FC2ブログ

10月5日、今日のお給食

お米についてのお知らせ
・・・の前に
金曜日のお給食を

・サトイモの焼きコロッケ
・味噌汁
・ごはん

fc2blog_20121007104057a34.jpg


金曜日は午前中私がいませんでしたから
ちずセンセイが担当してくれました。
もう焼きコロッケはお手のものです。
子ども達は喜んでたくさん食べていました。

味噌汁の具は
ゴーヤ、たまねぎ、大根、にんじん、かぼちゃ
サトイモ焼きコロッケの具は
サトイモ、たまねぎ、ウインナー、ごぼう、蓮根、いんげん、にんじんです。
三温糖としょうゆでうっすら味付けをして
米粉をつけて焼いています。


ちなみにおやつは
和おやつ三種盛り

fc2blog_20121007103124cc3.jpg

団子粉と上新粉でおだんご。
餡はあんこと黒すりごま。
かぼちゃだんご。
蒸かし芋。

来週の献立は既にお手元にお渡ししてありますので
また来週をどうぞお楽しみに。


=================



さて、本題。
お米のこと。



来月あたりから
いよいよ新米がお店にも並びますね。
保育園の田舎部でも
お米の収穫が終わりました。

にじのとり保育園には兵庫県の美方郡に田舎部があって
FATTORIAというお名前で活動をしています。
湯村温泉郷です。
土曜日のちえセンセイのご実家です。
時々保育園にやってくる
ガタイのデカイオニイサンは
ちえセンセイの弟さんということになります。
手作り味噌を作ってくれているみちこば~ばは
ちえセンセイのお母様です。

ちえセンセイと私のお付き合いは
かれこれ10年ほどになりますが
それはまたどこかに書いてありますので
探してみてください。

そんな田舎部では健全な畑作りをしながら
毎年お米を作っています。
もちろん除草剤を使わず
肥料も最低限のみ、農薬も一切使っていません。
そうして出来たお米は天日干しにして
希望者にのみ販売するという方法で
わずかばかりを流通させていましたが
今年はどうやら不作だったようです。

一般販売をすれば売り上げになるにも関わらず
ありがたいことに
「このお米は保育園の子ども達に食べさせて欲しい」と
保育園のお米を確保して下さいました。
本当にありがたいことです。
感謝していただきます。

しかしながら昨年ほどの数はありませんので
今年は田舎部からのお米が底をついたら
それ以外のお米を使います。
もちろん、それ以外のお米も
完全無農薬、無肥料のお米ですので
ご安心ください。

毎日食べるお米は
ほぼ毎日のようにいただくお味噌と同様
ある意味パワーフードだと思います。

お米を無肥料、無農薬で作るということが
どれだけの手間をかけなければいけないか
どれだけ作物に愛情をかけて
作物の向こう側にいる私達に心をかけて
作らなければいけないかということ。

食べる側は作物への感謝と
提供者の思いに感謝して
笑顔で食卓を囲んで食べていたら
それらは立派に血となり肉となって
子どもを育む糧となります。

食べるものでできている私達は
食材の栄養よりも先に
作り手の思いを消化するように
できているんだと思います。

保育園で粗食の給食にしているのは
ご家庭で子ども達は
朝も夜も
ママの愛情たっぷり、おかずたっぷりの食事を食べています。
卵、牛乳、ヨーグルト、バナナ、パンに至っては
それらを除去しておられるご家庭以外は
ほとんど毎日のように食べています。

多くのご家庭では
やっぱり野菜が不足している。

徹底して野菜中心
徹底した粗食。
だけどひとつひとつは
どれも無肥料、無農薬のものを使う。
工夫ひとつで
野菜はいくらでも肉になる。


今私は
一日一食の粗食を作るために
これまでで一番料理の本を見ています。

私自身が玄米菜食主義ではありませんから
特に主食を玄米に移行するつもりはありません。
押し麦を混ぜたり
その他の穀物を混ぜたり
色々楽しんでいきたいと考えています。

何を選んで何を切り捨てていくのか
自分自身に関する小さなことですら
目に見えることや
ダレカのやること言うことに翻弄されると
五感を鈍らせてしまい、うまくいきません。
子どもが選べないことは
大人がしっかり選んで与えてやりたいと考えています。

それぞれのご家庭のポリシーを
覆そうというものではありません。
あくまでも保育園での取り組みということです。

大切な<食>のことは
これからも時折
小出しに発信していきます。



園長(冷めても美味しい保育園のごはん)






スポンサーサイト

どんぐり4連発

おやつの後は
いつも歌をうたったり手遊びを楽しんだりしてから
お外に行くのですが
最近はみんなの前に出て一人ずつ、或いは
数名ずつ歌や手遊びを披露しています。

「前に出てやりたい人~」と言うと
手を上げて立候補してくれます。

どんな様子か
ちらりと覗いて見て下さい。

動画撮影の時には声を出すまいと思いつつ
いつもこらえきれません。



まずは9月に入園してきたピーチ姫と
10月入園のチャッピーちゃん。





次は歌いたくてしょうがない大王と
前に出ながら他が気になるやべっち。





もうすっかり古株の
師匠とミルキーちゃん。





そしてオチ〆はアニキの独壇場。





次回
「とんぼのめがね」につづく




園長(参観日が楽しみ)




プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
5位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR