FC2ブログ

6月16日、やべっちのこと

やべっちは週5日の契約で
5月に入園を果たした1歳児さんです。

ママは1月ぐらいの瓦礫の時代から
保育園の存在を知っていてくださったとのことで
満を待して入園してきました。

なぜ<やべっち>かというと
お母さんに最初にお名前を聞いた時に
<やべたかしクン>だと聞き間違え
♪おや、一人ナイナイ♪
やべっちと岡村さんを一人でやるなんて
すごいわ♪と思ったのですが
惜しいところで間違いが判明したので
<やべっち>はブログ内で生かすことにしました。



初登園の数日前から熱を出して入院までして
とうとう5月はラストの1週間ほどを
それもお休みしながら来るだけということになったのですが
初日に
入り口のフェンスを外して掃除しなければならないほど
ほんとに吐き泣きをして
来て早々全裸になり全てを着替えて
吐ききったらケロッと元気になったらしく
その後しれーっとにっこり
大量のウンチをするという大物ぶりを発揮したのがやべっちです。

初日の豪快さは彼の右に出る子はいません。
やべっちも豪快。
ママもとっても豪快大らかです。

ママの保育園への希望も
とても男らしく潔かったのです。

<家ではこの子一人ですから
もう私も母もてあまして大変です。
どうかお友達と一緒にすごさせてやってください> と。

<大勢の中でもまれる経験をさせてやりたくて> と。

<預かってもらえる場所があっただけでも嬉しい> と。


その
お母さんの言葉にウソがなかったというのは
5月が終わった時に
書いてくださったノートを見れば一目瞭然でした。


そこには
1ヶ月間、たった4日しか来られなかったから
来月は元気で通ってほしい という
親本意の願いはこれっぽっちもなく
5月に通った たった4日間で
できるようになったこととか
嬉しく思えたことを
ただただ書き留めてくださっていました。
親として感じられた4日間の重みが
そこにはありました。

とかく日本人は
少しでもマイナスの要因を無理から見つけ出して
その数を数えてみたり
無理に謙遜してみたり
また或いは
あれはしてくれるのか
これはしてくれるのか
これぐらいはしてくれて当然じゃないのか
と権利ばかりを主張したりして
実は子どもができていること
嬉しいことの方をくすませてしまう癖があります。

だけど
最初に嬉しいことの方を数えていると
どんどん嬉しいことを探す体質に変わってきます。
そうするといろんなことが
喜びに変わります。

神様がもしいたら
きっとものすごく単純だと思うのです。

小さな日常を『嬉しい~』と言って
ニコニコしている人のところには
さらに
『嬉しい~』をプレゼントしてくれると思うのです。

やべっちを見ていると
なんだかそう思います。

今やべっちは
『お昼寝いややねん』の時期で
寝る前にはちょっとぐずっています。
だけどそのまますぐにお眠りします。
そしてがっつり寝ます。

どうぶつ体操も
はとぽっぽ体操も
とっても上手なオンリー自分の振り付けです♪


遊んでるときの豪快な動き
慎重に話を聞く時の真顔
お食事のときの幸せそうな笑顔
お昼寝前の涙顔
豊かな表情で
のびのびと育っているやべっちの日常に
こうしてかかわれることができて
本当に嬉しく思います。


fc2blog_201206170824096f5.jpg


毎日の可愛い喜怒哀楽をありがとう♪



園長

スポンサーサイト



プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
3位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR