FC2ブログ

4月22日、食事のこと

最近のお給食やおやつのことを少々。


UPし忘れていましたが
金曜日のおやつは
ふかしいも。


fc2blog_20120422022425eb8.jpg


それとコレ。


fc2blog_20120422022441998.jpg


米粉蒸しパンです。
私が作りました。(大嘘)

またもや
レシピを知ってる方から
差し入れを頂きました。

みんな
ものすごくパクパクでした。

しーーーーーーーーーんと静まり返って
無言でむしゃむしゃ
ぼふぼふ。

大王は
飲んだのか?という早さで食べて
おかわりを求め

ミルキーちゃんは
すました顔でぺろりんと平らげ
一番小さいまりなちゃんには
ひとまずお試しでちょっとお口に入れてみただけなのに
手で持ってがっつがつ。
上品にニコニコと
のん気に食べてるQちゃんのまで狙って
虎視眈々。

食べなれてる翼ちゃんだけが
『あぁ、、これね』という顔で
余裕の表情。

給食の時には
お皿に乗ってる嫌いなものは
見えてないことにして
好きなものばっかり食べてるアニキは
その日も黄色いTシャツ着て
隣に座ってる大将の分を
何事もなかったみたいに
スルッとお口に。

その後みんなで
ふかしイモもたっくさん食べて
ちょっと長めなおやつタイムも
食べた直後に
アニキが大量の押し出しウンチをして
『ごちそうさまでした』 となりました。



========


小麦アレルギーのお子さんが
この保育園に入園してきてくれたおかげで
小麦粉以外の米粉の味を
みんなで分かち合うことが出来ています。
時と場合によっては
アレルギーのお子さんだけ
違うものを食べる日がありますが
みんながアレルギーのお友達と
同じものを食べる日を作ることで
シアワセは何倍にもなります。

たとえばアレルギーのことや
母乳が出ずに
ずっとミルクで育ったこと、
食が細かったり
ママ以外の人のところにいったら泣くっていうのも
誰のせいでもありませんもの。

しょんぼりせず
誰がなんて言ったって
どん!といく。
丸ごとの我が子を受け入れて認めていたら
誰のなんていう言葉にも
無駄に傷ついたり
腹を立てたりしなくていい上に
きちんと丸ごとの親子のそのままが
普通に受け入れられる場所が
必ず見つかります。


今回は差し入れ頼みになってしまいましたが
卵や鶏肉を完全除去した食べ物や
酸っぱくてフルーツを食べられない子のためには
みんなで一緒に
豆乳でミックスジュースを作ったりして
楽しく食卓を囲みたいと思っています。


==========


お給食についても
3月、4月は
業者さんの栄養士さんが用意してくれた
献立表を使用していました。
にじのとり保育園仕様に
日によってアレンジしたりして
その日食べるものをご用意していましたが
5月以降は
全面見直しをしていく予定です。

つきましては
お給食の献立表は
月極めのものではなく
週単位程度のものになる予定ですので
よろしくご理解のほどお願い致します。


園長


スポンサーサイト

4月22日、おしらせ

現在園便りは
5月の当番のくみこ先生が
作成中ですが
シフトでお仕事をしておられるお母様のために
来月の主な予定を
先取りでお知らせします。
もしもシフト変更が可能であれば
この日に来れるようにして頂けると嬉しいです。

◆リトミックの日→11日(金)
◆英語であそぼう→15日(火)・29日(火)

◆4月中にお昼寝用の子ども用タオルケット
(綿毛布・大判バスタオルも可)を
 記名の上お持ちください。
 これまでの掛布団はお持ち帰りいただきますので
 よろしくお願い致します。

◆水筒はお茶、もしくは白湯などを入れて
 毎日お持ちください。

◆明日以降、 
 保育園の電話番号、メールアドレスと共に
 園長の携帯電話番号、メールアドレスを
 連絡ノートの裏表紙に貼付致しますので
 ご面倒ですが、携帯電話のメールアドレス
 (@i.softbank)の方には
 メールタイトルにお名前を
 本文に携帯電話番号を入力して送信して頂けると幸いです。
 (パソコンアドレスの方には電話番号は不要です)
 保育園からの緊急時の連絡用として
 固定電話、パソコンのほかに携帯電話も使わせていただきますので
 電話、メールの着信が可能になりますよう
 ご登録のほどよろしくお願いします。
  
 

園長


4月22日、るなセンセイ

さて、ウィークデーのセンセイ
最後になりました。

るなセンセイです。
フルネームは
<はっとりるな>センセイと言います。

るなセンセイはかなセンセイと同じ学年ですから
ひとまずココでは
同じに最年少ということになります。

かなセンセイがお勤めしておられた
社会福祉法人の認可保育園での
同僚というご縁で
こちらで一緒にお仕事をして頂くことになりました。

実はにじのとり保育園で
お仕事をしていただくことが内定していたセンセイが
ご家庭の事情で
ドタキャンということが3月末に発生しました。
顔じゃ笑っていますが
水面下ではバタ足三昧です。

ひとみセンセイが4月からご一緒するとは言え
どうしても4月4日からしか来られない中
子どもの数は倍以上増えるわけですから
どうしたって
4月2日と3日だけ
急きょ保育士さんが必要になるという
最大のピンチを
かなセンセイの言葉添えで
るなセンセイが来て下さることになって
救われたにじのとり保育園です。

面接の前に
実地で子ども達とかかわっていただく姿を見てから
よし!と採用を決めた唯一のセンセイが
るなセンセイです。

4月2日に
いきなり行ったお散歩の大川沿いで
るなセンセイの押すお散歩バスの補助につきながら
面接をして口説きました。

るなセンセイは
認可の社会福祉法人で6年間保育士さんをして
現在に至ります。
働く理由は人それぞれですが
『保育以外は考えていない』と
小さな可愛い顔で
きっぱり言い切るるなセンセイは
腹をくくって保育と自分自身に向き合っている
いさぎよいセンセイです。

連絡ノートを見ていても
るなセンセイの視点は
とても優しく面白いものがあります。
あまりお母様方とお話する機会がないとは言え
表現力というのも
保育士の大切な資質のひとつです。

焼き鳥屋に行ったら
みんながカワイイ飲み物でファーストオーダーを伝える中
末席に座って
黒霧島の水割りから始めるるなセンセイは
とってもカッチョイイです。

それに
るなセンセイ、
小さな体で
中型バイクも乗りこなす
素敵なオトコマエさんです。

ガッツとやる気と
何より板についた
かまぼこ笑顔で
これからもいろんなことを
乗り切ってくれることと思います。

そんなるなセンセイを
これからもどうぞよろしくお願いします。


fc2blog_201204221141529fa.jpg



園長

4月22日、くみこセンセイ

先生紹介
すっかり間が開いてしまいました。
急がなくては
4月入園の子ども達の自慢ができないので
先生はサラッといきましょう。


くみこセンセイは
毎日おやつの時間の前ぐらいから
保育園にいて
みんなと一緒に遊んだり
歯を抜いた直後におやつを食べてたり
お散歩バスを押したりしています。
朝のいれいにセンセイと
そこで交代ですから
朝当番のパパは
お会いすることがあまりないのが
ちょっと残念な
べっぴんさんです。

そんなくみこセンセイ。
にじのとり保育園で一緒に子ども達と
過ごすようになったきっかけは
以前お勤めしておられた託児所が
閉鎖したからという理由です。

そこで少しの期間一緒に仕事をしていた
かなセンセイに
紹介して頂きました。

3月になる手前でしたから
大慌てで面接に来て頂いたことを覚えています。

くみこセンセイも
学校を卒業して
5年以上認可保育園に勤められた経験を持ちます。

どんな保育をするのか
よりも気になるのは
なぜ
以前勤めていた社会福祉法人の認可保育園を辞めたのか
ということです。

あなたは正直ですか?
というチェックシートに○をつけてもらうよりも
ずっとその人がよくわかるのが面接です。
面接中に見せる笑顔や涙が
その人を語ってくれます。

子どもが大好き
これは当然中の当然の資質ですが
くみこセンセイは
若いですが(あ、そんなに若くない)
年齢相応の機転が利くセンセイです。

時間の使い方がとても上手で
判断力があって
要求された以上の
オマケをきっちりポケットに入れている。
話を聞く時の受け皿デキていて
上手に話が聞けるので
話も上手。

雑談している時も
その人の適材適所を考えて
常に頭の中は
ぐるぐる回転している私ですが
その私のぐるぐるに
きちんとほどよいテンポで
合いの手を入れてくれる小気味よさを
面接の時に感じさせてもらいました。

明石家流派の園長から受ける
無茶ブリという名のパワハラにも
目を真ん丸くさせて
笑って対応してくれます。


こちらが要求したことに対して
くみこセンセイからは
『苦手です』とか
『できません』とかいう言葉は
聞いたことがありません。

とにかくやろうとしてくれて
きちんとやってくれる。
信頼というのは
そういうことの積み重ねだと思います。


にじのとり保育園は
保育園ですが
一番大切にしているのは
保育士資格でも
保育園での仕事経験の長さでもありません。

いつも気付けば
お花の水やりや
おもちゃの水洗い・消毒をしてくれています。
オムツ替えの手際も
台所の後片付けも手短かで
動きのひとつひとつに無駄がありません。

前日にしたことが
時間的にシクったなぁと思ったら
次の日には黙って
誰に言われるでもなく
自分自身でタイムスケジュールを修正している。
1をやりながら
常に3ぐらいまでの準備はできている
それは
保育士だけに限らずどの仕事でも
必要で大切なことです。

さすがは
他の仕事も経験しているくみこセンセイです。

くみこセンセイはすごーい!とか
くみこセンセイはできるー!
と言ってるだけでは
そこでおしまいです。
そこに自分の技をぶつけて挑戦してこそ
高まっていくのです。

ほんとにソレをすごいと思ったら
ぴきんぴきんと
自分の肥やしにできるはずです。

できることを<できます>と言うことは
ちっとも特別なことや
不謙虚なことではないのです。

できないかもしれないことをも
自分の責任において<やります>と言える人が
シアワセを感じられる人なのです。

一緒に
シアワセ感じて
高みを目指しましょう。

夕方のお迎えの時にも
あっちこっちでこちょこちょ動き回っていることが多い
くみこセンセイです。
前にもどこかに書きましたが
口癖は 子ども達を見て
『めっちゃカワイイ~♪』 ということです。

そんなくみこセンセイを
どうぞよろしくお願いします。


fc2blog_201204221141406ee.jpg



最近USJへ行ってから
その笑顔の輝きが増した感じがするのは
気のせいということにしておきましょう♪



次、るなセンセイにつづく→

園長

4月21日、幸せの瞬間

リトミックの日のことは
続きがあります。

当日の朝、
リトミックのレッスンに
子ども達と一緒に参加している時に
れいこ先生と
何度か目が合って
5年前、
前の前の職場で
れいこ先生と一緒に仕事をしていた
時のことを思い出しました。

二人とも派遣社員で
与えられた外回りの仕事を
集中して早く切り上げ
ホテル阪神の一階にあるカフェで
何時間も将来やりたいことを
語り合ったものでした。

その後れいこ先生は
やりたいことに着手し、極めるため
仕事を辞められましたが
ご自身も予期せぬ出産をされ、
当初勉強していたやりたいことは
一時中断されましたが
今度は
お子さんと一緒に楽しめるものをと
リトミックを勉強しようと
思われているお話を伺ったのは
れいこ先生のお子さんが
まだ生後6ヶ月の頃です。

元々
高校の音楽の先生をしていたれいこ先生です。
やっぱり神様は
れいこ先生には
音楽の道を示されたのですね。

私は
自分の保育園構想と勝手にリンクさせて
れいこ先生のリトミックの勉強を
陰ながら応援していました。

いよいよ
リトミックの勉強も佳境を迎え
子どもに教える資格を得られたとお聞きし
正式にスカウトしに
れいこ先生のご自宅を訪問したのは
保育園の場所がようやく決まった
昨年の晩秋の頃でした。

「いつか一緒に、同じ場所で
やりたいことを楽しみたいですね♪」

そう話していた5年前のあの日の言葉が
可愛い子ども達と共に
あの場所で叶っていることに
リトミックのレッスン中に気付いたのです。
そしてその日が誕生日だということに
改めて気付いて
なんて私はシアワセモノなんだろうと
ココロからありがたいと思ったのです。



右端のショートカットの先生が
れいこ先生です。


fc2blog_20120422013018a1b.jpg


だからこの日は
究極の
Happy birthday to me♪ だったのです。

誰に何をしてもらおうなんて思いなど
全くありません。
自分で自分にココロから
生まれてくることを選んでよかったね~♪と
言ってやりたくなったのです。

そうするとやっぱり
私が生まれるきっかけになった
父と母の出会いだとか
これまで出会った人たちに
感謝感謝の雨あられなのでした。


我欲だけに走っていることではなく
自分の魂が喜ぶ<やりたいこと>は
叶うようにできています。

それをやらない理由を並べたり
自分で勝手に
『△歳になったら』とか
『子どもが▲歳になったら』なんて
期限を決めたりせず
貪欲に、正直に
『私はこうしたい』とココロから望んで
そちらに向かって
絶えず思いを発信して行動していたら
叶わないことはなにもないのです。

私と何等かのご縁で
関わってくださっている方々には
子ども達も含めて
自分の手で
自分の人生の地図は描いて欲しいと思っているのです。
そのためのお手伝いは惜しみません。

先日も
あるお母様から
もう既に描いて
足を踏み出しておられるご自身のお話を
聞かせて頂く機会があって
なんだか嬉しすぎて
鳥肌モノでした。
協力を惜しまず
一緒に楽しみたいなぁと思っています。


金曜日
早々にブログを読んでくださって
『おめでとう♪』なんて言葉を
掛けて下さったみなさま
本当に
ありがとうございます。

お誕生日おめでとう♪ のお返し言葉は
やっぱり
お誕生日ありがとう♪ ですね。

来年の誕生日を
ウキウキ待つ私です。


園長


4月21日、背番号覚書

<背番号覚え書き>

黄色いアニキ→6番
ミルキーちゃん→316番
任三郎くん→11番
大将→3番
ピコちゃん→37番
ゆみちゃん→17番
翼ちゃん→55番
サリーちゃん→パパが出張から帰ってくるまで保留
独眼竜ボーイ→21番

伝えたのに漏れてるよーー
という方はご連絡ください。

特別お申し出がなければ
園長が
意味をこじつけて
背番号を決めたいと思います。

Tシャツは今
あちらこちらで
見積もり中です。

大人のTシャツも
センセイ用に用意するのですが
お父様お母様で
大人用のご入用がございましたら
背番号と一緒に
ご用命ください。


<大人の背番号>


園長→∞
ちえセンセイ→313番(ミルキーちゃんのパクリ)
ひとみセンセイ→5番(SMAP5人っていう意味らしい・・)
おもちゃ部→45番、24番



ということで
ひとまずのご連絡です。


Tシャツの色は
保育園のイメージカラーである
オレンジ、きみどり、きいろ
あたりで
考え中です。

背番号は
どんな風につけるか考え中です。
アイディア募集中です。


園長


プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
9位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR