FC2ブログ

幼児教育無償化

教育学者の先生に
無藤隆先生という方がいらっしゃいます。

FacebookなどSNSも利用され
日に何度も
保育に関することや
その他のことを
ご自身のお言葉で
発信されています。

保育に関すること
幼稚園に関する
現場での姿をリポートされたものや
昨今の幼児教育に関する
施策などについても
歯に衣着せぬご自身のお言葉で
多岐にわたり
発信をしておられます。

最近では
・体操教室の是非
・小学生の読書感想文の指導法について
の、ご自身の見解が
とても面白く
膝を叩きながら読ませて頂きました。

その無藤先生の個人的見解として
保育料無償化について
保育園や幼稚園側が
気に掛けておかなければ
ならないことを
先日呟いておられました。
本日はその全文を
お届けします。

以下
無藤隆先生
Facebookより転載。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

保育料無償化後、いかに園として保育を進めるか。

 保育料の無償化が実現したときに、
では、園としてまた個別の保育者として
今後、園の運営や保育を進めるにあたって
どのようなことを配慮すべきでしょうか。

 まず必要なのは
保育料の無償と呼ばれる範囲が
どこまでかということです。

おそらく多くの私立幼稚園では
その無償の範囲を超えて、
特定の教育環境の改善のための費用を
徴収することにしていると思われます。

また保育所なども
何らかの費用が
保護者負担として必要かもしれません。

しかもそれらは
自治体の補助が加わる場合もあり、
自分の自治体・園での事情により、変わります。

3歳未満では
多くの保護者には
無償にならないことにも留意がいります。

一定額の範囲となり、
それを超えることもあるでしょう。

 中核となる保育時間
(それは幼保ともに4時間程度を想定するとして)
の充実は一層進めるべきでしょう。

また家庭で親子が
一緒に過ごす時間の大切さも
説明していくべきです。

必要を超えていたずらに
園に長く預かることを
奨励する策ではないのです。



 認可・無認可を問わず、
すべての施設で質を確保し、さ
らに高めていく努力が大事なことが強調され、
自治体にも
その責務を改めて求めています。

各園また各保育者が
その保育(幼児教育)の大事さを改めて認識し、
その質の向上に向けて、
園として保育者として努力を進め、
また自治体とその点で
連携を強めていくことが重要になります。

 無償化とは
保護者の経済的負担の軽減が
直接的なねらいですが、
同時に、幼児期の
教育の重要性の認識に基づいた施策です。
乳幼児期の保育に求められるものは
以前にも増して大きなものとなります。

それに応えるために、
どの園・施設であろうと、
質を高める努力を仕組みとして取り入れ、
またここの保育者はそのための研修に参加し、
スキルを上げ、知識を広げ、さ
らに視野を広げていくべきです。
そのような
質向上の大きな契機になることを
期待したいのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


常々私が
保護者の皆さまに
お伝えしていることが
ここでも記載されていて
私は少し安堵しています。

実際に
ママの育休で
保育時間が短くなっているお子さんは
それぞれのご家庭のありようのまま
家庭時間を過ごされ

最初こそ
早い時間のお迎えに
ママが戸惑っておられましたが
そこはきょうだい育児を
堪能して頂くようご提案を続けています。

そうすると
1歳の時から保育園に来ていて
保育園での遊びに
どちらかというと
依存しがちだった子ども達が

自分の家で
自分のおもちゃで
誰にも邪魔されず
自由に自分の世界を作って遊ぶことの喜びを
ママよりも先に
子ども達がそのカラダで理解をしました。

早いです。
そうなると
保育園での活動が
俄然イキイキとしてくるのです。

保育園のおもちゃを
イチから取り合わなくても
家に帰れば
自分だけの大切なおもちゃを
一人で心ゆくまで堪能できる
というコトが体でわかっている子ども達は
保育園遊びに余裕が出てきました。

たかだか
保育園で遊ぶおもちゃを
取り合わなくてもよくなったのです。

借り物(保育園やお友達のもの)と
自分の物(自由に使えるもの)
の区別がしっかりつくようになって
借り物に対して
そこまで執着しなくなりました。

また発言も活発になってきました。
楽しいことや好きなことが
おうちにあることで
保育園恒例のインタビュータイムの
答えの幅が格段に広くなりました。

くれぐれも誤解のないように。
これは
働いていたらできないのか?
というと
それは違いますよ。

昨今の子ども達が
家庭で陥りがちなパターンを
今日はお伝えして
ブログを閉じたいと思います。


・家にいる時に
遊びよりもお手伝いが主流になっていませんか

・課題を与えすぎていませんか?

・おうちの中で
してはいけないことが多すぎませんか?

子どもは
遊びの中で智恵を得ます。
遊びの中でしなやかさを培います。
それは
外でもおうちでも同じです。

本当の価値は
ナニカをして褒められることではなく
ナニカに気付くことの方ですから
2歳までなら別ですが
3歳を過ぎたら
あえて褒める時には
言葉もシールもない方が
心に効き目があるのではと思います。

何かをしたら
ナニカを買ってもらえる
という制度の中では
自己肯定感は
育まれにくいのかもしれません。

それに
そんなに
一生懸命褒めようとしなくて
いいと思います。

親心の核は
どんなに時代が変わっても

この子が今ここにいてくれること

それしかないと思います。

成績悪くても
言うこと聞かなくても
誰かと比べて劣っているように見えても
正直ひいきめに見ても
ある部分めちゃくちゃかっこ悪くても

何ができるようになっても
生まれた日の感動
忘れずにいたいですね。


さて、今日の写真
誰が誰の妹ちゃん弟ちゃんだか
わかるかな?

若干1名
大きいですが(笑)

生まれたよ~♪と
送って下さった
速報親バカ写真集より抜粋しました。

fc2blog_20180817200954d54.jpg

ナニカあっても
このピカピカの命を見ると
よしっ!っていう気持ちに
なりますね。

生まれてきてくれて
本当にありがとうと
どの命にも感謝しかありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ブログは
お盆休みを頂いておりました。
来週からまた
保育園の日常が始まります。

来週の金曜日は
楽しみにしている
にじのとり夏祭りです。
体調整えて一緒に楽しみましょう♪

来週以降のプール遊びは
気温や子ども達の様子を見ながら
適宜慎重に行いたいと思います。

園長(夏休み明けのみんなの顔が楽しみです)

スポンサーサイト

お当番デビューとかおうちでのこと

(木曜日のお話です)

今日はにじのとり保育園の
地味な年中行事。

ひばり組のお当番デビューの日
となりました。

今日はこの二人がお当番。

fc2blog_20180809164944696.jpg



詳細は
ママ達にLINEで動画をお伝えしましたが
お名前が言えてしまう可愛さに
私はメロメロです。

(私は甘いですよ。
小さいクラスの子達には。)

特に1才児さんに対しては
叱ってまで
身につけさせなくてはいけないことなんて
ナニもありませんよ。
それがたとえ集団生活でも。

お当番、明日からも
楽しみながら頑張ってもらいましょう。
そして、かもめ組へ
自信を持って飛び立ちましょうね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そんなかもめ組さんのいる分園ですが
胃腸炎の風邪が流行っています。
プールは二日間お休みです。

今日は来た子
全員がお当番です。

少人数だった頃の
にじのとり保育園を思い出しました。

ミントくんと
当時3歳児の女子4人との
5人編成のつばめ組時代。
本園で小さい子も一緒に
お机も小さい子達の
あのお机で
つばめ組は活動していました。
当時は3歳以上児全員を
つばめ組と設定していましたね・・・(遠い目)

あんな状況の中
同じ年齢のお友達はいない上に
男の子さえ一人なのに
よくぞ在園を決意してくださったことと
今もですミントくんのパパには
出会いの喜びと
感謝の気持ちしかありません。

ミントくんは今でも
女の子達の憧れですし
どこで会っても
声をかけてくれるナイスガイです。
更にかっこよくなっていて
うれしいのです♪


が、そんなノスタルジーは
ちょっと置いて

今日はこのメンバーで
ボウリングをしました。

fc2blog_20180811095702b00.jpg


ミスターストライク
一休さん!

fc2blog_2018080917285017b.jpg


私だって負けないわよ!
中山律子(ググってください)
パコちゃん♪

fc2blog_20180809172924e44.jpg

・・って
楽しそうなことをしてたら
黙ってられない大人が一人。

よう見とくんやで!と
調子に乗ります。
ゴールデンボウル(ググってください)
仕込み。

fc2blog_20180809172820012.jpg


・・・・・・・・


胃腸炎の異常な流行から
実際にちょっと体調を崩したり
念のためでお休みをされることで
予期せぬ夏休みが取れたことは
よかったなと思います。

これからの子ども達が
持てないもののひとつに
<夏休みに家でだらだら>が挙げられますから
機会を見つけて
体の調子を崩した時ではなく
お休みが取れたら・・と思います。

夏は子どもも疲れます。


そんなおうちでの様子も
ママ達は
私と共有してくださいます。

そのやりとりの中で
私もネタを取り入れさせていただいたり
お子さんの保育園での様子を
より詳しくお伝え出来たり
お子さんを中心に
笑い話に興じたりして
ママとの関係構築にも役立っています。

今回は
保育園での体育の様子を見て

<これじゃああかん!!>と
思い立ったママからの動画を
ご紹介します。

こちらのおぼっちゃまは
今おうちがジムになっています。

やればやるほど気付くのは
ママの真摯な姿と
その二人を少し俯瞰しながら
見ているパパとの関係性とか
お子さんの持つ
本来の素直さとか・・・

保育園の姿だけでは
想像できない姿だったり。
今日は許可をいただいて
ひとつ共有します。
ほんとはシリーズで
全部見たいところですが(笑)







もう一人は
みんなの弟バンビくんです。
バンビくんのママも
プール動画を見て

「なんじゃ!うちの子!!!」と
思い立ったクチ。
そこでおうちのベランダが
スイミングスクールに。

やり始めたころの動画では
はい!もうおしまい!
とか
後ろを向いて
ただ水を浴びているだけの動画
という
かなりシュールなものだったのですが

もうバンビのペースに任せましょう
とレスポンスをしながら
いつも分園のセンセイと
ほほえましく見ていたのですが

この日
とうとう自分からプールに入ると
言いました!と
そして、なんと
いよいよ水に顔を?
歴史的瞬間?
と思って動画を見進めたのですが

最後の最後まで
見ている人を
ただ癒すだけという作りになっていました。

ね、
らしさしか出ないんですよ。
可愛すぎます。






前出のママもそうですが
動画に映り込むのは
<そのまんま>です。
しかも
<ママの>(笑)(笑)

よし!と吐息で言ってたり
後ろのほうで
椅子に入れ込まれた
妹がヤイヤイ言ってたり・・

みなさん
ほんとに
かわいいです。

かっこつけることやめたとき
ほんとのかっこよさや
らしさが出ますね♪
何度も言いますが
ほんと、可愛いです♪


そんなこの日の
フルーツゲッターはこの二人。

fc2blog_20180811102636da5.jpg

この二人は
大喜びでフルーツ二人前ずつ食べて
満面の笑みだったのですが

かもめ組さんは
そのあたりクールです。

「僕はもうこれで十分だから
フルーツいらないよ」とか

「ねぇねぇなんで園長センセは
フルーツ食べないの?」と
核心をついてきます。

学年によって
策を変えなければいけないのです。
子ども達一人一人の個性はもとより

1年1年
学年のカラーも違います。
同じやり方は通用しないのです。

だから楽しくて仕方ありません。



園長(いよいよお盆ですね)


ハッピーの種探しましょう♪

今日は更新が遅くなりました。
胃腸の調子を崩すタイプの
夏風邪のお子さんが続出しています。
どうやら
地域的にも季節的にも大流行のようです。
プールからの感染も色濃く考えられますので
今週はプール遊びはお休みをします。

みんなが万全な状態で
また思う存分楽しみたいと思います。

子ども達、暑い中も頑張ってました。
ニュースやワイドショーでも
ボクシングの会長の話や
芸能人の相次ぐ結婚の話などが
トップニュースになってから
猛暑の話題は少し遠ざかり
朝夕は少しだけしのぎやすいかな?
なんて錯覚するようになっていましたから
この時こそが注意する時ですね。

大概
少し遅れてやってきます。

とは言え
夏の疲れが出る時期でもありますから
あまりナーバスにならず
その時々の体調に素直に従って
生活をしましょう。

夏休みとは
やはり
よく言ったものだと思います。
ありがちですからゆっくりいきましょう。


・・・・・・・・・・・・・

保護者の皆様には
頻繁に動画でお伝えしていますが
子ども達のプール遊びは
ますます充実しています。

素潜りはもう余裕です。
眼をしっかり開けて
ボール拾いもお手のもの。
上を向いて
浮くこともお手のものです。

fc2blog_20180808233011d87.jpg

かもめさんだって
果敢にチャレンジしています。

fc2blog_201808082329553df.jpg

わにさんも
お顔付けも
もうばっちりです。
お風呂練習も精が出ますね。

fc2blog_20180808232933ab2.jpg


これは宣伝でもなんでもないのですが
子ども達
それはそれは
そのへんの井戸端会議以上の井戸端っぷりです。

『●●ちゃんはどこのプール行ってるの?』

『Sの宮のプールだよ』

『あ、あの子もあの子もあの子もあの子も
あの子もあの子もあの子も一緒だよね』

『Sの宮のプールはコーチがいいよね』

『うん。』

・・・・

という
ホンマカイナな話題まで飛び交う
プールサイドです。

スイミングに通っている子達は
その子達なりの課題に取り組んでいますが
今年のプールが始まる前
怪訝な顔でママに

『つばめ組でお顔をお水につけられないの
僕だけなんだよ』

と大報告をする息子に

『へーーー
かあちゃんなんか
顔を水につけられるようになったの
大人になってからだから
いいんだよ。できなくても。
他のお友達、すごいねーーーー』

と、のんきに答えていたママ。
もちろんお風呂で特訓するでもなく
プールに通うでもなく
おそろしくインドア生活を送っていますが
そんなママに育てられている
のんきに見える息子クンは
ある日みんなの励ましを受けて
心を決めて
えい!!っと
お水に顔をつけられた時の
センセイやお友達の盛り上がりぶりったら
なかったのです。

その日、ママに
得意気に報告するも
ママは半信半疑で
『えらい調子に乗ってるな・・』という
昨今のママには
あるまじき反応・・・。

あまりに頑張ってる息子クンが
けなげなので
動画を撮ったのが
最近の私の動画ブームにリンクします。

やっぱり
センセイがどんなに興奮気味に伝えても
動いている事実に勝るものはありませんね。

どんな姿も
そのお子さんのありのままです。
保育園での動画は
編集なしです。
そこ、かっこ悪かったからもう一回
なんてことはできません(しません)から
あるがままを楽しんで欲しいと思います。

ハッピーの種
一緒に探しましょうね♪


fc2blog_201808082359442ce.jpg


ひばりさんもは
お友達との関わりが活発になってきて

fc2blog_20180808233121767.jpg


めじろさんは
プール遊びがもう全然怖くなくなって
大きいプールで
みんな飛び級です。
ひばりさんより
はっちゃけてるめじろさんです。

fc2blog_201808082331504c4.jpg


かんぱ~~い!!!
こんなことだって
水の中でやると楽しい~~~♪

fc2blog_201808082332250b0.jpg



え?僕?
お兄ちゃんがいるんだよ~
だ~れだ

僕の自己紹介は
また今度ね・・・・

fc2blog_201808082333582f9.jpg


園長(さて、これから第二子入園ラッシュです♪)
   (第二子は優先入園です)

答えられるということ

さて、火曜日です。
今日はななつぼし保育園に
保育科のある高校に通う
3年生のお姉さんが
ななつぼし保育園に遊びに来てくれました。

にじのとり保育園
ななつぼし保育園には
時々
短大などのご担当者さまから

学生が実習場所に
にじのとり保育園(ななつぼし保育園)を
希望していますとご連絡を頂きます。

ですが、
認可外ですから
実習の対象にはなりません。

ほら、
もう
ソコがヘンだよ、日本人 です。

全国の保育士資格を得られる学校へ
通っている学生さんの中で
心ない実習先に出くわして
<保育士になんかなるもんか>
と思う学生さんの数を
調べたことがあるだろうか。

1年未満
2年未満で辞めていく
若い保育士の多くが直面しているのは
給料なんかじゃなく
ナニが問題なのか
調べたことがあるだろうか。

保育指針を
どのように理解して
どのように活動の場で生かしているのか
新しくできた保育園を
つぶさに調査したことがあるのだろうか。

保育園で働く人の資質として
まだ古くさい概念に
とらわれてはいないだろうか。

と、投げっぱなしで
この話題はおしまい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・


今朝も分園では
プールの後の
折り返しリレー
白熱しました。

fc2blog_2018080717095976c.jpg


私のまさのりセンセイへの
クレームが入ったまま
保護者の皆さんにも動画を送信してしまって
赤っ恥ですが
たとえ練習の練習でも。
子ども達にとっては
1レース1レースが
それこそ命がけですから

先日のフルーツもぎとりリレーの時も
若いセンセイが
そこで見てるだけの動きをして
子ども達が右往左往していた時に
私の怒号

「そこ!命がけで送り出して!!」

に、
まみセンセイとひーこセンセイが
後々までじわじわ笑ったと
報告を受けました。

子どもにとっては
負けたらレース後泣くほどの一大事ですから
本気でイカンとアカンのです。

スイッチ入れていこうゼ!
ワカモノ!


・・・・・・・・・・・・・・・・


今日は
バレエを習っている
かもめ組の女の子のノートを
ご紹介。

バレエのレッスンで
先生から

ただ、なぞって踊ってちゃダメ。
ちゃんと自分でやる時に
もっとこうしよう
もっとこうならかっこいいかな
と思いながらやってください。

と、注意を受けて始まった
次のラウンド。

終わってから
4歳・5歳のお姉ちゃん達から
先生が聞きます。

今、どこに注意してやりましたか?

シーン・・

誰も答えない。

先生もう一度。

なぜ答えられないの?
今自分がどこに注意していたか
なぜ言えないの?
恥ずかしいの?
それとも
考えてなかったの?

更に
シーーーーーン・・・

4歳・5歳でも
この程度は聞かれます。
習い事ですからね。
それも
ちゃんと真剣なヤツですから。

バレエの先生は
一番小さい
彼女にも聞いてくれました。
おそらく答えは
期待していなかったかもしれませんが・・・

今、どこに気をつけてやってましたか?

すると彼女は

「首をまっすぐ伸ばしてやってみようと思いました」

と、答えられて
ママはびっくりするやら嬉しいやら
で、お知らせ下さいました。

fc2blog_201808071810384ee.jpg


私はお子さんの持って生まれた資質と
ご家庭での会話のありようが
そのまま出た結果だと思っていますが
ママは
保育園での
あのお当番発表の時の
ムチャ掘り下げインタビューによる
賜だと喜んで下さっているのです。

確かにお当番の時や
その他の発表の時の
ムチャかと思うほどの
およそ幼児にはありえないような
掘り下げ質問です。

でもそれが
こうして外で役立っているかもしれないことを
教えてもらえるのは
本当に嬉しいです。

そういえば
先日の東京タワーの絵。
あのバックをみんな塗っていたと思うのですが
子ども達の概念では
紙の半分ぐらいまでが空なのです。
だから半分で塗り終わってしまう子に
担当のセンセイが

空はそんなところで途切れてないよ。
見えなくなることはあるけど
それは建物とか山とか
ナニかがあるからだよと声をかけると
みんな納得して塗ります。

そして空の色も
迷わず青や水色で塗り始めた子にも
必ずしも青や水色でなくていいんだよ。
何色で塗ってもいいよ。
だけど
なぜその色にしたの?って聞いた時に
ちゃんと答えられるように
考えて塗ってね。

からのそれぞれのお子さんの
あのバックの色なのです。

黒や紫で塗っているのは
だから大アリなのです。
グレーもオレンジも大アリです。
ここまでを踏まえてもう一度
持ち帰ったアノ絵をご覧下さい。
一人一人の中でしっかり完結している
素晴らしい東京タワーです。

インタビューだけでなく
日々の生活の中で
積み重ねられている小さなやりとり。
子ども達はその中で育っています。

おそらくにじ組やつばめ組は
みんなもう
自分が今日着てきたお洋服の
どこが好き?
それはどうして?
という質問には
たやすくアタリマエに答えられますからね。

会話は一方通行や
言ったきりではなく
4歳になる頃には
そこからのラリーが必要です。

おうちでそのラリーを経験しているお子さんは
どの子も
もっと聞いてよ~
という顔をして会話を楽しんでいますよ。

答えられる ということは
考えられる ということですから
お仕着せの勉強よりも会話を楽しんで下さい。
そうすると
どこかのタイミングで
かなりの精度で
お子さんから名言が飛び出しますから♪

楽しみしかありませんね♪


fc2blog_20180722210631a47.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


それからつい先日のお話。

本園のシャッター付近に
大きな丸いものが
ごろんと置かれていました。


なんだろう
と思って
中を見ると
大きな美味しそうなスイカでした。

fc2blog_20180802185250e9d.jpg


それを拾って
保育園の中に入れ

落とし物?
忘れ物?
もしかして置物?
と、考え込む本園のセンセイに

「おおーーー!!
とうとうにじのとり保育園にも
本物のタイガーマスクが!!!」
と、舞い上がった私をよそに

あっさり想定内の人物から
「あのスイカ、皆さんで!」と
お電話を頂き、一件落着となったのですが

しばしいい夢を
見させて頂きました。
その日のうちに
おやつで美味しく頂きました。
ありがとうございます!

そして同じ日
分園にもタイガーマスクさまより
スイカの差し入れを頂きました。

fc2blog_20180802185235ad2.jpg

そちらは本日
プールの最中に
みんなで頂きました。
こちらも併せて
ありがとうございました!

fc2blog_2018080717113187e.jpg

fc2blog_20180807171054b67.jpg



さてラストは
めじろ組さんのこのシーン。

にじのとり保育園には事務所がありません。
保育室の一角を
事務作業スペースとして
使わせて頂いているのですが

歴代
この事務スペースへ
ポトスという障害物と戦いながら
方法を駆使して
やってくる子達がいます。
今年の子達も例外なく
この秘密の花園は蜜の味なのでしょう。
遊びの隙をついて
また
トイレの順番待ちをしている時に
必ずお立ち寄りくださいます。

fc2blog_201808071826583b6.jpg

いいお顔です。

fc2blog_20180807182627974.jpg


いつの時代も
秘密の花園へ来る子達は
みんないいお顔なんです♪

fc2blog_2018080717415455d.jpg


秘密の花園では
何を触ってもオールオッケー
どの引き出しを開けてもオールオッケー
私はダメを言いません。

でも
子ども達はきっとおうちで
引き出しを開けたら
叱られているのでしょう。
もしくは
あーーー!
と、声を出されていますね。
それは
子ども達の表情が物語っています。


歴代のにじのとりっ子の中で
躊躇無く引き出しに向かって行った
すなわち
家でもそうさせてもらっているな
家でフリーダムだな
顔色見てないなと
想像させてくれたのは
今3年生の師匠と
今2年生の翼ちゃんです。

それとは違うパターンで
絶対家でダメだと言われてるはずなのに
きっと家でも
ダメ=GO になっちゃってるんだろうなぁと
想像させてくれたのは
海老蔵さんと選手会長。
そしてイルハンさん。
(え?想像できますよって?)

彼らに共通しているのは
真面目なママの声を
頭の上で聞き流しているという
得体の知れない面白さがありました。
そしてそれは3才や4才を
過ぎた今も変わりません。
好奇心はとどまることを知りません。

止まり木として
ほんの少しナニカを解放させる場所。
それが秘密の花園です。


いつでも
ウエルカムなのですよ♪


園長(今年は私も夏祭りに浴衣を着よう!)

モグモグエヘヘで乗り切ろう♪

朝イチ分園におりました。
毎日子ども達は
「今日は何曜日?」
「お休みは誰?何人?」というのを数えて
「で、今日は何人来てる?」
というのをみんなで言うのですが

fc2blog_20180806171503aca.jpg


考えてみると
全員で38人です。
その中から3人休んだら35人とか
7人休んだら31人とか
言うのです。

もちろん3歳児さんもいますから
みんながみんな
正解は出しませんし
みんなが正解を出すことを
正解としているわけではありませんが

10進法の世の中で
なかなかにこれは
面白い<にじのとり脳>のできあがりだなと
私は思っています。

概論には飽き飽きしていますから
子ども達には
これぐらいのイレギュラー対応が
いいのかもしれません。

実際本当に算数で
この問題が出てくるのは
1年生の後半?
2年生?
ぐらいですもんね。(多分)

さすがに今日はお休みが多かったのと
この<今日は何人?>に
いつも必死のレオくんがお休みだったので
回答がとてもゆるく
楽しい朝礼になりました。

あ、こういうのは
おうちで練習とか不要ですよ。
あくまでも遊びの中で
というお話です。

それよりも今日は
「何曜日?」と、担当のさとしセンセイが
子ども達が聞いた時に
私も一緒に答えようとしたのですが
私の中ではもう今日が「火曜日」だったことに
自分で驚きました。

いつも私は月曜日に
曜日迷子になって
センセイ達に
「今日何曜日だったっけ・・」
と聞いています。

そんなフライングしがちに
今日も始まりました。

・・・・・・・・・・・・・・・


月曜日のノートは
土日のことを書いてくださるので
私にとってはフルボリュームだったりします。

ブログも7月から
更新頻度を上げているのは
大きいクラスのお遊びは
子ども達からご家庭への
伝達だけでは
かなりあやふやで
肝心の核の部分が伝わり切れていないなぁ・・
と、せっかくの取り組みが
日々の流れの中で
置き去りになるのと同時に
その時のお子さん達の
キラキラの姿や
真(芯)をつく一言などを
つい伝えそびれてそのままになっていることが
あまりにもったいないなぁ・・・と
痛感しましたので
極力たくさん(特に分園には)
子ども達との関わりの中から見える
保育園でのお遊びの様子を
お伝えしていきたいと思っています。

それでもなかなか
行き渡りませんが・・・。

7月にその取り組みを
改めて開始してから
保護者の皆さんの
保育園への関心度が更に上がり
お子さんとのご家庭での関わりが
密になり
その結果、
保育園での子ども達の姿が
これまでにも増して
よりイキイキ
よりキラキラしていることが
確実に手に取るようにわかりました。
子ども達は正直です。

これからも
ありのままの保育園での様子を
LINEやブログなど
伝達の手段を駆使して
お伝えしていきたいと考えています。


たとえば今壁面は
徐々にお祭り仕様になっていくのですが

fc2blog_201808061658324bb.jpg

早くできあがったこの子達にも

fc2blog_201808061652444d4.jpg


行き着くまでには
それはそれはドラマが繰り広げられ・・・

fc2blog_20180806165228fbf.jpg


完成となっていますよ。

fc2blog_2018080616520241d.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・


専務ジャニーは
もうおうちで
ベビーカステラを
ママと一緒に作ったそうですよ。

これはママのらしさが
きっとそのまま出ているのだと思うのですが
ただ作るのではなくて
お料理番組風の語り口調で
台本のないやりとりをしながら
楽しんだそうです。

あー
なるほどね!

だから専務はいつだって
イレギュラーに強いんだね。
ポン!と投げたことに対して
反応が俊敏だ!
昨日今日の話じゃないからね。
そりゃそうだ♪

何をしたって
出るのは
その場所の<らしさ>です。

保育園ではきっと
園単位の<にじのとり保育園らしさ>を
子ども達は毎日まとって生活しています。

ですが基本的に毎日持ってやってくるのは
<家庭での、家庭のらしさ>です。
で、それより更に根源は
<その子の、持って生まれたらしさ>だと
私は思っています。

子どもはいろいろな環境の中に入って
いちいちすっぽり染まるのではなくて
色んな色を覚えて、ポケットの中に
入れていくのだと思います。

どうしたって
元々持っている色は変えようがないと思います。
ですから
関わる大人は
<家庭>や<保育園>で
その元々持っている
ステキなものをくすませないように
していくことしかできないのかもしれませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ある日、
スリッパが乱れてた分園。
このスリッパに関しては
きっと私が一番ウルサイかもしれません。

最近では
後ろ向きに脱いだら
洗った手も汚れないし
みんなが
自分の使った分を
キレイに揃えていたら
お当番さんや、気付いた誰かが
改めて揃えなくてよいよ・・・
と、担任のセンセイからも
しっかり伝えてもらって
みんな身についてきています。

で、ある日
バラバラになっていたスリッパを見つけた私に

「一緒に揃えようよ~」と声をかけたら
「いややーーーー!!」と言って
ダダダ~っと走って逃げた某ぼっちゃんや

自分がしっかり揃えた後に
みんなの分を揃えるのは
ちょっと違うんじゃないかな~と
無言で訴える某ぼっちゃんは

うやむやにしながら
うま~~く
かかとで走って逃げました。

これもアリですよね。

だって、
二人とも自分は揃えてるんですからね。
私も見ています。

言うことを聞くように
ねじ伏せたり
教え込むことよりも
今の気持ちの解放を私は楽しみました。

他のシーンでは
率先して揃えて
えっへん!と教えてくれますからね。

えっへん!と教えてはくれるのですが
彼の持つ素地は
靴の上から靴下をはくというのが
王道の真実なわけで・・・

時々ママは我が子のフリーダムを
本当に心配しておられるのですが
保育園では
靴の上から靴下を穿いちゃうイルハンくんを
そのまま認めているので
こんな笑顔でその現場をやり過ごせているのだと
私は思うのです。

<IQよりも愛嬌>
これからは
そうじゃないと
生きていけないと思います♪

fc2blog_20180806165331f0d.jpg

いいんだよ~
このまま、
このまま!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ひばりさん。
エプロンせずに食べられるの
今年の一番乗りは
ルーシーちゃん♪

見て!
このドヤ!

fc2blog_2018080617074357a.jpg


そして、夏休み通信第一号が届きました。
小学校と同じタイミングで
お休みをする子が
分園には複数います。
とっても貴重な夏休み体験。
この1ヶ月でぐん!と成長する姿が
もう目に映ります。

fc2blog_20180806165408081.jpg


今日のラストは
おしゃまなマリアンとドンちゃんの
癒やしのワンシーン。
コレを見ていると
見ている人のおくちも
もぐもぐ♪
そして
お顔はえへへ♪になりますよ。







園長(1週間は始まったばかり)

プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
7位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR