FC2ブログ

センセイ紹介~ちづこセンセイ~

ちづこセンセイは
保育士資格を持つ最年長のセンセイです。

学生時代に保育科で学ぶも、実習に行った先で失望したクチで
就職は一般企業に進路変更をされた経緯を持ちます。

ところが近年、幼児教室でお仕事をされたり、
また、ご自身にもお孫さんの存在ができて
俄然心の中で眠っていた<保育士ゴコロ>が揺さぶられたとのことで
最後にこの資格を使って、社会に貢献できたら という理由で
応募をしてくださいました。

お話をしておられる時の笑顔と
はっきりとした目的意識と
自身の思いをしっかり伝えて下さる姿は
ボランティア期間も変わらず
一生懸命お仕事を覚えたり
子ども達の名前を覚えようとして下さっている姿に
とてもいい印象を持ちました。

人はとかく年齢を重ねると
自分の価値観に相手を当てはめて
それはいい、それは間違ってると
ものごとをとらえてしまいがちですが
ちづこセンセイは
「私は子どもと関わって遊びたい」という思いが
面接の時からずっと伝わってきました。

若いセンセイ達の遊びについていく時には
正直ヒヤヒヤすることもあるかと思いますが
そこで頭が切り替えられないと
ココでのお仕事はちょっと難しいかなと思っていましたが
ちづこセンセイはそこは
自身の持ち味を生かしながらクリアしてきました。

これは年齢を重ねるとなかなか難しいものです。
ココで働くということは
みんなとの調和も大切です。
しかしながら
色んな年代の色んな立場の人がいると尚いいなぁと
いつも思っていました。

ちづこセンセイには
にじのとりっ子世代のお孫さんが二人いらっしゃいます。

先日の顔合わせの時に
「・・だから私は子ども達をちょっと甘やかしてしまうかもしれませ~ん♪」と
わははと言い放っていましたから
それでいいと思います。

方針から大きくそれてしまわなければ
時と場合によってちょっとした抜け道的なもの
保育園でも必要だと思っています。

先日の大阪城でも根を上げず
次の出勤予定日にも元気にやってきたちづこセンセイです。
面接のときにおっしゃった
「私は子どもと遊びたいんです♪」と言う言葉は
本気の本音だったと解釈しました。
だから私は年齢だけで人を決めません。


ちづこセンセイも朝いらっしゃるセンセイです。
子ども達とはびっちり一緒に遊びますので
どうぞよろしくお願いします。


fc2blog_201209262059263b9.jpg



※ちづこセンセイこぼれ話
大将がなかなかちづこセンセイに慣れず
毎朝検温しようとするちづこセンセイに対して
真顔で無言で走って逃げていました。
ひるまないちづこセンセイは
「まてぇ~~~~♪」と笑顔で追いかけます。
捕まっても観念せず ぐわーっとそっくり返る大将。
その姿を毎朝楽しみにしている私なのですが
最近は大将も慣れてきちゃいました(笑)



園長


スポンサーサイト



センセイ紹介~ちずセンセイ~

9月のボランティア期間を経て
お互いの意思も確認し合って
晴れてにじのとり保育園で働く仲間になったセンセイ方を
一人ずつ紹介させて頂きます。

まずは
ちずセンセイ。
保育士資格を持つセンセイです。

ちずセンセイはこれまで保育の道でお仕事をしてきたセンセイではなく
お子さんを出産し、子育てを経験してから
保育士資格取得に向けて独学で勉強をして資格を取った
ど根性モノのセンセイです。

同じマンションの子ども達を集めて
お菓子作りを一緒にしたり
工作遊びを楽しんだりしているうちに
考えることがいろいろ醸成され
資格取得に繋がりました。

図書館で絵本の読み聞かせをしておられたり
地域の子ども達とのふれあいの時を
自ら作ってこられました。

にじのとり保育園に来られる前には
ご近所の保育園でボランティアの経験があるだけという経歴でしたが
面接をした時に、
言葉にならない<子ども達への思い>と
<なにかお役に立ちたい>という
ちずセンセイの思いが
ぶわーーーっと私に向かって一直線に向かってきました。

その思いだけで十分でした。
実際にボランティア期間に
色んな無理難題をぶつける私に対して
全力で、確かなバイタリティで答えようとする姿は
もはや
初めからここにいたセンセイのような風格が漂います。

正直
独学で保育士の資格を取るというのは
並大抵の努力ではできない割に
認可保育園での就職はなかなか難しかったりします。
そこでくじける方も多い中
それでもと求めた末に
にじのとり保育園とご縁があったのですね。
ご縁の糸をがっちり掴んだその行動がとっても嬉しいです。


ちずセンセイには小学生のお子さん(男の子)が二人いらっしゃいます。
まだまだ手のかかる年頃ですが
ちずセンセイ自身がやりたいことを見出して
日々喜んで努力している姿をそばで見せることができるという
とってもいい 自身の子育て環境になるのではないでしょうか。


自身が働ける時間を使って
保育園の為に、ココで過ごす子ども達の為に
あなたは何ができますか?
あなたは何をしようと思いますか?

この答えを私は面接ではなく
ボランティア期間に感じ取らせていただいています。

大抵の場合ボランティア期間で答えは出ます。
ちずセンセイには
これまでご自身が保育園ではなく家庭でやってきたこと
地域の子ども達や同じマンションに住む子ども達を対象に
行ってきたことを
是非保育園で保育士としてやっていただきたいと伝えると
とってもいい笑顔で
「是非やらせてください」と答えが返ってきました。

虫も触れて
料理も手作りおやつも得意な部類に入っているちずセンセイ。
もちろん<おやつ部>の一角を担っていただいています。

時折私の無茶ブリに
「わ!どうしよ!!」と
楽しげにパニックる姿もとてもチャーミングなちずセンセイです。

朝いらっしゃるセンセイですから
お迎えの時にはいませんが
子ども達はびっちり一緒に遊んでかかわりますので
どうぞよろしくお願いします。


fc2blog_20120926210023a0c.jpg




園長

9月28日、金曜日のお遊び

金曜日、
もうひとつ扇町公園へ行ったチームもありますよ。

なんといってもこのチームさんでは
夏以降にようやく遊具に積極的に慣れ親しんできたやべっち。
少しずつ小さい滑り台から
ゆっくりハードルを上げて行っているのかと思ったら
もうこんなアスレチックも
一人で上まで行けちゃうようになりました。

fc2blog_201209301235300b3.jpg


やべっちのママはとてもゆっくりとあせらず
やべっちの成長を見守っています。

できるようになったことのひとつひとつをかみ締めて
毎日少しずつできるようになったことを数えては
ニコニコと帰っていかれます。

ママやパパは
とかく
<今できていること>よりも
<まだできていないこと>にフォーカスしがちですが
できていることを数えて喜んでいるうちに
気付いたら多くの山を超えているものです。

たった半年前なのに
入園した頃と今ではできることがものすごく増えています。
人生で一番成長する時期ですから当然なのですが
脳の発達は寝ていても休みませんから
秋の夜長に
できるようになったことを数えてみるのも楽しいですね。


子ども達はお茶飲んで休憩してますけどね。
あれれ??
男組になっちゃってる??と思ったら違った違った。
サリーちゃんがいました♪(笑)

fc2blog_20120930123458f50.jpg




さて、この日はもうひとつ。

金曜日が最終日だったトニーくんのお別れ会でした。


fc2blog_201209301255340ad.jpg


みんなで握手をして

fc2blog_201209301256366d8.jpg


一緒に写真を撮って

fc2blog_20120930125928eb5.jpg


メダルをかけて、さようならをしました。

fc2blog_20120930125704028.jpg



お友達がいなくなることは
保育園にとってはとても寂しいことですが
お引越しとかやむを得ない事情とは違って
パパにとってもママにとっても
入りたかった第一希望の保育園に入れての
晴れての転園ですから笑顔でバイバイです。
新しい保育園で、元気で楽しく過ごせるよう
陰ながらお祈り致します。



※トニーくん転園に伴う空席は既に埋まっております。
 現在年度内の空席はございません。
※4月以降に、今回のトニーくんのように
 入園を希望しておられる第一希望の保育園にお申し込みをされ、
 結果次第で転園されるご家庭が複数ございます。
 4月以降の空席についてはそちらの結果が出てからということになりますので
 2月中旬頃までは発表できませんことをご了承ください。
※4月以降に確実に空席になる分につきましては、既に席は埋まっております。
 悪しからずご了承ください。



園長



9月28日、今日のお給食

金曜日の給食は献立どおりでしたよ。

・混ぜごはん(チャーハン風)
・野菜たっぷり味噌汁
・厚揚げとれんこんの煮物(他の野菜もいっぱい)


fc2blog_20120930063854122.jpg

混ぜごはん大好きですね。
あっという間になくなりました。
子ども達は野菜中心のメニューに慣れてきましたよ。




おやつは
・にんじんゼリーと
写真がありませんが
・お月見団子
ともに手作りです。

fc2blog_20120930063932289.jpg


ゼリーはにんじんだけじゃなくてりんごも入っています。
食べる子と食べない子、これは好みがきれいに分かれましたから
次回のにんじんゼリーはジューサーを使って
食感クリアの作戦に出てみましょう。

お月見だんごはだんご粉で。味はきなこでいただきました。


週末にたくさん野菜が届きましたから
おやつ部のセンセイと一緒に
献立を吟味しています。
秋の根菜をたくさん使ったかき揚げとか
美味しく食べられるメニューを吟味しています。



<月曜日のお給食>
・さつまいもごはん
・今日のスープ
・野菜とツナのあっさり煮



もひとつ遊びにつづく→



園長(台風って寒い)


9月28日、金曜日のおあそび

さて、金曜日の日中は私が私事で
保育園を空けておりました。

夕方保育室に入ると
私を見た子ども達が私を見て2秒ほど固まった後
アニキを先頭に「うわ~♪」と満面の笑みで近付いてきました。
時代劇の子どもみたいでした。
一斉に台詞のように「うわ~♪」(笑)

今日一日いなかったことや
今来たんだということを
きっと2秒ぐらいで頭の中で整理したんでしょうね。
その姿もとてもかわいかったです。

9月に入園してきたナッツちゃんも
大きなおめめでお話しながらこちらに向かって
何かを訴えます。
「今日ね、あのね、、、」ってことでしょうね。

まりーな姫も皇族の方々のように
私を見てにっこり笑って手を振っています。


======

日曜日がお月見なので
金曜日に子ども達に <すすき> を持って帰ってもらいました。
お兄ちゃんが持ってるのを取りかえそうとするフクちゃん。
お兄ちゃんも福クンだ(笑)

fc2blog_201209300631481ba.jpg


本当にありがたいことに
にじのとり保育園には<いなか部>があるので
無農薬のお米、お味噌を食べているだけでなく
七夕には本物の<笹>が
そして今回お月見には本物の<すすき>が
都会の真ん中にいながら手に入ります。


fc2blog_20120930062703c10.jpg


私が突然に無理を振ってすすきの依頼をしたにもかかわらず
田舎の兄さんは<こだわりの男>ですから
子ども達やママ達の喜ぶ顔を想像しながら
1本1本選りすぐって送ってくれたに違いありません。

季節ごとの自然を
少しでも感じて頂けたら嬉しいです。

もうしばらく保育園の玄関
靴箱の上にお月見かざりをしておきますね。


======


外遊びはもちろん。

滝川公園へ行ったチームは
お散歩にやってきた犬に走り寄って行ったのはこの二人。
まさおくんは虫や動物を愛する心優しいイケメンです。

fc2blog_201209300627281fd.jpg


蛇足ですが
学者さんの多くは幼少の頃、虫や動物が大好きで
虫や動物に多く触れることで芽生えた
<なんで?>という知的好奇心を
年齢に応じて人に聞いたり調べたりして満たしてきたと
何かの番組で仰っていました。
数十年後の教授をそっと見守りましょう。




次の二人は最近お友達とのかかわりが
とても楽しくなってきたようですよ。
ピコちゃんはとっても積極的に自ら働きかけて
お友達と手をつなぎに行きます。


fc2blog_20120930070528de2.jpg


この後二人で葉っぱや石ころを集めたり
なにやらお話をしたりして
びっくりするぐらいおだやかに楽しそうに遊んでいました。
お友達と一緒にいることが
もう楽しくて楽しくて仕方ない様子です。

二人とも3月生まれで
入園した時にパパとママが用意してくれたファーストシューズから数えて
3足目のおニューの靴が光ってますよ。


fc2blog_20120930112528aef.jpg


こちらは長柄にある かくまんじ公園。
保育園からは25分弱で行けます。
公園経験値を積み上げていますから
どこへ行っても上手に遊びますよ。

fc2blog_20120930073302aa9.jpg


この滑り台と続く渡り橋
何度も行ったり来たりして楽しんでいた様子です。
ベロ出し師匠の後ろには
じゃりんこムーンちゃん、ドロンジョ翼ちゃんが続いています。

↑翼ちゃんのママにこういうことをお伝えすると
この写真を貼り出した時に
「この後ろに娘がいるんだぁ~」と言って笑いながら
この写真を購入しちゃう、、、

これも蛇足ですが
師匠のママと翼ちゃんのママは写真を貼り出すと
1枚の写真の中に見切れてる感じで
小さく後ろの方にピンボケで写っていたり
後ろ向いてる写真までご購入されています。
「だって背番号が写ってるから明らかにウチのコですもん」と。
そしてお二人とも必ずと言っていいぐらい
とってもナイスなベストショットを毎月のように見忘れておられるところが
なんともカワイイなぁと思える共通点です。


fc2blog_20120930073315b70.jpg



給食の話につづく


園長(カワイイ子 あっという間に 中学生)


プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
61位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
4位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR