09
1
3
4
5
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

9月の誕生日会①

にじのとり保育園
ななつぼし保育園ともに
平成30年度4月入園の
0歳児さんは締め切らせて頂きました。

1歳児さんにつきましては
まだ若干余裕がございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お誕生日会のブログを記す前に
今日パソコンを開いてびっくりしたのは
にじのとり保育園のブログが
FC2ブログの
カテゴリー幼児教育部門の中で
1位になっていました。

おそらくブログ更新が滞っていたので
おじいちゃま
おばあちゃまが
まだかまだかと
毎日遠い空からブログのページを
開いてくださっていたからかもしれません。

もしくは
新入園児さんの親御さんが
穴が開くほど
見つめてくださっているからかもしれませんね。

びっくりしましたから
とりあえずこれだけ記して本題に入ります。

ランキングは
PC用画面でしか見れません・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


運動会のことで一喜一憂する毎日の中
先日9月のお誕生日会が行われました。

今月あたりから
どんどん
お誕生日のお友達が増えてきますよ。
いわゆる
にじのとりのお誕生日ラッシュが
始まります。


まずは初めてのお友達から。


9月入園の、つぼみちゃん。
1歳になりました。

IMG_4592.jpg


まだ慣らし保育中ということもあり
出席はママに委ねていました。

ママからのお返事は
「行きます!」でした。
そしてママのノートには
びっしりとお誕生日会の感想が
書いてありました。

順を追って子どもの成長を見るような
各クラスの発表を見て
涙が出そうになったことや
我が子の少し先の姿をソコに重ねて見て
嬉しい気持ちになる
という
ステキな初体験をされました。

子どもを育てていると
嬉しいことだけではなくて
辛くしんどいことの方が多いんじゃないかと
自分で選んだこととは言え
うまくいかないことに
涙を流すことも一度や二度ではありませんが
我が子の笑顔に救われたり
お友達やセンセイとなにやら楽しくやってる姿に
励まされて元気になったりします。

新しいママには
毎度同じことをお伝えしていますが
もう 何がなんでも
<声出していこう!!!>
これしかありません。

つぼみちゃん♪
これからよろしくね♪♪


さて、紹介も含めて長くなりましたが
お次は
ジョージくんは2歳になりました。
今日はサッカーの イングランドチームの
エース番号を背負って登園してきましたよ。

ずーーっと前からいるような存在感で
ものすごく大きくなったようですが
まだめじろさんです。

そして
イングランドの血を受け継ぐジョージくんですが
実は
かなりママ似です。

スカイ


次はロータスちゃん。
入園した頃には歩いていなかったのに
今はすっかり走り回っています。
愛嬌があって
いつも色んなものを持ってきて見せてくれます。

今日はおしゃれなとっておきドレスで
来てくれました。
ママがいるので
ママのそばから離れない・・。
ソレが普通の姿です。


次はひばりの飛雄馬くん。
3歳になりました。

前に出ると
恥ずかしいだけじゃなくて
お友達やセンセイの
期待満々の目がイヤなんだろうなぁと
私は思うのですよ。

実は私も幼少の頃
そんな子でしたから。

特に大人の期待満々の顔が
ものすごい圧に感じたものです。
そうなると
意地でもやらない!
となってしまうのですよね・・・・

頼むから放っておいてくれ・・・・
そっと一人にしてくれたらやるから・・・・

飛雄馬くんの心の奥の方から
こんな声が聞こえてくるようです。

この時期は
こういう心の声を素直に表現できる時なのです。
今表現させてあげなかったら
もうこんなに素直に表現はできないものです。

少なからず
ちょっと我慢したりして生きていくわけですから
好きだったり
気持ちが乗ってやる以外は
何もやらない!できない!

これが正解だと思います。

保育者やパパママなど
大人が未熟なままいると
ついこちらの期待を押しつけがちです。

飛雄馬くんのママ曰く
こんにゃく状態のこんな様子が見られたら

ふふふ~ん♪・・と笑うところです。

そのうち
必ず足並み揃ってくるのです。
他の子と足並み揃ってなくて
まだまだ大丈夫ですから
そーーーっと
見てないふりして見守っていましょう♪
ぜーーーーーーんぶ
わかってやってますから♪


ゆうま


さて、次は3歳になったコスモスちゃん。

先日コスモス畑で写した写真を
ママが撮って送ってくださったのですが
それは
私がコスモスちゃんのブログネームを
決めた時の風景そのものでした。

たくさんのコスモスが咲き乱れる中での
コスモスちゃんを探せ(笑)

あの頃のまんまの笑顔。
そして
いつも姿勢がいい。
まさにコスモスの咲く姿そのものです。
凜とした女の子に成長しました。
そしてモテモテ。

あゆみ


さぁそして
エルサちゃん。
いつのまにか5歳になりました。
なんて華やかな女の子らしいお洋服♪

よくお兄ちゃんのTシャツを着たり
新幹線の靴下を穿いていたので
てっきり女の子らしいのはイヤなのかと思っていたのですが
去年あたりからめっきり女の子らしくなってきたかと思ったら
今年は年中さんとしての自覚が出てきて
それと同時に勝負に負ける悔しさも覚えて
感情を爆発させている場面をよく見るようになりました。
私はそれが
本当に嬉しいです。

かえ


そして最後は
いういよラストイヤーのお誕生日を迎えた嵐くん。
弟の飛雄馬くんをいつもフォローしてくれる
優しいお兄ちゃんになりました。

かずくん



そして嵐くん恒例
お誕生日にいつもくれるカード。
今年はとうとう
自分で文字を書いてくれました。

見た途端
嵐くんのハートが
こちらに向かって
ずん!と飛んできたのを感じました。

私は
なんてステキな場所にいさせてもらっているんでしょう。

時々
慣れないことをしていると
どこかに向かって
何か根拠のない不足めいたネガティブなことを
吐き出したくなる瞬間もないことはないのですが
私の中の垢とか泥とか
何ならポリープレベルのものまで
この場所にいることで全て流されているような
そんな気がします。

世の中の
お仕事で腐った思いを抱えている人も
少なくなくいらっしゃると思うのですが
浄化のパワーをどうぞ。

とり ですよ。
とり。

なんて素朴な。

fc2blog_2017092121175321b.jpg


裏はこんな。


fc2blog_20170921211808dd5.jpg


えんちょうせんせい
いつもありがとう だなんて

えんちょうせんせいは
なーーーーーーーーーーんにも
していません・・・・・・・・・・。
ありがとうは
えんちょうせんせいが言うことばです。




園長(紹介だけで長くなったので一休みさせてください)


→クラスやママの出し物につづく


スポンサーサイト

平成30年度4月の入園について

平成30年度の入園申込みの受付を開始しております。
本日初日ですが
0歳児は一旦締め切らせて頂きます。

面談をさせて頂いたご家庭にのみ
お申し込み用紙をお渡ししております。
1歳児はまだ少し余裕があります。

2歳児
3歳児
4歳児
5歳児につきましては
10月にお知らせ予定となっております。

併願でのお申し込み受付に関しましては
専願でのお申し込みを優先させて頂いた後
発表させて頂きます。

悪しからずご了承頂けますよう
よろしくお願い致します。

運動会への道④

運動会前になると
私の通勤時のミュージックは
運動会のプログラム順です。

あの曲で家を出て
到着する頃には
何巡目かのアノ曲です。

踊り出しそうになる気持ちを抑えて
アナウンスのタイミングを計ったりするのですが
頭の中でレクチャーしているだけで
泣きそうになります。

運動会は
楽しく
そして
切ない行事です。

私達にとっては
最後の練習の無事をもって
当日にバトンを渡します。
当日は
一歩枠の外から子ども達の様子に
一喜一憂します。

段取り八分。

昔からそう言われましたが
深い深い意味を
今感じています。



さて、毎日の運動会の練習ですが
子ども達がやっているのは
ただ走るだけにあらず

リレーの場合はバトンパスや
前を走っている子を抜かす
という練習にも余念がありません。



抜かしていいんだ♪

と、ようやく気付き始めたかもめ組さんが
可愛すぎます。

1学期は
お外に出てリレーをしても
一人一人が自由に砂をいじって遊んで
先生に言われた順番がきたから走って
歩いているのか走っているのか
とにかく雰囲気でなんとなく走って
言われるままに
見よう見まねで次の子にバトンを渡していたのですが

たいしたもので今は
自分のチームが勝てるように
本気で応援したり
一生懸命手を振って
走って(明らかに走って)いたり
それはそれは目を見張る成長ぶりです。

かもめ組から順に繋いだバトンを持って
ラストにじ組がゴールを突っ切る姿は
圧巻です。

今年の大きいクラスのチームは
赤→7名
黄→8名
青→7名
紫→8名  となっています。

一見一人違いかのように見えますが
かもめ組の人数配置は

赤→4人
黄→5人
青→5人
紫→6人

なぜ紫に一人かもめ組が多いのかと言うと
紫はにじ組が一人だから。

明らかに体力もできることも違う
5歳児と3歳児で人数の帳尻を合わせるなんて
大人の頭で考えただけでは
紫が不利なようですが
チーム力となると
全く違う化学反応を起こしますね。

今日の一枚は
リレーの順番を決める時
「ボク、アンカー走りたい!」と
自ら手をあげた
かもめ組レッドオクトパスの
運動会Jr. ライザップJr!

お兄ちゃんの背中を追いかけて
一生懸命走る姿は
もうカッコイイを超えたかっこよさです。

頑張れー!ジュニア!
という応援だけでなく
大きいお兄ちゃん(ビリーくん)に
センセイ達が掛ける応援の言葉は

「小さい子やからって
勝ってるからって
手をぬくんじゃなーーーい!
最後まで頑張れーーー!!!」

fc2blog_2017091915042371a.jpg


この気持ちの前にはもう大人は
チームの垣根を越えて
目を細めるしかありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、
そんな子ども達を支える
大人達、
今回はブルーシャークのママ達のご紹介を。


どのチームも応援グッズのことで
意見を出し合い
どんなもので応援するかを
ママ達でお話し合いをしているチームが多い中
唯一
チームブルーのみ

実技練習を行いました。

fc2blog_20170919150448140.jpg


事前に軍師が決めてくれた
組み合わせ通りの3人がこの日は揃いましたから
何度も何度もトライしていましたよ。

それをよーーく見て
どうすれば走りやすいか
というのを
事後にリーダーが
皆さんにレクチャーしていました。

そして
チームブルーは
なにより
初めて運動会に参加されるパパ・ママが
始まる前から運動会を楽しんでくださっているのを感じます。

今年入園した某パパとママは
チームのLINEにご意見を流される前に

「園長先生、初めてだからわからなくて
でも皆さんで一緒に何かやりたくて
とりあえずやりたいこと流しますが
大丈夫ですか?
浮きませんか?」と
事前にご相談をくださったり

また
某初めてママは

皆さんのやりとりと
アンケートの素早さにびっくりしています。
何もできませんがよろしくお願いします♪

と、ノートでお知らせくださったり

別の某初めてママは
先日の集いに参加され

チームリーダーのえっちゃんが
もう本番みたいに大きな声で
応援のリードを仕切っている姿に
涙が出そうになりました。
大人も頑張ります♪
と、うっすらウルウルしながら
ノートで教えてくださいました。

fc2blog_201709191711380b9.jpg


全体を見て
お気遣いくださるママがいたり

その総合力こそが
ブルーシャークの底力かと思います。

そしてそれは、子ども達が
自分達を応援しながら
頑張っている姿とかぶります。

なにせ、ブルーシャークは
応援力が高い。

あともう少し
この練習の感じを
みんなで楽しく味わおうと思います。


そんな中
明日はお誕生日会♪
9月生まれさんのチームワークも
見もののお誕生日会になります♪


運動会って何?
の、めじろ組自撮り大王と女王さま


fc2blog_20170919150538611.jpg


同じく
運動会って何?のおひめさま。

fc2blog_2017091915060483b.jpg


園長(気合い入れて行ってきます!)

運動会への道③

平成30年度4月〜の
入園ご希望のご家庭の皆さまへ

事前に見学、面談をされたご家庭に
入園申し込み書をお渡ししております。

まずは面談のお申し込みを
お電話にて受け付けますので
よろしくお願い致します。

概要には9月19日(火)〜お申し込み開始と
記してありますが
恐れ入ります。

9月20日(水)13時〜の受付となりますので
よろしくお願い致します。

受付場所→ななつぼし保育園


まだお手元にないご家庭は
保育園まで13時以降にお越しください。

また、面談のお申し込み
お問い合わせは
毎日13時以降にお電話にてお問い合わせくださいますよう
よろしくお願い致します。

今年度10月〜3月の入園は
難しくなっておりますので
悪しからずご了承くださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、
運動会に向けての取り組みにおける
子ども達の成長。

小さいめじろ組さん。
毎年この子達はスタートラインに立つだけで
今年の運動会での仕事を終えたと言ってもいいぐらいです。

ママから離れて
泣いて走り出せなくても
ゴール手前のテープを切る前で立ち止まって
また後ろに向かって走り出しても
心配は無用です。

運動会だということを理解して
よーーし!
という気持ちになって
楽しめるようになるのは
あと2年ぐらい先のお話です。

今は
なんだかわからないまま
本番の当日を迎えます。
ひばりさん世代でも
運動会当日は入り口でママと離れる時に
大号泣する姿が見られますし
わかってきているので
全てをわかって
競技には不参加を決め込む姿も
また可愛いものです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・



さて、運動会のこと
の、前に

運動会シーズンとは言え
そればかりをしているわけではありません。

ななつぼし保育園の
<喫茶ひばり>さんから招待を受けて
黄色いお洋服に身を包んで
とうもろこしパーティーに参加しました。

みんな無言でもぐもぐ。
おいしいおいしい
もぐもぐもぐ。
このとうもろこしパーティーのお話は
また改めて
ななつぼし保育園のお話の方で。


fc2blog_20170913105107726.jpg


fc2blog_201709131050509b6.jpg



分園では
9月の壁面構成が出来上がりました。

今月のテーマが
まさか
<世界遺産をめぐる旅>だったとは
予想を超えた
遥か先をいく分園です。


クラスでひとつのテーマに向かう時
分園では必ず
センセイによるグループ分けはせずに
最初から最後まで
子ども達の<やりたい>に忠実です。


今回の世界遺産めぐりで
候補に上がったのは

フランス・・モンサンミシェル
エジプト・・ピラミッド
日本・・・日光東照宮・奈良大仏
アメリカ・・自由の女神


日々積み重ねているカード遊びや
辞典を読む姿は
ダテじゃなかったということですね。



モンサンミシェルの案内人は
まさのりセンセイ。
(実はひーこセンセイと取り合って勝った)
実際に行った時の写真を使った
臨場感あるプレゼンは
おそらく旅人である子ども達を
大いに刺激したことと思います。

fc2blog_201709130737042be.jpg


エジプトは
にじ組の男の子と
特につばめ組さんが関心を持ちました。
さんたセンセイと一緒に作り上げたピラミッド。
中を想像しながら描き上げる姿や
圧巻の壁画を
集中して描いていた姿が目に浮かびます。
きっと当時壁画を描いた人の中には
子どももいたのではないでしょうか。
どんな思いで
ピラミッドの中を想像したのでしょう。
お子さんがどの壁画を描いたのか
ぜひ聞いてみてください。

fc2blog_20170913073720c57.jpg


さて、次は
日本の遺産をめぐる旅です。
こちらは
ひーこセンセイと。

一番に
「僕は日本!」と名乗りをあげたのが
利家くんだと聞いて
私の心が喜びます。

fc2blog_20170913073646f71.jpg


誰かを誘って・・ではなく
誰かに誘われて・・でもなく
<一人になっても自分のやりたいことを貫く>
さすが
お誕生日会で好きな食べ物を聞かれて
迷わず
「柿です!」と答えるお武家さまです。(笑)

日光東照宮っていう漢字も
見ながら僕が書いたんだよ♪と。

fc2blog_201709131100020b2.jpg

fc2blog_2017091311011932b.jpg


こうして漢字も
絵だと思って書くと
ほんとに楽しいですね。

奈良のコーナーに
可愛い鹿が並んでいたので
思わず鹿せんべいをくわえさせてしまったのは
私です。


そして!
実は一番に目を引いたのは
まみセンセイと行く
アメリカツアーのコーナーでした。

明らかにこれは
にじ組は誰も関わっていない
3歳児らしい作風・・・
まさに自由の国アメリカ!

fc2blog_201709130737395c2.jpg


なんとアメリカを選んだのは
あやめちゃんと
ジャニーくんでした。
三歳児2人だけ!
でも納得!
いつも自由な2人だから!

「これはね、自由のめがね」
「自由のめがね〜♪自由のめがね〜♪」
となりにいるのは大統領〜♪


出来上がった自由のめがねを
いろんなことはどこ吹く風で
さぞかし満足気に見上げていたことかと思います。



分園では
自分の思いや考えを
みんなの前でしっかり伝えることができるよう
日々の保育で心がけています。

製作ひとつとっても
お給食でも、遊びでも
まず
自分はどうしたいかを
言葉に出して伝えることから始まります。

なんでも
そこから実現するからです。

食べる量はそれぞれでも
ちょっと苦手なおかずがあったら
少し減らしてくださいと
申告しています。

大したもので
ばあばの立場の私が
時々覗いてけしかけて

残したらいいよ♪
と、
ニコニコ勧めてみても
みんな
「食べる!」と言って頑張るのです。

苦手なお野菜がお給食だから
保育園に行きたくない・・という声が
ばったり聞こえなくなりました。

私達の心理的作戦だけでなく
やっぱり
本当に美味しい
魔法のお給食のおかげで
野菜をとっても美味しく食べることができていることが
一番の要因ではないでしょうか。

お給食が大好きなおかずだから
おやすみ予定を変更する子もいます。

fc2blog_2017091311255730c.jpg









分園でのカード遊びの内容ですか?
毎日カードは更新されていますから
今は、、そうですね、、

こんなものや

fc2blog_20170913073542e6e.jpg


コレを見て何か言えたり

fc2blog_20170913073620183.jpg


ロゴシリーズでは
こういうジャンルにまで
及び始めています。

さて、これは
何のロゴマークでしょう。

fc2blog_20170913073559106.jpg


思うなら今です。
「うちの子天才!」笑

今は運動会前ですから
普段のこういう遊びも
4つのチームで競い合って楽しんでいます。

解答権がかもめ組になると
あ〜あ・・・・と言ってた4月、5月に比べ
近頃ではぐん!と正解率を上げたかもめ組さんに
また違うため息や歓声が湧き上がるのも
楽しいひとときです。
そういう一瞬一瞬の積み重ねの中で
子ども達は育ちます。



今日も
走ってころんで
笑って泣いて
怒って喜んで
遊んで遊んで遊んで遊んで
1日を過ごします。


運動神経の開花で
お兄ちゃん達から一目置かれて
自信をつけてめきめき成長しました。

親の励ましや褒め言葉は
もちろん大切かもしれませんが
それは早い時期に
<おだて>という形に
姿を変えているのかもしれません。

そうなるともう子どもには
効き目はなくなります。

お友達や目上のお兄ちゃんお姉ちゃんに
定型文で褒められる言葉ではなく
<認められている>という感覚が
この時期の子ども達の
人格形成に大きな影響を与えていることを
目の当たりに見る毎日です。

fc2blog_20170913075013c06.jpg


異年齢の子どもとの関わりの中で
おのずと覚えることは
言葉では説明できません。

<ごまめ>になっておく経験こそ
この時代の必須項目だと思います。

fc2blog_201709130748591c5.jpg



意地悪でもなんでもなく
寄せてもらえたりもらえなかったり
ごまめになったり
時には頭数のまとも参加だったり

そういうことを幼少期から経験している子と
そうでない子の違いが出るのは
もう少し先ですね・・・。


fc2blog_2017091307503863c.jpg


今やらなければいけないことは
いっぱい遊ぶこと。

誰かが作ったワンダーランドより
数倍楽しいワンダーランドが
実は子ども達の頭の中には既にあるのです。

じっくり一人遊びをさせてください。
その時は
自分の頭の中のワンダーランドに
どっぷり入り込んでいる時です。
大人レベルのチャチャ入れは
極力しない方がよいと思っています。

求めてもいないのに
ヒントばかり与えたがるのは
いつの時代も大人の悪い癖ですね。

3歳よりもっと幼い子らにとっては
おうちこそがワンダーランドです。

4歳ごろまでは
おうちとご近所を堪能して
子どものオーラをしっかりそこかしこに
マーキングしてくださいね。

いっぱい遊んでいる子は
身のこなしがしなやかです。

いっぱい遊んでいる子は
好奇心が旺盛です。

子どもには絵本!絵本!
読み聞かせ!読み聞かせ!と
時々躍起になって
あまり好きではないけれど
話題の本を購入して
なんとなく読んでいるママのお話を
時々耳にすることがあります。

子ども達が感じたいのは
読んでもらっている言葉ではなく
読んでくれている人の息遣いだったり
感情だったり
表情だったり
その本を読んでもらっている時の
空気だったり
そういうものです。

そこで
心地の良さを味わいたいのです。

話題の本が
その心地よさを保証するわけではありません。


また絵本はあまり読んでもらってなくても
パパやママと日常会話をたくさんしている子は
ボキャブラリーも
創造力も
好奇心もたくましく
周りのこともよく見えています。
なにより
人のお話をちゃんと聞くことができます。

とらわれることは不要ですよ。
ママが好きな絵画の辞典を
ただ一緒にめくって見るだけで
お子さんはきっと心地良いはずです。


写真は某センセイの
おうちの本棚のほんの一角。

右端にある本は
既に分園の子ども達はおなじみです。

いつも正直悔しいです。

どこで見つけてくるんだろう・・・・と。

子どもに与えたい、見せたいと思う本は
必ずしも
幼児書のコーナーにはありません。

まず
自分が見たくならないと・・・・。

fc2blog_20170913131607d04.jpg

保育園では
センセイの数以上の<興味>や<好き>があります。
それだけを拾い集めても
子ども達は
多くの刺激を与えられています。

そしてセンセイ達は
その時の子ども達の目の輝きから
多くを学びとります。


多分昨日今日は
この本が嬉々として
連れて行ってもらっている様子です。

fc2blog_2017091313163354f.jpg




園長(文字のない絵本が好きです)

運動会への道②

平成30年度4月〜の
入園ご希望のご家庭の皆さまへ


事前に見学、面談をされたご家庭に
入園申し込み書をお渡ししております。

概要には9月19日(火)〜お申し込み開始と
記してありますが
恐れ入ります。

9月20日(水)13時〜の受付となりますので
よろしくお願い致します。

受付場所→ななつぼし保育園



まだお手元にないご家庭は
保育園まで13時以降にお越しください。

また、面談のお申し込み
お問い合わせは
毎日13時以降にお電話にてお問い合わせくださいますよう
よろしくお願い致します。

今年度10月〜3月の入園は
難しくなっておりますので
悪しからずご了承くださいませ。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




さて、運動会に向けての道のり。
子ども達は
昨日できなかったことが
今日はできるようになっている
ということが
あちらこちらで見かけられるようになりました。

fc2blog_20170911091509a44.jpg

にじ組さんは
周りのお友達のことが
よく見えるようになりました。

「一休さんが走るの早いなぁ・・・」
「フラワーちゃん、ここお願い!」

「大丈夫!僕がなんとかするよ!」
「順番はこんな感じでいこう!」

つばめ組さんは
身体能力がぐん!と伸びました。

かもめ組さんは
競走というシステムや
リレー形式というシステムを
少しずつ理解して楽しんでいます。

一人一人の得意を見つけることの楽しさが
私達にはあります、


私達大人はとかく
成長だ!と、騒ぎがちですが
子ども達は
実は何も変わらず
自分の持ち味を表に出すということに対して
年齢を重ねることに
方法を身につけていることに気付きます。

持って生まれたものが輝いて
存分にソレを生かして
生きていけるようにするお手伝い。

それが子育てではないかなと
また
目前に迫る運動会に向かって
いつもと違う楽しみを得ている
子ども達の姿を通して
改めて感じ入る次第です。

今日も楽しく
位置について
よーーーーーーーい
どん♪♪♪



さて、運動会への道。

前回は
沈黙のサブマリン。
イエローシーホースチームのご紹介でしたが

今回は
素朴な太陽。
レッドオクトパスチームのご紹介です。




このチームのカラーは
<純朴><素朴>

発案がするすると口を突き
お子さんを絡ませて
あんなことやこんなこと
楽しいんじゃないかと思ったことを
それぞれが口に出します。

私、こんなの作ってみました!
これ、どうですか?
と、
早速お子さんと作ってくださった
渾身の応援グッズを
みなさんに共有された時には
その素朴さに鳥肌が立ちました。

fc2blog_20170911085608749.jpg


またみなさんが
それにすぐ反応され
この日は
ペットボトルや
風船など思い思いのものを持ち寄って
工作タイムになりました。

出来上がりもまた
揃って素朴中の素朴なのですが
だからこそ
工作など普段しない!と豪語する方も
ハサミやのりを使って
自信を持って
作っておられるように見えましたよ。
BOSSファミリー♪

チーム内のとあるパパが
練習にと作ってくれた
応援ロゴを
早速プリントして
うちわを作っておられるご家族がいたり

ポンポン作りに励まれたり
楽しい時間の共有をしておられました。

fc2blog_201709110829288ae.jpg


子ども達のお楽しみや頑張りを
できることの精一杯で
隣で旗を振るパパやママの姿は
とても素敵だなぁと思います。

なにせ、幼少の頃のニックネームが
<運動会>だった某パパが
競技面では
ぐいぐい引っ張ってくださっています。

「最後は僕にまかせてください!」

これは単に
勝利の約束だけの意味ではないと思います。


今年は今年の色合いで
運動会は
着々と準備が進んでいます。

何かご褒美がもらえるから頑張る!
のではなく

ただ
目の前に落ちている石ころを
正解や不正解はちょっと横に置いて
自分の思ったように転がしてみたら
周りにも同じような石ころを持ってる人がいて
その人たちの考えや思いも聞いて
手の中の石ころの
姿形が変わっていく様子を
この目で確かめて
さらには
それを喜び合える・・・・・

こんな楽しく
心震えることを経験するために
私達はきっと生まれてきたと思います。

どんな小さな石ころも
まずは拾ってみる
そして
周りを見渡して
同じような石ころを手にした人を探して
自分の方から声を出して近付いてみる

そして
お互いに手にした石ころを
いろいろと細工したり
料理してみるチャンスは
逃して欲しくないなぁと思っています。


これをひとつのきっかけに
どうか楽しんでいただきたい。
そう願っています。

楽しいというのは
ただ、思い通りに笑っているだけのことを
いうのではなく
いろんな感情や思いが
そこに湧くことそのもののことです。

泣くのも楽しい
真顔で取り組む姿だって
実は楽しんでいるからこそ。

悲しい時に笑顔を出している人もいます。
それらを含めて
そういう感情の体験こそが
同じ一線上の喜びだと思います。




怪我や事故なく本番を迎え
子ども達が全員元気に参加できるように
祈りは続きます。


園長(人生は障害物競走♪倒したハードルは
戻って直さなくていい♪)

プロフィール

にじのとり保育園

Author:にじのとり保育園
大阪市北区にある
にじのとり保育園の日常と
園長の主観満載のひとりごとです。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
1位
アクセスランキングを見る>>

ランキング参加中

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR