03
6
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
22
26
28
30
   

1周年記念行事を終えて

保育園のブログの方には
早々にUPさせていただきましたが
無事に3月30日(土)に
1周年記念行事である<運動会>と
<卒園・転園によるお別れ式>
<入園式>
また、その後の
<オーバーサーティーファイ部>による
納会もを無事に終え、きっちりと1年を締めくくることが
できました。

これもひとえに
保護者の皆様のご理解、ご協力の賜物であることに加え
地域の皆様の温かいお気持ちがあってこそと
感謝してもしきれない思いでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

また新年度より
気持ちも新たにして
園長はじめ保育士一同更に精進して参りますので
どうぞよろしくお願い致します。


================


さて、新年度のにじのとり保育園の保育方針ですが
今年の大きな柱は
<音楽>です。

今年度はどの学年もリズム楽器を使って
音を楽しむ1年にしたいと考えています。

アフリカの太鼓
『ジャンべ』の音に親しむ機会を設けることも
計画しています。

それに伴い、2周年の記念行事は
音楽を中心にした『文化祭』を考えています。

三線を習っているパパ
時々ライブハウスで歌っているパパ
以前は活発にバンド活動をしていたパパが
ちらほらいらっしゃることは把握済みですし
ママのダンスも
アレもソレも
これから色んなお申し出を頂けるのではと
楽しみにしています。


もちろん子ども達の出し物も<音楽>ですから
お楽しみに。

もちろん
私を始め、センセイ方も
とっておきのかくし芸を披露しますよ。
どうぞお楽しみに。

地域のみなさんの参加枠も考えています。
これからますます目が離せない
にじのとり保育園です。

(私もひそかに音楽系の習い事を始めます)
(内緒でひっそり始めます)



<追伸>

運動会はスポーツの秋のシーズンの
9月か10月ごろを考えています。
ソリに子どもを乗せて親が引っ張るという
<ソリでGO!GO!>の競技は
にじのとり保育園の定番種目にします。

今年よりもさらに上いくガチの戦いです。
みんなで燃え尽きましょう♪


写真は
記念行事の後の保護者主催の納会フォト。

20130331.jpg
スポンサーサイト

【2周年記念行事について】

1周年記念行事を終えたばかりではありますが
来年迎える2周年のことも
実は同時に進行させていました。

周年行事の前に、
まずは運動会のことを。

4月からの新年度には
スポーツの秋に大運動会を行います。
30日の運動会では
パパやママの大マジぶりに
私も、そしてもちろん会場に集まったみんなも大喜びでした。

なので急遽決定です。
9月か10月あたりの土曜日をお考えください。
日が決まりましたらすぐにご連絡致します。
(普通、保育園では運動会の行事なんていうのは
当たり前なんですけど、そこはソレのにじのとり保育園です)

もちろんOB枠は用意しますから
海外からの参加も大歓迎です。
ご近所枠や
おじいちゃまおばあちゃまの競技も
次回は入れていこうかなと思っていますが
プログラムについては
まだまだゆるゆる決めていきます。

今回まさかの<カエルさんチーム>の優勝となりましたが
「やっぱりカエルさん率いる久美子センセイが
裏で圧力かけたに違いない」というウワサを
園長自ら流すほどのいい戦いっぷりでした。

更なるガチの戦いを熱望します。

そして特筆すべきは
まさか<ひよこさんチーム>が芸人枠だったとは!ということです。
園長不覚でした。
甘やかしません、次からは。

きなこちゃんパパやまりなちゃんパパには
企画の段階からお世話になるかもしれません。
先日は欠席でしたが
ビリーくんパパにはかぶりもので参加してもらおう。

アニキのパパの
とんだアスリートぶりにもびっくりしましたし
ピーチちゃんママの闘志にもびっくりしました。
ピーチちゃんのあの感じは
ママの血だ・・と手帳に書きましたよ。

何があっても
ソレを「おいしい」と思える大阪魂って
すごいなーと思います。

ソリでGO!GO!は今後もにじのとり保育園の定番競技とします。
来年も今年以上の闘志を期待します。

外に向けて何のアピールもしない運動会です。
参加してる大人と子どもが
ただひたすら楽しむだけの運動会です。
練習の時の先生のストレスや
子どものストレスを排除するだけで
運動会は
何倍も楽しい行事になるんだよ!ということを
多くの保育園や幼稚園で働く先生方に伝えたい。
園の行事は
それを見せなきゃならない誰かのものではなく
そこに参加する人達が
ココロから楽しむだけでいいんだよーーーーーー!!!!!



で、次いきます。

2周年記念行事。
来年も3月末に行いますが
来年は<文化祭>です。

にじのとり保育園では
この1年間、リズム楽器に親しむということを
今年度の教育の目標に掲げています。
リトミックの先生とも話し合いながら
計画を練っている最中です。

その一貫として
アフリカの太鼓「ジャンベ」奏者(ノンプロ)に
保育園に来てもらって
リアルな太鼓の音を聞かせてもらう機会も
設ける予定にしています(年に数回・回数未定)
そして
一年の最後の文化祭では
ジャンベと一緒にナニカ子ども達も演奏できればと思っています。

もちろん
「大人も楽しむ」というのがにじのとり保育園の最大コンセプトですから
パパやママ達にも
ナニカやっていただきますよ。

ダンス可。バンド演奏可。ソロ演奏可。
三線可。(←明らかにピンポイント攻撃。強制的に出てもらうテイ)

センセイ達にも
それぞれかくし芸を披露してもらいます。

私も4月からこの日の為に
内緒の習い事を始めますよ。。。。内緒だから聞かないでくださいね。

同じ阿保なら踊らにゃソンソンスピリッツで
みんなで一緒に次の1年を楽しみましょう♪



写真は
ミラーレス一眼で待機中の娘チャンを激写する
センセイ達にとっての<癒しのパパ>ミルキーパパ。
残念ながら私の写した写真はピンボケ・・・。すみません。

fc2blog_2013033115460482d.jpg



東京から参戦のQちゃんファミリー。
抱っこしたらちょっと思い出してくれたようで
嬉しかったです。
そんなチョコッと離れてる間に忘れられることぐらい
ちっとも怖くない園長センセイですよ。
Qちゃんだってお引越しする前の12月のラストの日には
いっぱいいっぱい抱っこして
ずっと愛してる注入しておきましたからね♪
時期が4月からの新入園児さんの問い合わせの時期とかぶったので
この時期にQちゃんが引っ越すなんてことを
ブログで上げたら大変なことになるので黙っていましたが、、、
(ママ、フルメイクです)

fc2blog_2013033115483659b.jpg



最後の写真は
最後の登園日のまさおくん。

近頃<ヘン顔>がブームだったけど
おうちで写したみたいな
こんなイイ笑顔を最後に見せてくれました。
それだけで泣けてきました。
みんなココから巣立っても
きっと元気で頑張れると信じています。

fc2blog_20130331155449079.jpg





園長(さ、明日は4月1日だ)




【1周年記念行事】大運動会&卒園式&進級式

3月30日(土)
無事に一周年記念行事と卒園式と進級式が
滞りなく
大盛況のまま終わりました。

もろもろの思いはありますが
ひとまずは
保護者の皆さまのご協力と
地域の皆さまの暖かいお気持ちに支えられ
にじのとり保育園は
無事に1年、この場所で
毎日子ども達をお預かりすることができました。

感謝してもしきれません。
どこのなにともわからない
にじのとり保育園と私とセンセイ方を
信じて支えてくださり
本当に本当にありがとうございました。

4月からも
気持ちを新たに
精進してまいりますので
どうぞよろしくお願いします。


写真は運動会の一幕ですが
ペンギン競争の写真しかありません。
どなたか写真を見せてください。お願いします。

fc2blog_2013033114554354f.jpg

fc2blog_20130331145613f8e.jpg

fc2blog_20130331145648e42.jpg

fc2blog_20130331145734ece.jpg

fc2blog_201303311459246ee.jpg

fc2blog_2013033115000816b.jpg




園長(来年のことは次の更新で)

今日のなう

園長センセイ
今日はぜろさいさんとお散歩です。
大きくなったなー。
ビリーくん、なんだかはみ出てるし
まりな王女と エッちゃん
えらいおしゃべりだし。
なんと
アッキーが泣いてない&寝てない。
きなこちゃんも
寝てない、、、。

しかも
アッキー、泣いてる笑ちゃんに
よしよしなんかして
大人になってる。
そんな姿に
また泣ける。
こんな姿も今日で最後、、、




土居さんの奥様にも
また声をかけてもらう子ども達。

なんて可愛いんだろう。
園長という立場を差し引いても
にじのとりっ子は可愛いよね~と
センセイ達と言い合いながら苦笑い。
いや、いい。
公然とヒイキ。
どヒイキしてますよ。




さて、一足お先に戻ります。

大きい子達は
絵の具でなにやら描いてました。

任三郎くんと、まさおくんと、
サリーちゃんやさくらちゃんを
朝からいっぱい抱っこしました。

そうして
ずっと愛してることを
体につたえておきました。



園長(はぁ、、、、)

園長センセのひとりごと

忙しいと言ってしまえば
それまでなのですが
いろんなことを考えて
いろんなものを作って
センセイ達の頑張る姿を見たり
子ども達の寝顔をみていると
しみじみしすぎて
メソメソしてしまいます。

いやだー!

きっと楽しいけど

運動会なんかやってしまったら
次の日から
会えない子がいるー!

と、
一人で駄々をこねる毎日です。














園長(今日も駆け足すみません)


今日のあそび

こんなこととか




変顔とかして
楽しんでます。




こんなことにもなります。




楽しい毎日。





園長(駆け足ですみません)

今、会いにゆきます

こんなタイトルの切ない映画がありましたっけね。

2月初旬に私は
東京の保育園設立のコンサル会社さん主催の
オーナー会に参加してきました。
その時に多くのオーナーの方々と
少しだけですがお話をさせて頂きました。

オーナー園長である私と違って
皆さんは別の顔の本業を持っておられる
そうそうたる社長さんです。

色んな成功事例を聞きながら
正直私自身の事例が
ちょっと他とは違うことに気付いて
実はあまり自分のことは
話さず過ごしたオーナー会でした。

そんな中「今日が保育園オープンの日です」という
夢溢れる若い社長がかけつけてきました。

なぜこんな若い人が
保育園なんて始めようとしたんだろう、、
保育園とか保育って
この若い人はどう考えて
この事業に参入したんだろう、、、
私の興味はそこに集中しましたが
同時にこれからこの若い社長が抱える悩みも
容易に想像できました。

オーナー会から帰って
実情についていろいろ意見の交換をして
お互いの足りないところを補い合う場面もあった上で
今の私にできることはなんだろうと考えた結果
いよいよ というか
満を持して というか
大きなお世話 というか

社長からの「なんなら来てもいいよ♪」をいただき
(熱望と書きたいところを抑えるカタチ)
私が訪ねて行くことになりました。

伺うと
園の保育士さん方も
にじのとり保育園のブログを読んでくださっているから
ちょっとした変り種だということも
ご理解頂いているとのことなので
お話を聞きに行くだけでも
お互いにとってWINWINではなかろうかと
腰のオモリを外しました。

なので
こちらの保育園にとって支障の少ない
4月6日の土曜日に
神奈川県の 
「ベビーホーム/baby home」さんまで
今、会いにゆきます。

お忙しい時期だと思いますが
「ベビーホーム/baby home」のセンセイ方
お手柔らかにどうぞよろしくお願いします。

なにかご希望等ございましたら
どうぞご遠慮なくお申し伝え下さい。

にじのとり保育園
園長  あきやまちかこ

# 運動会のこと

見えない裏の仕事に園長が東奔西走している間
現場の若いセンセイ方は30日の運動会に向けて
日々頑張っています。

簡単ですが得点をつけたりもしますから
みんなで競い合うので
数をかぞえる練習もしています。

簡単な競技も勿論練習しています。
体操も毎日余念がありません。
ただただ毎日の積み重ねを見ていただいて
親子で楽しむ運動会です。

にじのとり保育園では今後も
3月1日の創立記念日に合わせて
忙しいですが、
3月に周年行事を行っていく予定です。



そんな中
今日(土曜日)の二人の様子を。

いつもとは相方が違うのですが
とってもとっても
ひとみセンセイが妬くぐらい
仲の良かった二人です。









園長(お花見日和が続きます)

【連絡事項】4月分保育料のお振り込みについて

連絡事項が続き、申し訳ございません。

4月分保育料のお振り込みに関してのお願いです。

既にお振り込みを完了されたご家庭につきましては

そのままで問題ございませんが

お振り込み口座が変更となりますので

4月分からはそちらの口座にお振り込みをお願い致します。

明日にはお手紙をお渡し致します。

慌ただしく申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願い致します。



園長




ママの涙

保育園で入園希望のママと面談をさせていただいていると
本当に色々なお話をお聞かせいただけます。

面談の際、ママは
たくさんの鎧をつけて私のところにやってきます。
ところがココに面談に来られるママ達の
1/3ほどは面談中に涙を流します。
中には号泣するママもいます。

具体例は挙げずにおきますが
その話を人に言うに至るまでに
一人で流したママの涙を思うと
私も一緒に涙だらだらです。

たとえば子どもの発育のことだけでなく
生まれながらに持つ病気のことなどは
自分の子どもの身に起きた時の
ママの思いはよくわかります。

我が家の長男は
生まれて二日目の検診で
心臓に穴が開いていることがわかり
退院後は更に大きな病院とのお付き合いが
2年ほど続いた後、
順番が回ってきて手術ををし、根治しました。

私がその間に流した涙は
恥ずかしながら
『なんでこの子は病気を持って生まれたんだろう』
『なんで私の子なんだろう』
という自分勝手な涙でした。
でもその涙を来る日も来る日も流してきたから
私は<エゴの山>を超えることができました。

『そうか、そうじゃない』と気付いてからは
<こうでなくては>という
子どもへの、或いは人生そのものへのエゴもなくなり

かわいそうだとか
痛いだろうにとか
無駄に悲観するようなことも
また
自分を責めるようなことも
一切考えずに過ごすことができただけでなく

現代の医学では
ちょっと手術したら治るような病気を持って
私のところに生まれてくれた長男に
頭を下げて流した涙は
きっと嬉し涙だったと思っています。

そんな私の過去の思いと同じような思いを
一人で抱えて
鎧をたくさんつけてやって来るママのことは
だから私は愛おしくして仕方ないので
そこを乗り越えるまでは
一緒に泣くのです。

そして泣いた後の過ごし方を
一緒に考えて
一緒に子育てをしていくお約束をするのです。
それが
にじのとり保育園の<契約書>です。

甘ったれた我欲の塊のようなママには
冷酷極まりないと映っているかもしれませんが
それでいいと思っています。
それも愛です。

毎日それが続くのかと言うと
それはちょっと違いますが
そんな思いで面談をしていると
お一人終わると
昨夜のお酒もお食事も
全部消化して消えるということです。

そこで一日のパワーのほとんどを
使っています。

それが私の仕事です。

【連絡事項】入園手続き

3月もあっと言う間に終わりそうですね。

連絡事項をお伝えします。

新年度にご入園が決定しているご家庭は

入園の手続きを行いますので

お手持ちの入園申し込み書と入園金をお持ちの上

3月9日(土)午後2時に保育園までお越しください。

入園までのスケジュール、ご用意いただくものを

改めてご案内致します。

パパやおじいちゃまおばあちゃま

中を見てみたいというご家族も同伴可能です。


よろしくお願いします。

アニキ風を吹かせるアニキ

今日も愉快な保育園でしたが
やっぱり今日の目玉は
アニキの説教です。

放課後タイムに
お部屋に残っていたアニキが
アニキ風を吹かしている現場を
ひとみセンセイと声を殺して見守っていました。


fc2blog_2013030517472085b.jpg




肩がちらりと見えていますが
そばにいるのはビリーくんです。

ビリーくんは
アニキが大将を説教している間中
ずっとそばで聞いていました。
聞きながら時々アニキを見つめて
自分が怒られてるのではないことを確認していました。

説教の間うろうろやってきてるのはアッキーです。
アニキ説教の間中
ずっとソワソワウロウロして
アニキと大将の間を歩き回り
途中でアニキに
『アッキーは関係あらへんからどいとき!』とか
言われてるようなシーンもありました。
そこらは私とひとみセンセイだけ見てしまいました。すみません。

説教されている大将も
初めのうちは
『こりゃ怒られてる感じかもな・・』と
神妙な顔をしていましたが
動画を撮る頃には飽きてきていました。

で、
なんで説教するというシーンになったのかと言うと
大将が持ってたおもちゃを
アニキが欲しがったという理由です。

でも説教のあと
それはどうでもよくなったみたいで
何もなかったみたいに二人は遊び出しました。

しばらくしてまたアニキの説教する声が聞こえたので
手を止めてそちらを見ると
滑り台を使って車を滑らして遊んでいたのですが
なかなか上手にころがらなかった車に対して
えっらい説教しているシーンでした。

しかも
だいぶお話が上手になっているアニキですが
あえて
わからない言葉で説教するという
いつも自分が叱られてる時の状況を
ものの見事に再現するというオマケ付きです。

ビリーくんとアッキー以外は
他で何があっても我関せずで
自分の遊びに没頭していました。

ビリーくんはこれから大きくなったら
何かことが起きた時には
最後まで現場の状況を確認して
神様的判断を下してくれるような大人になるのではないでしょうか。

またアッキーは
みんなが仲良くいられる為に
骨を折ることができる優しい男性になるのではと思いますよ。

女の子は知らん顔(笑)

それは時代が変わっても世の常ですね(笑)

男子がやいやいやってることに
いちいち口を挟むと
面倒なことになりますもんね。
本能がそれを知ってるんですよ。


今日のアニキの説教シーン
後半のちょっとだけ動画を撮れましたのでどうぞ。




腹をくくるということ

コレはお友達がシェアしていたので読んでみました。
確かに母子家庭、父子家庭のパパ、ママにとっては
ぐっときちゃうお話ですが
母子家庭のママ、父子家庭のパパには
このじーーん・・の山を一つ超えたところに立っていて欲しいと
私は思っています。

保育園で面談をさせて頂いていると
いろんな家庭環境のパターンを垣間みますし
色ーーーーんなご相談もいただきます。

私自身が複雑な家庭環境で育っていますし
我が家も子ども達が9歳と6歳の時に離婚して
母子家庭になっていますから
ある程度複雑なお話にも対応できる体ではありますが

離婚することを決めたママは
私のせいで離婚して片親にしてしまった・・と
例えば後から誰かに言ったとしても
人は『ふーん』としか返せないし
他人の人生に責任なんて誰も持ってはくれないから

離婚すると決めたら
そこから先には
今以上の幸せが絶対あるんだと確信して
それに向かって前を向ける人でいて欲しいです。

私事ですが
私が離婚を決意したのは
突発的ではなく、繕いながらやってきたけれど
とうとう袋を形作る布がボロボロになってしまい
これ以上は当て布がつけられない状態での静かな決断でした。

私が頑張ればなんとかなるんじゃないかと思って
人知れず何年も一生懸命袋を繕ってきましたが
鶴の恩返しではありませんが
心の羽をひとつひとつちぎっては
当て布にして繕っていたのですね。
とうとう当て布がなくなってしまいました。
その間
子ども達のことを考えない日はありませんでしたが
来るべきしてやってきた決断の日には
私はもうすっかり前を向いて立っていました。

子ども達と三人で一緒にお風呂に入って
私の決断を伝えた後
長男は静かに泣いて部屋にこもり
父親と一緒に写ってる写真を見て泣いていました。
私はドアの外からその様子を見守っていました。
何度もドアを開けて息子を抱きしめて
『ごめん。そんなに泣くならやっぱり離婚やめる!』
という女親的衝動に駆られそうになりましたが

きっとわかってくれる時が来ると
出そうになる涙を抑えて
息子の涙に屈することなく見守りました。

泣きやんだ長男は
私に手紙を書いて持って来ました。
そこには
お父さんとお母さんが離ればなれになるのはイヤだと
正直な気持ちを綴った後
でもお母さんが笑ってないのはもっとイヤだから
離婚は認めるという内容でした。

やがて来るだろうと思っていた
<わかってくれる時>のあまりに早い訪れに
ちょっと度肝を抜かれましたが、子どもはわかっています。

そんなわかってくれている子どもの為に
私が取った次の行動は
別で用意した指輪を
しっかり左手の薬指にはめて
収入が少なくても
家の近所で早く終わる仕事を選ぶことでした。

お金よりも
子どもとの時間をとりました。
その後学年が上がるにつれ
実利を取った仕事に就き現在に至るのですが

それがどう子どもに伝わっているのかはわかりませんが
親の<腹のくくり>は
子どもにはお見通しだということですね。

だから
相談の為に保育園の門を叩く若いママに
私は時として
かなり辛口に相談に乗ることもあるのです。

離婚したから仕事がない。
リストラされたからお金がない。
子どもがいるから雇われない。
この保育園に預けたいけれど
高いから払えない。

園長の立場として書くスペースで
あえてこういうことを書くのですが
そう言ってただぼーーっと立っていれば
誰かが手を差し伸べてくれるわけではないのです。

にじのとり保育園は
保育園という名前ですが
慈善事業でも
完全福祉事業でもありません。

ママの<腹のくくり>を応援するところです。
まずは色んな概念とか常識とか捨てて
あなたの思いをお話してください。

これからの保育園や保育そのものは
もう厚生労働省の管轄では
成り立たないないところまできていますが
それはまた東京の関係者サイドと
話を詰めていきます。
イイお話し~
母子家庭にしてしまったから、働きながらの子育て。
毎日、睡眠時間3時間、寝る間も惜しんで子育てと仕事をしてがむしゃらに生きてきましたけれど、努力はしたけど、でも・・・
このお話し読んでジーンときちゃいました。読んでみて下さい。
    貴方はどう思われますか? 
 ※ ※ ※お話しシェアさせて頂きました ※ ※ ※ 
息子:パパ、ひとつ訊いていい?
SON: "Daddy, may I ask you a question?"

パパ:なんだい?
DAD: "Yeah sure, what is it?"

息子:パパの時給はいくら?
SON: "Daddy, how much do you make an hour?"

パパ:ほっといてくれ!どうしてだい?
DAD: "That's none of your business. Why do you ask such a thing?"

息子:なんてもいいから教えてよ。パパの時給はいくら?
SON: "I just want to know. Please tell me, how much do you make an hour?"

パパ:そんなに言うなら…う〜ん、時給100ドルくらいかな。
DAD: "If you must know, I make $100 an hour."

息子:えっ!(うつむきながら)パパ50ドル貸してくれない?
SON: "Oh! (With his head down).
SON: "Daddy, may I please borrow $50?"
The father was furious.

パパ:くだらないオモチャを買うために?いますぐベッドに入って反省してなさい!
   パパはそんなことの為に働いているんじゃないんだ。
DAD: "If the only reason you asked that is so you can borrow some money to buy a silly toy or some other nonsense, then you march yourself straight to your room and go to bed. Think about why you are being so selfish. I work hard everyday for such this childish behavior."

男の子は静かに自分の部屋に戻りドアを閉めました。
The little boy quietly went to his room and shut the door.

ぶしつけな質問にカッとなったパパも、しばらくして少し冷静さを取り戻しました。
お金を借りたいなんて、あの子らしくない態度だったな。
彼は息子の部屋の前に行きドアを開けました。
The man sat down and started to get even angrier about the little boy's questions. How dare he ask such questions only to get some money?
After about an hour or so, the man had calmed down, and started to think:
Maybe there was something he really needed to buy with that $ 50 and he really didn't ask for money very often. The man went to the door of the little boy's room and opened the door.

パパ:起きてるかい?
DAD: "Are you asleep, son?"

息子:…うん。
SON: "No daddy, I'm awake".

パパ:さっきはきつくあたってすまない。ほら、ここに50ドルあるよ。
DAD: "I've been thinking, maybe I was too hard on you earlier. It's been a long day and I took out my aggravation on you. Here's the $50 you asked for."

男の子は笑顔で立ち上がりました。
The little boy sat straight up, smiling.

息子:ありがとうパパ!
SON: "Oh, thank you daddy!"

そしておもむろに枕の下からお札の束を取り出し数え始めました。
男の子はもういくらかお金を持っていたのです。
パパはまたしてもカンカンです。
Then, reaching under his pillow he pulled out some crumpled up bills. The man saw that the boy already had money, started to get angry again. The little boy slowly counted out his money, and then looked up at his father.

パパ:どうしてお金を持ってるのに貸してだなんて言ったんだ!?
DAD: "Why do you want more money if you already have some?"

息子:だって足りなかったから…。でももう大丈夫!
   パパ、ここに100ドルあるよ。パパの1時間分。
   だから明日は1時間早く帰ってきて、
   夕ごはん一緒に食べようよ!
SON: "Because I didn't have enough, but now I do.
"Daddy, I have $100 now. Can I buy an hour of your time? Please come home early tomorrow. I would like to have dinner with you."

パパは打ちひしがれました。
男の子を力いっぱい抱きしめ、許しを請いました。
The father was crushed. He put his arms around his little son, and he begged for his forgiveness.

ただがむしゃらに働き続けているあなたへ。
時間は私たちの指の隙間からこぼれ落ちていきます。
愛する人との時間は100ドルで買えますか?
もし明日死んでしまうとしたら、会社には我々の代わりになる人がいます。
でも家族や友人は、残りの人生を喪失感と共に生きることになるでしょう。
そのことを思えば、もっと家族との時間を大事にできるかもしれませんね。
It's just a short reminder to all of you working so hard in life. We should not let time slip through our fingers without having spent some time with those who really matter to us, those close to our hearts. Do remember to share that $100 worth of your time with someone you love? If we die tomorrow, the company that we are working for could easily replace us in a matter of days. But the family and friends we leave behind will feel the loss for the rest of their lives. And come to think of it, we pour ourselves more into work than to our family.

人生にはもっと大事なことがある。
Some things are more important

.20130304.jpg

おひなまつりのごちそう

fc2blog_201303031329094ab.jpg


fc2blog_20130303132921f6b.jpg



先週はおひなまつりだったので
花麩入りおすましと押し寿司にしました。

押しずしはひしもちに見立てて同じ色の順番で
みどりはいんげん
白は酢飯と白ゴマ
ももいろは桜でんぶで。

おやつは
いちご入り豆乳寒天です。
甘さは控えてあります。

にじのとり保育園はこう見えて
お食事に関しては質素ですがちょっとしたこだわりを
持っています。
が。ちょっとしたことだけです。

出来る限り<同じ釜の飯を食べる>ということです。

おうちで作るちらし寿司には
錦糸卵たっぷり乗せてあげてください。

寒天やゼリーも必要な場合は
牛乳使って作ってあげてくださいね。

クッキーやケーキも小麦粉で。


ただ、にじのとり保育園では
いちごが嫌いな子の隣を
園長がぴったりマークして座っていたり

こっそりおかわり分を園長室に仕込んで
お部屋遊びの時にそばに来た子を
そっとおびき寄せて
若いセンセイに内緒で
こそこそ頬張らせたり

テレビがない保育園というのを
喜んでくれている親御さんを尻目に
残っている子が少なくなってきたら
こっそり園長室に子ども達を入れて
Youtubeで『電車の動画』を見せたり

普段は『見るだけ』としている
TOY STORYのウッディーとバズの人形を
ちょっとだけ触らせてみたり

CARSのマックィーンのラジコンを
自慢げに見せてちょっとだけ触らせたりして
わるさの共有をしているだけです。

やっと
それが許される
じ~じ的立場にいますから
ある意味
いつでも死ねる状態で生きてます。

楽しい毎日です。


園長(ようやく4月以降のラインナップが決まりそうです)

1周年記念行事

3月1日に無事1周年を迎えたにじのとり保育園です。
危うく忘れるところでした。

今月は1年の締めの月でもありますから更に気を抜かず
引き締めていかなくてはというところですが
お誕生日会が4回と
最終の30日に1周年記念行事である運動会を行います。

3月の年度末最終日に運動会なんて
通常の学校行事や保育園行事ではきっと考えられませんが
にじのとり保育園ではきっと今後も
こういうことがありえてしまいます。

参加資格
・現在のにじのとりっ子とそのご家族
・過去のにじのとりっ子とそのご家族
・新年度4月からのにじのとりっ子とそのご家族

内容
・クラス対抗の楽しい競技
・大人だけのガチ対決
・1年間の各賞発表及び授与式
・新年度の方針と担任紹介

年度末ということで
入園式、卒園式の意味合いも含めます。
その代わり、土曜日に運動会をしますが
翌週月曜日を代休にしたりはしませんよ。
おみやげも乞うご期待♪

楽しいなぁ♪
大変だけど♪

20130306.jpg

ひなまつりパレード

小さいクラスはこんな。




国際交流も。




今回ほぼ全員がおめかししていた
ゼロ才児さんです。

ひなまつりパレード

ひとまず大きいクラスの写真だけ先に。

34.jpg

32.jpg

31.jpg

33.jpg

ひなまつり会

始まりましたよ。
今は
パネルシアターを見ています。




晴れ着勢ぞろい。














写真部長は
ミルキーじぃじ。



さ、
もうすぐ出発です。
晴れてよかったです。


パレード風景に続く。

プロフィール

にじのとり保育園

Author:にじのとり保育園
大阪市北区にある
にじのとり保育園の日常と
園長の主観満載のひとりごとです。

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
148位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
10位
アクセスランキングを見る>>

ランキング参加中

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR