FC2ブログ

3月3日、私のタノシミ

毎日の保育の中で
私のタノシミは
新2歳児クン達と密かにやってる
《カフェごっこ》

朝のおやつの前の自由あそびの時に
ブロックでコーヒーカップとか
ジョッキとか作って
『かんぱーい♪』
『ごくごく〜♪』と遊んでから

『今日の飲み物は
ミルクとお茶しかありませんが何にしますか?』と聞くのです。

すると最近言葉を操り始めた彼らは

『お茶』と言いますから
朝のおやつの時間というか
水分補給の時間ですから
言われなくても飲むんですが
お茶を出すのです。

別に牛乳がいやなら
無理に飲まなくてもいいというのは
私の持論です。
頑張ったら飲むのに、、
確かに。
おやつの時に
ヨーグルトにしたら
モグモグ食べるんなら
それでいい。

来週は
『お茶』と返して来たら
『お茶ください』と言わなかったら
出てこないシステムになりますよ。
カフェも言葉同様進化するのです。

そのうち
メニュー表も出してやろうと
手ぐすねいつでも引けるよう
ピカピカに磨いてます。

その毎日の積み重ねが
園長センセとの個別で行う
リアルお買い物ごっこにつながるのです。

『りんごください』
『大根ください』と言って
お店の人が対応してくれる喜びを味わう時の
子ども達の顔を想像すると
嬉しいです。

我が家の子ども達がいまだに
食事の時に私に
『お茶ください』と言うのは
その名残です。

家でやれないことは
外でもできない

小さい時
子どもが自分で気付くまでは
それは本当ですからココロしました。


・・・・・


お預かりしているお子さんは
初めての保育園生活というお子さんもいらっしゃいますが
多くは
先月、先々月まで
違う保育園に通っていましたが
おうちが近いということで
こちらに転園して来てくれました。
どの保育園でも
楽しくお遊びしていた様子は
しっかり子ども達から伝わってきます。
ここでも同じように感じてくれたら
嬉しいなぁと
ただただ
そう思う私です。


・・・・・


毎日のお問い合わせ
見学のご予約
ありがとうございます。

どうぞ
いろんな保育園を見て
園長センセとお話をして
お子様にとって
ご家族にとって最適な場所を選んで下さい。

ご見学やご相談に来て頂いたお母さんとお話をして
ここでお手伝いできる最善策を
一緒に話し合ってご提案させて頂いてます。

働くお母さんだけじゃない。
専業主婦でお仕事はしないけど
子育てしていて
煮詰まって
一人で頑張ってるお母さんの数も
半端ないことに
『やっぱりな』と納得させられている毎日です。

ここで私とお話をしながら
胸がいっぱいになって
涙を流すお母さんも一人じゃありませんよ。

その度私は
『待機児童』という言葉の意味を
再度考えるのです。

なにも
仕事をしているお母さん
仕事をしなけりゃいけないお母さんのお子さんだけが
待機児童なんかじゃない。

『空き』を待っている子だけではなくて
『手』を待っているお母さんがいるということ。

ここらあたりのことが
行政さんにはわかりますか?

どうぞ頑張ってる専業主婦のお母さん
お仕事を探さなくっちゃなお母さん
なにかのお手伝いはできるかもしれませんから
一度お話をしにいらして下さい。

『この子が泣いて迷惑をかけるんじゃないか』

そんなことも思わずにいらして下さい。

お子さんが泣いたからと
迷惑センバンなんていう保育士さんは
いませんから。

話を聞きに来られるのはもちろん無料です。
一時保育のお申し込みを仮に済ませておかれても
料金は発生しませんので
ご遠慮なくお越し下さい。

そうこうしている間に
4月からの新入園児さんの数が
3月からの新入園児さんの数を上回りました。
また来月も賑やかになることが
決定しましたよ。

あ、
オール1歳児さんです。
お部屋を広く使えそうですよ(笑)




園長

スポンサーサイト

3月3日、お散歩カー(大)

保育補助希望者の面接が
午後から入っていたので
時間配分して用意していたら
5分ほど前に
「キャンセルしたいんですけど」と
電話がありました。

ご縁がなかったというだけですから
誰のことも責めませんよ。
どうか素敵なお仕事場所に
出会えますように。


・・・・・


それはそうと
今日、箱から出しましたよ。
コレ。




あー早く
みんなを乗せて
川べりをお散歩したいなー。

サクラ色した川べりの道に
映えわたる
グリーンのお散歩カー。
安全ロックも固くて頑丈で
かなりいい感じ。
折りたたんでも移動が楽です。


月曜日は晴れますように


園長

3月2日、融合

にじのとり保育園には
規定数の保育士さんがいて
日中や土曜日に
お子さんをお預かりしています。

それに加え
民間の認可保育園での
豊富な保育補助経験を持ち
現在も子育て中で
保育士資格を取るべくして
頑張っているセンセや

子ども達を集めて
教室を開いている
子育て中のセンセや
チャイルドマインダー資格修得予定の
センセが
補助としていてくれます。

思いのほか
お預かりするお子さんが増えてきた今
じわじわとそれらが
功を奏しています。

新しいたくさんのお友達と
新しいセンセに戸惑う
前からいる子に
しっかり個別に対応してくれて
その子らの不安を軽減して
要求を満たしてくれます。

抱っこして欲しいと
ひたすら泣く子に
根気よく 遊ぶ楽しみを教えます。

泣いたら抱けばおさまりますが
それだけではその子の成長を
促すことにはならないばかりか
他の子の要求が
満たされなくなります。

センセ方は
抱っこするだけではなく
泣いてる子を相手に
笑顔で話しかけながら
おもちゃを使って
楽しく遊べるように
一緒に遊びながら促します。

30分もすれば少し泣くのをやめて
何やら遊び出します。
しばらく遊んだら
また思い出して泣き始めます。

こういうことを日々繰り返しながら
段々一人で遊ぶ時間が増えてきて
気に入ったおもちゃを見つけて
楽しめるようになります。

この
一人遊びの楽しさを
安心している家庭の中ではなく
保育園でそれができる というのは
目には見えないことですが
かなりのスキルだと思います。

「これからセンセイと一緒に
楽しい遊びを覚えていこうね」

泣いてる子に
笑顔でこう話しかけることができる
素敵なセンセイしか
ここにはいません。


にじのとり保育園は
「泣く」とか
「いや」だとか
「こうしたい」とかいう
子どもの意思表示を大切にします。

センセイ方にも
役職、勤務形態に関係なく
同様のことを求めます。

「自分はここで何がしたいのか」
「どんな保育をしたいのか」
「どうすれば
自分自身や保育園がよくなって
高まっていくと思うか」
を、常に求めています。

子ども達が日々成長しているように
センセイ方も
昨日とは違う心向きで
一人一人の子どもや
自分自身に
ちゃんと課題を持って
接しているのを
一歩後ろから全体を見ながら
確認できるのが嬉しいのです。

保育園には
保育士と
それ以外の子どもに関わる職種の
融合は不可欠だと思います。

ピーチ航空のCAさんのように。
プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
5位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR