FC2ブログ

子ども中心じゃなくていい

5月末の1週間
園長はひばり組さんの子ども達と
多く関わる機会がありました。

全体を見ている時に
「おや?」と思ったことや
「これは、、」と思っていたことは
密に関わることで
多くを確認することができました。

家庭での様子が
いよいよ形になって表に出てくる時期を迎えて
個性も際立ってきつつあります。
2歳~3歳の過ごし方というのは
本当に大切だと
改めて思っています。



ひばり組の子ども達は
2歳児さんです。
今年3歳になる
いわば一番ややこしい年代の子ども達です。

言葉がそこそこ発達して
オウム返しなだけでなく
自分の感情や思いを言葉にできる年頃です。

『これはイヤ』
『こうしたい』

要求も言葉で明確に伝えてくれます。

ママ達は
そんなお話ができるようになった子どもの要求は
できる限り聞いて
心にストレスのないようにと
一生懸命になっている頃だと思いますが
そこは一呼吸置いてみてください。

どんなわがままも受け入れてることに
なっていないか。
要求を全てかなえていないか。

心を通い合わせる人との付き合いは
本当に楽しいもので
信頼関係を築き上げる大切な時期でもありますが
世の中の全ては
子ども中心に、子育て世代を中心に
回っているのではないということは
常に心にとどめていてもらいたいのです。

子どもの嫌いな人もいる。
子ども向けではない設備もたくさんある。
家では叱られないことも
外ではよくない行いだったりもする。

『おじちゃんが怒るからダメ』
『怖い怪獣がくるからダメ』

そうではなくて
言い聞かせる暇もなく
何を言っても
泣いてもわめいてもダメなことが
世の中にはたくさん溢れています。

そういった少々の理不尽があるということ
それに対する耐性を
しっかりつけることもまた
親の仕事の一つです。

社会のルールを守る練習は
家庭のルールを守ること
ママとの約束を守らせるところから
肌で覚えていくのです。

何かした時には
どこかの怖いおじさんよりも怖いのはパパ

これぐらいじゃないと、と
思うのです。

怖がられ役
嫌われ役を担えるのは
最も信頼関係を築けている人というのは
鉄則です。

3歳までは
人育ての黄金期なのです。


話は飛ぶかもしれませんが
私は子どもの為に整備され尽くされた環境が
あまり好きではありません。

たとえばトイレも
お子様ウエルカムの
お子様用でキレイで可愛すぎるトイレや
散髪も
遊園地か?というほどの
車に乗ってDVDを見ながら、、とか
スーパーも
子ども用のカートなんかがあったり

最初は『ステキ!』と思っても
慣れてくると
そうでない場所に不満を抱いたり
『もっと、もっと』と求めてしまうのが
人のサガです。

不便な中で工夫する
何もない大人の公共施設での行いを覚えさせる
長い時間をかけてそこが欠如し続けてきたから
今とんでもないことになっているということに
もっと目を向けるべきだと思っています。

この世の中が
決して子ども中心の
ワンダーランドではないということは
紛れもない現実です。

家庭の中のなんでもかんでもを
子ども中心にしなくていい
大人の都合があったっていい。
私は声を大にしてそう叫びます。


『なんで?』と聞かれて
『ママにもわからんことがあるねん』と答えても
それでいいと思います。
ある日わかった時に
ママがそっと教えてあげたらいいし

夫婦で家族で暮らしていたら
喧嘩もしますよ。
泣きも叫びもします。
だけど
仲直りするところを見せることができます。

ちゃんと
帳尻が合うようになっているものです。



園長(お子様ランチなんていうネーミングもこの際やめて
    子飯にしてもいいんじゃないか!とゴネてみる)


写真はおやつをセコ食いしているところを見られて
ちょっと照れるマッくん。

fc2blog_2013060118511905e.jpg

Oh!!パパ

にじのとり保育園には
パパがよく顔を出してくれます。
ご夫婦での役割分担かとは思いますが

『その時間にソレをできる方がやる』

いい時代になったと思います。

保育園のお迎えや
ひとときのお留守番などは
パパとの分業で全く問題はありませんが
大きなくくりで言うと
3歳までは
ママとの関係をしっかり紡ぐ時です。

どうしても言うことをきかない
なんだかグズり気味
何をしていても
ちょっと気に入らない感じ。

そんな時は
ママと一緒にお布団に入って
お話したりじゃれ合って眠りにつくことで
解決したりすることもあります。

そんな時のパパの育児参加は
表面的にママと同じように
直接子どもに対して何かをするのではなく
ママに対する直接のサポートで
ママを笑顔に
ママに安心を与えることです。

そうすることで
ママがパパを頼って信頼する。
たとえ言葉がなくても
そういう空気で満たされた中で育つことで
子どもの情緒は安定し
本格的にパパの出番になる3歳以上になって
パパが寂しくなることはないのです。


<大好きなママが
安心して信頼している唯一の男性>

3歳までは
子どもからこの信頼をゲットする時なのです。

ウチは出張が多くて家にあまりいないから
どうだろう、、

これは心配することはありません。
子どもから得る信頼は
必ずしも時間に比例はしません。

だからママは
少しでも家事のお手伝いをしてくれるパパには
感謝を。

『ありがとう』は
カンフル剤にも
リフレッシュ剤にもなります。


====================



そんなパパのお話をひとつ。

送り迎えが
いつもパパなのはタバサちゃん。
タバサちゃんのパパは若くて
今でもまだ十分大学生みたいな
クールなイケメンパパです。

いつもの通り昨日もお迎えにやってきて
ちかセンセイから
その日のタバサちゃんの様子を聞いている時に
一人の男の子が
タバサちゃんにまだ帰ってほしくなくて
引き止めました。

まぁ保育園ではよくある光景です。

それでもパパを見たから
帰ろうとしているタバサちゃんに
その男の子は
ギューッと抱きついて
ホッペに
熱烈なチューを。

その瞬間
大学生風クールなイケメンパパの
これまで聞いたことのない絶叫が
保育園の玄関付近に響き渡りました。

『う~~~~~~わ~~~~~~っっ!!!』
『う~~~~~~わ~~~~~~っっ!!!』
『な~~んやね~~~~~~~~んっ!!!』

『うわっ』
『うわっ』

顔はニコニコしていますが
まだなにやらぶつぶつ風味で
保育園を後にしたパパです。

一部始終をニヤニヤして見ていた私でした。
パパのことフォローせずごめんなさい。

さぁ
この光景を見て
若いセンセイがどんな対処をするのか
こちらもコソコソと
事務室から見ていますと

ベテラン組が笑って見守る中

ゆいセンセイ
『男の子は女の子の様子を見て
グイグイいかんとアカンよ。』
『なんでもグイグイいくんと違うよ。』と
大きな男の子にたしなめています。

まなみセンセイ
『チューがイヤな女の子がいるから
よく見るんだよ。』
『イヤがってたらよしよしに変えてあげてね。』

4歳男子、神妙な顔をして
『男道』をさりげなく叩き込んでいるようです。


頑張れ!ミントくん!




頑張れミントくん!と言いながら
写真はナイショのおやつを嬉しそうに食べる大王さま。
いい顔して!とか
はいポーズ!なんて言わなくてもさせなくても
この自然な顔がなにより可愛い♪

子どもの写真を撮る時
カワイイポーズとか覚えさせないでね。

若いセンセイは知らないけど
園長が写真を撮る時は
ポーズしたら写真撮りません(笑)

教えてないのにやるんです~~という時は
ママが普段写真撮る時
無意識にピースとかしていませんか?(笑)

ポーズを取ってる写真は
ポーズにばっかり気がいくから
表情が沈んじゃう、、
もったいないもったいない。

大きいクラスになってくると別ですよ。
ポーズ取っても
ちゃんとその子らしさが出ていて
面白い写真になっています。

だけど
小さいうちは
しょーもないポーズの強要は不要です。

ポーズより
お洋服より
その子の「素」が一番おもしろくてかわいいんです。

fc2blog_20130601185024933.jpg



園長(元写真部)


子ども主体じゃなくていい

天神橋の商店街に
6月4日にふくろうカフェができたと
ふくろう好きなももちゃんのママが教えてくれました。
... もっと見る
写真: 【子ども主体じゃなくていい】

天神橋の商店街に
6月4日にふくろうカフェができたと
ふくろう好きなももちゃんのママが教えてくれました。

お店の改装の状況とか
現在のふくろうの状況とかを
丁寧にノートで毎日教えてくれます。

いつもがぶがぶにかぶりついて
二人で見ているそうです。

いよいよ
オープンの日あたりには
ワンドリンク1200円(アルコール価格)で
ふくろうと触れ合い放題!ということまで
教えてくれました。



今こそこそカミングアウトしますけど
にじのとり保育園の園長は
なによりも生き物の中で鳥が苦手です。
(焼き鳥は大好きです)


なので
触れ合い放題のふくろうカフェには
恐ろしすぎて行けません!!

ナニゲにどんなものなのかと
ググってみたら
東京のふくろうカフェが出てきました。

大丈夫な人は↓のページを見てみてください。

http://fukuroucafe.blog.fc2.com/page-1.html

私は途中から悲鳴を上げて
パソコンから離れてしまいました。

過呼吸になります。
あきません。



=======================


そんなももちゃんがいるひばり組の子ども達は
2歳児さんです。
今年3歳になる
いわば一番ややこしい年代の子ども達です。

言葉がそこそこ発達して
オウム返しなだけでなく
自分の感情や思いを言葉にできる年頃です。

『これはイヤ』
『こうしたい』

要求も言葉で明確に伝えてくれます。

ママ達は
そんなお話ができるようになった子どもの要求は
できる限り聞いて
心にストレスのないようにと
一生懸命になっている頃だと思いますが
そこは一呼吸置いてみてください。

どんなわがままも受け入れてることに
なっていないか。
要求を全てかなえていないか。

心を通い合わせる人との付き合いは
本当に楽しいもので
信頼関係を築き上げる大切な時期でもありますが
世の中の全ては
子ども中心に、子育て世代を中心に
回っているのではないということは
常に心にとどめていてもらいたいのです。

子どもの嫌いな人もいる。
子ども向けではない設備もたくさんある。
家では叱られないことも
外ではよくない行いだったりもする。

『おじちゃんが怒るからダメ』
『怖い怪獣がくるからダメ』

そうではなくて
言い聞かせる暇もなく
何を言っても
泣いてもわめいてもダメなことが
世の中にはたくさん溢れています。

そういった少々の理不尽があるということ
それに対する耐性を
しっかりつけることもまた
親の仕事の一つです。

社会のルールを守る練習は
家庭のルールを守ること
ママとの約束を守らせるところから
肌で覚えていくのです。

何かした時には
どこかの怖いおじさんよりも怖いのはパパ

これぐらいじゃないと、と
思うのです。

怖がられ役
嫌われ役を担えるのは
最も信頼関係を築けている人というのは
鉄則です。

3歳までは
人育ての黄金期なのです。


写真は
ついこの前の
バスに乗って行った都島の公園で
『いただきます』のシーン。





園長(カミングアウトついでにビアガーデンも苦手です。
   実はビールが好きではないのです。)
246いいね! · コメントする · シェア

にじのとり保育園
2013年6月6日
【Oh!!パパ】

にじのとり保育園には
パパがよく顔を出してくれます。
ご夫婦での役割分担かとは思いますが

『その時間にソレをできる方がやる』

いい時代になったと思います。

保育園のお迎えや
ひとときのお留守番などは
パパとの分業で全く問題はありませんが
大きなくくりで言うと
3歳までは
ママとの関係をしっかり紡ぐ時です。

どうしても言うことをきかない
なんだかグズり気味
何をしていても
ちょっと気に入らない感じ。

そんな時は
ママと一緒にお布団に入って
お話したりじゃれ合って眠りにつくことで
解決したりすることもあります。

そんな時のパパの育児参加は
表面的にママと同じように
直接子どもに対して何かをするのではなく
ママに対する直接のサポートで
ママを笑顔に
ママに安心を与えることです。

そうすることで
ママがパパを頼って信頼する。
たとえ言葉がなくても
そういう空気で満たされた中で育つことで
子どもの情緒は安定し
本格的にパパの出番になる3歳以上になって
パパが寂しくなることはないのです。


<大好きなママが
安心して信頼している唯一の男性>

3歳までは
子どもからこの信頼をゲットする時なのです。

ウチは出張が多くて家にあまりいないから
どうだろう、、

これは心配することはありません。
子どもから得る信頼は
必ずしも時間に比例はしません。

だからママは
少しでも家事のお手伝いをしてくれるパパには
感謝を。

『ありがとう』は
カンフル剤にも
リフレッシュ剤にもなります。


====================



そんなパパのお話をひとつ。

送り迎えが
いつもパパなのはかほちゃん。
かほちゃんのパパは若くて
今でもまだ十分大学生みたいな
クールなイケメンパパです。

いつもの通り昨日もお迎えにやってきて
ちかセンセイから
その日のかほちゃんの様子を聞いている時に
一人の男の子が
かほちゃんにまだ帰ってほしくなくて
引き止めました。

まぁ保育園ではよくある光景です。

それでもパパを見たから
帰ろうとしているかほちゃんに
その男の子は
ギューッと抱きついて
かほちゃんのホッペに
熱烈なチューを。

その瞬間
大学生風クールなイケメンパパの
これまで聞いたことのない絶叫が
保育園の玄関付近に響き渡りました。

『う~~~~~~わ~~~~~~っっ!!!』
『う~~~~~~わ~~~~~~っっ!!!』
『な~~んやね~~~~~~~~んっ!!!』

『うわっ』
『うわっ』

顔はニコニコしていますが
まだなにやらぶつぶつ風味で
保育園を後にしたパパです。

一部始終をニヤニヤして見ていた私でした。
パパのことフォローせずごめんなさい。

さぁ
この光景を見て
若いセンセイがどんな対処をするのか
こちらもコソコソと
事務室から見ていますと

ベテラン組が笑って見守る中

ゆいセンセイ
『男の子は女の子の様子を見て
グイグイいかんとアカンよ。』
『なんでもグイグイいくんと違うよ。』と
大きな男の子にたしなめています。

まなみセンセイ
『チューがイヤな女の子がいるから
よく見るんだよ。』
『イヤがってたらよしよしに変えてあげてね。』

4歳男子、神妙な顔をして
『男道』をさりげなく叩き込んでいるようです。


頑張れ!ミントくん!


園長(ぐいぐい来られてるウチが花だと思うんですけど
それは言わずにぐっとこらえる)


(あんまり若い頃モテ期迎えたら 年いってから
めんどくさい女になるから若い頃そんなにモテんでええよ、、そこそこで、、と幼い女子に呪文をかける)
20130606.jpg

再びお知らせ

※今日の写真は、ママが入ってくるなり
『今日からしばらくは原西って呼んでください』
と言って登園してきたある日のアニキです。

こう見えてアニキはシャイなので
『原西って呼んでいい?』と念のため聞くと
『ハラニシちがう!アニキ!』と言われたので
アニキの男のプライドを尊重しました。


====================


先日、保育園のfbページを閉鎖しようと思っている旨
こちらでお伝えしたら
ママ達から
『なんですとっっ!!!』と
いうお声を多数頂きました。

ごめんなさい。

私のfbに対する知識不足で
私の個人ページと紐付きになっていると
思っていました。

万が一私が
個人ページを閉鎖することになったら
こちらも同時に、、と思っていましたが
それは、こちらのページの管理人を
別に作れば大丈夫であるということが
わかりましたので
今のところ
閉鎖にならずに済みそうです。

投稿内容に関しては
正直にお話をすると
私は保育園のブログよりも
こちらの本名勝負の投稿の方が
より深いことを書いて
発信しています。
コメント欄ももちろん
自由に書きこんで頂けます。

時々力を抜いたことが書けるのも
facebookページだからこそというのもあります。

パパやママの中には
facebookにIDを作ることに
抵抗のある方もいらっしゃいますので
その思いは尊重したいと思います。

今後は
情報開示の公平性という観点から
内容に関しましては
こちらのページの内容が
保育園のブログの方に
少し姿を変えて
反映するという形になるかと思います。

ただ、私は個人的に
知らないよりは知った上で
取捨選択して生きていく方が
人生も子育ても
断然お得だと思っていますから
その私の思いをお伝えした上で
一人一人の思いは尊重しつつ

fbだけのちょっとした情報や
ココだけの裏話は遠慮なく発信します。


======================

あと、
もうひとつ上がっていた声に

『コメント欄の面白さ』が取り上げられていました。

ママ達の声が聞けるということ
また、
ママ以外の方々の声もとても面白いので
是非残して欲しいと。

なのでしばらくこのまま活用したいと思います。

多くのパパ・ママ達の
コメント欄への参加も楽しみにしています。


※子ども達が現在ナイショで制作中の
父の日のプレゼントに関するパパへのお願いも
またこちらでさせていただきます。

※たきちゃんのパパが、保育園の文化祭で
三線を弾いてくださることをご本人に確認できました。

※文化祭当日は、ガチな手品のお兄さんも来ます。

※けんちゃんのパパ&ママによるギター歌謡ショーも。

※みるちゃんのパパ、むーちゃんのパパが
バンドマンだという情報は既に去年から。

※チーム東京の優ちゃんママが踊ることも。

※諒くんママの一人柔道も。

※ゆづきちゃんママとじゅんくんママの漫才も。

※にこちゃんママの一人ハムレットも。

※先生達の出し物も現在調整中です。

※園長の武富士ダンスも(嘘)


園長(文化祭は3月です)

20130604.jpg

【こうして生き方を学びます】

先日東京へ行った時に
両国駅前に出ていたお土産屋さんで
湯のみを買いました。
その湯のみを今日は丸ごとシ
ェアします。

<子ども達はこうして生き方を学びます>
っていうタイトルの後、こう続いています。


======================


批判ばかり受けて育った子は
非難ばかりします

ひやかしを受けて育った子は
はにかみ屋になります

心が寛大な人の中で育った子は
がまん強くなります

敵意に満ちた中で育った子は
だれとでも戦います

ねたみを受けて育った子は
いつも悪いことをしているような気持ちになります

ほめられる中で育った子は
いつも感謝することを知ります

思いやりのある中で育った子は
信仰心を持ちます

仲間の愛の中で育った子は
世界に愛をみつけます

はげましを受けて育った子は
自信を持ちます

公明正大な中で育った子は
正義心を持ちます

人に認めてもらえる中で育った子は
自分を大事にします



================


ほんまでっか?!と斜め読みするも
はいはいはいと読み捨てるも
へ~と読み流すも
何かひとつを心がけるも
受け手の心ひとつです。

押しつけや強制や
脅しはありませんよ。
ご安心ください。

ちなみに私は
一番最後の一文が好きです。

自分を認めてもらえたら
自分に誇りを持つことができます。
自分を大切に
自分の命を大切にすることは
大きな感謝に繋がります。

子育ての最終目的は『自立』ですから
一人立ちをした時に大切なことは
やはり幼少期に
しっかり体で覚えていてほしいですね。


たとえば
1から10までのこと

段階を重ねて3までできている3人の子。
一人は
『3もできるなんてすごいね!』と言われ
一人は
『なんで3しかできないの!』と言われ
もう一人は
『はい、じゃあ次は4だよ!』と言われます。

10までの到達が早いのは
明らかに最初の子です。

だけどママ達にはこれがなかなか難しい。
ついつい他の子と比べてしまう。
子どもの発育が少し遅かったり
他の子と比べて少し劣っていると感じてしまうと
それが自分への評価のように捉えてしまって

『あの子は4なのに、、、』
という思いがむくむくと顔を出します。

大丈夫ですよ。

2を見ることなく
3ができている今を
ずーーっと喜んでいてあげてください。
そうすると気付いたら
5までできています。

這えば立て、立てば歩けの親心と言いますが

子どもにとって一番厄介なのは
実はこの
親心の押しつけだったり
他の子と比べるヘンな親のエゴだったりします。

これが幼い頃にある程度消えていないと
いつまでたっても親が子離れできず
よそさんのお子さんと比べては

『もっとちゃんとして!』だの
『普通でいて!』だの
大きな息子や娘に言ってしまう。

ちゃんとって何?
普通って何?


ここを間違えないでくださいね。

親のできることなんて実はそんなにたくさんなくて
自分の子の輝きどころがどこなのか
何が好きで
何をしている時に生き生きしているのか
年齢に応じてそれを確かめて
見守ること(口出しではなく)
に尽きるのではないでしょうか。

そして
応援すると決めたら
世に出ようが出ようまいが
お友達や近所の子がどうでも
四の五の言わず応援する。

100点取った時だけ褒める
なんてことないように
今からクセ付けしておきましょ♪



結局思い出して欲しいのは
いつだって
この子が生まれた時
初めて抱いた時に思った親の思いです。

私の場合は

♪いつも一緒に笑っていようね♪ でした。



雨の日には
ちょっとそんなこと思い出してみてはいかがでしょう。


写真は先日お誕生日を迎えて2歳になった
フレッシュくん。

めじろぐみさんで
ダントツのおしゃべり大臣です。

中之島公園で薔薇の花を見たら
「ば~らが咲いた~ ば~らが咲いた~♪」と
はっきりとした口調で歌ってくれます。

フレッシュくんのママは
華奢で
昨年一時預かりで保育園に連れてこられた時は
ママの体調が芳しくないということで
利用がスタートしたのですが

悩み多き0歳児時代を乗り越えて
今はママもお仕事に元気に復帰され
フレッシュくんを連れて
どこにでも出かけては
親子の時間を大切にされています。

そして
そんな一日のあれこれを
ノートに書いて教えてくれます。

ママがフレッシュくんの
ひとつひとつの成長に
喜んでおられる様子が本当によくわかり
いたるところに感謝をしている様子が
ものの見事に散りばめられたノートは
是非
これからも大切にして欲しいと思います。

金曜日に一人遊びを堪能しながら
ずーーーっとフレッシュくんが
歌うように話していたのは
歌のように、
もしくは呪文のように繰り返す

「♪にじのとりタノシイ~♪にじのとりタノシイ~♪」

でした。 with smile

fc2blog_201305271647550e2.jpg



園長(嬉しいことです♪(^_^)♪)

プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
61位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
4位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR