FC2ブログ

世界遺産と保育園

分園でのお給食の後
私が楽しみにしているのは
子ども達と一緒に
カードを使って
<世界遺産>を知ることです。

毎日一緒に見知ったものを
時間をかけて咀嚼するのは
何とも言えない楽しみです。

同じように楽しんだ子達が
家に帰って報告をします。

そうすることで
これまでお子さんには話してこなかった
世界遺産好きのママのハートが
こちょこちょとくすぐられ
これまで大人の本棚で仮眠状態だった
ママの大切な世界遺産本が
お子さんの手におろされ
一緒に保育園で覚えてきた
世界遺産を楽しみながら
弾んだ会話をしたり
エアー旅行を楽しんでおられることを
教えてくださったり

これまでまだ早いかなと
買ってはいながら手渡せずに
こちらも仮眠状態だった
子ども用の世界遺産図鑑が
晴れて日の目を見ました~♪と
教えてくださったり



フランス系の世界遺産では
おうちに帰って話した時に
パパとママが
まだ今よりもう少し若かった頃
フランス旅行に出かけていたことを
見せてくれたアルバムで知って
ものすごくものすごく
興味を持ったと同時に
「パパとママすごいんだよ~~
世界遺産に行ってたんだよ~~」
と誇らしげに教えてくれたりしました。
(これまでそんなことなかったので
びっくりして嬉しかったです)

保育園でのことは
あくまでもきっかけで
それが
親子の語らいの種になったり
また
更にもっともっと知りたい!
という知識欲を
刺激したり
想像する
考えるクセ付けになっていることが
とても嬉しいです。

そして、こんな素敵なオマケ
話まで。

最近
「ボクはつばめ組!」という
自覚自意識向上中で
生活のすべてを
「ボクできるよ!園長先生見て!」と
果敢にチャレンジ中のバンビくん。

「さんた先生!さんた先生!
ボク、せかいいさん知ってるよ!
知ってるんだよ!!
昨日教えてあげた!!お父さんとお母さんに!
えーーーっと
えーーーっと
ほら、ほら、ほら、、、
えーーーっと!!!
あ!思い出した!!!
自由の大仏!!!!!」

それを聞いて
さんた先生が
ホワイトボードに描いた絵が
今日の1枚。



バンビくんの発言が
そこにいたみんなを
ハッピーにした瞬間を
お裾分け♫

子ども達が持つ財産
しっかり磨くお手伝い♫

園長(自称 奈良の女神)
スポンサーサイト



たとえば黒板ひとつ

最近私の嬉しかったことその①は
子ども達に
自分の宝物を教えて!と聞いたところ
みんな口々に教えてくれたことです。

今日最初の写真は
「あのね、ボクの宝物は
靴下だよ。ボク専用の!」
と言ったのが面白くて
「必ずはいてきてね!」とお願いしたら
3日連続、違う種類の
宝物靴下をはいてきてくれて
こっそりそーーーっと見せてくれたものです。



「ボク専用靴下」笑笑
この言葉は
運動会の時に用意して頂いた
白ハイソックスの両サイドに
大きめリボンがついていて
明らかお姉ちゃんのをはいてきたボクが言うから
生きてくるね。

たまたまなのに
たまたまだったのにね。笑笑

きっとこのブログ記事も
ママより先に
遠くに住むばぁばが見て
「靴下ぐらい買ってやりな!」
とママに進言するかもしれないけれど
たまたまですから。
たまたま。


そして嬉しかったことその②は
しおり先生が
クラスの子ども達の
お誕生日以外で
「黒板、時々書いてみます!」と
(機は熟した・・笑)
申し出てくれたことです。

積極的挙手により
黒板ライターを申し出たしおり先生が

「なんかうまいこと
乗せられてしまったか?」
と思ったかどうかは
定かではありませんが
それでも
いくつかの案をもって
主任の先生に相談をして
熟慮を重ねて言葉を選んでいる姿は
陽の落ちた分園で
ひときわキラキラ輝いていました。

そんな先生が
書いてくれた言葉は
子ども達が半袖で登園してくる姿に
過去の自分を重ねて見た慕情と
<冬に半袖を着る後輩>
にあたる子ども達への
プチアドバイスでした。

頑張れ!子ども達!
そして
しおり先生!

・・・・・・・・

保育園で子ども達と一緒に
一日を過ごすなら
たとえばこの黒板ひとつ。

誰かが始めたものでも
「やってみたい」とか
「やってみよう」と思える人は
幸せだなぁと思います。

その人には
多くの手が差し伸べられるからです。

保育園で子ども達と過ごす為に
<子ども達とやりたい>
<子ども達とコレを実現したい>
<楽しそう!やってみたい!>
という気持ちを持てるということは
資質のひとつでしたが
今のご時世残念ながらそれは
<できれば
備わっていることが望ましい>
という感じに変わってきているように
感じます。

そんな人を探すのは
聖書的にたとえると
らくだが針の穴を通るほど
難しいのかもしれないのですが
私は自分自身も
大量のコブをつけたらくだでありながら
らくだの園で
裁縫道具を持って
日夜うろうろし続けるのです。

なぜなら
らくだに針の穴を差し出さなければ
その針の穴が見えているらくだを
探せませんからね。
らくだの分際で
えらそうにすみません。

そうして
針の穴を通ろうとしたらくだは
普段は大きなコブの中に隠し持っている
<自分の好きなこと>
<ちょっと得意なこと>
という最強の武器を取り出して
見事に針の穴を通るのです。

だから子ども達には
今のうちに
ごはんを食べるのも忘れるぐらい
夢中になれるものを
見つけて欲しいのです。

いや、子ども達は
もう見つけているんですよ。
長くなるから
やめておきますが。

とにかく
良かった良かった。
たとえば黒板ひとつ。
誰かが嫌だと投げ出しても
私が書くから大丈夫。
私は譲りたくないほどに
それが楽しいから大丈夫。

・・ということで
分園の子ども達が
自由に落書き&楽描きができる
黒板シートを買ったよ~~♪♪♪
分園の画伯達!
到着を待っててね~~~~♪♪♪
っていう今日のお話。

写真は
しおり先生が書いた昨日の分園の黒板と
今日私が書いた本園のレトロな黒板。



いつも大体
ラスト5行を読めば
コトが足りる仕組みです。

園長(今日のお給食の焼きそばめちゃくちゃおいしかったのです♪)


猿之助さんとあずきちゃんの誕生日

さて、11月ももう最後の週になりました。
世間では忘年会シーズンですね。
私は最近すっかり機会をなくし
ビールって何?の毎日を送っていますので
めっきりお酒が飲めなくなりました。

お陰様で、いつにも増して
劇的に動き回る日々を送り
時折心を痛めることなどが
イッチョ前に人並みにありながらも
体の調子はすこぶる良好です。

良好です!
と言って発しておくだけで
良好の方から
こちらに向かってやってくるんだと
信じて疑っていませんから
この調子で
今を乗り切ろうと思います。


・・・・・・・・


先週の金曜日は
かもめ組になった猿之助さんと
つばめ組のあずきちゃんのお誕生日会を
各クラスで行いました。

各クラスの様子は
毎月のように
各クラスの保護者の皆さんで共有しました。


まずは猿之助さんのことを。

本当に
あっという間のように感じます。
あっという間に
猿之助さんは4歳になりました。

猿之助さんの素敵なところは
<嘘がないこと>だと私は思っています。

子どもだから当たり前でしょ?
じゃないのですよ。
子どもだって(子どもだから)
かもめ組世代になると
自分に都合が悪い時や
叱られることを察知した時は
自分を守るため、普通に
作り話をしたり
事実を隠したりするのですが

猿之助さんは
いつだって嘘がありません。

まっすぐこちらを見て
今何をしていたか
なぜそれをしていたかを
ちゃんと言葉で説明してくれる様子に
損得のない純粋な美しさをいつも感じています。

猿之助さんはラグビーにも夢中ですから
お誕生日カードが
今回のワールドカップのユニフォームを
着ている仕様になっているのも
猿之助さんは気に入ってくれました。

ラガーマンパパが保育園に寄贈してくださった
ラグビーボールは
分園の宝物です。

未来のラガーマン猿之助さん!
4歳のお誕生日おめでとう♪
いつか誰かに
正直モノはバカを見るなんて言われても
一緒にバカを見続けよう♪

fc2blog_20191123151855920.jpg


・・・・・・・・・・・


続いてはあずきちゃん。
見た目は小さく小粒だけれど
体が丈夫で
ここ最近は
体調不良でお休みしない
ストロングつんでれガールに
成長しました。

半袖で駆け回っていることと
お給食をしっかり食べられるようになったことは
無関係ではないかもしれないな、、と
私は心の中で密かに思っています。

できないことが嫌で
負けず嫌いな部分が
ぐんぐん成長しているけれど
できなかったり負けてる時に
泣いてテンション下げて
もうやらない、、なんてことがなく
ニコニコしながらも
歯を食いしばっている場面を
チラリと見つけることも増えました。
窮地に立ってからの強さは
きっと大人も真似できないかもしれません。

あずきちゃん♪
5歳のお誕生日おめでとう♪
らしさなんて
誰かが決めるもんじゃないから
思いのままに突っ走ろ♪


fc2blog_20191123153737cf4.jpg



園長(あなたの宝物はなんですか?)


スズメバチとポイズンリムーバー

今日はみんな楽しみにしている
カマキリ先生の生き物教室でした。
今日のテーマ昆虫は
<スズメバチ>

サメより
熊より
毒蛇より
襲われたことにより命を落とす数が
圧倒的に多いということから
<スズメバチ>の生体を知ったり
キャンプなどで
もしも襲われた時には
その対処法も知っておこう
ということが今日のねらいでした。

サメは
サーフィンしている人のことは
オットセイだと思うから
襲いかかろうとすることとか
なぜ
黒い服を着ていたら
スズメバチに襲われるのか
ということを
真剣な顔で聞いていました。

山の中でバーベキューや
山歩きをする時は
白い服着てGo!だね。

そして
保育園の救急箱には
万が一のために
今日教わった
ポイズンリムーバーをしのばせます。
早速Amazonで3つ購入しました。

スズメバチに刺されたら
まずどうする?
そしてどうする?
私達大人にも
とても勉強になりました。

・・・・・・

カマキリ先生の教室では
終了のタイミングでいただく
昆虫カードを
みんな楽しみにしています。

ひとつひとつが手作りです。
これ、
みんな持って帰って
カードホルダーや
カード収納箱を作って入れるなどして
大切にしてくれているかな。

お越し頂いて
お話を聞かせて頂いて
これまでになかった知識を頂いて
おまけにカードまで頂いて
そのすべてが
子ども達の意識の中で
<あたりまえ>にならないように
自分勝手に
<もっともっと>とならないように
私は手綱をキュッとします。

4歳児5歳児に対して
カードをもらった時に
先生がいらっしゃる前で
「なんて言うの?」とは
促したくないのが本音ですが
平素から口うるさい
にじのとり保育園でも
そこに対して
「促し」が必要な子が
まだいることも事実です。

何かをいただいた時に言う
「ありがとうございます」
ハリボテでもいいから
「ありがとうございます」は
幼少期の時に積めるだけ積んで
「なんて言うの?」と
手助けをしてもらえる今のうちに
チャンス生かして
いっぱい促してもらって
無意識レベルで
体に覚えさせたいなと
そう思っています。
年齢が高くなるほど
それを身に付けるのは難しくなり
大人になってからではなおさらです。

カマキリ先生の生き物教室では
昆虫の生態のみを
教えて頂いているのではなく

昆虫のことを学ぶ私達も
<生き物>だと認識して
カマキリ先生を通して
子ども達と共に多くを体得する機会を
得ているに過ぎないなと思います。

カマキリ先生とも
終わってから
次の授業のお話よりも
このテのお話に終始しています。
でもソコを
大切にしておられる先生だからこそ
私は共鳴してお越し頂いているのです。

なので
お話頂く内容は
どの切り口からでもよい
というのが本音です。

今日の写真は
偶然白装束で登園してきた日が
スズメバチ撃退の話という
ラッキーな<Miss ハチコナーズ>と
表題の絵本を読んで
表題の件について
真剣に考えながら読み進める
つばめの姉さん。



園長(来月はちょっとした昆虫パーティらしい♪)


忘れがちな話

今日はななつぼし保育園に
大阪市の監査が来る日でした。
お陰さまで指導される項目なく
無事に終わりましたので
保護者の皆さまはご安心くださいませ。

大阪市の監査は
認可外とは言え
保育のプロの方が来て下さるので
現場をつぶさにご覧になり
保育園全体を通して
お話をして下さいます。

今日も色々なお話ができて
とてもよかったです。
少しだけ肩の荷が下りたような
気がしています。

・・・・・・・

毎日多くのことがあると
どうしても伝えなければ・・
ということさえ
忘れてしまいがちですが
今日は最近の
忘れてしまいがちだったお話を。

・・・・・・・・

今年分園の保育室の中で
大きく変わったことが二つあります。

それは
トイレのスリッパが
いつ見ても揃っていることと
キッチンとの境目にある本棚や
にじ組のお部屋にある本棚が
いつ見ても美しいことです。



これは恐ろしいほど地味で
目立たないことですが
どんなに
表立って目立つことをするより
子ども達の意識の中に
しっかりと根付いて欲しい
大切な大切な大切なことです。

子ども達は
先生から何かを手渡してもらう時
奪い去るように持って行ったら
やり直しですし
ものを受け取る時や渡す時は
両手でするように言われています。

食べ物を粗末に扱ったり
本を踏みつけて平気な子は
大目玉なのです。

話を
いつも揃っているスリッパに
戻します。

要因は簡単ではっきりしています。
年度初めに
担任の先生が
「スリッパを一新します!」と
新しいスリッパに交換し
それぞれのスリッパに
ちゃんと収まる
ガレージを作ったことです。

本棚の方は
先生が常に本を大切にしていて
修繕が必要な絵本は
先生に申告をするシステムです。

<絶対に修繕を子どもにさせない>

こうすることによって
本の修繕は<神聖化>され
丁寧な先生の手にかかって
敗れた本は美しく生まれ変わります。

大勢の子ども達で見ますから
丁寧を心がけて手にしても
本は劣化が早くなります。
それは仕方がないのですが
そうなったことをあきらめずに
一冊の本に丁寧に向き合う先生の姿は
半年経ってお部屋の中にしっかり定着し
子ども達の目にも
しっかりとマーキングされて
いつ誰がお部屋に入って見ても
美しい状態をキープできているという結果を生みました。
(実に地味な道のりでした・・・)

しおり先生文庫が
開放されていて
しおり先生がお部屋にいる時は
自由に見れることも
本を大切にしている
要因のひとつだと思います。

しおり先生のは
特に大切に見ないと
二度と貸してもらえませんからね。

それと
キッチンとの境目の本棚に関しては
つばめ組女の子達に
主導権を握ってもらったことも
大きな要因です。

この本棚は
大人の意見ゼロで
つばめの姉さん達が編み出した
整理法です。

自分達の発想で
自分達で見張りをしたら(笑)
そりゃあ
美しさを保てますね。

コツは
やらされてないこと。

キモは
どうしたいかが
ちゃんとあって
それを形にしたい!と伝え
完成させて
認められたこと。

キラキラしています。
近頃の子ども達。





園長(明日はカマキリ先生♪)


プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
8位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR