FC2ブログ

3月5日、泣いていい

今はもう昔の月曜日は大雨でしたので
お部屋の中で
新しいお散歩カーを使って
タクシーごっこをしようと
朝から企んでいたら
かなセンセイも同じことを考えていて
さて、
いつから始めようかと待っていました。

子ども達は
新しいおもちゃには
敏感に反応するのに
新しいお散歩カーは大きすぎるのか
家具化してしまって
誰も無反応です。

一人を乗せて
お部屋の中を走り
タクシーになって一人ずつ乗せてみると
泣いていた子は泣きやむし
泣いていなかった子が泣き出すし で
初めてずくしの子ども達には
刺激がキツかったかもしれませんが
こうして
<はじめて>のことに慣れていきます。

<はじめてで不安>ということよりも
<信頼できる人と一緒なら大丈夫>
という思いが
急にではなく
日々少しずつ育ってくるのです。

連絡ノートにも
毎日の園での生活のことを書いていますが
そこにも
<泣いている>とか
<泣いてしまいました>いうワードがよく出てくると思います。
お母様方、どうぞそのワードに心を痛めないでください。

今の時期
初めてのことに出会ったら
泣いて当たり前です。
緊張して当たり前です。
誰かがお母さんと一緒に帰るシーンを見たら
ママが迎えに来た時泣いちゃうのも当然です。
いつもよりママのお迎えの時間が遅いと
外に出たがるのも当然のことです。

見て、感じるから泣くのです。
それは
ものすごく
賢いことだと思います。

究極の命を守る自営本能だとも思います。

<泣き>の世界からの脱却は
その子それぞれですが
大したもので
前日と比べて進歩していない子はいないのですよ。

だからどうぞ
安心して
泣いているわが子に
『いってきまーす♪』と
元気にお声かけをしてあげてください。


私が若い頃
認可園で働いていた時に
連絡ノートに
『泣いています』と書いて
主任に書き直しを命じられたことがあります。
理由は
『お母さんが心配するから』ということでした。
連絡ノートには
いいことばかりを書くように言われて
『なんで?』と思いながら従っていたあの日を思い出します。

確かに当時の私の表現力や年齢では
説得力なかったかもしれませんが
伝えたかったのは
今と同じことです。
過去のことは
時期尚早だったということにしておいて
今、改めて同じことを伝えます。


泣いていい  んです。



園長


スポンサーサイト



プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
4位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR