FC2ブログ

審査員特別賞のお知らせ

この記事は
こそこそ見て下さいよ。

先日のクリスマス会、ほんとに子ども達は可愛かったのですが
今回は審査員特別賞のお知らせをしようと思います。

数多い可愛い衣装を着て来てくれた子ども達ですが
当日手伝いに来ていた中学生男子が
どうしても特別賞を与えたい子がいるというので
ここで発表します。





じゃん!

fc2blog_20121225165303a16.jpg


ビリケンTシャツをこの日のコスチュームに選んだ
ビリーくんです!!

中学生男子の言葉をそのまま引用します!!

『うわっ!!ビリケンさんがおるっっ!!
うわっ!!前から見てもビリケンさんやっ!!
うわっ!!めっちゃエエなーーーー!!』

ブログネームがビリーくんであること
そして
本名の呼び名がケンちゃんだということを伝えると
大興奮して
『うっわーーーーー!!!リアル神様やんっ!!!』と大喜びで
特別賞決定です。

年明け、中学生男子から何かもらっておきますので
ビリーくんはお楽しみに♪



そしてセンセイからの特別賞は





じゃん!!!






このママです。(あえて名前は伏せますよ)

fc2blog_2012122714430008a.jpg




このオーラの消し方は半端なしでした。
センセイ達誰もわからなかったのです。
もちろん本人にもバレずに
いつの間にか姿を消しておられました。
さすがでした。


あまりに見事で完璧なパパラッチぶりだったことを
ノートでお伝えしようと思ったら
先にママの方から

お仕事をしておられるママがほとんどですから
非常に申し訳ないと前置きをされた上で
ご自身もお仕事復帰をされたら
こういう姿を見ることができないので
育休をとらせてもらっている職場に感謝され
この日の可愛い姿を見ることができたことに
感謝しているお気持ちを伝えて下さいました。

感謝だらけのナイスパパラッチのママには
年明け何かすっごいものをお渡しします。(大げさ)


忍者並のママの次は
<思わず出ちゃった大賞>ですよ。



受賞者はこちら。

fc2blog_2012122714434291a.jpg

写真はえっちゃんのママですが
大賞受賞は
えっちゃんのおばあちゃまです。


はじめは
お二人で仲良く隠れて見ておられましたが
そのうちたまらなくなってきた
タイガースファン(多分)のおばあちゃまが

『えっちゃん!えっちゃん!』と言って近付いて来られ
とうとう
『ホレ、ホレ、おばあちゃんやで!!』と
ご自身を指差して20センチぐらいの至近距離まで
出て来られました。

私はその様子を初めから見ていたのですが
ママが隣で小さくおばあちゃまを制止しているのも面白く
笑いをこらえて見て見ぬフリするのがとても苦しかったです。

実は私の母も大の阪神ファンで
こういう時には制止がきかず
すぐに前へ前へと出て来る上に
『なんでアカンのん』まで言いますから
お気持ちは痛いほどわかりましたので

えっちゃんのおばあちゃまには
『思わず出ちゃった大賞』として
何か用意をしておきます。

さて、
パパラッチと言えばもう一組。
セレブ率いる毎回おなじみのパパラッチ隊ですが
とうとう大人もユニットができたようですよ。
<パパラッチーズ>とかいうお名前だそうです。

fc2blog_2012122521194724b.jpg


私が散々ブログで
変装をしてひっそり見るようにと伝えているのが効き
毎回変装やひっそり感は少しずつUPしているところが
可愛いママ達です。

ココが大阪であることに私はいたく感謝をしています。
ご自分の可愛いお子さんを見ているだけなのに
園長からパパラッチと呼ばれることを喜び
更に上いくユニットなどを作り出し
注意されると素直に反省をする。

自身の子どもさんが
ブログでオチのように使われても
かっこわるいと怒るどころか
美味しがって一緒に喜んでくれる。

とりあえず
伝えたいことは伝えてくれる。
まだまだできたばかりの保育園ですが
活きてる感がすごくあります。
これも
保護者のみなさんのご理解、ご協力の賜物です。
本当にありがたいです。


で、
まさおくんのママは
今回サングラスとマスクで
陰に隠れてキョロキョロしていました。
まさおくんのママは事前にメールをくれたり
ノートに宣言してくれたりします。

『今度はひっそり見ます』と(笑)

Qちゃんのママは
マスクをして声も小さくなっていました。
離れたところで見せる慌てっぷりも面白かったです。
ママを見ていると
そりゃQちゃんも面白路線に走るよな、、と思わずにはいられません。

初参戦のチャッピーママは
マスクをして建物の陰に頭まで下げてしゃがんで
パレードが前を通るのを
足をプルプルさせながら待っているだけで十分面白かったのですが
子ども達が前を通った時にあっさりバレたにも関わらず
誰もフンともスンとも言わず
しんどい思いをして
隠れていた意味を自身に問う姿が可愛かったです。

そしてビートくんのママは
今回変装なしでしたから、追試決定です(笑)


そんなこんなで大人も子どもも
大いに今年1年の出会いや
子どもの成長を喜び
2012年、にじのとり保育園のクリスマスパーティーは
感謝溢れる笑顔と共に終わりました。

次の大きな行事は1周年を記念して
3月に開催を予定しているお外でのイベントです。



園長(今週の献立表が遅くなってしまい申し訳ございません)


スポンサーサイト

12月25日、クリスマスこぼれ話②

おもちゃ部から届いたおもちゃは
ままごとのキッチンセットです。
もちろん中身も豊富ですが
小さいものはまだ隠してあります。

このキッチンセット。
すごいですよ。

男子が遊ぶと
みんなちょこんと座って
お背中丸めて静かにこんな。
男の厨房ですな。お料理男子はいいぞー!と
センセイ達も陰から応援。

fc2blog_20121227131604c63.jpg



女子が遊ぶとなんだかこんな。
しかも揉めてるのはキッチン用品のことじゃない。
料理をするしないは別として
やっぱり
キッチンは『女の城』なのでしょう、、、。

なんだかイライラしている時に
がちゃがちゃ音を立てて洗い物を片付けるなんていうことは
もうこの子達が大人になる頃にはないのかもしれませんね。
洗い物で手アレとか死語になっているかもしれません。


fc2blog_2012122713162716a.jpg



もうひとつはコレ。
木馬です。

Wムーンの二人が交互に乗ってて可愛かったです。

王女はアフタヌーンティーを飲みながらですかね。
早速新しいコーヒーカップを気に入った様子です。

fc2blog_201212252120491e8.jpg


しれ〜っと乗ってますが
これ、走り出すぐらいこいでるんです。

fc2blog_20121225212023222.jpg


その他にも
ダッフィーちゃんや
別のおもちゃ部からは可愛い木琴も頂いています。

昔のニコスカードのキャラクターの
かっぱのリュックもこの機会に出したのですが
ピーチ姫がやたら気に入って
『これ、ピーチの!』と、午後からは片時も離しません。

fc2blog_201212271558059f0.jpg



でも、この写真もまた
見切れているところにストーリーが。


fc2blog_20121227155943192.jpg


見切れ率の非常に高いチャッピーちゃんですが
ピーチ姫がカッパを片時も離さない間
チャッピーちゃんとはやぶさくんは
二人でいつまでも仲良しさんなのでした。


他の新しいおもちゃは
随時これから仲間入りを果たします。


=========


さて、そんなこんなの保育園ですが
25日のクリスマスパーティーの時のお給食を。

・ケチャップライス
・ポテトサラダ
・チキンの照り焼き
・コーンスープ

fc2blog_20121225164403a95.jpg

その日のおやつは
豆乳クリームを乗せたいちごのケーキです。
もちろん米粉で。卵、牛乳なしのいつものにじのとり仕様で作りました。

fc2blog_20121225164413a85.jpg


そして二日目もまた美味しい手作りおやつの差し入れを頂きました。
手作りのブッシュドノエル。

fc2blog_201212251644410b2.jpg


その他も
本当にたくさんのタイガーマスクさまから
とれとれのりんごや
三連休に行かれた旅行でのお土産、
また
センセイ達を気遣って下さったたくさんのホッカイロもありました。
あ!
園長がコソコソ隠してますが
韓国のりもありますよ。
可愛いきんちゃく袋には何を入れましょうか。





その日は子ども達にたくさん持って帰ってもらうものがありました。
子ども達が作ったクリスマス帽子と
保育園で用意したブーツの中に入れたプレゼント。

fc2blog_201212271441471f2.jpg

今年は
いつも子ども達が食べているおやつの中から
米粉で作るかぼちゃクッキーにしました。

fc2blog_201212251644272a7.jpg

原材料表記もしてありますのでご安心ください。

<みんなで同じものを食べる>
<同じ釜の飯を食べる>
<できる限り安全なものを食べる>

これは現代、なかなかできるようでできないことです。
アレルギーや安全性の壁はそれほどに高いのです。

だけど
なんとかなるんじゃないか
手間さえ惜しまなければ
みんなと同じものを食べるのは可能なんじゃないか
という思いが私の、保育園の根幹にありますから
地味で全然目立ってはいませんが
ココにこそにじのとり保育園のポリシーが詰まっているのです。

給食の試食会もしていませんから(残念ながら予定もありません。ごめんなさい。)
今回ばかりは
いつも子ども達が保育園で食べているおやつを
ママにも是非一口味見して頂きたいという思いもありました。

早速食べて頂けたママからは
ノートに感想を頂きました。
ほんの少しの
<たったこれっぽっち?>と言うようなクッキーですが

いつもこういうものをおやつで食べている息子(娘)は幸せものです。
とノートに書いて、
或いは言葉で伝えて下さるお気持ちに
心が洗われました。

また
予期せぬプレゼントもありました。
サンタクロースさんは
やっぱりホンモノのサンタクロースさんでした。

パパラッチ参加の予定でサンタクロースの衣装を用意されたという
まさおくんのパパに
子どもの数をお伝えしたら
ぴったりその数、プレゼントを大きな袋に入れて持って来てくれました。

子ども達のはこんな。
中にはお菓子がたくさん詰まっていましたよ。

fc2blog_2012122516445495c.jpg


まさおくんのパパはいつも
本当にいいムードメーカーになってくださいます。
若い頃の(今もお若いですが)<やんちゃ>が
ココへきて効いてくるのですね。
いつも快く引き受けて下さりありがとうございます。

今日も東京へ出張の朝なのに
こままわしの技を披露してくれかけたのですが
こちらで用意したコマに不具合がありましたので
是非年明けにでも華麗な技を披露して頂ければ嬉しいです。
(ナニゲにこうして無茶ブリをしてしまいます・・)



園長(そういえば昔、堺正章さんが隠し芸大会ですごいコマ回しておられましたね・・)












12月25日、クリスマスパーティPart2

ご報告が遅れました。
すっかり世間からクリスマスモードが消された後になってしまいましたが
Part1(12月21日)に引き続き行われた
Part2(12月25日)の様子を。

この日は
そりに乗ってクリスマスツリーを完成させる競争をして楽しみました。
3歳以上の大きい子と違って
初めての出来事にはちょっと固まり気味の
子ども達ばかりですから
センセイが楽しむテイで子ども達は参加しました。

段ボール製のソリに乗った子ども達は
それでもとても嬉しそうです。

fc2blog_20121227093822d15.jpg


その後はセンセイ達の出し物。
ちかセンセイはクラリネットを吹いてくれました。

fc2blog_201212270941434f5.jpg


まなみセンセイとゆいセンセイは
アルゴリズム体操を。(写真なし)

結局みんなで踊ったAKBのヘビーローテーション。
大王のお姉ちゃんから差し入れてもらったポンポンが
大活躍しましたよ。ありがとう。

fc2blog_20121227095003995.jpg


ひとみセンセイとレインボーバードの面々は
ゴールデンボンバーの<女々しくて>を汗かきダンス。

fc2blog_20121227094236185.jpg


園長からのミッションは
20代のセンセイは何か個別に出し物をということだったのですが
20代ではないひとみセンセイが
髪型も変えてダンスも研究してきた見事な披露でしたから
ボーナスを弾みましょう。

センセイ達は油断してたらアカンのです。
毎日の全てが虎の穴です。
時間から時間ここにいるだけでは
お給料は発生しません。


その後パレードへ。
今日のニューアイテムはビリー’sパパから託された
金髪アフロです。

どうやらご自身が宴会で使われたようです。(見たかった・・)
ビリーくんからはあっさり拒否されたので
ハイジサリーちゃんにかぶってもらいました。
かなりお気に召されたようです。

fc2blog_20121225164654b59.jpg



そしてこの日のメインイベントは
やっぱりお空の彼方からやってきてくれたサンタクロースさん。

fc2blog_20121227100957bda.jpg


プレゼントをもらって
上手に『ありがとう』も言えました。

fc2blog_201212271004343f3.jpg


その後はサンタさんと記念撮影もしました。

IMGP3724_convert_20121227100831.jpg




その後は歩く。

fc2blog_20121227095109658.jpg


そして歩く。

fc2blog_20121227100207ecf.jpg


カートで口あける。

fc2blog_2012122710024021e.jpg



お給食の前にみんな静かに落ち着いて
センセイ達の奏でる
ハンドベルの音を聞いて楽しみました。

fc2blog_20121227101648f5b.jpg


自発的に手拍子を叩いてくれたり
体を揺らせて聞いていたり
にじのとりっ子達は
<出し物を見る>時の態度がとても素敵です。
これも日々の積み重ねですね。


怒濤のような2回のクリスマス会でしたが
振り返ると反省点もそれなりにたくさんあります。

にじのとり保育園は一見
かなり自由度が高いように見受けられるかと思いますが
そこはやはり
仲良しサークルで開催しているクリスマス会とは違い
あくまでも保育園の行事の一環として
年齢相応に発達段階に応じた
望ましい経験をさせるものという大前提で行っております。

そして
あくまでもにじのとり保育園は
お仕事をしておられる働くママの
<働く気持ち>を応援するところです。

ママが一生懸命お仕事をしてる間
どの子もセンセイやお友達と一緒に
その子なりの<楽しい♪>を満喫していました。
この経験が
子ども達の成長の一滴の栄養になっていると信じて
次の日の保育に目を向ける私達です。


================


保育園では
日常の保育中、また行事の時などに
写真を撮っています。
記録用に時折保育中や行事の時などに
動画も撮影しています。
あくまでも記録用ですのでママカメラほどの精度はありません。

写真もいつも手すきの時に撮っていますが
なかなか
ベストショットは
私達でさえ肉眼でしか見れません。

なんとか
皆さんに買って頂いている写真だけでも
小さな行事の時など
撮ってくれる人がいると
保育に集中できるのに、、と常々思っていました。

そう思っていましたら今回
このクリスマス会の後
私からの<写真部>の申し出を快く引き受けて下さった
頼もしいおじいちゃまがいてくださいます。
今後の保育園での行事や日常がとっても楽しみです。

そのおじいちゃまは
21日のパレードの際に素敵なカメラを持って来て下さいました。
もちろん、お孫さんのベストショット狙いだったと思います。
始まる前からの保育園全体の様子を
少し離れたところからカメラにおさめて下さり
パレードの時にもなかなかするどいアングルで
カメラを構えておられました。

パレードも終わり、お帰りになられたと思ったら
その日のデーターを
ご自身が確認をする前に
また
ママやパパに見せられる前に
データーごと保育園に手渡して下さったのです。

お昼寝の時間にそのデーターを
パソコンに落とすと
そこには
センセイや子ども達のいろんな角度からの姿が
たくさんたくさんおさめられていました。
ところが肝心のお孫さんの写真は
ほんのわずかなんです。
わずかではありますが
ほんとにいいショットをおさめられていました。

いつも寡黙なおじいちゃまの
娘さん家族への愛情と共に
保育園への思いをそこに見ました。
言葉よりも写真は饒舌でした。
いろんなことを抱える毎日ですから
いただいた写真を見ながら涙が止まりませんでした。

おじいちゃまは
長年お勤めしておられましたが
現在は定年を迎えておられます。

『手持ち無沙汰でしたから、、』と
とても謙虚に引き受けて下さいましたが
おじいちゃまがパパだった時代は
お子さん(今はママですよね)の行事のたびに
ちびまる子ちゃんのたまちゃんのパパのような
とびきりのパパラッチだったそうですから
そのお気持ち、今度はお孫さんと私達の為に
ココでも、、というご意向でいてくださることが
本当に嬉しくて
人生の先輩に頭が下がります。

無理は申しませんので
これからどうぞよろしくお願い致します。

技術が云々、
写りが云々、
枚数が云々、
そういうことではありませんから
ただただ
そのお気持ちに甘えさせてください。

本当にありがとうございます。


さ、あと一日、気を抜かず
1月しょっぱなのお誕生日会に向けての取り組みに本腰を入れましょう。


園長(ミラーレス一眼に憧れるもサンタクロース来ず)

プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
4位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR