FC2ブログ

6月5日、お願い

またお願いです。

朝おうちから
子ども達は靴を履いて来ますが
数多い靴の中から
『どうしてもコレがいいと言うので』
と、とても履きにくい靴(履かせにくい靴)を
履いてくるケースがあります。
お一人、お二人ではありません。

イヤイヤ期の始まったお子さんの
ひとつの特徴ですから
お子さんが選んだ靴を履かせてくることは
大いなる正解だと思います。
これからもその調子でよろしいかと思います。


お子さんに対しては
ある意味の正解ですが
保育園にお子さんを預けるママは
どうぞあともう一歩踏み込んで
考えて下さい。

この靴のまま保育園に行ったら
お外遊びの時に履きにくくて
一人で最後まで履けなくて
時間もセンセイの手も余計にかかります。

マンツーマンならそれでもいいかもしれませんが
保育園はそうではありませんから
そこはどうぞお含みおき頂いて
履きやすい方の靴を
ビニール袋などに入れて
こっそりママの鞄にしのばせて
センセイに託して下さい。

こっそり交換しますから(笑)

こういうことが
<しつけの両輪> です。
一人で子育てをしていないことの旨味です。

<こっちがいいと言ったから>

子どもの要求を受け入れるという
<どこまでなのか>という天井は
早めに決めておいた方がいいのです。
後からの修正ほど難しく
可愛い子どもが苦しむことになります。

子どもが泣くのは辛いことじゃなくて
心を鬼にして泣かさなくてはいけないことも
実は結構たくさんあります。
それは
少し大きくなって
外で子どもが辛い思いをしたり
恥ずかしい思いをしたりして
泣かないために、です。

そしてその大役は
一番愛情深く
信頼関係も絆も育まれたママの仕事です。

パパは
そんなママを優しくフォローして下さい。

<今>ですよ。


そしてできれば
自己主張が強くて
朝時間がかかるという方は
下駄箱の中に
子どもの靴をたくさん入れておかないようにするなど
工夫されてはいかがでしょうか。

お母さんの汗水なしには
子育てはできません。
毅然と構えていきましょう。

言い聞かせている約束事は
毎日毎日耳たこで言い聞かせて
徹底して貫いて下さい。
前にも書いていますが
泣いてもわめいても、です。


子どもは試してかかって来ます。
どこまでぐずったら思い通りになるか
どこまで泣けば言うことを聞いてくれるか
大きい子でもそうですよ。

昨年私がベビーシッターを引き受けた先の
当時3歳の少年など
私の顔を見て、家族がいなくなった途端に
家中にあるおもちゃというおもちゃを全部
踏み場ないほど散らかしてきましたが
私は黙って見ていました。

最終的には
私に向かっておもちゃを投げつけたので
初日にどえらい雷落として
お顔見て真剣に叱りました。

すると彼は泣きながら自分のベッドルームに入り
鍵をかけて
お昼ご飯も食べず過ごしました。

もちろんその状況は
ご家族にもしっかり伝え
私のとった措置についても隠さず伝えましたが
ご両親は私の対応を評価して
信頼して下さり
現在もお付き合いを続けています。

案の定次に会った時からは
信頼のまなざしで
一緒にお遊びするようになりましたよ。

そういうことです。

子どもは親のことも試してます。

認めるばかりがいいんじゃなくて
ダメなこと
約束ごとに関しては
毅然とした態度で
たとえそれがどこでも
言い聞かせてわからせなくてはならないのです。


そしてそれは
小さい時ほど身につきます。



今なら間に合う
ほ・ん・と・の・こ・と・で・す



園長(しつこく言い続ける)

スポンサーサイト

6月5日、今日の一日

今朝は堀川運動公園へ朝から出かけましたが
先にどこかの保育園さんが来て遊んでいたので
今来た道を戻り、天満宮さんへ行きました。

神社に着く前にまた握手を求められたり
境内では
じゃりの感触を楽しんだり
センセイと走って遊んだり
0歳児さんは
お歩きの練習をしたり
参拝に訪れた方に声をかけてもらったり
手を振ったりして
いつもより
ゆっくり時間が流れているように感じました。


fc2blog_20120605141253095.jpg


帰って来たら全員全裸族です。
埃と汗にまみれたお洋服を着替えて
おしっこして
念入りに手を洗ってお食事です。

天満宮からの帰り道
カートを押す手を少し早めると
みんな大喜びです。
ピコちゃんやQちゃんが
坂道のところでタイミングよく
♪キャーーーー♪と歓声を上げてくれて
テーマパーク気分を味わいましたよ。


<今日のお給食>
・ハヤシライス
・コールスローサラダ

今日は予告通りバッチリです。
ハヤシライスの中には
セロリも人参も入っています。
タマネギとほうれん草も入っています。

が、
写真がありません。
撮るヒマなく
みんなのバクつきがすごかったです。

ハヤシライスを希望したピコちゃんは
<いただきます>の時はニコニコです。

最初運ばれて来た給食を見て
若干怒り気味だった大将も
終わる頃にはスプーンですくって食べています。
センセイ達の励ましのボルテージも上がります。

にじのとり保育園の Miss豆、ムーンちゃんは
ハヤシライスもサラダも食べた後
サラダをおかわりして
特別に豆のおかわりももらって超ご機嫌でした。

トリオ・ザ・大食いの面々は
商店街にあるカレー屋さんの一人前ぐらいは
軽く食べています。
ちょっと今度のお休みあたりに
大食いトリオ用の
大きめ食器を調達してこようと思います。
渋めな焼き物系の器になるかと思いますが
ちょっと見て来ます。

でも
大食いトリオ用食器ばかりが
増えていきそうな勢いです。



==================


朝の登園時にパパやママに
ご協力いただいている<儀式>ですが
どのご家庭もお伝えしたことを守ってくださり
朝のお忙しい時間に
しっかりお子さんと向き合って下さっているお姿を見て
とても嬉しく思っています。

<保育園に来たよ>

ということを自分の行動によって体で覚えて
一日が始まります。


園長

プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
4位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR