FC2ブログ

10月5日、ハッピー極まりない

昨日のクッキー争奪戦。
ひーこセンセイのはからいで
みんなのお皿に平等にクッキーが
配分されていました。
かなセンセイとくみこセンセイが
残しそうな子の隣を陣取りますが
今日は誰も残しませんな(笑)
残念。
センセイ達にはセレ部(←なんでも部活にする)からの
差し入れがありましたから大満足でした。


久々登園のビートくんも両手に持ってパクパク。

fc2blog_2012100508174501d.jpg


こちらは無言の真顔でパクパク。

fc2blog_201210050818240d5.jpg


お皿を覗いて好きなものだった時はこんな顔♪

fc2blog_20121005082323180.jpg


みんな無言の完食です。


================


まだまだお子さんが生まれる前だったり
預け先を考えておられる親御さんは
どうぞよく考えてお預け先を選んでください。

・なぜ保育園に預けるのか
・保育園を選ぶときの優先順位
 保育料?家からの距離?
 一番大切なこれだけは譲れないというポイントは何ですか?


見学に来られたママ達に私が漏れなくお伝えしていることは
他の園も見学して
その園の園長先生、もしくは
現場の責任者とお話をして
お子さんのことを第一に考えて決めて欲しいということです。

保育園というのは
大切な時期の
大事なお子さんが
その場所で
そこのセンセイ達と
丸一日を過ごすところです。

完全で完璧な保育園というのはないと考えて
何なら妥協できるのかということを
よく考えて決めてください。

案外親は
知らず知らずのうちに
子どもに不快適を強いているケースというのが
多々あるものです。

そして多くの保育園は心して欲しいのです。
子どもを生き生きさせるのは大人の仕事です。
乳幼児期の今なら間に合うのです。

いじめだ
無差別殺人だ
親殺しだは
もうその時になってからでは遅いというのは
百も承知なら
いつ、何をすればいいかもわかってるはずだし
わかってる人は伝えなきゃいけない。

ココにいる子ども達に
日々かける愛情には責任を持ちます。

若いセンセイのことは
鍛えます。育てます。泣きながらついてきてもらいます。

そして
働くママ達のことをサポートします。
子育てはキレイゴトじゃないけど
なんでも完璧じゃなくていいから
お子さんの<心を育む時期>のことは安心して任せて下さい。


働くと決めた以上職場に迷惑をかけまいと
小さな子どもを抱えて
一生懸命お仕事をしているママが
私は大好きです。

事情や理由はそれぞれあっても
腹をくくって子どもを預けて仕事をする選択をしたママのことを
心から応援する。
それがにじのとり保育園のスタンスです。
どうやって応援するのか?
それは
居心地のいい保育園であることです。

子どもが憎くて保育園に預けるママはここにはいません。
ママにとって何が一番かというと
やっぱり子どもの笑顔。
子どもを愛してくれる人の手に託したいという思いではないでしょうか。
そこのところを満たしたいと常に考えています。

そこそこの人数の保育士を集めて
そこそこ広い場所を確保すれば
保育園なんていう形はいくらでもできます。
だけど
その先の本当の親の願いが叶う場所がなかなかないから
待機児童が減らないんです。

形だけ保育園を作ったってダメなんです。
もう時代は
児童福祉法に則った保育園を作るだけでは
追いつかないですし
保育園で働くことに慣れてるだけの人を
ベテラン保育士という時代でもありませんし
どこでもいいから預けたい!というママ達も
そう多くはないと思います。

とは言え
なんの力もありませんから
私には大きなものを変えることはできませんが
自分の手の届くところなら
限りなく自分の願った通りにことを運べます。


大人の笑顔が子どもの笑顔に。
これは本当のお話です。

ここにいる子ども達は
大きくなるにつれて
ここで過ごした日々のことは忘れていきます。
私など彼らが5歳ぐらいになったら
すっかり知らない人になっています。
だけど
だからこそ
その思い出せないぐらい深い部分に
しっかりと
<愛された確証>を刻み込むのです。

それでいい。

今日もまた
何かやらかしてニマニマ笑いながら近付いてきたり
変なジャンプして見せてくれたり
嫌いなものをこっそりお隣の子のお皿に乗せたり
寝たふりして笑わせてくれる子ども達と過ごせるのかと思うと
ハッピー極まりないのです。


写真はお馴染みアスレチック。
これ、何度見てもいい。
子どもは目の前の困難に
果敢にチャレンジします。
できる、できないは
やってから考えるんです。
あまりにもの無鉄砲はナンですが
大人にも大切ですよね。
日常の小さなこと、四の五の言う前に
<まずやってみる>ということ。


fc2blog_2012100508194557d.jpg



園長(・・だがクッキー食べられず・・ソレとコレとは話が別)

スポンサーサイト



プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
4位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR