FC2ブログ

4月14日、Let's いらんこと

はいはいをする頃からコッチ。
せいぜい子ども達は
<いらんこと> をしてくれる時期です。

ただ
それは
大人にとっての<いらんこと>で
子どもにとっては<大切なこと>です。

食べる、寝る
後追いをする
抱っこをせがむ
、、、
発達段階の特徴として
放っておいたら<いらんことをする>というのが
どの子にも備わっています。

ということはどういうことかと言うと
この時期に十分
<いらんこと>を堪能させる必要があるということです。
それはなによりお子さんの脳を鍛えることになります。

ココ大事ですから
アンダーラインを引いておいてください。

教えもしないのに
ペンが置いてあったら
ぐるぐると書いてくれるし
紙が積んであれば
がさがさとバラバラにしてくれるし
引出しがあったら開けて
カーテンがしてあれば中を覗く。

にじのとり保育園では
極力子ども達の<いらんことしぃ>の本質に
蓋をせず過ごさせたいと考えています。


保育園を入って入口の左側すぐにある
白いカウンター。
あの裏側は
企業さんから送られてくる
カタログや
市役所からもらってきた
冊子を入れてあります。

<いらんことゴコロ>を
こちょこちょくすぐります。

その横には
宅急便で届いた
箱買いしたお手拭ペーパーや
衛生手袋を置いてあります。
どの子も開けて見ます。
箱の中身をぶちまけてくれてもいいのに
ソコは興味がそそられないようで
見て確認したら
さっさと蓋を閉めています。
ベンチ代わりに座ってる子もいます。

保育園にある
子ども達が大好きなピアノのおもちゃ。
音が出なくなったら
電池を交換するのですが
最近のおもちゃは
電池交換も
ドライバーが必要です。

<いらんこと>を仕込むチャンスです。

普段開けない
観音開きの扉を開けて
ピアノをひっくり返すだけで
子ども達は
ピアノの回りに大集合です。

全員が息を飲んでいます。

おもむろに大げさな工具ボックスから
ドライバーを出して
くるくるくるとネジを回して
酸欠になるぐらい息を飲んでる子に
お手伝いを依頼すると
一緒に真剣な顔をして
くるくるドライバーを回してくれます。

中から電池が出てきた時は
更に目が キラ~ン♪ と輝きます。
無事に取り換えて
音が鳴ったら
拍手で大喜びする子ども達の顔。

ドライバーを元の場所に戻すまでの
一連の作業を
つぶさに見ている子ども達です。
ナニカあったら
助手には困りません。

我が家の次男も
こんな調子で4歳の時に
ちえセンセイにプレゼントしてもらった
マイドライバーを
今でも愛用しています。


お母さんがお迎えに来られて
若いセンセイが
今日の園でのお子さんの様子を
お話した後に
おもむろに私が投げる

『今日もいらんことイッパイしてくれましたよ♪』と

いう言葉は
褒めことばとお受け止め下さい。

園長は常に全体を見渡し
<いらんこと>をしている現場を探すのが
大好きなのです。

そして
日々
保育園の中に
こっそり<いらんこと>ができる
場所やものを仕込むのです。

凝り固まった大人の価値観で
せっかくの発想のチャンスや
ひらめきの芽は摘まない。
すぐに大人の答えを教えない。


今の時期が最大のチャンスです。
おうちで
褒めなくていいですから
<いらんこと>は
いっぱいさせてあげてください。

そのたびに
お母さんと
マジの攻防戦を繰り広げるもよし
黙って素知らぬ顔でやり過ごすもよし。
安全面にだけは配慮して
ほんの少しの余裕で
<いらんこと>を楽しんでください。
叱る時には叱る。
そうして
そこでのルールを覚えていくのです。
それが
ひいては
社会のルールを守るということに繋がるのです。


家庭ありき


なのです。






そんなこんなで
今日のい<いらんこと大賞>を。


fc2blog_20120414082612163.jpg



後をつけられているとも知らず
現場取り押さえ時に、センセイの
『あーっっ!!』という声ひとつで
自分の状況を把握して
超真顔になるあたり
家でも相当の
<いらんことしぃ>だということが判明。

ゴールデンウィーク後の
写真展示の時までお顔は完全にわからないように
しておこう♪♪



園長
スポンサーサイト
プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
3位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR