のご家庭以外の方からの
懸念を受けたりしますが
以前からお伝えしております通り
子どもの命は
『パパ』と『ママ』の出逢いによって生まれたわけです。
今の状況がたとえどうでも
『パパ』と『ママ』がいたから
『ワタシ』や『ボク』があるということには
何らかわりはありません。

物理的にパパが不在なら
その時は
ママにプレゼントを。

パパ不在には色々な事情がありますから
事情を知らない第三者が
そのいずれをも善良解釈するつもりはありませんが
『今』『パパ』がいるかいないかは問わず
最終的には
『自分の命』に感謝できる日になれば
いいなぁと思います。


私は幼少期に家庭の事情で
父親が不在の家庭で育ちました。

当時通っていた保育園のセンセイに
父の日がらみで
ちょっとイヤなことを言われたことは
やっぱりオサナゴコロに少し残ってしまいました。
だけど
オサナゴコロでもやっぱり
それは母には言っちゃいけないと思ったものです。

だけど
幼い私にとってそれはいい経験になりました。
その後私は同じ立場の友達に
不用意な言葉を発さずにすみましたから。

だからこそ
同じような境遇、環境を経験しているママや子ども達には
悪いことではないから
決して逃げたり隠れたり避けたりせず
全てを生きる糧にして
開き直ったり
拗ねたりせず
貪欲にしなやかに
強く優しくしれ~っと
生きていって欲しいと願っているのです。


園長(さて、パパはアレに協力してくれるかな、、、、)




写真は1歳児の仲よしさん二人。

fc2blog_2013052510041856d.jpg


上本町わたなべクリニック

病院はキライです。
でも健診は義務ですし
まだまだ倒れるわけにはいきませんから
年に一度の検診だけには行っています。
...
今朝は私の健診のついでに
保育園の子ども達の健診予約に行ってきました。
半日仕事でした。

園だよりには
日程が未定でしたので
掲載してありませんでしたが
6月19日(水)14時~
健診を行います。

お仕事の都合でお休み予定のご家庭は
14時半にお母様同伴で健診を受けにいらしてください。


======================


保育園開業の時
実は一番苦労したのは
嘱託医との契約でした。

何の実績もなく
私個人との面識も
儲けの保障もなければ
当たり前かとは思いながら
近場の病院に断わられる度
途方に暮れました。

練る策もなく
ぼけーっと自分の健診のために
家の近くの病院へ出向き
先生と世間話でもできれば
何かの足しにはなるかもと
問診の後雑談をすると

先生にも小さいお子さんがいて
保育園選びが大変だったことを
話して下さり

私が個人で開業したことを知ると
とても喜んで下さったので
園の近くに
お知り合いの先生が
いらっしゃったら紹介していただこうかと
ムチャを承知でお尋ねすると

3秒ほど『うーん』と考えて

『ボクは頑張る人を応援したい!』と
エリア離れた保育園の
嘱託医になることを約束して下さいました。

それが、巷のテレビ番組でひっぱりだこの
『白コナン先生』こと
『上本町わたなべクリニック』の
渡邊章範先生です。

(実はこの事実はその当日
家に帰ってから知りました)

いろんなものがちょちょぎれて
神様の存在を確認した瞬間でした。

先生のお心も受けて
晴れて開業した保育園を
一年でたたむことなく
こうして
健診の予約に行けることが
とても嬉しいです。


ちなみに
渡邊章範先生は
お若い先生です。
内科、整形外科、皮膚科、
心療内科、小児科などを統合した
「総合診療医」として活躍しておられます。

最近では禁煙外来の取材や
その他で
関西系のテレビでは
もうおなじみですね。

来週19日は
そんなに長くゆっくりお時間は取れませんが
しっかり診ていただきましょう。


================

というところで
今日の1枚は
最近保育園で笑顔はじけるタキちゃん。

名詞のオウム返し時期を過ぎて
『たのしい』
『うれしい』
『ちょっとイヤ』
『タキちゃんもホシイ』
という
心の声を言葉にするお年頃です。

ただ、
タキちゃん、
保育園の東側の窓の上の方とか
極端に下の方をじっと見つめて笑って
『じゃあね、バイバイ』とか言ってる時があって
園長センセイは
そ~っと
見て見ぬふりをしていますよ。

タキちゃんが
怖そうではないので
よしとしているのです。

大丈夫!
にじのとり保育園には
魔物はいない!(・・・と思いたい)

園長(プール遊びはまだもう少し後です)

20130609.jpg

プロフィール

にじのとり保育園

Author:にじのとり保育園
大阪市北区にある
にじのとり保育園の日常と
園長の主観満載のひとりごとです。

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
148位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
10位
アクセスランキングを見る>>

ランキング参加中

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR