4月のお誕生日会

にじのとり保育園では
一人一人の生まれた日にお誕生日会を行っています。

そして
その日にプレゼントする冠とお誕生カードは
一人一人の趣味や特性、好みに応じて
ひとつひとつ違うものとなっています。
これもにじのとり保育園の特徴のひとつです。

ただ、間違えてはいけないことは
こういうコンセプトが特徴なのではなくて
そこに心を入れて
一人一人の為に
「どんな冠にしよう」
「どんなカードなら喜ぶだろう」と
考えて作るのが嬉しいと
みんなが口を揃えて言う
そのスピリッツが特徴なのです。

======================

この世に生まれたキセキをみんなでお祝いするというのは
ステキなことだなぁと思います。

人は勝手に生まれて勝手に死んでいくといえば
それまでですが
生まれて生きて
ご縁あるいろんなたくさんの人に出会って
そのご縁を生まれた直後から育んでいくことが
生きることではないかなと
思っています。

気の合う人、合わない人。
生まれて生きるということは
色んな人の中で生きていくということです。

それは
必ずしも嬉しかったり
快適だったりということばかりではないというのは
大人の皆さんはもう
百も承知だと思います。

こんなにたくさんの人と出会い行き交う中
お互いのお誕生日をお祝いし合える人が
家族以外にもいるというのは
大袈裟ですが
生きる励みになります。

これからまだまだ長い人生を生きていく
にじのとりっ子達には
その日には
「おめでとう♪」と
お友達に照れずに声をかけて
お祝いし合える間柄を
積極的に築ける人になって欲しいなぁ・・・。

一緒にいる人に
笑顔になってもらったり
喜んでもらえることに
自らの喜びを見出せる人になって欲しいなぁ・・・。

という願いを込めて
毎月その日のお誕生日会は存在します。
そしてみんなで心からお祝いします。

与えて与えて与えて
一人一人が持つ「愛情を感じる器」を
満たしてやることでしか
人への思いやりの心や
人に与える愛情は育たないのかもしれません。
それはまだまだその器がやわらかい
小さい内でないと器の形成もできません。

なにができなくても
なにがおぼつかなくても
だから可愛いようにできているのが子どもです。
愛して愛して愛してくださいね♪

写真は先週のお誕生日会でのけんたろうくん。
4月20日生まれです。

けんたろうくんのお誕生日は土曜日でしたから
都合、19日の金曜日に行いました。

4月20日をちょっとネットで検索すると
同じ誕生日の人は
ヒトラー。
そして
マリファナ記念日。

思わず「どないやねん!」と突っ込みましたが
大丈夫。

園長センセイと同じ日ですから
けんちゃんのお誕生日は
誰かが忘れても
園長センセイは覚えていて
けんちゃんがいくつになっても
たとえ遠く離れたところに住んでいても
必ずお祝いしてるからね♪

っていうオプションがついてます。

けんちゃん、2歳のお誕生日おめでとう♪

大阪の神様ビリケンさんに似ている上に
本名がけんちゃんだからと
ブログネームを「ビリーくん」にしたことを
パパとママが喜んでくれて
その日以来
けんちゃんの保育園での正装が
「ビリケンウェア」になってることが
とっても嬉しい園長センセイです。

そして
軽く鉄っちゃんな園長に
元国鉄職員のおじいちゃまが
好意的でいてくださることも
生きる励みになっています♪

そんなけんちゃんのパパとママは
来年3月の2周年文化祭
(決して大人のかくし芸大会ではない)では
<夫婦弾き語り漫才>を披露してくれますから(断言)
今からとってもタノシミです。

園長(さて、来月はお誕生日会ラッシュ)

20130428.jpg
スポンサーサイト

しようよ

保育園に通い始めて はや1カ月、
もうすっかりママと別れる時に泣かなくなって
以前からいる子達も
新学期ブルーから抜け出して
いつも通りよりも
少しだけパワーアップした4月最終週の
にじのとり保育園です。

保育園には
新しいセンセイもやってきましたが
紹介はまた改めてさせていただきます。
園長と同じ干支生まれの
親子世代ですが
まだまだ辰年会には入れません。

また来月から1カ月、
実習のセンセイを受け入れますので
よろしくお願いします。


===================


さて、
子ども達が泣かなくなって
元気に保育園に通うようになると
次のママ達の心配は

『お友達と仲良く遊んでいるかな』に移行します。

でもそれは1歳児さんの場合は
ちょっと待って下さい。

まずは1対1の関係の確立が先です。

1歳まではママとの信頼関係を築く時代。
その時代のさなかに
働くママの子ども達は
保育園にやってきます。
その子達の次の課題は

センセイとの信頼関係の構築です。

自分のことをお世話してくれるセンセイがわかって
センセイとの関係を築きあげた後に
ようやく<お友達との関係>です。

なので
今は泣かずに安心して登園していることを
まずは喜んで
足踏みをしていてください。

『お友達と遊んでる?』は
まだもう少し後の課題ですから
安心して一人遊びを見守ってくださいね。

一人で遊んでいることは寂しいことじゃありませんよ。

まずは自分で自分のことを満足させて
喜ばせ、その時間を満喫させること
一人の世界に浸る時間を十分に与えること
それは、後々のお友達との関係を作る上でも
とても大切なことです。

いつでもママが相手しなくちゃいけないなんて
とんでもないですし
隣にいるお友達と最初から最後まで
仲良く関わって遊ぶなんていうのは
もう少し先のお話です。

友達の存在を認めたら
まずは『喧嘩』から始まったりする場合もあります。

喧嘩しないことが仲良しの証なのではなく
変に我慢したりせず、何かあっても
仲直りできることの方が
ずっと仲良し度合いは高いと思います。

にじのとり保育園は
『いやだ』という気持ちを認めて
発散することを応援しています。

もちろん
『喧嘩』も『仲直り』とセットで
毎日絶賛受付中です。


今日の写真は
ママがにじのとり保育園の裏番長
元おけいはんで
園長と同じ辰年生まれの
福居恵子さんの愛娘、ゆづきちゃん。

変顔をさせたら右に出る子はいません。

その裏番長恵子さんが
連絡ノートに
『親子遠足はひらパーがいいなぁ』と
書いてくれていましたから
親子遠足の予定は未定でしたが
ちょっと考え始めています。

ひらパー兄さんもリニューアルしましたから
一緒に写真も撮りたいですし
『告っちゃいなよ観覧車』にも乗りたいですね~♪
くらわんか餅を食べつつ
お猿さんを見るのもいいですね♪


園長(元おけいはん)20130426.jpg

おにぎり作り

ひばり組さんの遠足のこと
ビリーくんのお誕生日会のこと
英語にリトミック

お伝えしたいことは
山のようにあるのですが

今日はつばめ組さん
おにぎり持って扇町公園です。


その
おにぎりは
自分達で作りました。


進化しますよ。つばめ組さん。




fc2blog_20130425115804653.jpg

fc2blog_20130425115755178.jpg

fc2blog_20130425115739901.jpg

fc2blog_201304251157309fe.jpg




園長(5月の行事についての田舎部とのミーティングも終わりました)





急遽遠足決定です~ひばり組~

来週とお伝えしていましたが
子ども達の出席状況を考慮して
本日、ひばり組第一便が遠足に向かいます。

メンバーは
アニキ&ムーンちゃん
マッくん&ゆみちゃんの
Wデート編成です。

お弁当とおやつと
センセイはお財布持って出かけました。
場所は
都島中央公園です。
もちろん
電車で行きましたよ。


さて、
どんな遠足道中になることやら。。。。



fc2blog_20130423094554699.jpg



他のみんなは英語中です


fc2blog_20130423094822d9f.jpg



園長(そして今から市役所の監査です)

遠足のこと


先日、つばめ組さんが鶴見緑地へ遠足へ行ったのですが
子ども達はそれはそれはとっても喜んで
おうちに帰ってからたくさん
パパやママに話して聞かせていたようです。

次の日も遠足の話をずっとしていて
今度の遠足はどこへ行く?という話で
大盛り上がりでした。

「今度はバスに乗ろうか・・・」なんてことに
なっているようですよ。

いいですね、、、、。


で、
で、
ですよ。

で、
つばめ組さんだけでなく
ひばり組さんにも
このチャンスを与えてみようよということになって
近場の公園まで
順番に電車に乗って行こうではないか!と
お話がまとまりました。

なので
ひばり組さんも
来週、
コレばかりは3歳未満児さんですから
全員でというわけにはいきませんので
およそ月齢の順に4人ずつ
電車に乗って出かけようと思います。

お弁当とおやつを持って
もう食べに行くだけぐらいの勢いですが

センセイ達が
なによりやる気の乗り気になっていますから
無理のない範囲で
まずはやってみましょう。

ひばり組さん
お楽しみに♪



今日の写真は
先日のお誕生日会での
ビリーくん。

にじのとり保育園における
ビリーくんの正装です。


fc2blog_20130423004543bfb.jpg


園長(来週をお楽しみに♪)

大阪市の監査

大阪市役所の保育課の監査が終わりました。
あ、
今は正確には
こども青少年局保育企画課っていうんですね。
お疲れさまでした。

保育園だから
市役所にお咎め喰らうなんてことは言語道断なので
どこの保育園もきっと
普通にやってたら
褒められて当たり前ですが

他にはない取り組みを褒めて頂けると
私みたいな個人事業主は
単純に嬉しくてニコニコしてしまいます。

=================

●完全無農薬の野菜とお米を使った
アレルゲン排除でみんなで同じものを食べる
超粗食のお給食。

開園当初半年間
徹底して各家庭の毎日の朝食と夕食をリサーチして
子ども達に足りていないものを抽出し
それぞれのアレルゲンを排除しながら
コストと戦い続け、園長激やせしながらも(嘘)
<究極の同じ釜の飯>を実現させてよかった。
その上
調理が得意なセンセイが来てくれてよかった。

=================

●確実な年間指導計画と
日々の保育の記録

できるだけ簡素にしつつも
年・月・週の計画書や指導案が
ただ書けばいいというだけの
無駄書類にならないようにするには、、と
心がけた結果、
それがリアルな
保育の記録になっていることが
わかっていただけて嬉しかった。

=================

●一日2回のお外遊びやお散歩
地域の方々からの理解を得られていること

園庭を持たない保育園で
積極的に外に出て遊んでいることや
地域から理解を得られているのは希少だと
喜んでいただけて何より。

=================

●園長センセイとママとの交換日記

手にマメ作りながら
決して筆まめではない私が
時々お返事できない時もありながら
やり続けていてよかった。
ママ達の筆まめさにカンパイ♪

=================

●センセイ達の笑顔と
子ども達の落ち着いた様子

4月なのにこんなに落ち着いていること
センセイ方の子ども達を見る笑顔が
とてもステキだということ
類は友を呼んでいるということ
真顔でそうおっしゃって頂けると
本当に今すぐ『おビールでも』となった。
コーヒーはインスタントしかないけど
ビールは第一のビールがあるから。

=================

これからも色々教えていただきながら
市役所の担当者さんにも関わって頂いて
どんどんよい取り組みをして
広げていけたらと思っています。

センセイ方
日々笑顔で保育に真摯に取り組む姿は
やはりちゃんとわかっていただけましたよ。
本当によかったです。私もとっても嬉しかったです。
これからも手を緩めず
保育に、また自分磨きに精を出して
みんなで補い合いながら笑顔でやっていきましょう。

コト仕事に関しては
私はぶれずにココにいますから
安心してついて来てください。

もちろん
ビシビシいきますから
愚痴を聞いてくれる友達の確保だけはしっかりね。


保護者の皆様には
簡単ではございますが、
認可保育園へ申し込めば
ほぼ間違いなく行けたであろう状況の中
あえて認可保育園を申し込まず
にじのとり保育園に残ってくださった保護者の方が
ほとんどであったということを
私から担当者さまに
伝えさせていただいたこと
そしてそのことをこれからも胸に留めて
一生懸命保育に取り組んでいくという
決意を新たにしたことを
本日の監査のご報告にかえさせて頂きます。


=================


今日の写真は
急遽行われた『ひばりぐみの遠足』から帰ってきた
みゆちゃんとひーこセンセイ。

みゆちゃんは帰ってくるなり
『ただいま♪』の前に
『ひーこセンセイ!お弁当作ってくれてありがとう♪』と。

そんなことを言われて泣きそうになってる
ひーこセンセイにムギュムギュされて
遠足の楽しかったお話をアレコレ。

『シュウちゃんは眠たい眠たい言うてたネン』
『みんなでおにぎりいっぱい食べたよ♪』

とってもとっても嬉しそうで
またひとつ成長したように見えました。

今日もこんな涙ちょちょ切れる感じで
一日の前半を終えました。


ようやくセンセイ達も
休憩タイムです。

園長(さて、これで心おきなく黄金週間を過ごせます)

20130422.jpg

チームいらんこと

その名の通り
<いらんことをしでかす子らのユニット>です。

昨年までダントツで群を抜いていた諒くん
(ブログネーム任三郎くん)が
認可園に移ってしまい
他の子達もやや落ち着いてきたので
ちょっと1年の終り頃には寂しくなっていたのですが
新入園児さんの中に
きっちり、きっちり後を任せられる子達が
入園してきてくれたので
嬉しくて小躍りしている園長です。


写真は
新入園児の果穂ちゃん。

果穂ちゃんは「玄人のいらんことしぃ」です。
頭ひとつ飛びぬけて
既にリーダーの風格すら感じます。

ロッカーの中のものを取り出して
違うところに片付けたり
白いカウンターの裏のチラシ入れは
もう入園する前から見つけて
マークしてあったようですし
そこここに置いてあるものは
なんでも我がもの顔でおもちゃにしています。
(宅急便で届いた小さな軽い箱や
ペンなど)

究極の<いらんこと>は
園長センセイのお部屋に入れば堪能できると知っています。

お昼寝の後は
おむつを交換するちょっとのタイミングを狙っては
この場所へやってきて
少しの隙間を縫いはじめます。

私は「来た来た・・・」と思いながら
気付いてないふりをすると
じわじわじわじわ入ってきて
目が合うと
「びくん!」とした後
「にやり!」としてくれます。

はい。
もう数回中に入られて
電卓でお給料の計算をしてくれていたり
ペンで何かを書こうとしてくれたり
どこから見つけたのか
私の財布を出して
領収書を並べてくれていたこともありました。

「ダメ!」は言いませんよ。

まず発見したら
ちょっと知らん顔しておくのがコツです。
敵は息を飲んでますからね。

いらんことしぃ達は
それが悪いことだと思っていないので
言葉を話さない子に
大人に喋るように話しかけます。

「ナニシテルノ?」

そしたら
説明してくれます。
それは言い訳のようだったり
得意気に見えたり。

だからある日
お昼寝から起きた後
いらんことをしに来なかった果穂ちゃんが
気になって様子を見ていましたら
やっぱりお熱でした。


にじのとり保育園では
この時期の
<いらんことしたい気持ち>を応援しています。

設定保育よりも
自由遊びの中にこそ学びがあります。

リーダー果穂ちゃんを筆頭に
<いらんことしぃ>ばっかりの1歳児さんですから
今日は何をしてくれるんだろうと
タノシミです。

大切なお子さんをお預かりして
こんなにいい思いをさせて頂いて
おそらく今
もう人生の晩年ですが

保育園を開園することができて
喜びが多くの人に拡散されていることを
目の当たりに見て
私はもう
いつでも死ねると思って
毎日生きてます。

プライベートでは
やり残したことがあまりに多すぎて
あれもこれもやりたい感満載ですが
それはもう求めないことにしています。

どんなに欲張ったり
どんなに頑張っても
今日は今日できることしかできませんから。

私はよくママ達のノートに
「今だけです」と書いていますが
それは
「今しかない」という意味も
多く含んでいるのです。



園長(さ!今日は金曜日!!!)

20130418.jpg

午後も実は遠足中です

はやぶさくんは4月から幼稚園に入園しましたから
3月末日に卒園証書を授与したのですが
幼稚園の短縮期間中は
にじのとり保育園に午後から仲間入りしていました。

そんなはやぶさくんの
今日は本当の最終日です。

残念ながら
同じクラスのお友達と
午前中に一緒に遠足に行くことができなかったので
お昼寝も終わった午後に
午前のお友達と同じように
電車に乗って
外でおやつを食べる遠足を
担任のひーこセンセイと
去年から一緒だったお友達と共に楽しみました。

多分こんなことするのは
にじのとり保育園ぐらいかもしれませんね。


fc2blog_20130418165433879.jpg


場所は都島中央公園です。

場所の遠い近いではなくて
<一緒に同じ思いで同じ時間を共有すること>に
重きを置いた結果
午後はこの場所になりました。

おやつは買い食いしましたよ。
たまごパンとお菓子。

fc2blog_201304181654477f3.jpg


もうはやぶさくんと遊べるのは
最後なのだとわかっているように
みんな仲良く、楽しく遊んでいました。


つばめ組さんは
今後も電車に乗ってお出かけすることが増えます。
鶴見緑地までは相当の電車距離で
公園もとても広いですから相当歩いています。
しかしながらその間
子ども達は文句も言わずよく歩いていました。

約1名、師匠が『抱っこしてくださ~い』と
丁寧語で懇願してきましたが
優しく却下すると
諦めてしっかり歩いていました。

約2名、メイちゃんと これまた師匠が
『アイスが食べた~い!!』と
しつこめに訴えてきましたが
『園長センセイは財布がない』と言うと諦めてくれました。

約2名、王子様と これまた師匠が
『まだおなかいっぱいじゃな~い!』と言うので
隠し持っていたバナナをおかわりまでしてみんなで食べました。

約1名、師匠がどさくさにまぎれて
ミントくんが取り置いているせんべいをつまんでいましたが
バレずにすんでいました。
食べてない顔で食べるあたり、さすが師匠でした。

ひーこセンセイが
『しんどくならない魔法のグミ』をくれたので
みんな帰りの電車の中でも
ぐったりせず元気でいられました。


帰ってきたら爆睡でした。

初めての電車に乗って行く遠足は
どうやらみんな楽しく過ごすことができたようです。
さ、
次はどこへ行こうかな♪


遠足





※今回の午後遠足は特別措置でしたから
大王、チャッピーちゃん、独眼竜ボーイのパパ、ママには
事前に何もお伝えせずで、申し訳ありません。
1歳児さん、2歳児さんは
保護者不参加で
クラス単位で電車に乗る遠足の予定は今のところありません。





園長(既に気分はカンパイ♪です)

遠足中です

今日はつばめ組さんは
鶴見緑地に遠足です。




電車乗り換えて行きましたよ。
駅でも上手に歩いています。




鯉を見たり
鳥を追いかけたり
タンポポの綿毛を吹いたりして
みんな、夢中です。




お弁当は
お給食のハンバーグと
ウインナーを焼いて
たくさんのおにぎりを持って行きました。

みんな手巻きで海苔を巻いて
いつもよりたくさん食べました。

師匠は着いてからずっとずっと
『おなかすいたー』と言ってましたから、
すっごい食べっぷりでした。







集合写真は元気な内に





他の幼稚園からも
たくさん来ています。
賑わう鶴見緑地です。

今はお弁当を終えて
おやつタイムに突入しました。





さて、あとひと遊びしたら
保育園に帰ってゆっくりします。
午後発のお友達が出発します。

センセイは都合
一日中遠足です。


園長(みんなで買い食いしたいなぁ)

保育士の仕事


あそこの保育園、園長が美人らしいよという噂が
都市伝説レベルでも
風レベルでも聞かないにじのとり保育園の
私が園長です。


今日の写真は
ごはんつぶがとっても似合う にこちゃん。

大好物は
『ふかしいも』です。

新しいお友達はたくさん入ってきましたが
にこちゃんが最年少です。

お迎えに来た他の子のママに
『抱っこさせて~~』と熱望され
たくさんの人に抱っこされるにこちゃんです。

お名前の通り
最高のにこにこ笑顔です。

===========

子ども達の笑顔に癒される とか
子ども達から元気をもらう とか

そういう言葉よく聞きますが
子どもって
なかなかみんなが
自発的になんて笑いません。

どんな人を見ても
どんな子も
無邪気に寄っていくものでもありません。
子どもだからって
天真爛漫かというとそれは違います。

表に出ている部分というのは
本当にわずかなことです。

プロの保育士とそうでない人の違いを
少しお伝えすると

プロの保育士というのは
こちらに寄ってこれない子
恥ずかしがって尻込みしちゃう子に
目と手を
すなわち心をかける人のことを言います。

その子が隠しもっているステキな部分を
なにかのきっかけで
表に出すお手伝いをします。

<見えてるところが全てじゃない>

そこに気付く人のことです。

ちょっとやそっとじゃ言うことを聞かない子
ずーーーーっと泣いてる子
反応をあまり示さない子
自分のやりたいことが勝ってしまって
ずっと走りまわってる子
そういう子が新入園児さんの中にいると
『よっしゃ!』と
思うものです。

3か月もすると
その子達が
泣かなくなって
好きな遊びを見つけて遊んだり
お友達と関わったり
センセイと一緒に手を繋いでいる姿を見ると
本当に嬉しくなります。

保育士という仕事は
かなり総合力を問われる仕事です。

学校を卒業して
腰かけでできるものではありませんし
そこに長く勤めて
うまく醸成されていくばかりでもありません。

自分自身の感性を常に磨いて
心が動く経験を積んだり
自分発信のクセをつけなければと思います。

私もまだまだ、まだまだこれからですから
若い人と一緒に♪ です。


保育園のブログやFb。
どうしても表面だけをなぞることができず
主観満載の記事満載。
これも
にじのとり保育園の特徴のひとつかもしれません。


================


あ、最後に
時々
「僕の彼女、保育士なんです♪」という
若い男性とお話をしますが
甘やかしてもらえると思ったら大きな間違いだというのは
改めてココに記しておきますよ。

子ども達をよしよしした後の彼女のことは
ちゃんとよしよししてあげてくださいね。

・・・って、
ウチだけじゃない
全国の若いセンセイ、コレでいいかな?

さて、今日は
つばめ組さんと一緒に
電車に乗って遠出してきますよ。
タノシミです♪


園長(バナナはおやつです)

20130417.jpg

園長センセー、あのね、の時間

園長の作業部屋と子ども達のプレイルームには
壁がありません。
ロッカーで間仕切りをしているだけです。

そうすると子ども達が
背伸びをして覗いてくるのですが
それが楽しみなのです。

ある子はお散歩から帰ってきた時
ある子はお昼寝から目覚めた後
ある子はオムツを取りに来た時に
『園長センセー、あのね、』とやってきます。

今日の写真は
にじのとり保育園のたいようくん。

『園長センセー!ここ、イタイイタイした~』
『イタイノイタイノトンデケーした~』

と言ってニコニコと見せてくれました。
つまずいてころんだ時に
ほっぺを打ったようです。

たいようくんはとっても元気です。
普通に遊んでいて歩いたり、走ったりしてころんだ時に
すりむいたり打ち付けたりしたという程度で
謝らないでくださいと
明るく元気に、ママはいつもそうおっしゃいます。

子ども達と怪我はつきものです。
とは言え
お預かりしているお子さんですから
怪我なく過ごすに越したことはありません。

ただ、子どもは
ころんだりすりむいたりして
大きくなります。
ころぶことも大切なことではあります。


そんな
たいようくんのキャッチフレーズは
『昭和の子ども』です。

私がそう言っているというのを
ママがおじいちゃまに伝えたところ
おじいちゃまが大層喜んでくださって
昨年の七夕の時に書いてもらった笹飾り
おじいちゃまからの短冊には

『これからも昭和の子どもで大きくなってね』
と書いてありました。

そんな風に書いてくださって
私もとても嬉しかったです。

そんなたいようくんのマイブームは
『裸の大将』

♪のにさっくぅ~ はなのよ~ぉに~♪ と
歌ってくれます。

可愛いから何べんも何べんも
歌ってもらうセンセイ達です。

明日はおむすび持って歌ってもらおうと思います。

私の子ども達はもちろんですが
パパやママ達も
2歳ぐらいまで巻き戻して
にじのとりっ子にしてみたいなと思う昼下がりです。


園長(最近麺類依存症です)

20130415_1.jpg

園長の仕掛けにまんまと乗った子だ~れだ

そこにあるものにタブーなしのにじのとり保育園です。

園長がいただきものをしまわずに
そこに置いてあるのにはわけがあります。

気付いて欲しくて。

たとえば
ビール。

わざと目につくところに置いておくと
『センセイ!これナニ?』と

知ってるクセに聞いてきます。

『なんだと思う?』と聞くと

『ビール!』と答えてくれます。

『誰が飲んでるの?』と聞くと

『ママ~!』
『パパ~!』が半分半分ぐらいかな。

『どうやって飲むの?』と聞くと
ちゃんとプルトップを開けようとしてくれます。

中にはツワモノがいて
『ちょっと違うビール飲んでる!』と
言ってきます。

『金麦?』と聞くときょとんする子ども達です。
今度もう少し銘柄をそろえてみようかと思っています。

今日の写真は
たきちゃん。

たきちゃんにはタブーがわりとありません。
今日は子ども達がお散歩の時に
面談があったのですが
その時に使った椅子を
私が出しっぱなしにしていたのですが
ちゃんとそこに
いつものダッフィーちゃんを連れて来て
嬉しそうにビールを使って
晩酌をはじめてくれました。

これが見たいがために
わざわざさっさと片付けなかった私の仕掛け。

こうやって乗ってくれると
心の中でガッツポーズが出ます。

こういうところでもわかります。
家庭での遊び方や
それぞれの『素』の部分、
叱られどころ。

設定保育だけでは楽しめないし
子どものことははかり切れません。

毎日毎日の一人一人のドラマに関わっていると思うと
いらんことを仕掛ける手を
止めるわけにはいかないのです。
明日は誰が
何に引っかかるんだろ、、、♪♪♪


園長(自由遊びの時間にじーーっと見てるのが好き)

20130415.jpg

【facebookページ】

にじのとり保育園には

facebookページがあります。

facebookアカウントをお持ちのママには

お楽しみ頂いています。

またそこで繋がっておられたりもしているようですね。

中には

離れたところにお住まいの

おじいちゃま、おばあちゃまから

『facebook楽しみに見ています』というお声も頂いて

びっくりしています。

どうぞ

アカウントをお持ちの方は

そちらでもお楽しみください。

見て頂けたら

是非『いいね!』をお願いします。


にじのとり保育園で検索してみてくださいね。

話を聞いておく習慣づけ

【はじめに】

にじのとり保育園は
日曜日・祝日はお休みですのでご了承ください。
土曜日は
保育園のカレンダーに準じて開園しております。
園だよりに記しますのでご確認ほどお願いします。

ゴールデンウィークはカレンダー通りです。
お仕事がお休みの時に
お子さんをお預けされる際は
当日の緊急時連絡先を必ずノートにご記入の上
お迎えは15時を定時と致しますのでよろしくお願いします。

尚、お盆のお休みですが
平日にお盆休みは頂きません。
子ども達の夏休みは
ご家族のお休みの日に準じますので
パパ、ママがお盆休みの時には
ご家庭での保育のご協力をお願い致します。

尚、お盆期間(8月12日~16日)は
給食材料の仕入れの関係上
お弁当持参となりますので
ご協力のほどよろしくお願い致します。

年末年始のお休みに関しましては
またその頃にお伝え致します。

どうぞよろしくお願い致します。


============


写真は先週から合流した嵐(ARASHI)クンです。
中途半端な初登園日ではありますが
そんなことは構いませんよ。

ママのお仕事が始まるギリギリまでママと一緒にいた結果の
初登園日です。

初日や二日目こそ泣くシーンもありましたが
お外遊びをしていたり
お給食の時間になると泣きやんで
こんな笑顔に。

fc2blog_20130415121828b14.jpg


次の日からは
お布団に入る前もこんな笑顔で
寝かしつけるセンセイ達を
癒してくれました。

fc2blog_2013041515160299b.jpg


どうぞ
どの新入園児さんのママも安心してお仕事に精を出してください。


==============


2冊ある連絡ノートは
それぞれのご家庭で
それぞれの使い方がされています。

ご自身の育児ノートとして使っておられるケースが多いのですが
日記のように
『今日の嬉しかったこと』とタイトル付けをして
私に教えてくれるママ達が多いのは嬉しいことです。

ほんの些細なことでも
(たとえば、保育園で好きな絵本ができたらしい、、ということなど)
それを『喜び』として受け止めて
お子さんを育てていた確かな事実は
未来の自分自身を励ますことにもなりますし
仕事の面で
その思いが必ず生かされると私は信じています。


子育てをしていると
自分のままでいい場面と
そうでない場面も多々出てきます。
後になって気付くことが多いのですが
それでも
自分の価値観とは違うところにある意見を
耳にするような機会があったら
心の片隅に入れておいたり
心の棚にひとまず乗せておくという習慣は
つけておいて損はないと思います。

それは
これからまだまだ続く
<母親業>に大いに役立ちます。

後から振り返ったら
今の時期が一番良かった、、と気付きますから。
ママもまだ若く、少しでも頭の柔らかいうちに
まず意見を聞いてみる、聞いておくという習慣付けを
是非おすすめします。


園長(老婆心)

長い子育て

あっと言う間よ、、と言われるかもしれませんが
どこで区切りをつけるかにもよりますが
子育て期間は長いです。
...
私の場合は
15年でひとまずは
親からの影響を一番受ける時期というのは
終わると仮定して子育てをしました。

以前にもこちらでお伝えしましたが
私がフルで仕事を再開したのは
下の子が小学1年生の時ですから
寂しがった子ども達は
私の携帯電話に
毎日毎日留守録をしていました。

それは『かーさーん、あんなー』から始まる
次男ゴローの
兄への痛烈なぼやきや

同じく『かーさーん、あんなー』で始まる
長男サンタの
鼻歌フルコーラスだったりしました。

当時は
毎日毎日職場と家の往復で
家族で過ごす時間を最優先していました。

10年後のココには
どこに出しても恥ずかしくない子らと
どこに出ても恥ずかしくない私が
並んで笑って立っている姿しか
頭の中にイメージせず
ただただ、働いてお母さんをしてきました。

今、
お仕事を再開したママがたくさんいる
にじのとり保育園です。
ママ達の不安な思いは本当によくわかります。

でも
『泣くんじゃないか』
『辛いんじゃないか』とは
極力思わないように過ごしてください。

泣いていい。
泣くしか手段はないから
思い切り泣いたらいいです。

ちゃんと受け止めて
よしよししてくれる暖かい手があるから
いっぱい泣いて
思いを吐き出させてあげてください。

今だけです。
我慢することを覚えていい子になると
親の前で泣くことさえ
コントロールしちゃいますから
いっぱい今は泣かせてあげてください。

本当に辛いんじゃないかと毎日毎日心配なら
お仕事を辞めて
納得するまでおうちにいてあげてください。
それも一つの選択です。

いや、それはしない。
私は仕事をする!と決めたママ達だからこそ
その頑張る時間を丸ごと応援しているのです。

終わらない長いトンネルだ、、と思った
夜中の授乳の時期も
知らない間に終りましたよね。
でも今思えば少し懐かしかったりもします。

何を言っても反応がないと思っていた時代も
すぐに終わり、
今度は親も慣れてきて
なんだか毎日怒鳴ってばかりいるんじゃないか?
私って鬼母じゃないか?
ひょっとしてコレって虐待かも?と思ったり

自分のイヤな部分を
真正面から見せられて
子どもにそっぽを向いてしまって
顔をのぞきにきたあどけない笑顔に
号泣して『ごめんねーーーー』と言ったり

そんなことの繰り返しで
全然終わらないと思った子育て時期は
知らない間に積み重なって
ある日区切りを迎えます。

あの頃の私のそばにはなかった
『にじのとり保育園』がママ達にはあります。
私もここにいますからどうぞ頼ってください。
ナニカはできますから。


ワタクシゴトですが
私自身も試行錯誤しながら
そうやってコツコツ積み重ねた一日一日が
ようやく形になって
あの日頭に描いた10年目を
この春ようやく迎えました。


写真は
当時頭の中でずっと見ていた
<あの頃の未来に立つ私達親子>です。

素材がイケてないはこの際別にして
10年前に描いていた姿そのもので
客観的な目で見てくれるカメラマンさんに
三人の姿を見届けて残してもらえたという
嬉しい春になりました。

スタジオは北堀江にある
堀江写真館 
Studio Desse Horie - スタジオデッセホリエさんで
撮影していただきました。
facebookページもありますから
ご興味のある方は一度ご覧になってください。


保育園にはしっかりしたママが多いから
わざとヌケてみるのもテですよ。
ただ、
私みたいに調子に乗るタイプの人は
ある種ブレーキも必要ですが。


園長
(最近行った焼き鳥屋さんであのチキンラーメンがメニューにあったのですが400円っていう値段にどうしても注文できません。せせり120円、ささみチーズ200円。なのにチキンラーメン400円・・・)

20130411.jpg

泣いていい

新入園児のお子さんのいる時期に
私が必ずお伝えしていることは

『泣いていい』

ということです。

朝泣かずにパパやママとバイバイするというのは
子どもにとっては別に必修じゃありません。

甘えていたり
言葉がまだおぼつかなくて
泣いて表現しているのです。

1年ぐらい
ずっとぐずぐず泣いてた子もいます。
大きくても
今も抱っこで入ってくる子だっています。

今言い聞かせをするとしたら

『泣かずに元気に保育園に行こうね♪』ではなくて

『泣いていいよ。思い切り泣いていいからね。』と

泣くことを認めるという気持ちを伝えるようにしてくださいね。



写真は
ママの産休で長いことお休みをしていた王子さま。
昨日から大復活なのですが
やはり昨日は
日常の色んなことにイチャモンをつけては
泣く原因を作っていましたが
今日は違いました。

お友達やセンセイと
本当に楽しく一日を過ごしていました。
嬉しいですね。
この笑顔は本当に嬉しいです。


fc2blog_20130409181439e69.jpg




園長(日に日に泣き声が少なくなっていく保育園です)



お絵かき御礼

にじのとり保育園で鳥の絵を募集していたら
fbで繋がった東京在住の
ベビーシッター会社の社長さんの
5歳のお子さん空羽馬(くうま)くんが
鳥の絵を描いてくれました。

突然の鳥の絵の到着は
本当に嬉しくてすぐにお手紙を書きました。

くうまくんの描いてくれた鳥の絵と
何も知らないくうまくんに
「絵を描いてみないか?」←(きっと標準語でスマートに)
と、促してくれたパパのお気持ちは
大切に大切に
にじのとり保育園で生かします。

くうまくんとは
離れていて
会ったことないし
お話したこともないけど
今日から大切な仲間♪♪

ありがとう♪♪


※鳥の絵は強制するものではありませんし
個人のエゴコロなんてものを問うものでもありません。
ましてや誰かが審査して
順位や賞を決めるものでもありません。
笑えるのなら尚よしです。

ノルカソルカはあなた次第。
そこも誰も責めません。
だけどほんとにとっても深い
1枚の鳥の絵。

遠くに住むおじいちゃまおばあちゃまの
ナニゲなく描いた1枚も
見せていただけたらほんとに嬉しいです♪

写真は東京にある
ベビーシッター会社の社長さんの
5歳になる息子さん空羽馬(くうま)くんとパパ。

今回会ったこともない私の投げかけに
パパが促してくださって
カワイイ絵を描いて早速送ってくれました。
くうまくんの絵は
また追々こちらでもシェアしますね。

にじのとりストラップを持つ仲間が
全国に広がったら
こりゃすごい♪♪

園長(同じアホなら踊らにゃソンソンスピリッツで♪)

20130405.jpg

今日の一日

新学期が始まって
早くも1週間が終わります。

いろんなことがあった1週間でしたね。

おそらくお仕事を再開されたママにとっては
久しぶりの職場の匂いに
どんな感想を抱かれたのかなぁとか
思いを馳せます。

私は子どもと一緒にいたかったのと
私が望むギリギリの保育園がなかったことから
1年間育児休暇を取らせていただきながら
出産する1週間前まで現場にいた会社を退職して
専業主婦になる道を選びましたから
小さな我が子を預けるという決意をする
ママの気持ちも
違う観点からわかっているつもりです。

ひとまず今週は
子ども達と担任のセンセイとの信頼関係を作り上げることが
目的の1週間でしたから
もうみんな自分の担任のセンセイがわかって
信頼関係が築けたようです。

まだまだ泣き声は響いていますが
嬉しい空間です。
自分の思いを存分に吐き出してもらいたいと思います。


さて、写真は
お熱でお休みしていたので
昨日から復活したベルちゃん。

朝はママが涙ぐむほどの号泣娘でしたが
お食事の頃には
こんな笑顔です。

fc2blog_20130405170829abc.jpg


ラッキーちゃんは
脅威の運動神経の良さです。
アスリート系のサリーちゃんの入園当初を思い出します。

fc2blog_2013040517043239f.jpg


実は新ユニットが誕生しました。
大王&悟空。
ユニット名は<天下一武道会>とでもしましょうか。

悟空の姿をカメラで追うセンセイの手元を見に来た大王が
画面に写っている悟空の姿を見て
『わ!ボク!』と認めたので
ユニット決定です。

センセイ達の間では
その食べっぷりといい
いたずらな笑顔といい
行動といい
体格といい
二人の共通項が多いね~と言って笑っていたのですが
まさかの
本人が自分と間違うという
美味しいオマケ付き。
一粒で二度美味しい大王&悟空です。

また覚えておいてくださいね。

fc2blog_20130405170939c5d.jpg


覚えていますか?
ひとつ前のそっくりユニットは
ミルキー&ピーチの二人でしたよ。

ミルキーちゃんのパパは
写真を間違って選んでいましたし
ピーチ姫のおばあちゃまは
運動会の時に走るミルキーちゃんを見て
『ほんとだ・・・』と。


fc2blog_20130405173104aba.jpg


園長(ちなみに私の幼少時はムーンちゃんに激似です)
(ひとみセンセイは独眼竜ボーイと激似だそうです)

涙の理由

新学期が始まって
新入園した子どもの中には
毎朝泣いて大騒ぎの子もいます。

泣くことは悪いことじゃないから
がっつり泣いて思いを吐き出させています。
ママとセンセイとの約束は
逃げるようにして
或いは
コソコソ隠れて保育園から出ていくのではなくて
おうちみたいに
にっこり笑顔で『行ってきま~す♪』と
子どもに向かって言ってもらうこと。

そうやって新入園の子ども達は
徐々に、少しずつ慣れてきます。

センセイ達に私がミーティングで伝えたことは
『慣れてる子の涙の理由に心を沿わせて下さい』
ということです。

新しい子がいるだけでも
ちょっといつもと違うのに
その子達は
ちょっとママが早くお迎えに来たりしてる、、
私のママは?
私のセンセイは?

言葉にできない不安な思いとか
いてもたってもいられない思いが
とうとう溢れて泣いちゃう子がいます。
その子達の多くは
デリケートな心の成長をしている子達です。

たとえば彼女らは
クリスマスのイルミネーションを見て涙します。
メロウな曲に涙します。
お友達がいなくなっちゃうことに涙します。
若干2歳ですが
心のひだの芽吹きも早いのです。

彼女らはしっかりしていますが
まだまだボキャブラリーが大人ほどはありませんから
こういう新学期には
大泣きをします。

まさかのしっかりさんの大泣きです。

どうかするとセンセイ達は
見逃しがちです。

だけど彼女らにこそ寄り添いが必要なのです。
しかしながら日常の全体の保育をしなければいけない
各担任のセンセイは
そこのところにじっくり手をかけられないのが現状です。

にじのとり保育園の場合は
そんな時の為にいるのが園長です。

やりきれない思いを抱えた子に
交換日記にママが書いていてくれた
昨日の保育園からの帰りに
ママと歩きながらたこ焼きを買ったことや
またベビーカステラ屋さんへ行ったこと
『くつがなる』の歌をうたいながら歩いたことを
まるで見ていたかのように話して聞かせると
すっと泣きやんで
おしゃべりに夢中になってくれます。

そうすると
それまでぐずっていたトイレにも
一緒に入って
ちゃんと用を足して
さっさとパンツを穿いて
手をつないで一緒にお布団に入ります。

髪をなでながら
もう一度さっきの話の続きを
小さいコソコソ声でします。

『じゃあ明日は何買う?』
『お昼寝したらまたベビーカステラもらえるかな?』
そういうと
不敵な笑みを浮かべて
いつもの調子に戻って眠りにつきます。

よかった、、、
今日も誰かが
どうしたらいいのかわからない思いを抱えたまま
眠らずにすんだ、、、。
その瞬間、本当にほっとします。

保育園での関わりは
担任のセンセイが勿論主立っているけれど
一人のセンセイの関わりでは
多くをフォローするのは難しいことです。

誰が何をするから偉いとか素晴らしいのではなく
あくまでも保育園の仕事は分担作業です。

<みんなでひとつ> なのです。

それを実現するのは思いひとつです。

まだまだ至りませんが
表には決して出てこない
そういうところに割と一生懸命な
にじのとり保育園なのです。

写真は
ある日の夕方の
てんちゃん、さらちゃん。
さらちゃんは大好きなてんちゃんのそばを離れません。

ある日さらちゃんの放った一言は
やっぱり強烈で
いつまでも私の心に残っています。

『どうしててんちゃんが好きなの?』

『・・・。好きだから好き。さらはてんちゃんが好きなの。』

園長センセイも
ひとみセンセイも
他のセンセイもみんな
この言葉に多くを学びましたよ。


園長(・・とりあえず頑張ってみます)

20130404.jpg

各クラスの方針

4月始まったばかりですが
ここで
各クラスの活動状況を。

<つばめ組>3歳以上児
もうカートに乗らない。
もうオムツをしない。
この大鉄則のもと毎日時間と戦いながら
お外遊び、お給食にいそしんでいます。

今後は大阪城公園などの
ちょっと大きな近場の公園へは
センセイと一緒に
公共の交通機関を利用して出かけます。
引率は
ひーこセンセイと園長です。(にやり)

年間通してたくさん歩いて
公共のマナーもしっかり身につけたい
つばめ組さんです。

大阪市内は余裕で制覇したいと思います。


<ひばり組>2歳児
パンツで過ごす時間を増やす。
カートにも極力乗らない。

ひばり組さんはどの子も
小さいお友達が増えたことを理解して
自分達はちょっとお兄ちゃん、お姉ちゃんだと
理解している様子です。
オムツではなくパンツを穿いていることが自慢気だったり
早くお給食を食べられるようになったことを
喜んだりしています。

言葉でのコミュニケーションも活発になっていますから
多くお友達と関わったり
絵本だけでなく素話を聞く機会も設けて
<聞く><話す>は勿論ですが大切な
<感じる>
<心が動く>ということを
多く経験させたいと思っています。


<めじろ組>1歳児
新入園児は保育園に慣れる。
思い切り一人遊びを堪能させる。
身近にいるお友達との関係を喜ぶ。

めじろ組さんは半分が新入園児さんです。
でも1カ月もするとみんなの足並みもそろいますから
楽しいクラスになるはずです。

みんなの個性がかなり強烈に際立っていて
大泣きする新入園児さんに手を取られるセンセイを
じーーっと見ながらちょっとスネて
初日は『イヤイヤ』攻撃をして
嘘泣きに興じるまりなちゃんでしたが
さすがですよ。
翌日には作戦を変えて
『おしゃべり攻め』でセンセイの関心を
ちゃんと引いていました。


家庭でもそうですが
どこまでも、何が何でも
子ども中心、その子中心の生活にする必要は
ないと思います。

子どものことを考えるということと
子どものご機嫌を取るというのは違いますから
そこは間違えないようにしてください。

仕事もして、ママもやって、妻もやって
いっぱいいっぱいになった時は
子ども中心にしようとしすぎている時だったりしますから
そういう時は
好きなお茶の一杯も飲んで
ちょっと時間を大人にシフトして
自分中心にするのも
いいかもしれません。
あ、時には ですよ。


今日の写真は
昨日のくみこセンセイの虎の穴。

夕方のお散歩はくみこセンセイがリーダーになって
異年齢の子ども達を一緒に遊ばせる時間です。
園長が勝手に<虎の穴>と名付けて楽しんでいます。

毎日報告を聞いて
またひと笑いです。

昨日は
大川沿いに出ていた出店の前を通った時に
ベビーカステラをもらいました。

若いイケイケのお兄さんも
釘付けです。子ども達に。

あ、
もちろん
小麦粉ダメな翼ちゃんの分は
手持ちで持って帰って
ママへのオミヤゲにしましたよ。

今日はそんな夕方のヒトコマを。


fc2blog_201304040830334c8.jpg




園長(そんな時間まで外に散歩に行く保育園は、まぁないと思います)




各クラスの方針

各クラスの活動状況を。

<つばめ組>
もうカートに乗らない。
もうオムツをしない。
この大鉄則のもと毎日時間と戦いながら
お外遊び、お給食にいそしんでいます。

今後は大阪城公園などの
ちょっと大きな近場の公園へは
センセイと一緒に
公共の交通機関を利用して出かけます。
引率は
ひーこセンセイと園長です。(にやり)

年間通してたくさん歩いて
公共のマナーもしっかり身につけたい
つばめ組さんです。

大阪市内は余裕で制覇したいと思います。


<ひばり組>
パンツで過ごす時間を増やす。
カートにも極力乗らない。

ひばり組さんはどの子も
小さいお友達が増えたことを理解して
自分達はちょっとお兄ちゃん、お姉ちゃんだと
理解している様子です。
オムツではなくパンツを穿いていることが自慢気だったり
早くお給食を食べられるようになったことを
喜んだりしています。

言葉でのコミュニケーションも活発になっていますから
多くお友達と関わったり
絵本だけでなく素話を聞く機会も設けて
<聞く><話す>は勿論ですがそして大切な
<感じる>
<心が動く>ということを
多く経験させたいと思っています。


<めじろ組>
新入園児は保育園に慣れる。
思い切り一人遊びを堪能させる。
身近にいるお友達との関係を喜ぶ。

めじろ組さんは半分が新入園児さんです。
でも1カ月もするとみんなの足並みもそろいますから
楽しいクラスになるはずです。

みんなの個性がかなり強烈に際立っていて
大泣きする新入園児さんに手を取られるセンセイを
じーーっと見ながらちょっとスネて
初日は『イヤイヤ』攻撃をして
嘘泣きに興じる葉月ちゃんでしたが
さすがですよ。
翌日には作戦を変えて
『おしゃべり攻め』でセンセイの関心を
ちゃんと引いていました。


家庭でもそうですが
どこまでも、何が何でも
子ども中心、その子中心の生活にする必要は
ないと思います。

子どものことを考えるということと
子どものご機嫌を取るというのは違いますから
そこは間違えないようにしてください。

仕事もして、ママもやって、妻もやって
いっぱいいっぱいになった時は
子ども中心にしようとしすぎている時だったりしますから
そういう時は
お茶の一杯、
ビールの一杯、
焼酎の一杯
日本酒の一杯(誰か止めてください)も飲んで
ちょっと時間を大人にシフトして
自分中心にするのも
いいかもしれません。
あ、時には ですよ。

私は自分の子ども達が
そろそろオッパイを欲しがる頃になったら
私もお腹を空かせていましたから
その時はどんなに子どもが泣き叫んでも

『♪かーちゃんが~食べないと~♪
いいオッパイなんか出ないのさ~っ♪♪
大人の事情もあるんだぜ~♪』

と、ヘンな曲をつけてのん気に歌って
聞かせていました。

♪そしたら~
あんな息子に育ったのさ~♪


今日の写真は
一夜限りのユニット『ハートランド隊』。
場所を間違えて遅れて来て
生中をゴクゴクやってる司法書士の高野さんを尻目に
可愛くハートランドをオーダーし、
誰も躊躇せず手酌でコップに注いだ3人で結成。
リーダーは香さん(向かって左)。

こういうユニットを作って
ワイキャイ言うだけかも、、の中にも
色々ヒントがあるわけです。

園長(本文には 2周年行事が文化祭ということを今から
かなり意識して過ごしてくださいよという
暗黙のメッセージを含みます)20130402.jpg

今日の一日

パソコンの調子が悪いので
スマホから更新します。

さて、
昨日は大泣き合唱のめじろ組さんの
今日の様子を。


あれ?




あらら?




あっれー?




ひゃー!



うわー!

fc2blog_201304021525505eb.jpg



エッちゃんの得意技は
エアー読み聞かせ。
これは本のタイトルを見せて
説明しているところ。昨日のシーンです。




遊びの時はマイペースで
トリッキーなタバサちゃんも
ごはんの時は
ホレ、こんな感じ。






さて、
明日はどんな感じかな。

最後の写真は
今日のお給食です。

野菜のそぼろあんと
具沢山のお味噌です。

どの野菜も
無肥料の畑で
無農薬で育った野菜です。
味に力があります。

もうほんとに
ガツンと人参の味がします。






そして、
めじろ組ではないけれど

ひばり組さんの彼女が
実は昨日は
新しいお友達がいっぱいいて
ナーバスになってしまい
園長センセイにしがみつきっ子なのでした。

more...

卒園証書の文言

実は一人ずつ違う卒園証書の文言です。これはまだハンコ押す前の。

20130401.jpg

初日のにじのとりっ子

泣きました。泣きましたよ。
めじろぐみの1歳児さん。
みんなみんな。(一人予想通りの例外ちゃんがいましたが)


悟空も泣くよ。
泣かなくなったら
『オッス!おら悟空!』って言ってもらおう♪
すぐすぐ。今だけだから
いっぱい泣いてもらいます。

fc2blog_20130401144918f03.jpg


最年長4歳児のミントくん。
女の子だと思ってて
トイレに連れて行ってビックリしたセンセイもいました。
女の子じゃないよ。男の子。ミントくん♪

fc2blog_20130401145011979.jpg


お兄ちゃんと一緒に入園してきたのは親方です。
なぜ親方かと言うと
時折ママを思い出して
センセイを独り占めして大声で泣くけど
お給食の時間になったら
ものすごくモグモグたくさん食べて
まるで弟子にちゃんこを振舞う親方のようだったからです。
頼もしい親方です。


fc2blog_201304011451364cd.jpg


こちらはひかりクン。
背番号も700。
鉄子の園長のハートをくすぐる
生粋の鉄っちゃんがまた一人増えました。
今はいっぱい泣いてもらおう。
秘密兵器はまだまだ出さない。

fc2blog_2013040114521297b.jpg


新しいお友達が増えると
いつも敏感に察してちょっと引いてしまう
保育園の広報部長まりなちゃん。
今日はスモックを着るのはイヤ!
パーカー着る!と結構頑張っていましたが
嘘泣きがすぐにバレちゃってあっけなく降参。

fc2blog_20130401145443489.jpg


初めて面談に来た時は
乳飲み子で小さくてか細かったラッキーちゃん。
1年経ったらやっぱりこんなに大きくなるんだね。
泣き声も大きくて
ごはんもダイナミックに食べてくれました。

fc2blog_2013040114530036e.jpg


断乳も成功しつつあるスカッシュくん。
朝の慌ただしい感じに
ちょっと戸惑いましたが
すぐに泣きやんで率先して遊んでいました。

fc2blog_201304011455178d9.jpg


でもやっぱり今日のとっておきの1枚は(2枚あるけど)
つばめぐみさん(3歳以上児)の
初めて顔合わせをした4人とは思えない
この感じです。

左からはやぶさくん
その次が親方のお兄ちゃんの若さまです。
若貴で相撲を知った世代ですからすみません。
笑顔が癒しの若さま、とてもステキです。

そしておなじみ師匠と
さっきも登場したミントくんです。

fc2blog_20130401145831efa.jpg


扇町公園まで
二人ずつ手をつないで歩いて行きました。
公園に到着したら
もうみんなであっちへこっちへ
仲良く遊びました。

あとこのクラスには
今日お休みしている王子様とメイちゃんが入ります。
メイちゃんのママには
『女の子もいますよ~』なんてのんきなことをお伝えしましたが

紅一点のピンキーとキラーズ状態(たとえが古い)の
つばめ組さんです。

fc2blog_20130401145846e5b.jpg



園長(こんな感じで賑やかに4月1日は始まりました)


で、、、、、、、、


more...

新年度の始まり

今日から新しい年度の始まりです。
引き続き
よろしくお願いします。

初めての子ども達は
ぎゃん泣きする子
平気で遊び始める子
それはそれは色々な反応でしたが

前からいる子も
なんだか落ち着かない雰囲気で
泣いたり、
嘘泣きしたり
ソワソワしたりで
なかなかに賑やかな初日の月曜日でした。

色々言うより
一片ではありますが
今朝の動画をどうぞ。








おまけ動画はコチラ。
本人がどうしても『撮って!』と
じっと目を見て訴えてきたので
『チョットダケヨ♪』と撮ったワンシーンです。
この後自分の動画をチェックして
ニマニマ笑って『よっしゃ!』とOK頂きましたので
みなさんにもお披露目します。










園長(さぁ!今の間にお給食の用意と布団の用意だ!!急げ!園長!!)


プロフィール

にじのとり保育園

Author:にじのとり保育園
大阪市北区にある
にじのとり保育園の日常と
園長の主観満載のひとりごとです。

カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
2位
アクセスランキングを見る>>
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR