遠足のこと

時系列が狂いますが
先に遠足のことから参ります。


遠足の1週間以上前から
大きいクラスでは
雨が降らないように
みんなおうちでもてるてる坊主作って
お願いしてみてね♪

と、センセイ達が
それぞれお話ししていたのですが

お話を聞いて覚えていた子達が
おうちでてるてる坊主を作って
遠足までの日々を過ごしたお話が
ノートを賑わす1週間でした。

日に日に壁に増えていく
てるてる坊主に
パパからとうとう
気持ち悪いと言われても
作り続けたボクちゃん達の
渾身の思いがお天道様に届いたのでしょう。

遠足日和とも言える良いお天気で
今朝を迎えることができました。

また、親子で
遠足のおやつを手作りしたり

fc2blog_201805180531066f7.jpg

お弁当を自分で詰めたりして
親子で存分に楽しまれたご家庭もあります。

fc2blog_20180518180951841.jpg


キャラ弁を作ることも
そのひとつですね。
お子さんは本当に本当に
喜んでお弁当箱の蓋を開けていました。

今回の遠足に限りませんが
なにかものごとに参加するときは
ただ、当日体だけ参加するのではなく
その前から能動的に関わることで
ただ参加したよりも
数倍、数十倍楽しく心に残るというのは
もう学生時代にも立証済みですね。

fc2blog_201805181814179eb.jpg


今回の遠足では
<おやつ持参>という形をとりましたから
一緒におやつの相談をしたり
買いに行ったり
作ったり

またそれだけでなく
歩く練習をひたすらしたり
先に書いた
てるてる坊主を作ったり。。
というのもそれに当たりますね。
それぞれの
ご家庭ならではの楽しみ方で
遠足に臨まれたことが深く感じられた
遠足でした。


fc2blog_20180518181351e2a.jpg



かもめ組さんの課題は歩くこと。
毎年そうですが
1年経ったら成長しますから
今日の
「しんどいよ~」
「まだ着かない~」
「もういや~」と言うヘタりこみ(笑)は
私がしっかり頭の中のUSBに保存しましたよ。
コスモスちゃん♪♪♪

去年は
「休憩したいですーーー!」
「お弁当がいいですーーー!」と
大声で叫びながら歩いていたお兄さんも
今年はトイレ休憩さえもったいないとばかりに
「え?もう・・早く行こう!」と
みんなを煽る存在になっていましたから。

振り幅あるほど面白いのが
子ども達の成長ですね♪

fc2blog_20180518181508783.jpg


fc2blog_20180518181012131.jpg


小さいクラスのお友達も
今年はお弁当を持って
中之島公園へ
春の遠足に出かけています。

fc2blog_20180518191921f08.jpg

暑くて
お茶もたくさん飲みました。

楽しい楽しい遠足でした。



ありがとう♪
たくさんの
てるてる坊主さん達♪


fc2blog_20180518052249132.jpg


とっても楽しい遠足でした。

fc2blog_20180518200846e5e.jpg



園長(雨にならなくてほんとに良かったです♪)

スポンサーサイト

母の日のこと①♪

ブログが久しぶり過ぎますね。
申し訳ございません。
時間がいくらあっても足りない毎日を
過ごす私は
時間の使い方がきっとヘタです。

が、反省一秒で
切り替えていきます。
今できることを今のうちに。

昨日は母の日でしたね。
各ご家庭それぞれの
母の日をお過ごしになられたことと思います。

保育園でも母の日を活用して
この日だけではありませんが
この日きっかけに
<お母さんへ感謝の気持ちを伝える>
ということを
意識の片隅に置けるように
毎年取り組んでいます。

それはわかりやすく
目に見える形あるものに
感謝の気持ちを込めて渡すという
基本的なことをしているに過ぎないのですが
身近な人への感謝は
ついつい忘れがちですから
感謝を伝える嬉しさを
子ども達には
幼少期にたくさん味わって欲しいなぁと思います。

子ども達は今年もプレゼント作りに
早くから取りかかっていました。

しかし、ひーこセンセイは
今時の言葉で言うところの
<作家さん>だなぁと思うのです。

私はいつも春の会議の時に
「もう人数も多いし
少ない頃のようなわけにはいかないから
しんどすぎることにならんようにね」
と、引き算をけしかけるのですが

「いや、コレはやりたいんですよ!
他にもこんな案が・・・」と
尽きるところを知りません。
ひーこセンセイのか細い(笑)そんな背中からは
いつも刺激を与えてもらっています。
気になるところは
やりながら反省して
さくさく子ども達を誘導して
魔法にかける手腕は年々
確実にUPしています。


さて、今年そんなにじ組とつばめ組が
センセイと一緒に作ったプレゼントは
ブックカバーです。
布製ですから
ちょっとやそっとじゃ
よれたりしません。

ママ達からは
しばらく本を読んでなかったけど
読んでた本を読み返す為に
ひっぱり出してきたことや

今読んでる本に
さっそくカバーをつけていると
お姉ちゃんがその本に興味を持って
一緒に読むことも楽しんでいることなど
早速ノートでお知らせ頂きました。

fc2blog_201805141519340a3.jpg


こちらの絵も
早速飾っているご報告
ありがとうございます♪

fc2blog_20180514151921a85.jpg


かもめ組さんは鍋敷きを作りました。
このプレゼントが
お裁縫デビューです。
楽しんで作っていました。
リボンやボタンを自分で選んで楽しんでいました。

保育園での遊びは
全部とっかかりできっかけです。
子ども達は何でもできますから
是非一緒にやってみよう♪を
楽しんで下さいね。


fc2blog_20180514164135a99.jpg


ひばり組さんは
しおりです。
ちょっとした飾りにも
なりますね。

fc2blog_20180514151657266.jpg

去年と違って
作品のほとんどを自分で作れるようになりました。
作る時にも
ママのお話したり
ゆみセンセイの誘導尋問で
いろんなエピソードトーク広がるひばり組です。

温かい雰囲気の中
ゆみセンセイ、あいみセンセイと一緒に
製作をする子ども達を
ひとみセンセイが
ばぁば目線で見守っている姿が
今年のひばり組の特徴です。


fc2blog_20180514171524ab4.jpg


ちょっとでも小さい子見つけたら
私がお姉さんよ!
僕がお兄さん!と
この次のシーンでは
ドンちゃんを取り合う取り合う・・・。

fc2blog_20180514171545199.jpg

そんな楽しいひばり組です。


めじろ組さんの作品は
チャームにも
しおりにも
壁掛けにも是非。

金曜日は
ママの木に飾って
楽しみましたよ。

来月にはこの木
パパの木になります(笑)

fc2blog_20180514151712cc0.jpg



わかっていないだろうから
できないだろうから

これはいつも大人だけの
思い過ごしです。

話せないだけで
何でも聞いています。
そして聞いていることは
全部頭の中や心の中のポケットに
入れていきます。

言葉を聞いて理解しているのではなく
それを話している時の
空気とかニュアンスとか
大人の表情とか
そういうのを見て感じています。

fc2blog_2018051418005477a.jpg

生まれる前から
そこに存在するひとつの人格として
美しい言葉の中で育みたいと思っています。

fc2blog_201805141806315cf.jpg


もう
こういう写真見ているだけで
泣けてくるのです。。。。



園長(OAPプラザの話はまた今度♪)

ママを探せ!


分園の子ども達
お母さんの顔を描きました。

遠くに住む
おじいちゃま
おばあちゃまにも
展覧会気分で見ていただきたく
今月欠席をしていたバンビくんのママ以外
36名の美人ママ勢揃いです。

もう自分で描いた絵を
忘れちゃってるかもしれませんから
当てっこするのも
楽しいですね。

待ち受けにすると
魔除けになりそうですよ♪

さ〜て
僕のママ
私のママは
ど〜〜〜こだ!?


fc2blog_20180428140656f88.jpg

fc2blog_20180428140642d91.jpg

fc2blog_2018042814062839c.jpg

fc2blog_201804281406157a8.jpg

fc2blog_20180428140553fa1.jpg

fc2blog_20180428140539b27.jpg



今年も
泣けてきます。



園長(愛いっぱい♪)

Water!!

今日のタイトルの
「Water!!」は
お察しの通り
ヘレンケラーのソレです。

ある程度の年数を
生きて生活していると
家庭や職場
友人知人と過ごす時間や
本を読んだり
歩いている時に
突然

あ!!!そうか!!!
そうだったのか!!!
コレがソレか!!!

と思うことに
ぶちあたったことはありませんか。

私は
保育園を立ち上げようとして
前職を辞めて
しばらく経った頃

考え事をしながら
あーでもない
こーでもないと
町を歩いていた時に
突然自分の中の
<感謝の泉>が溢れて
涙が止まらなくなりました。

外でしたが
それでも涙は止まらず
自分でもびっくりして戸惑いました。

次にとった行動は
母への電話でした。

私はあんまり
両親には相談をしない子どもでした。
なんでも自分で決めて
事後報告をしていた私が
この溢れた感謝の思いは
一番に母に伝えたくて
とにかく電話をかけました。

娘からの突然の
嗚咽まじりの電話に
母も戸惑ったことかと思いますが

「これまで本当にありがとう」

という
今死にゆくのか?というような娘の声を
いつもの通りに
ちょっととぼけたような声で
受け止めてくれました。

そこでスッキリして
涙もおさまり、
何事もなかったように
私はまた町歩きを続けました。

あれから8年。

それまでピンピンに元気で
運動会には行きたいな!
走りたいなぁ!と話していた母が
昨年のお泊まり保育の週に
突然息を引き取り、召されていきました。

母を亡くした悲しみの淵というのは
こういうことを言うのか・・・・と
シャワールームで
声を殺して泣く日々が続きましたが
父の死の時とはまた違った
母の死を経験して
私の死生観はまた少し
バージョンが変わり
一回りも二回りも
成長できたように思います。

<母親は死なない>

人は
わかっているのに
なぜかどこかで
そう思ってしまいがちです。

そして、母親を亡くしても
しばらく経つと

<自分は死なない>

と、すぐに思い上がってしまいます。
ダメですね。まだまだです。


・・・・・・・


私の好きなドラマに
「プロポーズ大作戦」という
長澤まさみさん主演のドラマがあります。
4月に入って再放送が始まりましたので
先日まで録画して楽しんでいたのですが

このドラマの中で
本当に一話だけの登場で
その後亡くなるという設定の
主人公の祖父の役で登場する
今は亡き米倉 斉加年(よねくらまさかね)さんが
名台詞を発します。

「今度やろうは馬鹿やろう」
「明日やろうは馬鹿やろう」

今聞いても響きます。

やろうと思ったらすぐにやろう
大事なことを伝えたいと思ったら
すぐに伝えよう

反省一秒
即行動

また改めてそう思っています。

神さま(という言葉にしておきますが)は
どこかで必ず私を見ていて
くじけそうになると
万物を使って
支えを用意してくれていると
いつも感じていたのですが

最近では
神様って
実は自分自身なんじゃないかなと。
それぞれの心(意識)に
ちゃんと
神様的領域があって
その意識がちゃんと正常に働いていると
くじけた時の支えや
感謝しかないのだということに
ちゃんと気付けるのではないかなと
そう思うようになりました。

あんまりこんなこと書いて
不思議な世界感が出てしまっても
困りますからこれぐらいにしておきますが

誰にも平等な限りある命を生きる今
イヤな思いを
燻らせている時間はありませんから

我が子に対して
家族に対して
大切な人に対して
何より
自分に対して

今日のところは
これで悔いなし♪と、
与えられた一日を
大切に慈しんで
生きていきたいと思います。


気になったら
すぐに
離れたところに住むご家族に
声を聞かせてあげてください。



今日最初の写真は
去年のにじ組さんが
卒園の時に
プレゼントしてくれた鉄棒を使っての
体育遊びの時のあやめちゃん。


春休みに
ママのご実家で
師匠やいとこのお兄ちゃんと
一緒に遊ぼうとして
走ってついて行っても
ごまめにされ、
追いついたと思ったら
掘られた穴にまんまと落とされて
きゃっきゃと笑われ
砂まみれの泥まみれになっても
でへへと笑って
強く生きてるあやめちゃんは
まさに毎日
今を生きてるゴールデンチャイルド♪
ほんとにカッコイイ♪

この日もいい顔してるなぁ。
まるで
この日、
コレをやるためだけに生きてますっ!!
っていう喜びに満ちた顔。

こんな顔で鉄棒されたら
鉄棒もほんとに嬉しそうです。

fc2blog_20180427133246551.jpg


今年度は更に昨年以上に
体育遊びも充実を図っています。

fc2blog_201804271333536a9.jpg



保育中の体育遊びはもちろん
担任のセンセイも
計画を立てて取り組みますが
それ以外の
課外授業のような意味合いで
各年齢、各個人の発達段階に応じて
年間を通した体育遊び計画を立てて
取り組んでいます。
担当はまさのりセンセイです。

fc2blog_20180427133310fe4.jpg



同様に
絵画・製作・書写に関しては
担当はさんたセンセイが行います。

センセイそれぞれの得意を生かして
子ども達がより多くの深い経験をする中で
頑張ったり
達成の喜びを味わったり
集中して取り組んだり
悔しい気持ちを味わったり・・・など
貴重な今を使って
豊かに成長をするお手伝いができれば
と考えています。

どうぞ一緒に見守っていただき
ご家庭での個別の関わりに
生かしていただければと思います。



これは交流会の時の。
ね、エンチョーセンセー
ワタシ、もうかもめ組さんに見えるんじゃない?
大きさは負けてないから
背のびしたいのよ。

ダメダメ
アントワネットさま。
お姉ちゃんはワタシよ。
オリーブよ♪

fc2blog_20180427133330321.jpg



こいのぼりのかざぐるまを
今週はいっぱい回しながら
かけっこを楽しんだひばり~ズ♪


fc2blog_20180427133418c1e.jpg



そして
みんな通る
めじろ組
足形・手形の洗礼。

fc2blog_20180427134818f2d.jpg



園長(よいGWを♪)

絶景かな~♪

最近お絵描きのお話が多いのですが
今日もお絵描きがらみのお話を。

先月末に
私は一人のパパから
分厚いラブレターを頂きました。

そのパパと出会ってから私は
最初の面談の時以外は
顔を合わせたら交わす挨拶程度しか
お話をしたことはなかったので
突然のラブレターは
本当にドキドキしました。

積年の恨み辛みが
書いてあったらどうしよう・・・と思いながら
封を開けると
そこには便せん8枚に
ぎっしり、これまでのお子さんとの関わりや
保育園への思いが書かれていました。

お子さんの様子を見ていて
お!ひょっとしたらこの子は
絵を描くことが好きなんじゃないか
と、気付かれた
2歳の頃から与え続けた自由画帳が
もう数十冊を超えたこと

その絵ゴコロの何かになればと
平日のパパの休みに合わせて
一緒に美術館や社寺仏閣に出かけたこと

そして現在があるということと
そこに
得体の知れない感謝を
しておられること
が、書いてありました。

付録は
時系列で
お子さんが描いた絵を
簡単に綴じてくださったもの。

お宝の一部
体の一部を
割いて手渡されたソレは
私の心の涙腺を
いとも簡単に決壊させました。

その時の涙は
悲しいとか
嬉しいとか
そういう涙ではなくて

うまく言えませんが
飛行機の小窓から
どこまでも続く雲海が見えた時とか
森の中で
木々の葉っぱからこぼれ落ちる
キラキラのお日様のかけらを見た時みたいに
心に絶景を感じたら溢れるソレと
同じ味がしました。


本当は子ども達は
生まれた時からみんな知ってる
自分の好きなこと。

大人は
謎解きパズルのように
それを当てはめていくだけの
ことなのかもしれませんが

だからこそ

これかも?
こっちかな?

と、見逃さず
一緒に発見する楽しみを
存分に味わっていただきたいと思うのです。
どうせなら
自分も楽しい方向で。
どうせなら
自分のソレを探す感じで。

先のパパは
絵心の足しになればと
色んなところに連れて行かれましたが
それは
絵心の足しになるだけでなく
知識としてお子さんの頭に貯金され
パパとのお楽しみ時間を過ごしたことで
更に心に栄養が補充されたことと思います。

なにより
パパ自身が
じわじわと
時には瞬時に
その効能を感じられたのではないでしょうか。

そうなったらもうしめたものですね。
あとは惰性走行で走れます。

このお話は一例で
たまたま
このパパが教えてくださったお話です。

ママ達が書いてくださる
毎日のノートやLINEでのご連絡や
日々感じておられることからは
前出のパパと同じ心を感じます。

子育ては目的ではなく結果です。
何につけ
自分育てなのです。

お子さんのためにと思っていることは
突き詰めると自分のためです。

早い時にそれがわかっていたら
あなたのためよという大義名分を
子どもに押しつけたり
突きつけることもないのかもしれませんね。

今日の写真は
ひばり組さんと
分園のお兄ちゃん・お姉ちゃん達との
交流会の様子です。


fc2blog_201804262025137ed.jpg


fc2blog_2018042620165159f.jpg


fc2blog_20180426201636cfe.jpg


こいのぼりを作って
風車を回しながらの
よーーいどん!

fc2blog_20180426202534bc0.jpg



今月は最初の最初だったから
ちょっと遠慮していたけど
めじろ組さんも
今度参加してみようね
交流会♪♪♪



園長(さて、気付けばGW)

プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
84位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
4位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR