FC2ブログ

食べるということ

写真は新年最初の1月7日のお給食。
・七草粥
・味噌汁
・納豆入りお焼き

保育園のお給食は
無肥料無農薬の米、野菜をはじめ
添加物を含まないハムやソーセージ
新鮮な魚、国産のお肉を使った一汁一菜給食です。

お米は白米、五分づき、麦入りなどさまざまですが
保育園の『田舎部』と連携して
安心できる田んぼで信頼できる生産者さんが作ってくれたものを食べています。

お味噌も豆からこだわって
田舎のおばあちゃんがきちんと発酵させて作ってくれている手作りのお味噌をいただいています。

牛乳、卵、小麦粉。
アレルギーを持つ子はにじのとり保育園にもいます。
昨今、誤ってアレルゲンを含むものを食べてしまい
保育園で大変なことになっている事例もありますが
にじのとり保育園のお給食では
牛乳も卵も小麦粉も使っていません。
幸い、大豆アレルギーや米アレルギーのお子さんはいませんから
無調整の豆乳と米粉で代用しています。

これで除去したりしなくても
安心してみんなで『同じ釜の飯』が食べられる仕組みです。

おやつも果物、手作りの野菜おやつ、お団子などです。

ここにたどりつくまで半年間
個人のアレルギーを勿論考慮しながらですが
毎日毎日保護者の方が書いてきて下さる
それぞれのご家庭の
<昨夜食べたもの>と
<今朝食べたもの>をチェックする日々が続きました。

半年間の集計の結果、やはり現在の
共働き子育て家庭で
圧倒的に不足しているのは<野菜>。
それと<手間>ということがわかりました。
そして以外なことに<米>も。

家庭のありようはそれぞれですから
そこはパパやママにお任せして
保育園では徹底した野菜中心の粗食を目指して
現在に至ります。

ハイコスト?
ところがそんなこともないんです。

『保育園でこんな給食にしています!』と
声を出したら
『田舎のおじいちゃんが孫のために作った
無農薬の野菜です』と
旬のものをわざわざ保育園の為に送ってくださったり
無農薬のおすそわけがたくさん集まって来るのです。

とうとう保育園の裏手に
無農薬、自然派のものを扱うお店までオープンしちゃいました。

引き寄せって本当にあるんだとかみしめる毎日です。

さて、
来週は何して食べよ♪

20130117.jpg


スポンサーサイト



プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
2位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR