11月の誕生日会

さて、お誕生日会のことです。
今週の水曜日は11月生まれのお友達の
お誕生日会でした。

今月は
めじろ組さんと
ひばり組さんだけです。

トットちゃんも3歳のお姉ちゃんです。
もうちゃんとみんなの前で
お名前も言えますよ。
好きな食べ物だって答えられます。

fc2blog_20171117165519840.jpg

大きいお姉ちゃん達から
絶大な支持を受けるピッピちゃんも
今日はパパとママと弟と一緒に
嬉しいお誕生日です。
フリーズは嬉しさの裏返しです。

fc2blog_20171117165542b3d.jpg


今年入園の
あずきちゃん。
可愛い笑顔が見れました。
お豆の中ではあずきが一番好きなのですが
私の中で擬人化されたあずきは
こんな笑顔なんです。
だからブログネームは
あずきちゃん♪

fc2blog_2017111716561989c.jpg


めじろ組さんは
猿之助くんです。
マイクに向かって
インタビューされたら
●※△×□・・・と
なにやら答えている姿に
とっても頼もしさを感じました。
きっと心の中では
しっかりがっつり答えていたのですね。

fc2blog_201711171656423cb.jpg


カノンちゃんは
今日もしれ~っとクールな表情です。
だけど
このお顔はとっても楽しんでいるお顔ですよ♪
カノンちゃんのブログネームの由来は
漢字一文字のお名前なのですが
その字にひらがなをつけるとしたら
私ならこうつけるなぁという
お名前漢字からのひらめきが
ブログネームになりました。



fc2blog_20171117165703d8e.jpg


この日は
お誕生日会初司会の最年少ゆみセンセイの
クルクル変わる表情を見て
とっても心躍り楽しい気持ちになりました。

本当は10月生まれのお誕生日会の時に
一緒に前に出てダンスをしてもらう予定でしたが
研修が入っていたいため
楽しい予定が流れてしまったので
今月思い切り楽しんでいましたよ。

がつっ!!とハマリ切ること。
それがこの仕事の奥義ですね。


fc2blog_20171117180418962.jpg



さて、では子ども達の出し物を。
まずはめじろさん。
随分随分成長しましたよ。
知らないうちに
こんなことができるようになっています。




ひばり組さんです。
もうすぐかもめ組。
半年前からそういうことを言いながら
みんなで成長を喜びます。





かもめ組とつばめ組です。
山賊の歌
コール&レスポンス方式。
選手会長の
やほほほほ♪が
頭から離れません。






つばめ組とにじ組です。
毎週鍵盤ハーモニカの時間は
秘密の場所で特訓しています。
これからまたちょっと
楽しい曲を練習していきます。





さて、ママ達は
数日前に少し話し合いをした中で
出てきたのが
「私、めずらしい楽器持ってます!」というお申し出。

それに便乗して
今までやったことなかった合奏にチャレンジしました。

fc2blog_20171117170103315.jpg



集まっての練習は一回だけ30分程度。
すぐにできるように
打楽器のみで構成しました。

失敗も成功もなく
楽しく演奏できたのではないでしょうか。

お誕生日会でのママ達の出し物は
完璧にしてしまわないところに
ツボがあります。
少しわざと汚す感じで。

今回はその汚しの意味も込めて
小さいママ達だけでしたから
演奏前に2問ずつだけクイズをしました。

出題も
まとまりすぎないのが良いのですが
みなさん、
答える子どもが目も耳も惹かれるような
ステキな出題でした。

チャッチャとクイズが流れていくことで
子ども達の
「もうちょっとやりたい!」を感じましたよね。
アレです。アノ感じです。
大成功です♪

そんなママ達の演奏風景はコチラです。





さて、そしてお待ちかね。
センセイ達の出し物は
ひばり組のセンセイ主導で
「プリキュアショー」をしました。

fc2blog_20171117165917525.jpg


ゆみセンセイが子どもの頃から大好きだった
プリキュアの
デパートの屋上系出し物です。

一番真剣に見ていたのは
かもめ組さんでした。


ひばり組の子ども達
怖い敵役の黒いさんたセンセイが怖くて
今もまださんたセンセイを見ると
泣き出します。

黒いカッパを着てるだけですのに・・・。

さぁどうぞ♪





そんなこんなで
11月のお誕生日会が笑顔と涙で終わりました。

11月生まれのお友達、
お誕生日おめでとう♪


これからも
キラキラの毎日を過ごそうね♪





園長(さて、プレゼン準備をしよう)

スポンサーサイト

保育園無償化のこととかいろいろ

にじのとり保育園に
途中入園を考えておられるご家庭のみなさまへ

現在にじのとり保育園
ななつぼし保育園には
空きのお席はございません。
空席予約も致しておりませんので
悪しからずご了承ください。

また平成30年度は
現在お申し込みを頂いているご家庭以外は
途中入園の0歳児さんは
お預かり致しませんので
加えてご了承頂けますよう
よろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ツィッターなどで
もっぱらトレンドになっているのは
自民党が先の衆院選で
3~5歳児は全世帯で(認可外は除く)
幼稚園と保育園の費用を無料にし、
高等教育と2歳児以下は
低所得世帯に限って無料にするという
公約について。

1週間、この項目について
時間のある時にブログに下書きしたものは
思うところが多すぎて長くなってしまいました。

とにもかくにも施行されるのは
消費増税後、
財源を確保してからということになるようですから
もうしばらく先ですが

無償化になることで
何が改善されて
何がよくなるのでしょう。

私にはよくわかりません。

認可外潰しだという声もありますが
果たしてそうでしょうか。

認可の質が落ちるという声もありますが
本当にそうでしょうか。


にじのとり保育園の周りに
企業主導型の認可外保育園が
4箇所できました。
4月からはもう1園できます。

4月からの認可園への入園を確実なものにする為
その席の確保の為に
1歳に満たない0歳児さんを
育休返上して認可外に預けて
仕事復帰をしようとする人が
後を絶たないことが
健全な乳幼児の育成に繋がるのでしょうか。

無償化如何とか
認可外除外とか
そこが争点になっているようですが
今回の措置でも何の措置でも
子どものことを第一に考えての施策でしょうか。
親のことばかり
大人の事情にばかり
光を当てているように感じるのは
私だけでしょうか・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、
そんな大人の事情とは関係なしの
子ども達です。

もう一度書きますが
大人の事情なんて
子どもは知ったこっちゃありません。

ただただ
大人にとって1年ぐらい重みのある
一日を過ごすだけです。

年齢が小さいほど
子ども達は何か不具合があったり
思い通りにいかないことがあると
ただ感情をぶつけます。

でもそれしかできないのが本当です。
年齢を重ねていくと
うまくいかないことや
不具合があることを
何かの
誰かのせいにします。

何かがうまくいかない時の原因は
いつも自分の中にあることを
幼い子どもほど知っています。

3歳になったらもう
「⚫︎⚫︎ちゃんがおもちゃ取った〜」
「△△ちゃんがぶつかってきた〜」
「⚪︎⚪︎ちゃんが貸してくれない〜」
と言う理由をつけて泣きます。
自分は正しいのに!
自分は何もしてないのに!
今泣いているのは
私の思い通りにさせてくれない
お友達のせいなのよ!!です(笑)

大人にも時々見られますが
自分を中心に世界が回っている
いわゆる
自己中現象ですね(笑)


子ども達は
この時期みんながそんな中
ひとつひとつを
その都度のやりとりの中で学んでいきます。
一度では無理です。
なんどもなんども経験して
経験値を積んでいきます。

小さい頃に経験しておいた方が
身を以て知っておいた方がいいことは
幼少期の今のうちに
しっかり覚えて欲しいと思っています。

自分以外の誰か(お友達)に対して
不満や不具合が出る時は
自分が正しいと思って
わがままや傲慢になっている時だということを
保育園では、このように
子ども達がいつも教えてくれています。



ばぁ!
たのしいね♪
たのしいね♪


fc2blog_201711121631001b9.jpg



どんぐりと落ち葉と石ころを巡っての
三国首脳会談。
利害って何?



fc2blog_20171112163207d9b.jpg


お姉ちゃん♪お姉ちゃん♪
大好きお姉ちゃん♪

fc2blog_20171112163144ea9.jpg



ウォーリーを探せ!

fc2blog_20171112163003066.jpg



僕を探せ!

fc2blog_20171112163030da4.jpg



お兄ちゃん達は
心で思っていることを
文字で表現したりもしています。

文章にするといえば
誰とどこそこへ行きました。
楽しかったです。
という
出来事を変えたら
同じ雛形でいつでもあらすじ文章が書けてしまいます。

どこかに出かけない
何もない日のことを切り取って
正直な心の内が
文章でも表現できるようになって欲しいなぁと
思います。

それは小学校になったら
誰でもできるものではなくて
その素地は
幼少期に養われるのです。

会話もそうですが
体験もそうです。
大人の入れ知恵なしで
自由に一人遊びをさせることもそうです。
音楽をよく聞くことも
外でたくさん遊ぶこともそうですね。


小学校で
読書感想文を親がそれっぽく書いて提出する
というのを聞いたことがあります。
それは大人のモラルに沿うとして

子ども達が
あらすじを書いただけで満足しないように
一歩先の思いを言葉や文字にできるよう
にじのとり保育園では
書写の時間を使っています。

「を」や「は」の使い方は
その次です。

↓このお兄ちゃんは
本当に運動会で優勝しましたよ♪

はい書きましょう!
で、この文章が書けたわけではないのです。

センセイと話しをしながら
だんだん膨らんでいき、
結果、こういう形になりました。
正直な思いと話し言葉を書いただけです。
でも人の心に伝わる文章は
定型文や
雛形文や
狙った文ではなく
自分の感じた<ほんとう>を綴った文章です。

ただ、成長して
小学校も3年生をすぎたあたりには
子どもも
わかって狙って書いてくる
小賢しい子もいますから(笑)

立派な文章なんて書かなくていいから
本当の<ほんとう>を。


fc2blog_20171112163301e36.jpg



↓このお兄ちゃんは
いつも作文を書く時
「うーーん、何もないなぁーーー」
と言い、
ママの作るご飯はなんでも美味しい!
と言いながらの
今日食べたいものはコレだそうです。
素直な6歳の心の声♪

話しをしながら
自分の思いを膨らませていきますから
同じ言葉も繰り返されますが
そんなことはいいのです。
出てきた言葉を綴る練習です。

定型文なんて
彼の前には
存在しない潔さが
こういう文章を生みます。


fc2blog_20171112180321246.jpg


↓このお兄ちゃんも
心の声満載です。
⚫︎⚫︎くんとか←とか!です。

とかと書くことで
たくさんいたお友達の中で
きっと一番最初に名前が出てきた
このお友達と特に遊びたかったのかな・・と
想像をしてしまいました。

からの
ラスト2行です。
面白いですね〜。

fc2blog_2017111218034801c.jpg



さて明日から
また新しい週が始まります♪


園長(中学の卒業文集用に書いた作文を
   担任にしこたま書き直せ!と叱られましたが
   書き直さなかったことが中学時代の勲章です♪)

園長(中学時代の思い出というタイトルだったのですが
   修学旅行のこととかあるやろ!と言われ
   余計に腹が立ち、大反抗した中3の冬でした♪)

園長(私が書いた内容は、中学時代を思い出しても
   よかったことなんて取り立ててない
   そして将来、そんな中学時代を思い出して
   暗黒の時代だったなぁと思い出すのが
   私の中学時代の思い出だ みたいなひねくれた本心でした)

園長(修学旅行が楽しかったですとか、しれーっと
   その時の本心ではないことを
   当時書いていたら今の私はここにいません)


成長する姿

ハロウィンの日に決行された
ななつぼし保育園の監査が無事終わり
少しだけホッとして
次の対策を練りつつ
祝日の日に私が向かった先は本屋さんです。

小学2年生まで一人っ子だった私は
外でいろんなものを観察するのと同じぐらい
本を読むのが大好きでした。

母は自分が好きな本だけを
よく読んでくれました。
祖母は面白い素話を
よく聞かせてくれました。

祖父や父は
リアルな社会情勢を
幼い私に話して聞かせてくれました。

紙の着せ替え人形と
紙と鉛筆と
なぜか調度品として茶の間にあった
電子オルガン。

大人達の聞かせてくれるお話と
本があれば
何もいらない幼少期を過ごしていました。

今回買ったのは
益田ミリさんの
<大阪人の胸のうち>というエッセイです。

fc2blog_20171105101428da3.jpg


東京に住む益田さんが
大阪人であるご自身やご家族
あるいは友人達のお話を通して
タイトル通り
大阪人の胸のうちを
書いておられるのですが

その中の一節に
東京に住んでいると
いろんな県出身の方がいるので
初対面の時には
それぞれの出身地について
社交辞令的に褒めるのが
暗黙のルールになっていることについて
書かれていました。

たとえば他府県の場合は
「ねぶたとかいいですねー」とか
「湯布院って憧れるんですよねー」
などというのでとりあえずOKですが
大阪人に対して
「大阪城って立派ですよね〜」では
なんか納得しないという話。

お城や観光地よりも
「お好み焼きとご飯を一緒に食べること」や
「動く歩道で絶対歩くこと」などの
人の特徴を語られることを
大阪人が喜んでしまうので
他府県の人は
「大阪では一家に一台たこ焼き機」の話を
大阪人にするという
心配りをしてくれているのではないか
という話。

短い一章に
クスリと笑える大阪人のことが
集められた一冊でした。

地球規模で見たら
こんなに狭い日本の中で
さらに小さく区切られた都道府県に
小さな特徴がてんこ盛りです。

そんな本を買ってから
向かった先は映画館です。
戦争映画を観ました。

その映画の時代の登場人物に
どんな地域的特徴があったのかは
私達の予想の範疇を超えませんが

400年という年月は
人間の有り様を変えるのには
まだまだ足りない年月なのだなと
いうことを思い知らされました。

あの頃の人たちが願った
乱世の終わりに
私達はいつになったら
立てるのでしょう。

好き嫌いはそれぞれかと思いますが
自らの正義が
時に自らを苦しめることにもなりながら
それを貫く主人公の姿に
激しく同調した2時間半でした。

fc2blog_2017110510093350a.jpg


本でも映画でもドラマでも
道歩きでもなんでもそうですが
必ず今の自分の心に
素敵な落し物をしていってくれるように
世界はできているんじゃないかと
思っています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


行事があると
そればかりに焦点があたりがちですが
子ども達の日常は
行事よりももっとキラキラしています。
この日常を喜べることは
喜びに値するキセキだと伝えても
わかっていただくには
まだまだまだまだ時間がかかるのかもしれません。



<交流会>
というタイトルのつかないある日
公園で偶然出会った
めじろ組と大きい子達です。

言われなくても
大きい子と小さい子が
何やら一緒に遊ぶ姿の
なんてまぶしいこと。

fc2blog_201710291758331cb.jpg



弟なんてさー
もう重たいし
言うこときかないけど
めじろさんは
抱っこしたら
こんなに喜んでくれるから
お姉ちゃんはやめられない♪

fc2blog_201710291758179ff.jpg


私のこと
一人っ子だから
甘えん坊で泣き虫で・・って
ちょっと安く見てない?
小さい子がそこにいたら
それで私はお姉ちゃん♪

どれどれ どないしたん?
おばちゃん お姉ちゃんがやったろ!


fc2blog_20171029175512db9.jpg


弟のことは私も知らない♪
妹のいるエルサちゃんが
ほんとはちょっと羨ましかったのよ〜♪


fc2blog_20171029175937220.jpg


僕も実はお兄ちゃんだよ♪
小さい子がいたら
優しくなれちゃうよ♪



fc2blog_2017102918020385f.jpg


自分の世界にいつも夢中で
それ以外にはあまり興味がなかった時代を経て
ロマンティック部長が
自ら小さい子の手を取って
お世話を焼いている姿は
神々しくさえありました。

fc2blog_20171029175955b00.jpg


子ども達は日々
気付かないままに
自分の正義を貫いていますね。

これから社会を生きる子ども達に
今の時期に備わっていて欲しいと
願うことは
耳に優しいことも痛いことも
しっかり伝えていきたいと考えています。





園長(別名ロッテンマイヤー♪)

幸せなハロウィン♪


巷では
ハロウィンハロウィンって
浮かれてるんじゃない!と
いう風潮が若干充満しつつありますが
今年もにじのとり保育園では地味に
ハロウィンを楽しみました。


いつもの場所でみんなで楽しく
歌ったり
踊ったりして遊んだら

トリックなんとかって
言いに行く時間がやってきて

いつも以上に
可愛いいでたちの子ども達が
ご近所を練り歩きます。

保育園の行事として
ハロウィンを捉えた時に

いつもと違うお洋服を着て
ワイワイと集まって
パーティーめいたことをしたり
お菓子をもらって喜ぶというのが
目的ではなく

普段ではなかなか思い立たないけれど
<お菓子をもらう>
<もらったお菓子を入れるため>の
お菓子ぶくろを
年齢ごとの技法で作ることだったり

0C8Y9665.jpg


ご近所を歩くと
いつものおじさんが
いつも以上の笑顔で
挨拶を交わしてくれたり

0C8Y9277.jpg


子ども達にとっては
これまで見たことなかったご近所の
お店のおじさんとおばさんが
ニコニコと笑顔でお菓子を配ってくださったり


0C8Y9691.jpg


今年も子ども達が来るぞ♪と
嬉しく待ち構えてくださっている場所の暖かさに
安心しきって包まれて

あ~
幸せだなぁ~
と、(子ども達はきっと実感などしていないと思うのですが)
いう気持ちになることです。


0C8Y9651.jpg


目的は
幸せを感じること

0C8Y9609.jpg


ハロウィンは
そのひとつの方法です。

0C8Y9570.jpg



今年も子ども達の心に
しっかりと愛情の種を植えることができたと
感じるハロウィンでした。

そして、ご近所の、地域の皆さまの笑顔に
ほんの少しだけ貢献できたのかなぁ・・・と
とっても嬉しいハロウィンでした。

きっと
多くの保育園では躊躇しがちで
きっと敬遠されているかと思うハロウィンですが
既成の固定の概念で固まらず
自分自身の教育的見解に蓋をせず
自由でいて欲しいなぁと思います。

ただ、騒ぐだけ
ただ、仮装するだけ
ただ、お菓子をもらうだけ
ではないのです。

be happy♪
let it be♪


手芸とは無縁のようなママが(失礼)
手作りしたことを
そっと何気なくフライング気味に教えてくださったり

fc2blog_201710312308351dd.jpg


たっくさんの美味しいモノを
みんなの笑顔が見たいからと
運んでくださるタイガーマスクさまが
年々増えたり

お菓子だけではなく
会場が盛り上がればいいなぁと
たくさんの風船も
実はタイガーマスクさまからの
プレゼントでした。


0C8Y9368.jpg

fc2blog_20171031232534f3f.jpg

fc2blog_20171031232606909.jpg



もちろん
子ども達も楽しい♪

0C8Y9345.jpg


笑顔♪

0C8Y9238.jpg


笑顔♪

fc2blog_20171031225403ccf.jpg

笑顔♪

0C8Y9734.jpg


真顔♪


fc2blog_201710312253434a0.jpg



誰・・・・・


無題




園長(今年もあと61日♪)

こう見えて保育士です♪

まばたきをしている間に一日が終わって
あっという間に一週間です。
なかなか日々のことが追いつかないまま
気づけばいつも日曜日です。
そして気づけばもう10月も終わります。
11月の出席ノートに押すハンコが
各クラス決定しましたよ♪
11月1日をお楽しみに♪
3月の投票もお楽しみに♪

日曜日だけは保育園に行かないように
しています。
保育室もお休み。
そういう時間、必要ではないかなと思います。
よくわかりませんが
呼吸とか
循環とか
そういう意味においても。


ところが日曜日に家にいると
来週用のおはこの中身が
10枚ほど
プリンターから出てきます。

fc2blog_201710291912288d0.jpg


これはわかっちゃうかな・・・

fc2blog_20171029191200ff3.jpg


ぴんぽーん♪という音と共に
リアルに宅急便のお箱の中身をのぞくと
新しい絵本が入っていたりして
来週の子ども達の笑顔がリビングの壁に
反射されます。


fc2blog_20171029191245625.jpg

fc2blog_20171029191316e19.jpg

fc2blog_201710291914073a0.jpg


fc2blog_20171029192924328.jpg


保育園や幼稚園などで
子どもと一日を過ごす人は
保育園や幼稚園にいる時だけでなく
たとえば音楽を聴いたり
絵を描いたり
どこかへ町歩きに行くことや
日々の買い物をしたり
テレビを見たり
ドジなことしたり
何かに腹を立てたり
笑ったり泣いたりする
その生活のすべてが私自身であり
私自身であることが
すなわち仕事をしているという意識で
日々を過ごして欲しいと思います。

なぜなら
子ども達は
子どもでいることが仕事で
遊ぶことが仕事だからです。

私は今日は
録画していたテレビ番組を見て
寝たい時に寝て
食べたい時に食べて
一日を過ごしました。

この一日が
明日の保育園での一日で
生かされるかどうかなんて
未来のことはわかりませんが
今日一日を
心から味わい尽くしたことは事実です。



・・・・・・・・・・・・・・・・


今月は
私がこれまで以上に
本園・分園・ななつぼし保育園にて
<保育士>として
一日を過ごす時間が増えた一ヶ月でした。

園長業務は子ども達が帰ってからに回して
楽しいお昼の時間を
一緒に過ごさせてもらっています。



例えば難産や安産の基準や
女性特有の不快感で言うところの
生理痛や更年期障害の基準や感じ方が
人それぞれなように

疲れや忙しさというのもまた
それぞれの感じ方だけかもしれません。

何を取って何を捨てるか
私達の毎日は
その選択の上に成り立っていますね。

手放した何かのことは
手放した瞬間からもう考えないことにしています。
それよりも
手放したからこそ入ってきたものや
それでも手放さなかったものを
大切に育てたいと思っています。


今月、保育士として
毎日を過ごす時間が少し増えたことで
改めて今後社会に向けて
保育の現場に向けて
還元していきたいこと
守っていかなければいけないことが
よく見えました。

今後しっかり還元し
わかる人同士で
しっかり言葉に出し合い
共有していきたいと思っています。

かれこれ1ヶ月
いつもより多く子ども達と過ごした
日々の所感を今日は少しだけ綴りたいと思います。



・・・・・・・・・・・・・・・・・



<分園>
朝は分園から始まります。
毎朝の子ども達のルーティンのこなしっぷりが
4月ごろは段違いにしっかりしてきた様子に
安心しています。

登園時間のお約束も
守られています。

保育園と幼稚園の大きな違いのひとつに
保育園の始業は
保護者の方が連れてくる時間により
まちまちになってしまうことが
挙げられますが
にじのとり保育園では
9時には朝の保育が始まりますので
その時間に合わせて
登園していただいています。

こういうことも
就学前の教育の一環です。
小学校は更に早いです。

朝の活動に遅れないことが
子どものモチベーションを
きれいに一定に保ちます。


朝からこういう落ち着いた時間が持てるのも
素敵なことですね。

fc2blog_201710291838231a1.jpg


お気に入りのおもちゃで
お気に入りのお友達と。

fc2blog_20171029183930c97.jpg


あと、私がいる時間は
貪欲にどの子とも
必ず会話をするようにしています。

個別に関わることで
大きい子は会話のスキルを確認したり
今興味を持っているものを教えてもらったり
して成長を確認しています。


fc2blog_201710291838480a2.jpg

お部屋の中にいるだけで
日々のセンセイとの関わりや
一人一人が積み重ねているもの
クラスとして力を入れて今取り組んでいるものが
手に取るようにわかりますし
一人一人が
自信を持っているものが
何なのかもわかって
とても得るものが多いのです。

個別面談の際には
ウィークポイントもふまえて
今後のことについてお話しができればと思います。


fc2blog_20171029184125e19.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・


<本園>
分園のセンセイが揃った頃に
本園へ向かいます。
まだお外に出る前だったり
朝礼中だったりすると
一緒に朝礼に参加します。

大きい子達と違って
小さい子達と私との時間は
もっと生物的な、動物的な
本能的な触れ合いの時間になります。

4月からの成長のことだけを見ても
めじろ組さんもみんなが2歳に向かって
すくすく育っていますから
できることも
わかることも
段違いに増えてきました。

fc2blog_20171029180254640.jpg


本園でも必ず全員と
個別に関わります。
私がいつもお洋服や髪型を
褒めたり触ったりするので
みんな自分の着ているお洋服を見せて
真似をしてくれたり
かっこいい?と聞いてきたり
してくれます。


1歳児ちゃんのおしゃれの基本は
コレなんだって♪
どんなに時代が変わっても
変わらない素敵なファッションらしいよ。
センセイがカッコイイ〜♪って言うから
つい笑ったけど
ほんと?ほんとにカッコイイ?♪♪うふふ♪


fc2blog_2017102918491804d.jpg



運動会の時ハイハイでゴールした
バンビーナちゃんは
あれ以来
よーいどん!と言うと
高速ハイハイでお膝にダイブしてきてくれます。

そして、なんと
立っている姿を多く見かけるようになりました。
嬉しいことで喜ばしいことなのですが
ハイハイでお膝にダイブなんて
もうしてくれなくなりますから
今のうちにいっぱい楽しみたいと思います。


立った!立った!
クララ バンビーナが立った!!


fc2blog_20171029180050de3.jpg






あはは♪
あはは♪
なんだかとってもハッピー♪

猿之助くんのリードで
ワタシ、どこまでもついていきます〜〜〜♪

fc2blog_20171029184939327.jpg



夢の中でも二人は一緒♪
可愛い可愛いってよく言われるけど
ワタシ、可愛いだけじゃないの。
とってもアクティブなお転婆娘よ♪

いろいろあるけど
かけっこの早いヒトがスキなのよ♪


fc2blog_20171029180012efa.jpg


また明日♪



園長(私でいることが仕事です♪)
プロフィール

にじのとり保育園

Author:にじのとり保育園
大阪市北区にある
にじのとり保育園の日常と
園長の主観満載のひとりごとです。

検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
5位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR