FC2ブログ

4月3日、ビデオカメラと高校生

時間がある時に記しておきますと。
今日の大雨大嵐の日に
映像デザイン科の高校生が
保育園に潜入して
わずかな時間ですが
動画撮影を手伝ってくれました。


iphone_20120403192127.jpg



割に真剣にカメラ購入の時に
いっしょに選んでくれた中学生とは違って
私に向かって
『フルハイビジョンでアップを撮ってもいいのか?』とか
聞いてきます。
我が家の長男です。


18年前に生まれたのは
アイルトンセナがレース中の事故で亡くなったという
ニュースが夜中に駆け巡った夜でした。

破水して病院へ行き
すったもんだの末やっと生まれたかと思ったら
次の日に
心臓に穴が開いていると小児科の先生に告げられ
今生まれたこの子は
もう死んじゃうんじゃないかと
一日中ベッドのカーテンを閉めて
泣いていました。

診断は
心室中核欠損症と
肺動脈弁狭窄。

その日から
ミルクを飲む前に強心剤を飲む生活が2年間続き
2歳の誕生日が過ぎたある日
全身麻酔をかけて
人口心肺装置を使っての
手術が行われました。

この頃にはもう私のキモチも
だいぶ軽くなっていましたが
生まれた当時は
健康に生んであげられなくてごめんね
なんて
自分勝手なセンチメンタルに浸っていたものでした。

でも
手術もたいしたものではないと先生から聞かされ
その言葉を信じてのぞんだ手術の日には
生きても死んでも
その日に悔いのない子育てをしようと思って
手術の日を迎えました。

私にとっての悔いを残さない子育てというのは
病気だからとか
寿命が短いからとかいう理由で
甘やかして育てるのはやめるということです。
そして
自分を責めないでいようということでした。


幸い
手術は成功して
生きて長男は手術室から出てきてくれました。

この子についてもまた
一生分の心配をこの時にしましたから
あとはもう
おまけの人生だと
若干2歳の長男のことを
私はそんな目で見ていました。

好きなことを見つけて
誰かに振り回されたりすることなく
自分の人生を
楽しくまっとうしてほしい。
子育ての最終目的をそこに置いていました。


幸い
手術は根治術でしたから
再度手術が必要ということもなく
長男は想像以上に
たくましく成長してくれました。


ココ3年ほど
我が家の洗濯は彼のお役目です。
保育園を始めた私に代わって
夕飯も彼のお役目です。


時折
このお兄さんも
保育園をウロウロしていますので
どうぞお見知りおきを。


トイレの横の壁に貼ってある
青っぽい絵。
アレはこのお兄さんが
小学5年生の時に描いた絵です。

このお兄さんは
iPadにアンパンマンの画像は仕込んできませんが
通常子ども達が入ってはいけない事務室に
こっそり子どもを招き入れ
隠してあるおもちゃで遊ばせたりして
手なづけています。



最後に写真は
我が家のリビングを飾る
子ども達の写真のうちの1枚です。





iphone_20120403232913.jpg




小さい時の写真ばっかり飾って
グレたり
私に対してひどい言葉を使ったり
兄弟でののしり合ったりしたら
このテの写真を叩きつけてやろうと思っていましたが
その時は
まだきていません。



園長 (長くなってごめんなさい)




スポンサーサイト



4月3日、今日のおやつ

今日のおやつは
コレでした。


iphone_20120403192058.jpg


手作りのアンパンマンクッキーです。

私が作りました(大嘘)

差し入れでいただいたものです。

卵アレルギーのお子さんと
小麦アレルギーのお子さんの分は
お母さんにお渡しします。
(あ!大将のママにお渡しするのを忘れています。明日です。)
今日お休みしていた子の分も
明後日が初登園っていうお友達の分も
ひとみセンセイの分も
お給食のセンセイの分も
土曜日の ちえセンセイとふみえセンセイの分も
ちゃんとあるからオタノシミに♪


決して得意ではないのですが、、、と
言いながら
きっと
保育園で楽しげに遊ぶ
お子さんの姿を想像して
一生懸命作ってくださったのだと思います。
必死で奮闘している姿が浮かびます。

だからみんなで一緒に
『いただきます』

暖かいナニカが
みんなの中に流れたのを感じました。


とってもいいおやつの時間でした。




写真は
おやつのお皿に乗せられたこのクッキーを見て
『アンパーーン!!』と叫んでから
ニコニコと食べ始めた
先月までは一時保育の常連さんで
今月から月極めで週に2回やってくることになった
Qちゃんの
にじのとりっ子デビューの
スモックとお帽子姿でございます。

お隣に写っているのは
Qちゃんを見ると
必ずホッペをお手々で挟んでごあいさつしてくれる
モテモテジェニファーちゃんです。
モテモテジェニファーちゃんは
どうやら
年下のカワイイ男子がお好きな様子。





iphone_20120403224232.jpg



園長



4月3日、お靴のはなし

そうこう言ってるうちに
二日目も
それはそれは
朝の賑わいったら
半端ないものでした。

先月は
そばに誰かいないと
人肌恋しくて泣いてたミルキーちゃんが
ミルねえさん並の貫禄です。


==================


今日はあいにくのお天気でしたので
お部屋の中で過ごし
夕方雨がやんだ晴れ間を狙って
30分程度だけ
商店街のアーケードの中を
練り歩いてお散歩してきました。

わずかな晴れ間をも見過ごさない
にじのとり保育園。

これは
目の前に現れたチャンスを
しっかり、きちんとつかむ訓練になります。
あ、
センセイ方の。

子ども達は
風を感じ
夕方の温度を感じ
何かを見つけては興奮するという
変わらぬお散歩風景ですが
部屋の中だけでは得られない
貴重な感覚です。

そんな園長の意図などお構いなしに
かなセンセイは
また大声で歌いながらお散歩バスを押し
くみこセンセイは
『オレンジのスモックと帽子が
めっちゃ可愛い〜〜〜〜♪』と
いつまでも子ども達に連呼しているのです。

一度リアルで
皆さんにお見せしたいです。
私は
そんな一団を見て
鼻高々なのです。


いや
ほんと
私が言うのもナンですけどね
ものっそ ものっそ
可愛いんですよーーー
我が子を縮めて入園させたいぐらいです。


==============


可愛い可愛いはさて置いて
保育園には
お外で履くお靴を
用意して頂いてますが
たくさんの靴の中から

今日は
ベストシューズ賞の発表をしたいと思います



どろどろどろどろどろ〜〜〜〜(←ドラムロール)








じゃん!


iphone_20120403192332.jpg



トニーくんが履いているこのお靴です。

すごく履かせやすくて
自分で履く時にも履きやすく
足にも優しい感じです。
歩く時のストレスが
ないような気がします。

裏はこんな。

iphone_20120403192609.jpg


中はこんな。

iphone_20120403192411.jpg


今後もう少ししっかり歩くようになって
新しい靴をお求めになる時は
手持ちのラインナップに是非。

このお靴のメーカーさんとは違いますが
小さい足には
ミキハウスさんのお靴。
やっぱりよく考えられてるなと思います。



写真は
にじのとりっ子デビュー初日の夕方
堀川運動公園で
お兄ちゃんやお姉ちゃんと
対等に遊んでいる
トニーくん。


iphone_20120403194350.jpg





なぜトニーくん?


初登園の日に
ママの不安や心配をよそに
黒い革ジャンに見立てたジャンパーを着て
まるで古株かのように
しれーっと登園してきて
ママに手を振るサマが
ウエストサイドストーリーを
彷彿とさせたので。

それに絶対
リーゼントが似合うはず、、、、♪


なのに
行き帰りは
抱っこ紐で
♪い〜と〜まきまき♪が大好きという
ギャップがたまりません。


園長

4月3日、たとえば

たとえば
子どもを不安にさせない方法が
ここにもひとつ。

初日
入口を開けたら泣いてる子がいたので
私が抱き上げたら
その姿を
ニコニコとカメラにおさめるパパの姿がありました。

わが子は
鼻水も涙もぐしょぐしょになってるのに
パパは満面の笑みで
携帯カメラだけじゃなくて
デジカメでもパチリ。

きっとパパは
おうちでも
ことあるごとに
嬉しそうな顔をして
ニコニコと娘ちゃんの表情を
カメラにおさめてらっしゃるんだろうなぁと
想像がつきます。

そうして
写真を撮った後
パパはさらに笑顔で
『じゃ、よろしくお願いします♪
いってきます♪バイバ~イ♪』と
非常にのん気な笑顔で
保育園を後にされました。

すると
鼻水ぐじゅぐじゅの彼女
すくっ と泣き止んで
お気に入りのぬいぐるみまで
猛ダッシュでした。

なぜなら
パパがおうちと変わらず
至ってふつうで
楽しそうに
自分にカメラを向けていたから。

そしておうちにいるみたいに
笑顔で『ばいば~い♪』と
手を振っていたから。

だからここは
安全な場所なんだ と
幼いココロが判断したから。


親の覚悟と安心。
これが一番の<慣らし保育>です。

保育園のお役目は
ただただ
子どもさんをお預かりするだけにとどまらず
親御さんにココロから安心して頂ける場所でないと

改めて思いました。
その為に大切なことはなんなのか
どうすればいいのかっていうことも。

役所の指南書にはそんなことは書いてないけど。


その日一日
パパと同じ笑顔が弾けていましたよ。


昨日が初日の
サリーちゃんのお話です。


<おもちゃが夜中に遊んでる>
に続く
にじのとり保育園の都市伝説が
また生まれそうです。



園長


4月2日、初日

新学期初日のお散歩は
ココ。
私が名付けた
〈サラリーマンの小径〉。





人じゃなくて
これはオブジェ。

おじちゃんにバイバイして
藤棚くぐって
川沿いの散歩道へ。






みーんな
ずいぶん昔から
にじのとりっ子だったみたいに
ひとかたまりで
わーきゃー遊ぶ
幸せな瞬間。


泣いてる子は一生懸命
お母さんと離れ離れになることを
自分で泣きながら
その体に覚えこませています。

泣いてない子も同じです。
じーっと周りを見て
こらえています。
お母さんが大切な我が子を置いて
お仕事を頑張るという覚悟を
小さな体で受け止めているのです。

にじのとり保育園は
そんな親子を応援する保育園です。


あ、
そうそう。

まったくへっちゃらにふるまってる子も同じですよ。

表面の見えるところだけ見ていたり
もの言わぬ時に
きちんと子どもの心にすり合わせをしないと
あとでえらいことになるのは
火を見るより明らかです。


何度も言いますが
三歳までの子どもには
ただただ
子どもをまるごと愛して
親の愛を伝えるだけでいいのです。
これから先に続く人生で
大切なことは
この時期に作られるのですから。


・・・・


保育園生活初日のおもしろ話は
出し惜しみします。

しかし
女子にじのとりっ子達
みんなオテンバ。


とだけ
初日に記しておきます。



園長
プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
2位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR