FC2ブログ

10月16日、中之島公園組

中之島公園組は
こんな感じにラバーダックを見て




足湯コケシと写真を撮ったら




そうそう、これこれ。




コレがやりたかったの!とばかりに
得意げなマリーナ王女




ワタシはこうしてるのが好き♪
エッちゃんの今日のやらかし。




帰りはゆっくりバラを見て
帰りました。




寝姿さえも注目の的の王女。




楽しかった今日のお外遊びです。


毛馬桜ノ宮公園組へ続く→


園長(特技はブログネームをつけること)
スポンサーサイト



10月16日、お節介

今日の夕方のお節介写真(笑)を1枚
メイちゃんが
チャッピーちゃんに
『ブランコ乗りたい?よし!メイが乗せてあげるよ!』





『押して欲しい?よし!メイが押してあげるよ!ちゃんとつかまってて!』




とっても可愛いお節介な(笑)
ヒトコマでした。
メイちゃんは10月からやってきて
二日ほど泣いていたのが
リアルに嘘のようです。


園長(盗み見が得意)

西天満こども文化祭 どんぐりまつり

一時保育でにじのとり保育園をご利用くださったママから
子どもにまつわるイベントのご案内をいただきました。
みなさんにお渡しできるほどのチラシがありませんので
ここに掲載します。

どうぞご近所お誘い合わせの上
チラリと覗いてみてください。

↓クリックで拡大

img001.jpg


園長

10月15日、遊びのこととお昼寝のこと

昨日はラバーダックデイ。
至近距離でまず見てみるラバーダック。

fc2blog_201210152342205d2.jpg


「あ!ラバーダックの車だ!!」って言うと
車両部員がビシッと勢ぞろい。
今日はピコちゃん ピコ太郎モード。
車の前で写真撮る時って
大人も子どももキメ顔になるんだね。
これは時代が変わっても一緒(笑)


fc2blog_20121015234554607.jpg


その後はやっぱりコレに夢中。

fc2blog_20121015234740822.jpg



北大江公園組は遊具で遊びました。
ビリーくんは保育園にすっかり順応して
センセイの言うことを理解して聞いています。

fc2blog_2012101523513848f.jpg



ヒトミシリだったナッツちゃんは
ひとみセンセイとのバトルを繰り返して
かなりのしっかりさんになってきました。
まだスタスタ歩いていない組さんですが
保育園での活動もかなり活発になっています。

fc2blog_20121015235317060.jpg



ビートくんは
お外で遊ぶ時と食べてる時のご機嫌が一番いい(笑)
エッちゃんはいつも好奇心一杯の顔で
<何してやろう>と周りをよく観察していますから
こころゆくまで<いらんこと>をしてもらっています。

fc2blog_2012101523510011f.jpg


マックンは
公園へ行くとニコニコです。
入園したばかりは遊んでいても時々ママを思い出して
鼻水と涙で顔を濡らしていたけど今はもうこんなに元気です。

fc2blog_20121015235531cfb.jpg



秋晴れの日が続いていますから
いつもより少し早く園を出発しています。
どの子も活発に遊んでいますからよく食べます。
昨日は特にみんなよく寝ました。
日中運動します。
刺激もたくさんです。
夕べの睡眠不足を補うためではなく
午前中の疲れを癒すためのお昼寝です。
自然に任せていてもちゃんと必要な時間眠ったら起きてきます。

昼寝は子ども達に任せているのではありません。
保育園でのお昼寝は習慣付けでもありますから
泣いても暴れても寝かしつけています。
おそらく家ではこんなに泣いたら
もう起こしておくんだろうなと思いながら
泣く子の眠りのツボを探して根気よく寝かしつけます。

今は10月入園の子ども達がその時期です。
今のところ号泣眠りのチャンピオンはナッツちゃんですよ。
号泣眠りをするクセに
寝かしつけるセンセイを選んでくるあたりがナッツちゃんです。

時々任三郎クンやまさおくんがその付近で一緒に泣きまねをして
私にウソ泣きを見つかってデヘヘと笑うのが可愛いです。
二人とも号泣眠り組でしたからね。

号泣眠り組の特徴は
さんざん号泣して眠るのに
ものの30分ほどで号泣起きをすること。

よくママ達に
「お散歩遠くまでお疲れ様です」とお声をかけて頂くのですが
慣れない小さい子がいる間は
実は散歩や公園よりもお昼寝時間の方が大変なのです。

にじのとり保育園に来る前に
集団生活を経験していない子ども達の多くが
実は入園当初
<お昼寝>で一つの大きなハードルを越えているのです。

<安心した環境でないと眠れない>
きっとこれは本能に備わっているのだと思います。

2歳を過ぎたら
「お布団の中でコロンしておこうね」と言うと意味がわかりますから
寝転んでゆっくりしています。
トントンと寝かしつけをしなくてもそのうち一人で眠りに入っていきますから
寝る前に一人一人に起きてからの楽しい遊びの期待をさせたり
おやつに期待させたりして言葉をかけています。

なにげなく
「散歩」
「給食」
「昼寝」
「おやつ」と過ごしているようですが
初めて集団生活を行う子どもにとっては
そのどれもに共通しているのが
<ママと一緒じゃない>ということです。

そこを快適に過ごさせるために
私達は日々工夫をします。
それは子どもの笑顔のためだけならず
ひとえに
ママの笑顔のため。

ママが泣いてる子を笑顔で預けて
「いってきま~す♪」とニコニコ手を振るような
信頼関係こそが
いい保育、いい子育てに直結していると思っています。

そんなママの笑顔が子どもの笑顔になるのです。
保育園は楽しいところ。
だけどあくまでも
子育てのラインではサブの脇役なのです。



園長(幼稚園の頃から名脇役。5歳の時マッチ売りの少女の劇で少女がマッチをすったら出てくる
   火の役をめっちゃ褒められた経験を持つ)


プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
6位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR